小田急 線 計画 運休。 2019年 台風19号の鉄道・交通機関への影響、計画運休まとめ

台風19号(ハギビス)計画運休いつからいつまで(JR東日本,西日本,九州)や私鉄(小田急,京王線,阪急)など

小田急 線 計画 運休

関連記事• 台風15号が直撃した9月9日の朝、公共交通が大混乱となった。 その理由の一つに「振り替え輸送がなかった」という声がある。 振り替え輸送は自動的に行われるわけではない。 その仕組みから、実施されなかった理由を解説する。 大きな被害を出した台風15号。 駅に詰めかけた人たちが長蛇の列を作り、混乱が続いた。 これを変えるには、働く人たちの意識の問題も大きい。 世の中の仕事の多くは「不要不急」。 会社員としてではなく、人として「出社しない」判断ができる社会であるべきだ。 台風15号の発生から、2週間が経過した。 千葉県に甚大な被害をもたらしたわけだが、「自然災害で日本経済が破綻する」という最悪のシナリオは本当に起きるのか。 何もテキトーなことを言っているわけではなく……。 JR東日本が8月1日から電話ボックス型のシェアオフィスの正式提供を始めた。 東京メトロが、ベビーカー向けルート案内サービス「ベビーメトロ」の正式提供を8月1日から始めると発表した。 関連リンク•

次の

超大型台風の襲来、JRの計画運休、それでも社員を出社させるべきか?(横山信弘)

小田急 線 計画 運休

気象庁によると、台風は11日午前0時現在、小笠原諸島・父島の西南西約370キロを時速15キロで北北西に進んだ。 中心気圧は920ヘクト・パスカル、中心付近の最大風速は50メートル。 台風は10日夜、やや勢力を弱め、「猛烈」から「非常に強い」に変わった。 ただ、この勢力を保ったまま北上し、12日午後にも紀伊半島から関東に上陸の恐れがある。 西日本や東日本の太平洋側では11日午後から風雨が強まる見通し。 非常に強い勢力で本州に上陸すれば、1991年の統計開始以来初となる。 JR東や東京メトロなど首都圏の鉄道各社は10日、計画運休の可能性を相次いで公表した。 11日に計画の詳細を明らかにする予定だ。 小田急電鉄や東武鉄道は特急の運休を決めた。 空の便では、全日空が羽田、成田発着の12日の国内線全便を欠航する。 日本航空も羽田、成田発着便を中心に11~13日の国内線と国際線の一部の欠航を決めた。 ラグビーW杯は横浜市と愛知県豊田市で12日に予定されていた2試合が中止される。 9度目の開催となるW杯で、試合中止は初めて。

次の

計画運休

小田急 線 計画 運休

【関連記事】 ・ ・ JR東日本は9月に台風15号が到来した際には、計画運休の実施について始発の出る約12時間前に具体的な時間や線区を発表したが、さらに前倒しすることも視野に検討を進める。 台風の影響で旅行を見合わせる場合には、在来線も含めて手数料無しで切符の払い戻しに応じる。 は10日、12~13日午前中まで運転本数の削減や計画運休を行うと発表した。 箱根などに向かう特急ロマンスカーについては、12日に終日運行を見合わせる。 11日正午ごろをメドに詳細を発表するという。 西武鉄道も10日、12日正午ごろから全線で運転を取りやめる可能性があると発表した。 は山陽新幹線などの計画運休について今後、台風19号の進路や勢力を見極めながら判断する。 現在の予想進路では関西への影響は限定的とみているが、JR東海の東海道新幹線が計画運休となれば直通運転をしている山陽新幹線のダイヤに影響が出る可能性があり「情報収集をして10日中には方針を決めたい」(JR西の担当者)という。 このほか空の便への影響も懸念される。 とはそれぞれのホームページ上で台風19号の影響で、11~13日にかけて発着便に影響が出る可能性のある空港として、中部国際、関西国際、大阪(伊丹)に加え、羽田や成田、東北や四国の各空港などを挙げ、注意を呼び掛けた。

次の