島構想ツール。 【あつ森】島の設計図の作り方一覧【あつまれどうぶつの森】

あつ森、島構想で詰んだ一般人のための島クリエイターのコツ|れ|note

島構想ツール

こんにちは、『 あつまれどうぶつの森』 (以下、あつ森)まったりプレイ中の 主婦ブロガーmyme(マイミー) です。 みなさん、島づくりは順調ですか? ちなみに筆者は、 大迷走中です…!! どうしよう、ほんとに… 以前【島構想】の記事を公開し、ありがたいことに多くの方に見ていただけたのですが… 約1か月が経過した現在、思うように開拓が進んでおりません…。 ええっ 本記事では、しっかりと構想を練った 島づくりが難航した原因と 新たな島構想 (ざっくりですが)を紹介していきます。 もともとの島構想(4月中旬) まずは4月中旬に作成した島構想マップがこちら。 住宅街より手前を整備された ヨーロッパ風都会エリア、後方を 自然エリア、右側一帯を 和風エリアにする構想を練っていました。 大迷走した島づくり(5月前半) せっせと整備・住民の家移動を繰り返し島づくりをしていたのですが… 【あつまれどうぶつの森】大迷走してしまった島マップ 川沿いの住宅街が思ったような景観にならず… でーーんと、横並びに並んだ住宅。 カメラのアングルを色々変えて試したものの、そもそも横並びの住宅は写真におさまらないし、立体感なんてあったもんじゃない…w 飛行場から出てすぐの大通りや広場、エイブルシスターズ周りも、どれも繋がりが悪く、とにかく 平面的でぼてっとした街並みになってしまったのです。 筆者は時間操作をしていないため、住民の家の移動や橋・坂の整備は1日1件ずつのみ。 2週間ほど時間をかけてつくったはずなのに、残念すぎる…w 島づくりが難航した原因 あんなに細かく島構想したのに、どうして上手くいかなかったんだろう?? 色々な方の島の素敵な画像や動画を拝見して分かった、筆者の島づくりにおいて決定的に足りなかったものが判明しました。 フォトスポットを意識した地形づくり 島構想を元に島整備をする際、筆者はひたすら島構想マップの通りに川を引き、道を引いていました。 いざ建物を置いてみると、 こんなはずじゃぁ…!! という状況。 どこからカメラの視点をとっても、うまい具合に収まらないのです。 あつ森においては、とにかく視点が前方向にしか向かないので (室内のみ斜め撮影可)、こまめにカメラの視点をとりながら地形を作っていくのが良さそう。 こちらはカメラ視点を意識して作った温泉エリアの一枚。 【あつまれどうぶつの森】温泉エリアのフォトスポット 手前に和風の橋を斜めに架け、一段地形を上げた位置に和風の橋を横に架けてみた図。 手前の橋と奥の橋の 遠近感、 高低差により一気に立体感のある空間を作ることができました。 ここの地形は、橋を架ける前に何度も何度もカメラ視点をとって位置関係を確認しました…。 和風の橋、一つ228,000ベルもするので、常に金欠な筆者は失敗が許されない。 笑 あつ森の地形づくり、とにかく 前後の奥行きと高低差、大事ですね。 和風・温泉エリア 右上の和風・温泉エリアの地形はほぼ完成しています。 思ったより広大になってしまいましたが… 残りは装飾品を置いたり、竹を植えれば完成です。 右下のたぬき商店付近を 日本レトロエリアにする予定でしたが、温泉エリアが思いのほか大きくなったので、かなりこじんまりとしたエリアになりそう。 自然エリア 案内所の後方と中央部分で 自然エリアを作っていきます。 うねうねした川、くねくね道。 大きく変えたところは、中央の川沿いの住宅街を撤去します…!笑 ええっ… 代わりに、中央に 浮島のような地形を作り、博物館を配置していきたいと思います。 温泉街の滝から流れる小川と、自宅上の滝から流れる小川、右下の河口をつなげるイメージで。 高台に置く予定だった自宅は、あえて一番下の地面に置きました。 自宅前には S字のうねうねした川を作り、斜め橋を渡って 森の中の洋館が見えてくるイメージで地形を整備しています。 キャンプサイトは崖で囲い、 渓谷のような地形を作る予定です。 マップ上で左上の河口が閉じてしまっていますが、キャンプサイト付近に滝を作ってつなげていきます。 都会エリア 飛行場~案内所までの間を整備された 都会エリアに。 飛行場~案内所付近って迷走しませんか?? 筆者の島マップ、 飛行場~案内所の距離がかなり長めですよね。 よく、「飛行場~案内所が近すぎて困る」という話題は目にしますが、筆者の場合ちょっと遠すぎて困っています…笑 贅沢? まっすぐの1本道を引くと長すぎるし、噴水広場を作るとスペースが余るし… 崖を作るのもいいけど、せっかくの飛行場~案内所の直線ラインがもったいない…うーむ(迷走) また、川沿いの住宅街を撤去するので、住人の家の何人かは都会エリアの一角に配置する予定です。 都会エリアに関しては、後方~中央がまとまったら着手する予定なので、構想もぼんやりです…笑 ・ ・ ・ という具合で、今回の島構想はかなりざっくり。 あつ森の島づくりに迷走中の方、地形づくりに並んでいる方などの参考になれば幸いです。 hotaru-mm.

次の

【あつ森】再び島構想★大迷走中の島づくりの原因は?

島構想ツール

画面左のツールボックスから、テントや木々など自由にパーツを選んで設置し、島の構想を練ることができます。 使い方 各種ツール 地形ツール 草地、川、浜、岩などの色を選択して塗り潰します。 道ツール 土、レンガ、コンクリートなど色を選択して塗ります。 ミスしたら消しゴムツールで修正可能。 建物ツール テント、家。 果物の木、針葉樹などアイコンを選んで設置します。 施設ツール 飛行場や案内所、各種施設、橋や階段などアイコンを選んで設置します。 非常にシンプルな操作。 英語が苦手な人も直感で扱えるかと思います。 画像保存と読み込み Save as Image 島の状態を画像ファイルとして保存します。 Load Map 作成した島の画像ファイルを読み込みます。 New Map 島をリセットします。 メインメニューです。 作成中の島の画像を保存したり、読み込んだりします。 島の状態をリセットする際には、英語で確認のメッセージが出ます。 ショートカットキーを開く 以上、 島の設計図作成に役立つ島構想サイト「Happy Island Designer」の紹介でした。 島の地形にはクリエイト不可な部分もあります。 最初の島・地形選びの段階で、ある程度、理想に近い地形を厳選しておくと良さそうです。

次の

【あつ森を快適するグッズ&ツール 6選】島クリエイターでも便利なおすすめを紹介!

島構想ツール

スポンサーリンク Load Map 作成した島の画像ファイルを読み込みます。 New Map 島マップを新しく作り直します。 (現在の内容をリセットしてもいいか確認メッセージが出ます) 地形ツール 「草地」「岩」「砂浜」「水辺」などの色を選択して、マップに書き込めます。 ブラシサイズ 「+」と「ー」で、ブラシのドットの大きさを変えられます。 ブラシ・ラインの切り替え 【ブラシ入力】:手描きで点や線を描き込みます。 【ライン入力】:スワイプやドラッグ操作で、点の「始め」と「終わり」を決めると、自動で直線を引いてくれます。 道ツール 「土の道」「コンクリート」「レンガ」などの色を選択して、マップに書き込めます。 また、「消しゴム」を選択して書き込むと、書き加えた箇所を元に戻せます。 家ツール 「キャンプ」「家」などをマップに配置できます。 施設ツール 「灯台」「飛行場」など各施設をマップに配置できます。 スポンサーリンク 橋・階段ツール 「橋」と「階段」をマップに配置できます。 木ツール 木をマップに配置できます。 花ツール 花をマップに配置できます。 ホットキー(ショートカット一覧)を開く.

次の