パソコン 初期 化 windows10。 パソコン 初期化の手順(Windows10)

パソコンを初期化するとOfficeはどうなるの?

パソコン 初期 化 windows10

Contents• パソコンを初期化する時ってどんなとき? パソコンの初期化をしたいって時は様々あります。 初期化のやり方と結果は実は複数あるので初期化をする目的によって変わるので注意が必要です。 まずは、何故に初期化が必要なのか?目的別にわけて初期化の方法をご案内します。 お店でよく相談される初期化の目的No. 1がこのパターンです。 普通にパソコンにパスワードをかけておいて、久々に使おうとしたらパスワードを忘れてしまっていた人は非常に多いです。 その中でWindowsのログインは2つの種類にわかれています。 まずは、自分のパソコンのログインパスワードがどちらのタイプか確認する必要があります。 これによって、対応する方法が変わります。 ローカルアカウント 多くの人がパスワードをかけただけだとこちらの「ローカルアカウント」のタイプです。 こちらの場合は普通の人は、初期化が必要です。 マイクロソフトアカウント ログイン名がメールアドレスの場合は「マイクロソフトアカウント」の可能性が高いです。 こちらの場合は、他のパソコンやスマホでログイン名のメールが受信できる環境があれば、パスワードの再発行が可能です。 なんか、最近パソコンが非常に遅くなってしまった。 アプリが起動しなくなってしまった。 ウィルスに感染したかもしれない、もしくは感染してしまった。 なんて場合は、パソコンを初期化すれば改善する可能性があります。 パソコンが物理的に故障している場合は修理が必要ですが、Windowsの問題であれば、パソコンの中のデータは無くなってしまいますが、パソコンが初期状態になる為、問題が改善されてパソコンが使えるようになります。 パソコンが調子悪くなったら、重要なデータはバックアップやクラウドにあるのでパソコン中のデータが不要ならば、 とりあえず初期化するのがてっとり速いガジェ! クラウドサービスに関しては記事にまとめてますので御覧ください。 パソコンを処分する際に、中のデータを消去したいので初期化したいって相談も多いです。 この場合、売る・譲る場合と、処分する場合では初期化のやり方が変わるのでちょっと注意が必要です。 通常の初期化では完全にデータは消去されません。 通常のパソコンの初期化をした場合は、悪意のある人がツールを使用すればデータを復元する事が可能な状態になります。 これが心配な人は、初期化の中で完全消去する方法で初期化を行えば、通常の方法では復旧できない状態にできますがデメリットがあります。 初期化するとパソコンに保存したデータは消去されます。 インストールしたアプリ、保存したファイルや写真、メールデータ等も消去される為、外付けデバイスやクラウドサービスにバックアップ後に行うのが望ましいです。 理想は普段からバックアップを行うのが良いです。 Officeも初期化されるので再設定が必要です。 Officeの再設定には最初にOfficeを設定したときに使用した マイクロソフトアカウントのIDとパスワードが必要です。 マイクロソフトアカウントを忘れてしまった場合はOfficeは使えない状態になりますので、マイクロソフトアカウントはしっかり管理しましょう。 パソコンが調子が良くならない場合は要修理です。 パソコンの調子が悪くて初期化を試したがやっぱり駄目な場合は物理的な故障の可能性が高いので修理が必要です。 メーカーに相談しましょう。 まとめ 多くの人がパソコンを初期化するのに必要なパターンで対応できる初期化の注意点をまとめてみました。 パスワードを忘れたパターンは普段パソコンを使わない人に結構多いです。 ただ、普段使って無いので、データは消えても大丈夫だからパソコンを使えるよううにしたいって人は多いです。 また、初期化で改善される可能性が高いけど、修理に出してしまう人もまた多いです。 物理的に壊れてなければWindowsの不具合の可能性が高いです。 その場合は初期化で改善できる可能性が高いので、修理に出す前に一度試してみると良いです。 データは消去されますが、高額な修理費用と長い修理期間がかからないですむかもです。 量販店等に頼むとリカバリー作業は1万円くらいかかりますし時間も数日とられる事も多いです。 いくつかある選択ポイントを間違わなければわりと簡単なので、がんばってチャレンジしてみてはいかがでしょうか?.

次の

Windows10無償アップグレード後に初期化を行うとどうなるのか

パソコン 初期 化 windows10

Windowsを初期化するケース 今回、私が初期化する理由はお借りしていたPCを返却するためですが、一般的にWindowsを初期化するケースは以下などがあるでしょう。 全般的にレスポンスがわるくなった Windows XPでは、購入直後はサクサクであったものの、使い込むうちに、もどかしいほどのレスポンスになった経験があるかと思います。 Windows 10の場合、そのように、使い込んでいるうちに、インストールするアプリが増えるにつれてレスポンスがわるくなることは、従来のWindowsよりも少ないように感じます。 それでもなお、Windows 10が重くなった場合には、初期化を行うことにより、購入直後・複数のアプリをインストール前の状態に戻し、レスポンスを蘇らせることも有効です。 マルウェアに感染した 昨今では以前ほど、また、Windows 10の場合には、マルウェアに感染することは少ないと思いますが、Windows XPが主流だった頃には、マルウェアに感染し処理が重くなることもしばしば。 こんな時にも、初期化が有効です。 私はWindows XPでは、このマルウェア駆除のために、初期化したことが何度かあります。 Windows 10 PCを初期化する手順 Windows 10の初期化は、画面の指示に従い簡単に行うことができます。 ただし、インストールしているアプリ・保存しているファイルの容量などにより異なりますが、時間(待ち時間)はそれなりに要します。 なお、この初期化は以下の2つのオプションがあり、今回 双方とも実践しましたので、2つに分けて記載します。 個人用ファイルを保持して初期化する• この場合、アプリは削除されますが、ログイン情報(Microsoft アカウント)、各種個人ファイルなどの個人用ファイルを保持したままでの初期化となります。 引き続きPCを継続利用する場合には、後の設定が楽なこちらのオプションを選択するとよいでしょう。 実行してよければ「次へ」を選択します。 「個人用ファイルを残して」との記載があることがポイント。 私の場合、インストールしたアプリは多くなかったこともあり、1時間ほどで初期化が完了しました。 初期化に要する時間は、インストールしているアプリ、PCのスペックにより異なるはず。 また、以下の画像のとおり、削除したアプリの一覧を表示することができ、アプリを再インストールする際には便利です。 個人用ファイル、アプリ、設定をすべて削除し初期化 個人用ファイル、アプリ、各種設定のすべてを削除し、初期化する方法です。 これにより、購入直後の状態に戻ります。 完全な初期状態となるたため、初期化後は、地域・言語・Wifi設定など全ての設定を最初から行うことになります。 私の場合、お借りしていたPCを返却することが初期化の目的のため、後者で初期化しました。 初期化中にはスクショを撮れないので、写真を掲載。 途中何度か、自動的に再起動を繰り返していました。 以上により、個人用ファイル、アプリ、各種設定のすべてを削除したうえでの、初期化を完了しました。 初期化後には自動的に再起動となり、各種設定の画面となります。 私の場合、お借りしていたPCの初期化だったため、新たに設定を行わないことになります。 「この場合の電源オフはどうするのだろう」と思っていましたが、電源ボタン押下でサクッと終了できました。 また、初期化のオプションも「個人用ファイルを保持して初期化する。 個人用ファイル、アプリ、設定をすべて削除し初期化する」の2つがあり、PCの状態・目的にあわせた初期化が可能です。 頻繁に行いたくはない初期化ですが、PCの調子がよくない場合の最終手段としては有効です。

次の

Windows 10 の初期化はどう行う?初期化のやり方や注意点について

パソコン 初期 化 windows10

パソコンの動きがおかしい、最近動作が重すぎる、ウイルスにやられてしまったのかもしれない・・・などなど Windows 10 自体は起動するが、パソコンが思うように動かなくなってしまうトラブルって稀に発生します。 対処方法が見つからず、手詰まり状態になってしまったときにはやっぱり「パソコンを初期化する(工場出荷状態へ戻す)」ことが一番のクスリになります。 以前の Windows 7 や 8. 1 は、リカバリディスクや回復領域を利用して初期化するのがあたりまえでしたが、Windows 10 では、OS が動く状態であれば、Windows の設定から簡単に初期化を行うことができます。 今回は「Windows 10 は簡単にOS初期化(工場出荷状態)する手順」を紹介します。 C ドライブの Windows フォルダ• C ドライブの Program Files x86 フォルダ• C ドライブの Program Files フォルダ• C ドライブの ProgramData フォルダ• C:¥Users¥¥AppData フォルダ(隠しフォルダ)• 自分がインストールしたアプリケーション全て• 自分がインストールしたドライバ 削除されたアプリケーションの一覧はデスクトップにテキスト保存されます。 メーカー固有のアプリケーションやドライバも削除されてしまいます。 メーカー固有のアプリケーションを一緒に復元しつつ初期化してくれるリカバリディスクや回復ドライブと違って、完全に真っさらな OS になるので注意してください。 以下で紹介している初期化手順はこちらのパターンです。 Windows 10 の機能から OS を初期化する手順• ノートパソコンの場合は「必ずアダプタをコンセントへ挿してください」。 バッテリー駆動では初期化することができません。 デスクトップは問題ないのでそのまま「2」へ。 Windows の設定を起動して「 更新とセキュリティ」を選択します。 左サイドメニューの「回復」を選択後、右ページ「 この PC を初期状態に戻す」の「 開始する」をクリックします。 初期化は基本的にパソコン動作やシステムに不具合がでたときなどに行うはずなので、必然的に「 すべて削除する」を選ぶ1択になります。 それを選択します。 こちらも下の「 ファイルを削除してドライブのクリーニングを実行する」を選択します。 ここが最終通告です。 バックアップし忘れないですか? 未練が断ち切れていれば「 リセット」を押してください。 OS の初期化が始まります。 あとは、初期化が完了するまで待ちます。 1時間もあれば終わると思います。 これで、工場出荷状態へ戻りますので、以後は、Windows の初期設定やアプリケーションの再インストールなどの作業を行っていきます。 工場出荷状態へ戻るということは、動きも新品同様の速さを取り戻すということです!.

次の