通話に応答がありませんでした 表示。 「通話中の為応答出来ません」は通話中じゃなくても誤って表示されるこ

LINEブロックされている?通話すると応答なしに…バレない確認方法!

通話に応答がありませんでした 表示

「応答なし」「キャンセル」「不在着信」の意味と違い LINEで無料通話をかけてつながらなかった時のトーク上の表示は、「応答なし」「キャンセル」「不在着信」のいずれかになります。 それぞれ、どのようなケースで表示されるのか意味や違いを解説します。 「応答なし」と表示されるケース 自分のトーク上で「応答なし」が表示されるケースは3つあります。 自分がかけた通話を相手が強制的に切った(拒否) 相手が着信に気づいたものの、何らかの事情で 「拒否」をタップしたというような状況です。 この時、相手側(拒否したユーザー)のトーク画面には「キャンセル」と表示され、自分側(通話をかけた側)には「応答なし」と表示されます。 左:自分側 右:相手側 2. 一定時間が経っても相手が電話に出なかった 相手が着信に気づかなかった、もしくは何らかの事情で 通話に出られなかったというような状況です。 この時、相手側のトーク画面には「不在着信」と表示され、自分側(通話をかけた側)には「応答なし」と表示されます。 相手が通話中だった場合 3. 相手がブロックしている(自分がブロックされている) 相手が自分をブロックしている状態で通話を発信し続けると、一定時間経過後に発信が終了し、自分のトーク上には「応答なし」と表示されます。 この場合、相手側では通話着信は鳴らず、通知も残りません。 ただし、 「応答なし」が表示されたからといって、必ずしも相手にブロックされているとは限りません。 LINE通話とブロックの関係については、本記事でしています。 左:自分側 右:相手側 「キャンセル」と表示されるケース LINE通話で自分のトーク画面に「キャンセル」が表示されるのは、 自分から電話を切ったとき。 しばらく鳴らしても相手が通話に出ないのでこちらから切った、というような状況です。 相手側のトーク画面には「不在着信」と表示されます。 左:自分側 右:相手側 「不在着信」と表示されるケース 自分のトーク上で「不在着信」が表示されるケースは2つあります。 相手が通話をかけてきたが、出る前に相手から発信を切った 相手から着信があったものの、何らかの事情で こちら(自分)が出る前に切れたというような状況です。 この時、相手側のトーク画面には「キャンセル」、自分側には「不在着信」と表示されます。 左:自分側 右:相手側 2. 相手が通話をかけてきたが、一定時間こちら(自分)が出なかった 相手が通話をかけてしばらく応答を待っていたが、 こちら(自分)が出なかったというような状況です。 この時、相手側のトーク画面には「応答なし」、自分側には「不在着信」と表示されます。 左:自分側 右:相手側 LINE通話の「応答なし」表示とブロックとの関係 LINEで「応答なし」が続いた場合に、自分が通話相手にブロックされているのではないかと不安になる人も多いようです。 結論から言うと、 「応答なし」が表示されたからといって必ずしもブロックされているとは限りません。 現在のLINEでは、 無料通話を介してブロックされているかどうかを確認する手段はありません(iOS/Android版問わず)。 ブロックされていてもされていなくても、同じ画面が表示される(右:iOS版LINE/左:Android版LINE) 相手にブロックされている/されていないにかかわらず、発信し続けると一定時間で発信が切れ、ときのケースと同様、上のような画面が表示されます。 仮に自分が相手にブロックされていても、ブロックされていない状態と同じ画面が表示されるため、ブロックされているかどうかを判別することはできないわけです。 なお、相手にブロックされているかどうかを確認する手段はいくつかあります。 詳細は以下の記事で解説しているので、参考にしてみてください。

次の

LINE通話の『応答なし』『キャンセル』の違い!通話履歴に既読はつかないので注意です|LINEの使い方まとめ総合ガイド

通話に応答がありませんでした 表示

関連記事• LINE無料通話を使っていて、 「応答なし」とか「キャンセル」と表示される場合がありますね?これって、相手にブロックされていることと関係があるのでしょうか? 結論から言えば、 LINE無料通話でブロックされているかどうかは確認不可能です。 なぜなら、ブロックされていても、こちらがわからすれば、相手に着信が届いていると思いがちになります。 <自分が相手にブロックされた場合の無料通話>• 自分側• ブロックされてない人と同様にずっと鳴り続ける。 そのため、その人にブロックされているかどうかは確認不可能。 相手側• ブロックした相手から着信があっても、それは通知されない。 だから、その人から着信があったかどうかというのは全くわからない状態。 自分が相手にかけて、ずっと相手が応答なかった場合、自分のトーク履歴に 応答なしと表示される• ブロックされている、されてないに関係なく、自分のトーク履歴には、この場合 応答なしと表示される• 相手が自分をブロックしてない場合には、 不在着信と表示される• 相手が自分をブロックしている場合には、不在着信すら表示されない。 相手からすれば、自分から着信があったということすらわからない。 自分が相手にかけて、相手は通話受け取らずにキャンセルした場合、自分のトーク履歴に 応答なしと表示される• 相手のトーク履歴には キャンセルと表示されている• 相手が自分をブロックしている場合には、そもそも着信があったことすらわからないので、キャンセルとは表示されない• 相手が自分にかけてきて、自分側でその通話を取らなかった場合、相手のトーク履歴に 応答なしと表示される• 自分が相手をブロックしている、してないに関わらず、この場合は相手のトーク履歴に 応答なしと表示される• 自分側のトーク履歴には、 不在着信と表示される• 相手が自分にかけてきて、自分側で相手の着信をキャンセルをした場合、相手のトーク履歴に 応答なしと表示される• 自分のトーク履歴には キャンセルと表示される ちょっとややこしいですが、表示される種類としては• 応答なし• 不在着信• キャンセル の 3種類があるっていうわけですね。 上で紹介したような条件でそれぞれが表示されるようになっているので、ややこしいですが確認してみてください。 何度も言いますが、ブロックされているかどうかを確認するには、LINE無料通話からはできません。 参考 LINE無料通話がつながらない原因 LINE無料通話がうまくいかないとかつながらない原因としては• 相手が通話の着信許可をオフにしている場合• 通話の着信許可がオフになっているため、応答できません。 」と表示されます。 相手がオフにしている場合には、自分が相手にかけても、相手が通話の着信許可をオフにしているかどうかはわかりません。 相手にブロックされている場合• 相手にブロックされている場合には、どんなにこちらからかけても、相手には着信があることすら通知されません。 また、ブロックされているかどうかをLINE無料通話で確認することは不可能なので、かけてもかけてもわかりません。 ネットの接続障害・電波の届かない場所にいるなど• インターネット回線の接続が悪かったり、相手が電波の届かない場所にいる、自分が電波の届かない場所にいる場合には、LINE無料通話をうまく使えないことがあります。 他にもいろいろと条件がありますが、つながらない場合の解決方法はこの記事を参考にしてみてください。

次の

【LINE】無料通話ができない、話せない、通じない「権限がありません」と表示された時の3つのチェック項目

通話に応答がありませんでした 表示

康司杉浦 さん、こんにちは。 マイクロソフト コミュニティへの投稿ありがとうございます。 Skype 通話の応答の仕方についてのご質問ですね。 ・ 着信の通知があると、上記ページに書かれているように「音声通話」、「ビデオ通話」、「通話の終了」のアイコンがそれぞれ表示されるかと思うのですが、康司杉浦 さんの環境でもそれは表示されるでしょうか。 受話器が斜めになった「音声通話」アイコンのクリックで相手との通話が開始されるので参考にしてみてくださいね。 もし表示される画面が違うという場合は、状況が詳しく分かるようもし可能であれば該当画面のスクリーンショットを返信に貼り付けてみてくださいね。 ・ ・ 返信が問題解決に役立った場合は、回答済みとしてマークしてください。 回答済みとしてマークするには、[この回答で問題は解決しましたか? ] の [はい] 、または [回答としてマークする] をクリックします。 問題が未解決の場合や引き続きアドバイスを求める場合は、[返信] をクリックして文章を送信してください。 近藤 茂 — Microsoft Support.

次の