ラプラス 弱点保険。 【ポケモン剣盾】じゃくてんほけん入手方法・効果

ラプラス育成論 : 弱点保険・耐久調整キョダイラプラス【万能】|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ラプラス 弱点保険

ガオガエンの基本情報 まずは基本的な部分を抑えましょう。 タイプは炎、悪タイプで悪タイプが苦手な環境に多いフェアリータイプを見事に補っています。 また、攻撃種族値は115とかなり高いです。 それに加え、 注目すべきポイントは耐久力の高さです。 ガオガエンの強みはまだあります。 「いかく」という特性を持っていて、相手と対面した時に相手の攻撃力を1段階下げます。 ただし、すばやさは60とあまり高くはありません。 性格はいじっぱりかわんぱくにする人が多いようです。 4倍弱点がなく、耐久力が高い• 防御、特防共に高い種族値• 攻撃力が高い上、高威力のわざを覚える• 特性:いかくが単純に強い• 対面性能が高く起点作成もこなせる• 環境に刺さる技範囲• 型が多く、1匹で相手を壊滅させられることもある 箇条書きにしましたが、見て分かる通り、 攻守ともに優れているのです!また、「とんぼがえり」や「すてぜりふ」などすばやさが遅いのを逆に生かして後攻から手持ちと交代でき、後続のポケモンにダメージを与えることなく交代できます。 しかも、 ガオガエンは耐久力に優れているので交代を繰り返して戦う、いわゆる「サイクル戦」に強いのも採用しやすい理由です。 雑に使って強いなんてもはやミミッキュじゃないですか! また、型も多様化してきており、 型の判別を間違えるとガオガエン一匹に3タテ、なんてことも珍しくありません。 怖すぎます!このポケモン! ガオガエンの型 では、ここからは環境にいるガオガエンの型を紹介します。 性格補正が何もない場合には特に表記しません。 ダイマックスしている場合にはポケモンの名前の前にGを表記します。 特性はいかく一択です。 相手の攻撃力を削ぐことができますし、ダイマックスして運用するのでより耐久力を上げることができます。 持ち物は弱点保険です。 弱点の技を受けると攻撃、特攻が2段階ずつ上昇します。 ダイマックスポケモンとは非常に相性がいいです。 努力値 ダイマックスした時に物理と特殊の両方に対応できるように耐久力をそこ上げするためにbやdには振らず、hに最大まで振っている型が多いようです。 また、 すばやさを無振りアーマーガアに勝てるようにhやaを削ってsに振っている個体もいるようです。 技構成 基本的には炎の最高火力のフレアドライブ、悪の最高火力のDDラリアットを採用している型が多く、たまにフレアドライブの代わりにブレイズキックを採用している場合もあります。 選択枠は「ダイジェット」ですばやさを上げるためのアクロバット、環境に刺さる格闘技のインファイト、電気技のかみなりパンチ、鋼技のアイアンヘッド、地面技のじしんが多いです。 また、剣の舞をもつ個体や鬼火、サイクル戦に強いすてぜりふやとんぼがえりを持っていることもあるようです。 理由も火力の底上げと耐久力向上で同じなので省略します。 持ち物は突撃チョッキで特防が1. 5倍になる持ち物です。 しかし、変化技は打てなくなります。 努力値 努力値は2パターンあるようでわかりやすくするために攻撃型と防御型とでも名付けましょう。 攻撃型 攻撃型では弱点保険の型と同じで耐久力の底上げと攻撃力の確保のために努力値をh、aに最大まで振っているようです。 しかし、 いかくと突撃チョッキによって耐久力は弱点保険型より遥かに高いです。 防御型 防御型は努力値を攻撃に振らずh:252 b:252に振り、サイクル戦に強くした型です。 また、bの努力値をbとdに振り分けて耐久調整している型も多いです。 このかたは 弱点を突かれてもHPの半分もダメージが入らないほど硬いです。 さらに攻撃力はもともと高いので相手の弱点を突ければ、1撃で倒すこともできます。 技構成 突撃チョッキを持っていることで厄介な変化技は打てませんが、耐久力が上がったのでサイクル戦を想定してとんぼがえりを採用している型がほとんどです。 また、耐久力を下げないためにインファイトではなく、ラプラス対策にもなるかわらわりを採用している型も多いです。 また、弱点保険型同様広い技範囲の選択技からどれか1つを採用しているので要注意です。 持ち物はオボンの実が多いようで、たまに混乱実(バンジの実やフィラの実など)もいます。 努力値 努力値は人によって全然違う振り方で細かく調整している型がほとんどです。 ですので今回の型はさんの育成論に載っていた型を挙げておきます。 対面性能が高く一撃で倒せる相手は倒し、そうでなければ起点作成するといった動きをしてきます。 非常に厄介です。 技構成 技構成は起点作成のためのすてぜりふは確定です。 ねこだましを搭載している型が多く、初手ねこだましをしてとりあえず相手の様子を伺い、相手の意思(交代するかなど)を確認して動くようです。 残りの選択枠は2枠攻撃技にする型とワンウエポンで鬼火を搭載し、より起点作成に特化させた型がいます。 攻撃技はほとんどがタイプ一致で打てる技のフレアドライブ、DDラリアットです。 ごく稀に違う技を持っていることがありますが超限定的なポケモンに絞って搭載しているので、多くのポケモンには刺さりません。 持ち物は食べ残しでビルドアップを積んでいる時により生存能力を高めます。 オボンの実を持たせている型もいるようです。 努力値 この型は相手の物理ポケモンを起点に全抜きを狙う型なので、物理に最大限対応できるようにhとbに最大まで振ります。 基本的に特殊の相手はしないので残りの4をsに振っている個体もあります。 残りの技はフレアドライブ、DDラリアットが圧倒的に多いですが、より相手の物理ポケモンを起点にできるよう鬼火の採用もなくはないです。 また、刺さることの多いじしんも割と採用されているようです。 特性は言わずもがな、いかくが主流ですね。 たまに、もうかの個体もいます。 持ち物は、コンセプト上命の玉です。 これを持たせることにより、 剣舞をした後の火力は恐ろしいほど、高くなります。 カバルドンですら、ダイバーンで吹き飛びます。 努力値 火力特化で全抜きを狙う型なので、a252は確定です。 sは調整する人もいますが、ほとんどは、ダイジェット後に、より多くのポケモンを抜けるよう、素早さに全振りしています。 技構成 火力の出るタイプ一致技のフレアドライブ、DDラリアットは採用されている場合がほとんどです。 また、ダイジェットとして使うために、アクロバットもほぼほぼ、採用されています。 剣舞は、採用していない型も中にはいますが、だいたいは採用しています。 技はこの4つで確定といってもよいでしょう。 この型は、剣舞を積まれると、後出しできなくなり、手が付けられない状態になるので、特に注意が必要です。 対策 では、ここからはガオガエンの対策を紹介していきます! ガオガエンは攻撃力も耐久力も高いので生半可な火力では倒せませんし、逆に倒されてしまいます。 しかも弱点をつけば弱点保険が発動し、もうお手上げです。 ですので、対策としては2パターン考えられます。 超高火力で1撃で倒す• 攻撃を受け切って倒す 1. 超高火力で1撃でたおす 半端な攻撃力では倒せませんので1撃で倒せるのは彼以外にいません。 そう我らがエラガミ様、 鉢巻ウオノラゴンです。 「そこまでしないとダメなの!?」 と思う方もいるかもしれませんが、1撃で倒すには鉢巻ウオノラゴンしかいないんです。 もともとのs種族値は勝っているので、最速ガオガエンには確実に先制エラがみを打てます。 またガオガエン側からの有効打もないので 後出しで勝てます。 攻撃を受け切って倒す ここで思いつくのはミロカロスやドヒドイデだと思います。 が、 ミロカロスやドヒドイデでは対策できません! ミロカロスやドヒドイデはタイプ相性もよくて防御力も高く、回復技も持っています。 しかし、ガオガエンの技次第では弱点を突かれてしまう上、メインウエポンのねっとうで弱点保険まで発動されてしまいます。 さらに、ガオガエンは炎タイプですのでねっとうで火傷することもありません。 そこでおすすめするのが ふくつのこころバイウールーです! 本当は「ぼうじん」がいいんですが、まだ夢特性を入手できないらしいので… もふもふだと炎タイプが抜群になってしまい、ダイバーンを打たれればおしまいです。 しかし、ふくつのこころならば余裕で受けられます。 さらに、 バイウールーのs種族値は88でガオガエンより先にコットンガードを打てます。 例え、インファイトを食らっても1/4程度のダメージしか入りません。 そして、 コットンガードを2回積むとボディプレスでh252、b252のガオガエンですら1撃で倒せます! バイウールーの詳しい育成論はこちら まとめ とても長くなってしまいましたが、環境に存在するガオガエンの型を網羅することができたと思います。 ちなみに、「ガオガエンは進化すると気持ち悪い!」という方は、進化前のニャヒートの型もあります。 私が愛用している型で、結構強いです。 ここまで読んでくださったおまけ程度に紹介させていただきます。 長い間お付き合い頂きありがとうございます。 今後も有益な情報を届けられるよう努力しますので、何かお気づきの点、意見、コメント等ありましたら、お気軽にコメントしてください! では、良いポケモンライフを!.

次の

「キョダイラプラス」どう育成しよう? ~ガラルビギニング「7の構築」から学ぶ~【ポケモン剣盾】

ラプラス 弱点保険

Contents• シェルアーマー 自分への攻撃は急所に当たらない。 うるおいボディ 天気が『あめ』の時、ターン終了時に状態異常が回復する。 ドヒドイデやガラルサニーゴは、起点にされることを警戒して「くろいきり」を覚えていることもありますが、一撃必殺技を覚えているため、関係ありません。 また、その他多くの水タイプにも役割を持てます。 特性は水技を無効にできるちょすいです。 受けループに使用されるポケモンは、攻撃技として「ねっとう」を覚えている場合が多いため、ちょすい一択です。 みがわりの施行回数を増やせるように、持ち物は食べ残しを採用してきます。 技に関して、受けループを崩すために、「絶対零度」と「みがわり」を採用し、 受け出しできる水タイプのポケモンの有効打として「フリーズドライ」、フリーズドライが通らない相手に対しての「ハイドロポンプ」を採用しています。 受けループに、絶対零度のPP枯らしされることが嫌な場合は、ハイドロポンプの枠を「つのドリル」や「地割れ」に変えるのもありかもしれませんが、自分が使用している感じ、一撃必殺技は「絶対零度」のみで十分な印象です。 ハイドロポンプが役立つ機会の方が多いと思います。 身代わりのHPは52になり、ナイトヘッド等レベルの定数ダメージを耐えます。 物理受けのため防御に252振り、素早さに関しては、ラプラスは60族であり、多くのポケモンが60族にいるため、そういったポケモンよりも先に動ける可能性を高めるための20です。 残りは特攻に振り、余った4を特防に振っています。 次に、具体的な立ち回りについていくつか紹介していきます。 ドヒドイデのどくどくやどくびし等に警戒しつつラプラスとドヒドイデの対面を作り、身代わりを打ちます。 相手の「ねっとう」は特性ちょすいで効かないため、相手に有効打がなく、ポケモンを変えてきます。 ラプラスに有効技があるナットレイに変えられてきたとします。 また、パワーウィップ後も身代わりを貼れる体力が残っているため、次に出てくる受けポケモンに対しても身代わりを貼ることができます。 身代わりを貼ってしまえば、基本的にドヒドイデはラプラス に対して何もすることができないので、当たるまで絶対零度を打ちます。 対ガラルサニーゴ 対ガラルサニーゴに対して、先発で身代わりをはれば、あいてのナイトヘッドで身代わりを破壊するのに2ターン必要とするので、余裕で3回絶対零度を打つ機会を確保することができ、命中率は30%のため、よっぽど運が悪くない限りは勝てます。 対ヌオー ヌオーも特性てんねんに、相手の能力補正の影響を受けないことから、受けループに採用されることが多いです。 しかし、ラプラスの「フリーズドライ」が4倍で入るので、ヌオーで受けることはできず、特防に特化していないかぎり、一撃で倒せます。 対面した場合は、一発で倒せない可能性、どくどくを打ってくる可能性、交代してくる可能性を考え、身代わりを打ち、ヌオー が居座っている場合は、フリーズドライを打つのが安定かと思います。 対カバルドン カバルドンも受けループに採用されるポケモンの一匹です。 対面した場合、「ステルスロック」、「あくび」を打ってくることが多いと思うので、基本的には身代わりをします。 その後、「フリーズドライ」or「ハイドロポンプ」で倒します。 環境に物理が多いため、防御に努力値を振っている型が多いと思うので、基本的に「フリーズドライ」で確定2です。 対ロトム 対面ではラプラスはロトムに勝てないので、基本的に引きます。 ラプラスに対して、ロトムが後出ししてくることがあるので、それが予測できる場合には、交代読みで水ロトムに対しては「フリーズドライ」、ヒートロトムに対しては「ハイドロポンプ」を打つもしくは、身代わりを貼ります。 チョッキでなければ、確定2発で落とせるので、2度目は受けにくることができません。 また、相手が眼鏡ロトムの場合は電気技で一発で倒されてしまう可能性がありますが、そうでない場合は一発は耐えるため、場合によっては居座って攻撃することもありかもしれません。 相手が後出ししてくる場合は、場合によってはラプラス が居座るという選択もできます。 対その他水ポケモン ラプラスは、特性により、水技を無効化し、かつ水タイプに弱点を取れる、「フリーズドライ」を持っているため、みずタイプのポケモンに対して強くでれます。 よく使われるウオノラゴンやギャラドスに対して、相手の攻撃を受けれてかつ「フリーズドライ」が4倍で入るため、それらのポケモンに対しても牽制することができると思います。 被ダメ計算 攻撃を受けるポケモン 与ダメ ダイアイス H252補正無ヌオー 120. 上記は威力120での計算になっているため、実際は技の威力差10分ダメージが多く入ります。 受けループを崩すにあたって積みまくって高火力で押し切るという戦法もありますが、能力変化を元に戻す「くろいきり」を覚えたドヒドイデやサニーゴがいたり、能力変化の影響を受けない「てんねん」という特性を持ったヌオーやピクシーもいるので、一撃必殺技で対策するのが良いのではないかと思います。 ラプラス はランクマッチで使用している感じ、受けポケだけでなく、水ポケモン、また、環境にはびこるドラパルトに対して良い役割を果たしてくれたこともあり、個人的には相当強いんじゃないかと思っています 笑 参考になれば嬉しいです!.

次の

【ポケモン剣盾】じゃくてんほけん入手方法・効果

ラプラス 弱点保険

ラプラス(キョダイマックス)の育成論 ラプラス(キョダイマックス)の育成論はこのようになります。 性格:ひかえめ or おくびょう• 特性:ちょすい(推奨)or シェルアーマー or うるおいボディ• 持ち物:とつげきチョッキ、じゃくてんほけん、ひかりのねんどなど• 努力値:B4 C252 S252• 実数値:• 205-94-101-150-115-112(控えめ)• 205-94-101-137-115-123(臆病)• また、ダイマックス技の火力を底上げするための控えめもおすすめとなります。 どちらにするかは好みですが、迷ったら準速のペリッパーや70属を抜ける臆病を選ぶのが無難かと思います。 特性は3つの中から好きなものを選ぼう! ラプラスの特性には「これ!」といった決定打になりうる特性はありません。 消去法で、ウオノラゴンに強く出れ熱湯の火傷に悩まされることのない貯水を推奨としていますが、強運キッスなどに強く出れるシェルアーマーや、ダイストリームで状態異常対策のできるうるおいボディにするのも良いでしょう。 持ち物は自由! ラプラスは弱点も多いので弱点保険と相性もよく、また、攻撃技で技スペが埋まりやすい点からもとつげきチョッキとの相性も抜群です。 ひかりのねんどを持たせて壁を後続につなげたりするもよし、割とどんな持ち物でも使いこなしていけそうなポテンシャルがありますね。 努力値はCS特化がおすすめ! 耐久に振るくらいなら、先制でキョダイセンリツを使える範囲を広げたほうが良いでしょう。 ダイマックス前提のポケモンなので、高威力のダイマックス技を使うラプラスは特攻にも努力値を振るのがおすすめです。 ラプラスは無振りでもHPが200超えで、防御や特防も100を超えているため、耐久には努力値を割かずとも高い耐久力を誇っています。 おすすめの技 ラプラス(キョダイマックス)のおすすめの技を紹介します。 フリーズドライ フリーズドライとは、氷タイプでありながら水タイプに抜群を取れる特殊な技で、威力70でありながら多くのポケモンに4倍弱点をつけるため非常に有用な技です。 トリトドンやルンパッパ、ギャラドスにウオノラゴンといったポケモンに刺さり、ラプラスをダイマックスさせないで戦う選択肢を持てるようになります。 フリーズドライはダイマックスしても威力120の技と微妙なので、キョダイマックス前提で運用したいケースでは他にも氷技をもたせるのが良いでしょう。 ハイドロポンプ ラプラスはねっとうを覚えないため、水技は、ハイドロポンプ、なみのり、うたかたのアリアからの選択となります。 シングルであれば、なみのりやうたかたのアリアでも良いですが、ダブルでは味方を巻き込んでしまうため、基本的にハイドロポンプ一択となります。 シングルでも命中不安技ではありますが、元々キョダイマックスで運用したいポケモンであり、威力140ダイストリームになる点からも水技はハイドロポンプで良いと思われます。 ふぶき 威力140のキョダイセンリツを撃つためだけの技です。 フリドラを採用している場合、キョダイマックス時専用技として吹雪を採用するのはありだと思います。 ぜったいれいど 一撃必殺で要塞化の対策ができるほか、ダイマックス時に威力130の氷技となれます。 れいとうビーム 命中安定の氷技ですが、キョダイマックス時には吹雪、通常時にはフリドラに軍配があがりますので優先度は低いです。 10万ボルト 10万ボルトの攻撃範囲はフリドラと被っていますが、ダイマックス時の電気技として使えるため、必要に応じて採用すると良いでしょう。 ダイサンダーでエレキフィールドを貼れれば眠り状態を無効にできるのも嬉しいですね。 こおりのつぶて ラプラスの先制技です。 非常に有用な技ではありますが、ダイマックス時には腐ってしまうので技スペースとの相談になるでしょう。 まもる ダブルではあると非常に便利な技です。 ほろびのうた キョダイセンリツでビートダウンを制し、頭数を減らして滅びの歌でフィニッシュみたいな運用を考えているなら採用するのもありかもしれません。 ラプラス(キョダイマックス)の対策 ラプラス(キョダイマックス)は、壁を貼れるキョダイセンリツがあるため、殴り合いに持ち込むのは得策ではありません。 バタフリーなどでねむらせる キョダイマックスしたラプラスを止める手段として「ねむらせる」のは非常に有効です。 キョダイマックスしたラプラスは並大抵の攻撃では倒せませんし、挑発で壁の発動を無効化することもできませんが、状態異常であれば動きを止めることが可能であるからですね。 また、先に壁を貼られてしまったケースでも眠りによる時間稼ぎができるので、そういった点からも良い対策と言えるでしょう。 かわらわりやサイコファング、コートチェンジなど壁を対策した技を覚えたポケモンを採用する 少々ピンポイント気味になってしまうのですが、かわらわりやコートチェンジなど壁を壊したり奪ったりする技があります。 キョダイセンリツはその追加効果であるオーロラベールが強力なので、それを壊してしまうというのも対策になるでしょう。 アーマーガアのキョダイフウゲキなんかもいいかもしれませんね。 まとめ 3月シーズンから解禁されるラプラス(キョダイマックス)は、オーロラベールを貼りながら攻撃ができるキョダイセンリツが非常に強力なポケモンです。 対策もかなり限られているので、とても優秀なポケモンですね!•

次の