今年 は 平成 31 年度。 平成31年度はいつまで?令和元年度はいつから始まるの?改元されるタイミングを確認しよう

今日は平成何年?

今年 は 平成 31 年度

「令和元年度」はいつから? 新元号「令和」の発表があった 平成4月1日から、平成31年度になりました。 今月から新社会人になる人や、小学校・中学校・高校・大学に入学する人は、 平成31年度入社や 平成31年度入学になりますよね。 でも、5月から元号は令和に変ります。 年度というのは、4月1日から3月31日までのことを指しますよね。 とすると、平成31年度は令和2年の3月31日に終わるのか?と思いましたが、違いました。 どうやら 令和元年度は 令和に変わる5月1日から令和2年の3月31日までをいうそうです。 国の予算における会計年度の名称については、原則、改元日以降 は、当年度全体を通じて「令和元年度」とし、これに伴い、当年度 予算の名称は、各府省が改元日以降に作成する文書においては「令 和元年度予算」と表示するものとする。 引用: 原則、 改元日以降は当年度全体を通じて「令和元年度」とし、と書いてあります。 ですので、平成31年度は平成31年4月31日で終了し、5月1日から令和元年度になります。 でもこの表記ですと、 平成31年度はなくなるのかな、という印象を受けます。 どちらかに統一してもらわないと、公的な書類作成のときなど困りますよね。 元号の変わる年というのは、いろいろとトラブルが起きそうです。 「令和元年度」の卒業式はどうなる? 平成31年度が、平成31年4月31日で終了ということはわかりましたが、平成31年度の入学式があるなら平成31年度の卒業式もあるはずですよね。 でも、5月1日からは令和に変ります。 平成31年度の卒業式は、どこに行ってしまうのでしょうか。 本来なら、 平成31年度の卒業式は平成32年の3月に行われます。 でも、平成32年はなくて、令和2年の3月になっています。 令和2年の3月に平成31年度の卒業式・・・はないですよね。 令和元年度卒業式、になります。 ということで、 平成31年度の卒業式は存在しないことになりますね。 なんだか、変な感じです。 「平成31年度入学式」の年の卒業式は「令和元年度卒業式」。 もしくは、令和元年度(平成31年度)卒業式という表記になるのかもしれません。 元号が変わるタイミングによって、年度に影響があるんですね。 あまり考えたことがありませんでした。 でも、今回のように年度の途中で元号を変えると、なんだかごちゃごちゃしませんか。 元号を変えるのは4月がいいのではないかな、と思いました。 今年度ってずーっと平成31年度? 途中から令和元年度になるの? 個人的見解は平成31年度だけど、2日目の職場なんで沈黙を保った😂 — さすけ lovelysasuke 新年度早々書類に悩まされる。 一応、作るべき書類はほぼ公文書。 年度頭、起案が多くて困る。 さて、今年は 平成31年度 なのか 令和元年度 なのか だが、年度切替が4月1日であっても、令和元年は5月1日からだし… 皆言うことバラバラなので、統一しろ。 いっそ西暦一択でお願いしたい。 ?ってなってる。 — k-43 kwhrkym みなさん、やっぱり混乱しています。 それはそうですよね。 私も「いろいろどうなるの?」と思いました。 元号を発表する際には、年度がどうなるか、公的書類にはどう記入するべきなのか、ということも併せてわかりやすく発表してほしいですね。 まとめ 今日は、令和元年度はあるのか、平成31年度の卒業式はどうなるのか、について調べてみました。 令和元年度は5月1日からになるそうです。 そして平成31年度はとても短く、1ヶ月でその名前は終わりを告げました。 また、平成31年度の卒業式は令和元年度卒業式になります。 もしくは、令和元年度(平成31年度)卒業式、ですね。 なんだか、頭がごちゃごちゃします! ですので、元号を変えるのなら4月が良いのではないか、と思いました。 本日も、最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!.

次の

令和元年度は存在する?平成31年度は5月からどう表記すればいいの?

今年 は 平成 31 年度

「年」と「年度」を混同して回答されている方が多いようです。 年度の呼び方に法的な根拠はないようですが、一般には(慣例では)その年度が始まる日の年号に「度」をつけたものが年度になります。 事業年度が4月始まりなら、2019年4月1日は平成31年なので、この日から始まる1年間は「平成31年度」です。 途中で改元があっても年度の呼び方は変わりません。 翌年2020年4月1日は令和2年になっているので、この日から始まる1年間は「令和2年度」です。 慣例のとおりなら、「令和元年度」はありません。 ところが、政府は4月2日、国の会計年度の名称については、改元日以降は、当年度全体を通じて「令和元年度」とする旨の方針を示しました。 「当年度全体を通じて」ということは、年度の初日である4月1日にさかのぼって、ということになります。 国がこのように決めたのだから、多くの自治体や企業は「上に倣え」で同じようにすることになるのでしょう。 結論として、慣例とは異なりますが、2019年4月1日から2020年3月31日までは「令和元年度」ということになります。 慣例のとおりなら来年(令和2年)の2月、3月も「平成31年度」ですが、それでは違和感があるということなら、政府の方針に従うのがいいのかもしれません。

次の

年度

今年 は 平成 31 年度

今年度とは? 4月1日~4月30日は[ 平成31年度] 5月1日から来年の3月31日までは[ 令和元年度] 普通に考えると、4月30日までの日は「平成31年4月」などと「平成」を使って、 5月1日以降の日は「令和元年5月」と使うのが正しいでしょう。 4月が始まりの年度の場合、今年度始まりの4月は平成31年だから「平成31年度」となりますよね。 4月に催される入学式なんかは「平成31年度」が多かったですし。 と言っても、5月から年号が「令和」に変わる事を考えると、 年度の始まりの4月だけが「平成」で、残りの11ヶ月は「令和」です。 令和の期間が長いので、ほとんどの期間が令和元年度になるけど、 それでも「平成31年度」なのだろうかと疑問に思いますよね。 総務省が、「国の会計年度の名称については令和元年度とする」と発表しています。 政府の発表をわかりやすくすると 国の予算における 会計年度の名称として「令和元年度とする」ということで、これは 会計年度に限った話なのです。 それは、 「今年度って「 令和元年度」なのね」と言われてると思うのが普通ではないでしょうか。 実際に市役所の書類も 令和元年度になってましたしね。 一般的には「 平成31年度」で問題ないけど、今年度を「 令和元年度」とする方が多いようです。 令和元年度 平成31年度 年度末の使い分け例 元号が変わったことで、今年に限り「 令和元年度」と「 平成31年度」の 使い分けがややこしい。 年度始まりに「 令和元年度」とするのか、それとも「 平成31年度」で通すのかと悩んだことが、年度末に近づくにつれてまた感じます。 結局は 「 平成31年度」でも「 令和元年度」でもどちらでも良くって、それぞれの各団体(自治体、企業、地域の自治会、子供会など)が自分たちで決めた通りで良いのです。 表記例としては 「 令和元年度( 平成31年度)」と併記することもOKなので、悩むならこの方法が使えそうですね。 令和元年度と1年度 正しくは元年度 令和になりましたが、 令和元年度や1年度と書類には様々な書き方があって困ります。 公的な文章を提出する時は、「令和1年」と書かないで「令和元年」と書くようにしましょうね。 便宜的に、「令和1年」と書くことありますけど、 学校への提出書類などは書き直して下さいと、突き返される事もあります、注意して下さいね。 『令和元年』が正しい呼び方だけど、『令和1年』も、まちがいではないのです。 ここもまたややこしいところですよね。 改元始まりの1年目なので、本来は「1年」となります。 だけど、「はじまりのとし」という意味もあって「元年」としています。 公的な文書などでは、「元年」を使った表記になってますから、 「年度」については、「令和1年度」より「 令和元年度」となってる方が一般的ですしね。 令和の元号表記は「R」 ちなみに令和のアルファベット略称は「R」です。 「L」説と「R」説がありましたが、令和は「R」を使います。 国の公文書がヘボン式ローマ字で表記されるので、ローマ字表記は「Reiwa」と記します。 令和が「R」で困惑するな~って思う事いっぱいありますよね。 一例ですが、我が家では 明治プロビオヨーグルトのR-1で「令和」に変わった5月に盛り上がりました。 他には、お笑いバトルのR1グランプリとかね。 「令和元年」の次は「令和2年」です。 実際には「1」の数字を使うことってないですけどね。 さいごに 令和元年度と 平成31年度の使い分けについてお伝えしました。 今年度は「 平成31年度」より「 令和元年度」の意見が多い事や 政府の発表では「 今年度は 令和元年度とする」としています。 どう使い分けるかは、それぞれの組織(企業や団体など)が決めることになります。 令和2年を迎えたら、どうってことない悩みに変わるんですけどね。。

次の