メルセデス ベンツ gla。 【海外試乗】「メルセデス・ベンツ GLA」初のフルモデルチェンジを敢行。その出来映えは?

価格.com

メルセデス ベンツ gla

Mercedes-Benz GLA メルセデス・ベンツ GLA メルセデスの最小SUVが2代目に進化 メルセデス・ベンツは2020年4月28日、フルモデルチェンジしたSUVファミリーの末弟「GLA」の詳細を発表した。 4月末より欧州市場での販売をスタートし、まもなく北米、中国にも導入。 価格は3万7270. 80ユーロ(約437万円)から。 GLAの初代モデルは2014年に発売された。 先代Aクラス(W176)をベースにクロスオーバースタイルを与えた同社初のコンパクトSUVとして人気を獲得。 世界中で100万台を超えるセールスを達成している。 Aクラスが4代目へ進化(W177)したのに伴い、基本を共有するGLAも2代目へとモデルチェンジした恰好だ。 メルセデス・ベンツ新型GLAは先代よりも横方向及び天地方向にボディサイズを拡大することで、安定感のあるスタンスとルーミーな室内空間を作り上げた。 乗員と荷物のための空間を拡大 新型のボディサイズは、全長4410mm(先代比ー14mm)、全幅1834mm(同+30mm)、全高1611mm(同+104mm)。 ホイールベースが30mm拡大して2729mmに。 横方向及び天地方向に拡大することで、どっしりとしたスタンスとルーミーな室内空間を作り出した。 トレッドもフロントが36mm増の1605mm、リヤが46mm増の1606mmとなっている。 全高が1. 6m超えとなり機械式駐車場への入庫は制限されるが、キャビンの開放感はぐっと高まっている。 前席のヘッドルームは22mmアップ、リヤのニールームは116mm大きくなった。 着座高も先代比で97mm、Aクラスより140mm、Bクラスより52mmそれぞれ高く、広い視界を確保している。 荷室の使い勝手も向上しており、幅が85mm、深さが27mmそれぞれ拡大。 容量自体もプラス14リットルの435リットルまで広がっている。 全高が1. 6m以上なので入庫可能な機械式駐車場は限られるが、前席、後席ともに開放感が増すとともに荷室容量もアップしている。 エントリーモデルは1. 3リッター直4+前輪駆動 パワートレインはガソリンとディーゼルをそれぞれ2種ラインナップ。 ガソリンはM282型1. 3リッター直列4気筒ターボ(163hp/250Nm)+7DCT速とM260型2. 0リッター直列4気筒ターボ(224hp/350Nm)+8速DCTで、2. 0リッターモデルにのみ4輪駆動の4マティックを設定。 ディーゼルはOM664q型2. 0リッター直列4気筒ターボの出力違いで150hp/320Nmと190hp/400Nm用意し(全車8速DCT)、それぞれに前輪駆動/4輪駆動の4マティックを設定している。 7秒〜8. 9秒で、最も速いのが2. 0リッターガソリンエンジンを搭載した「GLA 250 4マティック」となる。 パワートレインはガソリンが1. 3リッターと2. 0リッター、ディーゼルは2. 0リッターをラインナップ。 追ってプラグインハイブリッドも導入予定。 リヤサスペンションはマルチリンクを採用 サスペンションはフロントがマクファーソンストラット、リヤは全車4リンク式。 オプションで電子制御式減衰力可変油圧ダンパーを備えたアダプティブ ダンピング システムを選択することができる。 「スポーツ」と「コンフォート」の差をこれまでの同社製コンパクトカーモデルのそれ以上に広げ、モードごとの性質の違いを際立たせているのが特徴。 とくにコンフォートモードは石畳のような路面で本領を発揮するという。 4マティックモデルには、オフロード エンジニアリング パッケージを標準搭載。 マルチビームLEDヘッドライトと組み合わせたオフロードライトをはじめ、ディスプレイ上に自車のアニメーションと共に勾配や傾きを表示したり、ヒルスタート アシスト、ヒルディセント コントロールを搭載する。 4WDモデルにはオフロード走行を想定した機能を標準搭載 電子制御式多板クラッチを備えた4輪駆動システム「4マティック」は、通常前後アクスルに80:20の割合でトルクを配分。 スポーツ走行時は70:30、オフロードでは50:50など、走行モードやドライバーからの入力、勾配角度や車速などを検知して駆動力を可変する。 さらに4マティックモデルには、オフロード エンジニアリング パッケージが標準搭載となり、マルチビームLEDヘッドライトと組み合わせたオフロードライトをはじめ、ディスプレイ上に自車のアニメーションと共に勾配や傾きを表示したり、ヒルスタート アシスト、ヒルディセント コントロールなどの機能を使用することもできる。 コクピットの風景は最新のメルセデス・ベンツ基準。 タブレットを横にしたような一体型クラスターに、メーター及びインフォテインメントディスプレイを組み込んでいる。 AIアシスタントや先進運転支援機能もぬかりなく デジタル周りや先進の安全運転支援システム系はAクラスに準ずる。 「ハイ、メルセデス」でお馴染みの自然対話式音声認識機能を搭載した車載インフォテインメントシステム「MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス)」は全車に標準装備。 先進のアクティブ クルーズ コントロール「アクティブ ディスタンス アシスト ディストロニック」をはじめ、ステアリング アシスト、出口警告機能や横断歩道における歩行者警告システムなどを含むドライビング アシスタンス パッケージを用意。 車格を問わず最新のメルセデス基準におけるADAS(先進運転支援システム)を常に搭載していく同社らしく、コンパクトSUVセグメントで最高レベルのアクティブセーフティ機能を整えている。 リヤサスは全車マルチリンク。 電子制御式減衰力可変ダンパーをオプション装着した場合、「コンフォート」と「スポーツ」モードの乗り心地の違いに明確な差を設けたという。 新車の「4台に1台」はコンパクトモデル メルセデス・ベンツは現在、コンパクトクラスだけで8車種を展開している。 Aクラス、Aクラスセダン、Aクラスセダンのロングホイールベース(中国)、Bクラス、CLA クーペ、CLA シューティングブレーク、7シーターのGLB、そしてGLA。 さらに高性能モデルのAMG仕様も加えれば、そのバリエーションは膨大だ。 「メルセデス・ベンツ初のコンパクトカー」として1997年に初代Aクラスが登場して以来、じつに700万台以上のコンパクトモデルを世界中へ送り出してきた。 今日、メルセデス・ベンツが1年に販売する新車の4台に1台がコンパクトモデルなのだという。 2代目GLAの導入により、スリーポインテッドスターを掲げた小型車の姿が一段と増えることだろう。 高級車=大型車の公式はもはや過去のものとなりつつある。 新型GLAは2020年4月末より欧州市場での販売をスタートし、まもなく北米、中国にも導入予定。 日本での発売時期は未定だ。 発売を記念した特別仕様は20インチホイールを装着 最新基準のデザインと性能を与えられた新型GLAは、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンから市場導入を開始。 追ってプラグインハイブリッドも追加する予定という。 発売から1年間は導入記念の特別仕様「エディション1」を設定。 20インチの大径ホイールをはじめ、パーフォレーテッドレザーで仕立てたシートやカーボンファイバートリムなどを標準装備する。

次の

価格.com

メルセデス ベンツ gla

GLA200は1. すでにフォトデビューは済ませているものの、青空の下で見る実物の第一印象は、シルエットは兄貴分のGLCやGLEに近いSUVらしさが漂っていた。 ボディサイズを調べてみると、全長は14mm短縮された4410mm。 しかし全高は104mm伸びて1611mmとなり、全幅も30mm広がった1834mm。 そしてホイールベースも30mm拡張された2729mmとなり、全体的には引き締まったシルエットを得たと言えるだろう。 エクステリアは、LEDヘッドライトが鋭角的に切れ上がり、ボンネットには2本のパワーバルジが並ぶ。 さらにグリルは下方へ広がって力強さが強調されている。 同時に、その下のバンパー左右のエアインテークは拡大され、ダイナミックな印象だ。 リアは、これまでややオーバーサイズな印象を与えていたコンビネーションランプがこれも鋭角的に細長くなり、軽快な印象を与えている。 前後のオーバーハングが短くなったサイドビューは、オプションの20インチタイヤと相まって、さらにスポーティさが際立っている。 新型GLAには3種類のガソリンと2種類のディーゼル仕様がラインナップ。 163psと250Nmを発生するGLA200、225psと350Nmを発生するGLA250、そして306psと400Nmを発生するGLA35があり、それぞれには4マチック仕様も用意される。 一方ディーゼルは150psと350NmのGLA200dと190psと380NmのGLA220dとなり、GLA220dには4マチックもラインナップする。

次の

The GLA:デザイン&装備

メルセデス ベンツ gla

出典: ベンツのGLAの故障について解説していきたいと思います。 めずらしいかもしれませんが、私は大学生のころからちょっと古い中古ドイツ車にのってきました。 多くの大人たちからみれば「学生のブンザイで!」「どうせ金持ちだったんだろ」と思われるでしょうね。 しかし実際の私はアルバイトをかけ持ちして日々のガソリン代や税金保険料まですべて自分でなんとかしていました。 そんな状態だったのでお金なんて余裕のあるはずもなく、クルマの維持についてなんとか考える日々が続いていました。 いまとなっては輸入車にのることを躊躇する大人たちにたいしてエラそうなアドバイス? をさせて頂けるような立場になってきています。 私も知識経験ともにまだまだ未熟な点が多くて日々勉強ですので、当記事を読んでもらって私と一緒に少しでも輸入車について学んでもらえたらと思っています。 今回はベンツのGLAについて解説していきたいと思っていますが、GLAと言えば2013年に発売されてからすでに5年は経過しているんですね。 当時はマリオのCMがかなり衝撃的だったことを覚えていますが、メルセデスベンツとしてはGLAはいつでもどこへでもいける新しいSUVですよ、ということをアピールしたかったようです。 ベンツのGLA限定で、というよりメルセデスベンツ自体の故障について不安な人も多いと思います。 私も大学生のころ初めてのった中古のドイツ車に乗ったときは不安がなかったわけではありません。 実際納車されてからは興奮と感動の毎日でしたので、実際そこまで不安に悩まされていたわけではありませんが…。 とにかくベンツのGLAについて、私と一緒に見ていきましょう。 ベンツGLAはこんなタイプの人におすすめ とにかくこれまで国産車しかのったことがなくて、でも次に乗りたい国産車があまりない、もしくは全く魅力的なクルマがない。 ベンツにあこがれは持っていたけど故障のイメージからなかなか購入まで踏みだせなかった人たちなど、GLAは割と幅広い層におすすめできると思っています。 故障するかしないかでいったら、機械なので私が保証できる話ではないですがそれでもGLAに乗り始めれば「最近のベンツは全然故障しなくなった!」「普通に通勤としても普段使いできるレベル!」という良い意味の期待を裏切られると思います。 そのくらいメルセデスベンツの品質は上がってきています。 ただこんな方にはおすすめできないです。 たとえば国産車の視点でしか見られない人。 GLAはあくまでメイドインジャーマニーなので、長く乗っていればドイツ車らしい特性や文化の違いを肌で感じられるようになります。 初メルセデスベンツにチャレンジするのであれば、ドイツ旅行をしている気分を味わうくらいの心のゆとりが欲しいところです。 <スポンサーリンク> ベンツGLAは新車で買わないと故障するのか? だいぶ少なくはなってきましたが、それでもまだまだ「ベンツは新車で買った方がいいぞ」という人が一定数いるようです。 私の考えとしてはGLAの中古車はどんなに古くても5年ほどなので、仮に買ったとしても大きな失敗をするリスクは少ないと思います。 それにどんな新車だって故障する可能性がありまして、それはいわゆる初期トラブルというものです。 初期トラブルの原因としては工場で製造段階で何らかの不手際があったか、パーツ類の組付けの微妙なズレなどによっても起こります。 その他にもコンピュータ関係の不具合であったりトランスミッションそのものに不具合が生じたりします。 これらのトラブルの特徴としては新車購入後、乗り始めてすぐ出るパターンが多いです。 あるいは乗り始めて3年程度たってから出ることもありますので一概には言えないです。 ある程度距離を走らないと発現しないトラブルもあるので、たとえ3年たったからといって何もなかったからあとは大丈夫、ということでもないです。 特にふだんからあまりクルマを走らせない人は保証期間が切れた後にトラブルが出てくる可能性もあるのです。 メルセデスベンツの初期トラブルそのものもかなり減ってきているとはいえゼロではないということを買う前から知っておきたいところですね。 もちろん製造工程の原因によるトラブルは天下のトヨタですらあり得ますので、なにも輸入車だから特別に品質が悪い、ということでもないと思っています。 ベンツGLAを買うなら認定中古車が安心なのか? ディーラーに置いてある中古車ってなんとなくクオリティが高そうで安心感がありますよね。 私もその気持ちはよく分かります。 私は新卒で某輸入車ディーラーに入社した経験があります。 あくまでその中での話になりますが、私が客ならば「ん?」という実状もちらほらありました。 故障については高年式なクルマがほとんどだと思うので特に気にするレベルではないと思いますが、気になったのは在庫車両の扱われ方です。 結局のところお客様の見えないところではけっこうクルマを雑に扱っていたりするという事です。 特に商品についてこだわりがない、売り上げさえ上がればそれでよいという雰囲気のお店はヤバいですね。 大きいディーラーだと大量の在庫車を抱えていたりすると思いますが、一台一台丁寧にお手入れしている余裕なんてないと思いませんか? 一台一台ていねいに洗車したりワックスがけしたりということができないので、汚れたウェスを使いまわしたり砂利がついたタオルでボディをごしごししたりというのは日常かと思います。 なのでパッと見はきれいな中古車でもよくみると線キズが多かったり、ということもあり得ます。 それではどんなお店で中古車を買えばいいのか?ということになりますがそれは「在庫車の屋内展示スペースのあるお店」もしくは「クルマを愛していそうなお店」から買うということです。 そのような雰囲気を感じ取れるようなお店であればディーラーでも個人店でもいいと思っています。 中古車の中には長期間展示されているものもありまして、動かされていないクルマはなにかと不都合が出てくる可能性があります。 中古車を買う時は「このクルマはいつからここに置いてあるのか」ということも聞いてみた方がいいですね。 <スポンサーリンク> ベンツGLAは長く乗れずにすぐ故障するのか? あなたもベンツは長く乗れない、すぐ故障するという話を聞いたことがあるかもしれません。 GLAに関しては中古車でもまだ5年程度しか経過していないということ、GLAを乗るユーザー層はクルマを雑に扱う人が少ないということから中古車を選んだとしても故障で悩まされるという可能性は低いと考えます。 しかしGLAを5年、6年と乗りっぱなしのまま何のメンテナンスもせずにいるとトラブルに泣かせられる可能性はゼロではないです。 というのもクルマというのは基本的に人による適切なメンテナンスありきで調子を保つことができるマシンです。 調子を保つためにはメンテナンスが不可欠、ということは何もしなければ将来的に何かしらの不具合を起こす可能性もあるということです。 何もせずに乗りっぱなしにして、聞いたこともないような警告灯だったり音が出て「故障だ!」と騒ぎになってもそれは行うべきメンテナンスを怠ったオーナーとしての責任もあるのです。 つまりクルマのオーナーは本来、ある程度のメンテナンスの知識を持っていた方がよいということなのです。 メンテナンスはディーラーに全て任せていればだいたいの部分はカバーしてくれますが、私の視点から見ると完全ではないところもあります。 というのもディーラー自身も不具合に関しては出たとこ勝負の場合が大半だからですね。 ディーラーの点検やメンテナンスも真面目にやってくれる工場ばかりではないので、自分のクルマのコンディションやメンテナンス状態についてはある程度日ごろから把握しておくことをおすすめしたいですね。 ベンツGLAに乗ることで待ち受けるメンテナンスとは? 前項では「クルマのオーナーならばある程度メンテナンスは理解しておいた方がいいよ」」という話をさせていただきました。 クルマのメンテナンスなんて生まれてこの方まったく無縁という人も少なくないと思いますし、専門的で難しいイメージがあります。 私もはじめてのドイツ車を中古で買ったときはまったくの無知でした。 そんな私でもまずは説明書から読むことをはじめ、オイル量や冷却水の確認などからはじめてみました。 そのためにボンネットを開けて、目で確かめたりしてみました。 洗車してボディをピカピカに磨くのも最高ですが、たまにエンジンルームのほこりをふいたりしてあげるとさらに愛着が湧いたものでした。 そして自分の車を知れば知るほど故障の不安から少しずつ解放されていきました。 目で見て異常がないということがある程度分かるようになってきたからですね。 説明書に書いていないことはなんでもネットで調べていました。 もっとも、GLAに関してはトラブルと格闘が必要になるほどの故障が起こる確率は低いのですが。 それでもこの世にメンテナンスフリーの車というのは存在していないので、具体的にどんなメンテナンスが必要になってくるのかを見てみましょう。 クルマの場合、メンテナンスの時期の目安は年数よりも走行距離を見た方がトリップメーターでチェックできるので分かりやすいですね。 あくまで目安となりますが以下のようにメンテナンスしていったらだいたい網羅できていると思います。 走行5万キロ前後ごとに行うメンテナンス• ブレーキパッド+センサー(摩耗の具合に応じて)• フューエルフィルター• エアフィルター• イグニッションコイル+スパークプラグ• ブローバイホース• ATF+フィルター• バッテリー+サブバッテリー交換 走行8万キロ前後ごとに行うメンテナンス• カムシャフトセンサー• クランクシャフトセンサー• ウォーターポンプ• サーモスタット• エアフロメーター• フューエルポンプ• O2センサー• ショックアブソーバー+アッパーマウント• スタビライザーリンク• アイドル制御バルブ 走行10万キロ前後ごとに行うメンテナンス• ブレーキディスク4輪• Vベルト+テンショナー• エンジンマウントブッシュ• カムシャフトカバーガスケット• スタビライザー等ブッシュ類一式交換• 5万キロ毎の消耗品交換 ずらっとならべてみましたが、あなたはいくつくらいご存知でしたか?上記パーツの中には実際に設定がないものや名称が少し変わるものもありますが、クルマのパーツはみんなどれもだいたい同じです。 そして輸入車に乗っていて「故障した」「警告灯が点いた」「燃費が悪い」という時は上記リストのパーツをまず疑います。 これまで国産車ばかり乗っていてなおかつ5~7年サイクルで新車に乗り換えている、もしくは点検や車検でお金は払ってきたけど内容についてはほとんど確認してこなかったという人はクルマの「消耗品交換」の感覚が乏しいのでなかなか分かりにくいかもしれませんね。 ですが輸入車にのるならば上記の消耗品リストは一般的な知識として知っておいてもらいたいと思っています。 そして事実として、上記パーツ交換を人に任せれば任せるほどに金がかかる、と考えてください。 逆を言えば、自分でできる範囲を増やせば増やすほど金がかからないということになります。 新車保証が残っている間は保証の関係があるので下手に自分でやるのはおすすめできませんが、保証が切れたあとは事実上サバイバルなわけなので、逆を言えばどんな手を使ってでも安く抑えるという道も選べます。 今はYouTubeやネットでセルフメンテナンスの方法を誰でも見ることができるので、素人でもプラモデルを組み立てる頭があればできてしまう場合も増えています。 さらに輸入車の特権としてパーツはOEMという安価な社外品を導入するという方法もあります。 クルマのパーツってディーラーでしか手に入らないという常識はすでに時代遅れでして、今は楽天やAmazonで選び放題の世界になっています。 しかもディーラーより安いものも豊富にあるので、使わない手はないと思います。 結局のところベンツは5年サイクルで乗り換えた方が得なのか? ここまでご覧いただいた中で感想は様々あるかと思いますが、これまでクルマのボンネットすら開けたことがないという方も多いと思いますし、さらには面倒だと感じて国産車でいいやとなってしまう人もいるかと思います。 パーツのリストを見ていただくと分かると思いますが、消耗品が集中するのって5万キロ前後からが多いんですよね。 ということは5年サイクルで乗り換えればメンテナンスしなくてもいいと考える人も出てくるかもしれません。 保証期間も新車ならば最長で5年間なので、買い替えるには最適のサイクルに見えます。 私としてはそのサイクルでも自分が納得できれば、選択肢のひとつとしていいんじゃないかと思います。 定期的に新しいクルマに乗れるのも気持ちがイイですよね。 ですがメンテナンスが面倒で金がかかるから新車にバンバン乗り換えるということならばちょっとどうかな?という感じがします。 だって新車に乗り換えるよりメンテナンスにお金をかけた方が圧倒的に安いですし環境にも優しいですよね? さらにメルセデスベンツは古いものでもきちんと手を入れてあげれば30万キロは余裕で乗れるポテンシャルを秘めています。 事実本国ヨーロッパでは古いベンツ、ガンガン現役で走ってますよね??それがGLAほどになれば50万キロはいけると思いますよ。 ベンツは長く乗れないなんてガセなので無視です。 そんな可能性を秘めた車を古くなったから、ですぐ乗り換えてしまうのは私からすればちょっともったいないと思うわけです。 それに5年、10年とメンテナンスしながら乗っていくと愛着の湧き方が凄いですよね。 家族の思い出とともに歳を重ねていけるということです。 そんな自動車ライフ素敵じゃないでしょうか? そういった人たちが増えてくれると、やがて「車に乗るって、ステキだね」という人たちが増えてきて日本のクルマ文化は成熟してくるのだと思います。 今はまだ日本の古い税制のせいで旧車は不遇ですが、それもそのうち見直される時が来ると思います。 あまりに矛盾した税制ですからね。 そんなところで今日も私は愛車を愛でながら日々を過ごしています。 クルマに乗るというのは本当に楽しいですね。 メルセデスベンツGLAに乗ると、きっと世界が違って見えると思います。 勇気を持って選んでみるのもいいかもしれませんね。 <スポンサーリンク>.

次の