デュエル リンクス 不知火。 【対策】環境デッキで不知火相手の立ち回りを解説してみた【遊戯王デュエルリンクス】

【不知火】デッキレシピと回し方【デュエルリンクス】

デュエル リンクス 不知火

新ミニボックスに不知火新規カードと新テーマ魔妖が追加されます。 さりげなく剛鬼も来ますが今回は割愛。 OCGでも使っていた魔妖を予習しておきたいと思います。 魔妖は不知火と同じくシンクロ主体デッキですが、不知火は除外されることで効果を発揮するのに対して魔妖は墓地からのに長けているオーソドックスなアンデッド族といったものです。 最たる特徴は自身よりレベルが2つ上のが破壊されることで墓地からできる継戦能力の高さにあります。 さらに時にそれぞれ効果を持っているので相手たら倒しても倒しても厄介な効果と共に出てくる面倒なモノとなります。 今回のミニボックスに収録されている魔妖ですが。 ・モンスター 麗の魔妖ー妲姫 轍の魔妖ー車夫(本当はにんべんに車だが漢字出てこなかった) 氷の魔妖ー雪娘 骸の魔妖ー夜叉 ・ 麗の魔妖ー妖狐 翼の魔妖ー天狗 轍の魔妖ー朧車 毒の魔妖ー土蜘蛛 ・魔法 魔妖 魔妖壊劫 ・罠 魔妖変生 まずこの中で最も大切なカードは妲姫です。 妲姫を用いてをすることで墓地に行った妲姫を、再びをし妲姫を……とやることで妖狐までをします。 初めに妲姫を通常召喚し、雪娘を手札からできれば最高の流れになります。 車夫を用いるのならなどであらかじめ墓地に妲姫を落とす必要がありますが妖狐まで展開は可能になります。 OCGでは翼の魔妖ー波旬1枚で良かったのですが、リンクスには実装されていないのでなんとかやりくりします。 といってもレベル1モンスターが出てくれれば良いのでどうとでもやりようはありますが。 魔妖壊劫と魔妖変生は墓地または除外された魔妖をが可能なのであるとかなり便利になるかと思います。 の蘇生には除外コストが必要になるのでそういった帰還手段があると非常に重宝します。 ただガン積みするほどではないので実際に運用していく中で削れる分を削っておきたいですね。 というのも魔妖は連続シンクロの弊害としてそのターンは魔妖以外のができないので盤面のモンスターが寂しくなりがちです。 なので突破力に関しては一工夫欲しい所です。 それとが埋まるのも悩みどころです、流れを変な所で切られると次の展開が出来なくなる可能性があります。 EX枠的に2積みは出来ないので上手い事ごまかしていくか、炎神ー不知火で再びエクストラに戻すといったケアが必要でしょう。 ただ不知火自体と相性が良いわけでは無いのであくまでケア用に採用を考えておく程度にしたほうがいいです。 炎神はレベル10のなのでと合わせるか、スキルを用いてレベルを調整するかでしょう。 その為だけに夜叉をピン挿しするのも面白いかもしれません、レベルコピーで妲姫と夜叉のレベルを合わせて夜叉は自身の効果で(魔妖モンスターが必要)すれば仕切り直しどころか逆転もワンチャン見えますね。 あと妖狐の効果を最大に使うならレベル11も欲しいのでEX枠は全く余裕が無いです。 相手が魔妖を使ってきた際の対策ですが、不知火対策とほぼ変わらないです。 それどころか不知火と違って除外も弱点になるので対策はしやすいかと、その代わり先行で妖狐まで出される可能性はありますが…。 相手の墓地のカードを除外出来るのなら翼の魔妖ー天狗を除外すれば妖狐を破壊しても墓地からのが止まるので問題は無いですね。 あとはシンクロ対策と同じなので裏側にされると弱いですし、墓地封じならサレンダーものですね。 どうやっても攻撃力が低いのは補いにくいですし汎用魔法罠に頼る事になるので、ナイトショットやコズミックサイクロンでそこら辺も封じておけば問題ないですね。 結論としてはイシズさん使ってエレメントっていう環境は覆らないわけです。 とまぁ予習はこんなもんですかね。 実際に組むなら妲姫とは3枚必要になるので1回リセットは必要になります。 シンクロ素材として雪娘も欲しいですがそれ以外は無くても良いかもしれませんね、EX枠を節約するなら車夫を採用して朧車を外しても良いかもしれません。 そうすれば不知火要素を足すなり、真紅眼の不屍竜で攻撃力不足を補うというのも手かもしれません。 そうするとアンデット・ワールド採用しても良いですね。 といったところで今回はここらへんで、ではでは。 kakudantou0109.

次の

【遊戯王デュエルリンクス】芝刈り不知火デッキのレシピと回し方・対策

デュエル リンクス 不知火

最新情報! 最新デッキ情報! 遊戯王デュエルリンクスの不知火(しらぬい)デッキレシピです。 不知火デッキ、不知火召喚獣のおすすめキャラスキルと相性の良いカード、デッキの回し方や注目ポイント、対策カード 弱点 を紹介しています。 除外をトリガーに発動する下級モンスターの効果を活用し、アンデットシンクロを大量展開しよう。 KCGTおすすめ不知火構築 メイン 20 12 2 6 - - - - エクストラデッキ モンスターカード 枚数 必須 2 1 2 2 3 2 魔法カード 枚数 必須 2 罠カード 枚数 必須 2 2 2 エクストラ 枚数 必須 2 1 1 1 1 不知火デッキの採用おすすめスキル 所持キャラ スキル名 《》の特殊召喚を1ターン目から行う事ができるため、非常に相性が良い。 不知火デッキの注目ポイントと回し方 不知火デッキの注目ポイント 下級モンスターでチューナーを特殊召喚 不知火デッキの要はチューナーモンスターの《》だ。 早い段階で妖刀-不知火を墓地に送るために、特殊召喚召喚を狙える下級モンスターはデッキに複数枚採用しよう。 攻略Point! 弩弓部隊は相性バツグン! 相手のカードを破壊しつつ、不知火モンスターを墓地へ送れる《》は相性がとても良い。 《弩弓部隊》を使うことで、フィールドに残ってしまった《妖刀-不知火》を墓地へ送りつつ、相手フィールドカードを破壊できる。 攻略Point! 序盤は《》を墓地に送る事に重点を置こう。 中盤以降は敵の展開を妨害して、高打点シンクロモンスターの特殊召喚を目指そう。 不知火デッキの必須・相性の良いカード紹介 必須カード紹介 カード名 説明 アンデット族をリリースすることで、デッキから守備力0のアンデット族チューナーをリクルートできる。 自身が除外された場合は「不知火」を帰還させることも可能。 デッキの展開の要となるモンスター。 召喚成功時に手札およびデッキからを特殊召喚できる。 1枚からシンクロ召喚が狙える強力モンスターだ。 このデッキの軸となるチューナーモンスター。 墓地から除外することで新たなシンクロモンスターの特殊召喚が可能だ。 その他相性の良いカード紹介 カード名 説明 召喚成功時に「不知火」を手札・墓地から1体特殊召喚。 自身が除外された場合は相手の表側表示カードを1枚破壊。 不知火デッキの弱点と対策カード 不知火デッキの弱点 墓地利用を封じよう! 「不知火デッキ」は墓地のカードを除外・特殊召喚して戦うため、スキル「」を使って墓地利用を封じれば、大量展開を抑制することができる。 相手の使用キャラがイシズの場合には、相手とのライフ差に注意しよう。 不知火デッキへの対策カード一覧 カード名 説明 お互いの墓地からの除外と特殊召喚を封じる。 対「不知火」以外にも有効に働く場面が多い強力なフィールド魔法。 相手モンスターをフリーチェーンで裏側表示にできるため、「不知火」のシンクロ召喚を封じられる。 底なし落とし穴と比較して好きなタイミングで発動できる点が優秀。 相手モンスターを裏側表示にしてロック。 基本的な用途はカナディアと同じで、かつ相手のモンスターゾーンを圧迫できる。 召喚されたタイミングでしか発動できない点がやや使いづらい。 不知火デッキの評価・ユーザーレビュー 以下の書き込みを禁止とし、場合によってはコメント削除や書き込み制限を行う可能性がございます。 あらかじめご了承ください。 ・公序良俗に反する投稿 ・スパムなど、記事内容と関係のない投稿 ・誰かになりすます行為 ・個人情報の投稿や、他者のプライバシーを侵害する投稿 ・一度削除された投稿を再び投稿すること ・外部サイトへの誘導や宣伝 ・アカウントの売買など金銭が絡む内容の投稿 ・各ゲームのネタバレを含む内容の投稿 ・その他、管理者が不適切と判断した投稿 コメントの削除につきましては下記フォームより申請をいただけますでしょうか。 ご了承ください。 また、過度な利用規約の違反や、弊社に損害の及ぶ内容の書き込みがあった場合は、法的措置をとらせていただく場合もございますので、あらかじめご理解くださいませ。 メールアドレスが公開されることはありません。 コメント 名前•

次の

【デュエルリンクス】魔妖が来るときいて予習

デュエル リンクス 不知火

デッキの概要 アンデットで統一されたシンクロ罠ビート 不知火はアンデットで統一されたシンクロテーマです。 除外コストと除外時効果を持っており、リソースの多さが特徴です。 初ターンの動きがそれほど強く無いため罠と合わせて中~長期戦を仕掛けた方が良いでしょう。 リソースがとにかく強い を用いて場でシンクロし、効果で墓地シンクロをすることで強力なシンクロモンスターを連打することが出来ます。 除外された不知火モンスターを使い回すことでリソースにもなります。 このスキルは1ターンに1度しか使用できない。 不動遊星 レベル上昇 手札のモンスターカードを1枚見せ、自分フィールドのモンスターを1体指定して使用できる。 指定したモンスターのレベルは、見せたモンスターのレベル分だけ上がる。 このスキルはデュエル中に1度しか使用できない。 キーカード解説 カード 詳細 墓地シンクロ効果を持つチューナーです。 リソースの要となります。 をデッキから特殊召喚する効果と、除外時に除外から不知火モンスターを特殊召喚することが出来ます。 デッキの安定感と展開力を支える優秀なモンスターです。 +レベル6のシンクロモンスターを用いて墓地シンクロすることで簡単に出すことが出来ます。 破壊時にを墓地に戻せるためにつなげることも可能です。 コンボ解説 準備をしながら妨害 からを特殊召喚し、相手ターンにでを墓地へ送りながら相手モンスターを除去していきます。 自分のターンを迎えたら墓地からシンクロをはじめ、大型モンスターで攻めていきましょう。 回し方 不知火を大きくしていく とを墓地から除外してレベル6墓地シンクロを行い、の効果でを特殊召喚すると8シンクロに繋がります。 は破壊されることで除外からを墓地に戻せるので、墓地シンクロからを立てていきましょう。 初動がであればそのまま場に呼び出してシンクロを行いながら墓地シンクロも狙え、の場合は場に出たをで墓地へ送る、生き残ったら通常召喚からシンクロを行う等していきましょう。 弱点と対策 メイン編 除外メタ・シンクロメタに弱い 墓地シンクロからアドバンテージを取るデッキなので、それが行えないと厳しい戦いになってしまいます。 場でシンクロしてを墓地へ送り墓地シンクロ…といった動きのどこかで使えるメタカードが刺さります。 対策カード カード 詳細 墓地シンクロが完全に行えなくなってしまいます。 1ターンの間墓地シンクロが完全にストップします。 と違い1ターンのみですが等の対処カードがないです。 最初のシンクロ召喚に合わせられると墓地シンクロが行えなくなります。 チューナーが裏守備になると1ターン何もできなくなることもあります。 こちらもチューナーが裏守備になると動けなくなるため強力です。 しばらく放置されるともう1枚チューナーを用意しなければなりません。 デュエルリンクス関連リンク デッキ.

次の