アフラック 神戸 コールセンター。 感染確認された神戸市の40代女性、アフラック生命のコールセンターに勤務する派遣社員と判明!大阪のライブに参戦していた

神戸市内のコールセンターで新型コロナウイルス感染者発生

アフラック 神戸 コールセンター

保険のことはまったくわからないけど大丈夫? ご安心ください。 保険の仕組みや保険の基本を、わかりやすく丁寧にご説明させていただきます。 相談したら必ずアフラックの保険に入らないといけませんか? 無理に契約をおすすめすることはございません。 お客様自身にご納得していただいたときに、ご契約していただきたいと考えております。 また既にご加入の保険がお客様にとってぴったりであれば、それ以上のご契約のおすすめはいたしません。 何を持っていけばいい? お客様のライフプランやご要望に沿った総合的な保障のご提案をさせていただきたいと考えております。 既にご加入の保険がある場合には、差し支えない範囲で、ご契約中の「保険証券(コピー)」や「保険会社から送付される契約内容のお知らせ」等をご持参ください。 子ども連れでも大丈夫? キッズスペースをご用意している店舗も多数ございますので、小さなお子さま連れのお客様も安心してご相談いただけます。 お子さまの状況に応じて、相談時間を調整するなど臨機応変にご対応させていただきます。 アフラックのお店のスタッフは保険に詳しいの? ファイナンシャルプランナー(FP)、もしくはアフラック所定の研修を修了した保険に詳しい専門スタッフがお客様の対応をいたします。 ファイナンシャルプランナー(FP)は税金・保険・年金などの幅広い知識と視野を持ち、お客様の夢や希望を叶えるためのパーソナル・ファイナンシャル・プランニングを行うプロフェッショナルです。 一般社団法人金融財政事情研究会または日本FP協会が実施する試験に合格することでFPとして認定されることが一般的です。 店舗内 店内は白を基調とした開放的な空間です。 じっくりとご相談いただけるのはもちろんのこと、お気軽にパンフレットの閲覧や「乳がん触診体験」ができるお店です。 相談ブース テーブル席にて、マンツーマンでご相談を承ります。 隣のテーブル席との間には、パーテーションを配置し、プライバシーを確保しております。 ご相談は何度でも無料です。 本当にご納得いくまで、何度でも質問してくださいね。 キッズスペース ご相談の間、小さなお子さまが時間を忘れて楽しく遊んでいただけるよう、絵本やおもちゃを備えたキッズスペースをご用意いたしました。 クッションマットなので転んでも安心です。 まずは、保険に関するお客様の想いをぜひお聞かせください。 お客様の想いがこもった最適なプランを一緒に考えましょう!お会いできる日を楽しみにしています。 5つの約束 5つの約束は、お客様に安心してご相談いただけるよう、私たちが大切にしている姿勢を表したものです。 シニアコミニュケーター在籍店舗 シニアコミニュケーターとは?アフラックが定める所定の育成プログラム(検定試験)に合格し、高い応対品質を担保していると認められたコミュニケーターです。

次の

支社一覧|保険・生命保険はアフラック

アフラック 神戸 コールセンター

保険はどこで入っても同じでしょうか? ・どんな保険にどれくらい入れば良いのかわからない。 ・保険の内容はしっかり説明して欲しいけれど、押し付けられたくない。 ・契約後の変更や、もしもの時の手続きが不安。 私たちルビコン株式会社は、そんなあなたにピッタリのアフラック募集代理店です。 ルビコン株式会社では、 ・お客様のお話をじっくりお聞きします。 ・無理なセールスはいたしません。 ・保険商品のメリットだけでなく、デメリットもきちんとご説明します ・ご契約後も、しっかりお世話させていただきます。 ・常にお客様のために、新しい情報と知識を身につける努力をします。 ・そして、「乳がんセミナー」など、アフラックと共に、がんや医療、介護に関する正しい知識の啓蒙活動に積極的に取り組んでいます。 「乳がんセミナー」以外にも、「保険に入るコツ」「年金っていくらもらえるの?」など、お茶の間セミナーも開催中。 セミナーのみご希望も承ります。 フリーダイヤル 0120-88-0248 メールアドレス メールは件名を「iタウンページ」としてください。 資料請求、お問い合わせいただいたお客様の個人情報の利用目的は、 アフラックの各種商品やサービスの案内・提供・維持管理となります。 また、これらの利用目的のために当代理店がその提携先であるアフラックに登録されている代理店と共同して対応する際には、個人情報が当該代理店に提供されることにつきご了承ください。 アフラック神戸総合支社 〒650-0034 神戸市中央区京町80番 クリエイト神戸13F 当保険に関するお問合せ。 各種お手続き アフラックコール センター 0120-5555-95 アフラック募集代理店ルビコン株式会社本社 0120-880248 〒650-0002 兵庫県神戸市中央区北野町4丁目9-9.

次の

【神戸三宮】生命保険会社アフラックコールセンター(受信)の派遣の仕事情報|株式会社TMJ(No.26798039)

アフラック 神戸 コールセンター

コロナウイルス、より 神戸市でも感染者が確認されました。 記者会見を行っていますが、本人からのヒアリングはこれから実施するそうです。 新型肺炎、神戸市初の感染者 40代男性 神戸市は3日、同市在住の40代男性が、新型コロナウイルスに感染したことを確認したと発表した。 市内の感染症指定医療機関に入院している。 感染者が確認されたのは神戸市で初、兵庫県内では2人目。 本人への聞き取り調査ができておらず、現時点で感染経路は明らかになっていない。 同日正午過ぎに記者会見した同市によると、男性は2月27日、発熱したため市内の医療機関を受診。 3月2日、38度台の発熱など肺炎のような症状があったため別の医療機関に入院し、検体を採取した。 同3日、神戸ポートアイランドにある神戸市環境保健研究所で検査し、陽性反応が確認された。 容体は安定しているという。 県内では1日、西宮市に住む40代男性の感染が確認されており、尼崎市の感染症指定医療機関に入院中。 軽症で容体は安定しているという。 同居の女性2人が体調不良を訴えたが、同市は2日、いずれも陰性だったと発表した。 大阪市内にある勤務先の同僚らの中で、体調不良を訴える人は出ておらず、感染経路はわかっていない。 神戸市で新型コロナウイルス感染者が確認されましたため委員会が中断されました。 後程続報をお伝え致します。 市民の皆様におかれましては過度に慌てず、これまで通り予防に努めていただきますよう、宜しくお願い致します。 中継中です。 ・会見は13時まで ・本日11時過ぎにPCRで陽性判定、主治医から患者及び神戸市へ連絡 ・本人ヒアリングはこれから実施、行動歴等は不明 ・40歳代男性、住所は市内 ・2月27日発熱等の症状、A医療機関を受診、29日も受診 ・3月2日にB医療機関へ入院(感染症指定)、38度、軽度の倦怠感、肺炎所見 ・3月3日に陽性 ・容体は安定している ・13時15分から本部会議 会見は迅速でしたが本人ヒアリングができておらず、内容がやや乏しいものでした。 入院したB医療機関は、神戸市内唯一の第一種感染症指定医療機関であるかもしれませんね。 陽性判定を行った神戸市環境保健研究所と近接しています。 (追記) 神戸市で更にもう1名が感染確認されました。 クラスター化したライブハウスに参加していました。 神戸の女性感染 ライブハウスに 03月03日 20時41分 神戸市は3日夜、市内に住む40代の女性が新型コロナウイルスに感染していることが新たに確認されたと発表しました。 女性は、先月15日に、複数の感染者が確認された大阪・都島区のライブハウスを訪れていたということです。 神戸市によりますと、市内に住む40代の女性が1日から発熱とせきの症状を訴え、3日、「帰国者・接触者外来」を受診して、検体の検査を行った結果、陽性と確認されました。 女性は現在、市内の医療機関に入院していて、熱やせきは続いていますが、容体は安定しているということです。 神戸市によりますと、女性は、先月15日に、複数の感染者が確認された大阪・都島区のライブハウスで行われたコンサートに参加していたということです。 神戸市では、ライブハウスを訪れたあとの女性の行動や、濃厚接触者の有無などを調査することにしています。 兵庫県内で新コロナウイルスの感染が確認されたのは3人目です。 一方、神戸市によりますと、3日、感染が確認された、神戸市の40代の会社員の男性は1人暮らしで海外渡航歴はなく、現在までに濃厚接触者は確認されていないということです。 新型コロナウイルス感染者発生に伴う対応について 当社の神戸コールセンター(神戸市中央区)に勤務している派遣社員 1 名が、新型コロナウイルスに感染していることが 3 月 3 日夜に判明いたしました。 当該派遣社員は、新型コロナウイルス感染者が複数名発生した大阪市内でのイベントに参加しており、PCR検査の結果、陽性と判定されました。 当該派遣社員は直接お客様と接する業務には従事しておりません。 また、神戸コールセンターの業務に影響はなく、 さらに、同コールセンターは複数あるコールセンターの一つであり、当社は通常通り業務を行っております。 アフラック神戸総合支社は中央区京町(旧居留地)にありますね(コールセンターの所在地が同じとは限りません)。 毎日の体調管理&感染予防を 様々な報道等を見る限り、不特定ないし多数と共に過ごす(有症者が入り込むリスク)、一定の空間に長時間密閉される、他人と同じ物を触れる(接触感染)、会話や食事等を行う(飛沫感染)と感染するリスクが高いと感じています。 咳や微熱がある方は外出せず、自宅で療養するのが大切ですね。 我が家は毎朝検温しています。 学校や保育所等では朝の検温を義務化した方がよいかもしれません。

次の