日 大 タックル その後。 【ラグビーコラム】再開スーパーラグビー、厳しくなった「タックル後」の判定基準

日雇い派遣師に転身 日大アメフト部「悪質タックル」元コーチの現在

日 大 タックル その後

日本のアメリカンフットボールの競技人口は約2万人。 数百万人規模とされる野球やサッカーには遠く及ばず、試合がテレビ中継される機会も多くない。 にもかかわらず、日大アメフト部の選手による危険タックルはスポーツの枠を超えて社会問題となり、大学そのものをも揺るがす事態にまで発展した。 なぜ、ここまで話は大きくなったのか。 企業などへの情報戦略アドバイスを専門とするコミュニケーション・ストラテジストの岡本純子さんが解説する。 「炎上」要素を全て備えていた日大問題 危険タックルをめぐる記者会見で頭を下げる日大アメフト部の内田正人前監督(手前)と井上奨前コーチ(5月23日) 史上最悪レベルの危機管理事例として、歴史に名を残すことになった日本大学アメリカンフットボール部の危険タックル問題。 発端となった事案そのものは、学生による試合中の反則であり、被害に遭った選手は幸い大事に至らずに済んだ。 戦後、最も多くの食中毒被害者を出した雪印乳業や、長年の不適切会計で会社の名声を地に落とした東芝などのケースと比べれば、実際に被害を受けた人の数ははるかに少なく、直接的な影響範囲も限定的なはずだった。 このレベルの事案がここまで多くの人々の感情を揺さぶるのは極めて異例だ。 なぜ、これほどまでに国民の怒りをかき立てたのだろうか。 モノを燃やすには「点火源」と「可燃物」、「空気」(酸素)の3つの要素が必要とされる。 つまり、マッチの火などの「点火源」に、紙などの「可燃物」、そこに「酸素」があれば、燃焼するということだ。 さらに、ガソリンなどの「燃料」が加われば、いっそう勢いよく燃え上がる。 今回の事案には、これらすべてが備わっていた。 すなわち、悪質な反則と、その映像という「点火源」、巨大組織・日大という「可燃物」、その日大のお粗末な危機管理対応という「燃料」、そして、世の中の「空気」だ。 選手の反則プレーで火のついたボヤが、枯草だらけの野原で、次々とガソリンを投下され、空気を送り込まれて、まるで 燎原 りょうげん の炎のように燃え広がっていった。 引火しやすい「体育会」体質 危険タックルについて「私からの指示ではない」と話した内田前監督(右)。 井上前コーチも相手選手を負傷させる意図はなかったと釈明した もちろん反則プレーそのものは、悪質なものではあったが、ほかの3つの「延焼要因」がなければ、ここまで批判を集めることにはならなかっただろう。 一つ一つ見ていこう。 まず一つ目が、日大の「可燃」体質だ。 上層部の言動が体現したのは、体育会的なヒエラルキーに基づくきわめて封建的、前時代的な価値観だった。 そこに巣食ったのが、絶望的に言語不明瞭な「コミュニケーション不全文化」である。 「恐怖」「 恫喝 どうかつ 」「威圧」で選手を支配するスポ魂手法はパワハラにも通じるものだ。 「闘志が足りない」「思い切って行け」「必死にやれ」といったように、それ自体は意味を成さず、具体的な行動の喚起に結びつくことのないスパルタ的抽象語を多用するのもこうした組織の特徴だ。 そこに共感や思いやりと言った「潤い」は見られない。 大量生産、安定雇用の「工業化社会」から、先の見通しが立たない「知識基盤社会」への移行を前提に、教育現場には今、変革の波が押し寄せている。 すなわち、「1人の強力なリーダーと多数のフォロワー」から「個々人がリーダーシップを発揮」する集団へ、「同一文化の中での暗黙の理解」から「異文化の中での多様性の許容」へと、価値観の大胆な転換が求められている。 そんな中で、「絶対権力者とその追従者」たちが、「画一的な環境における暗黙知」に基づいて物事を決めているように見える日大のやり方は、完全に時代から取り残されていると言わざるを得ない。 今回の事案によって、そうした時代遅れの教育姿勢を続ける日大アメフト部の体質が白日の下にさらされたのである。

次の

日大アメフト、危険なタックル問題 : まとめ読み : ニュース : 読売新聞オンライン

日 大 タックル その後

【全4回の3】 -アメフト界では、2018年に「悪質反則問題」で一時競技を離れた日大の宮川泰介選手が今春、Xリーグの富士通に入団した 「アメフトとは関わりません」と言っていた宮川君がもう一回、しかも日本一のチーム(社会人Xリーグ覇者と大学王者が争う日本選手権のライスボウルで4連覇中)でプレーするという。 個人的には正直うれしいな、と思います。 アメフトが好きやったんやなと。 ご自身でかなり考えたと思うんですが、気持ちを整理できて、うまく乗り越えられたのかなと。 -同じXリーグ選手となる 僕の場合、本当はね、軽く考えていたんですよ。 軽くアメフトをやろうかな、と考えていたんです。 「コージさん、フットボールをやったらいいじゃないですか」と後輩に言われて、「そうやな、フットボール(の魅力)を広めることにも1歩近づくし」みたいな軽い感覚で。 それをありがたいことに、周りが許さなかった(笑)。 フットボール界もずっと(起爆剤を)待ち望んでいたと思うので。 ただ、僕がフットボール界を変えるから、みんな付いてこい…みたいな気持ちは全くなくて、これをきっかけにフットボールを少しでも知ってもらえたら、ほんとうれしい。 素直な気持ちです。 -アメフト界と芸能界、二つのフィールドに立つ 「あいつ何やんねん。 十年間もブランクあって」とか「有名なのを使って、何か調子に乗ってない?」とか…もしかしたらそういう言われ方もされるかもしれない。 でも、そんなことじゃなくて。 フットボールの世界って、ちっちゃくて狭いんです。 宮川君のこともそうだけど、みんな仲間になって盛り上げていこうと。 僕はどちらかというと、それを言い続けようかなと思っています。 宮川君ご本人に直接会ったことがないのであれですけど、たぶん心が落ち着いた上での復帰だと思うので。 -アメフトのポジションは役割分担や責任が明確。 あらためて自身のポジション、ディフェンスエンド(DE)の面白さは ディフェンスのビッグプレーの一つにクオーターバック(QB)をサック(タックル)する、というのがあります。 そのプレーを最もやれる可能性が高いポジションですね。 試合が盛り上がるという点でいえば、1試合のうちにQBサックを何回できるか。 それと、アメフトはお互い(オフェンスとディフェンス)のだまし合いのスポーツなんです。 毎プレー前にフィールドで作戦会議(ハドル)を開きながら、相手の裏をかくプレーを繰り出していく。 実際、ディフェンスのプレーでも1歩内側にいくと見せかけて、外にいくとか。 その繰り返し。 ボールがあるところだけじゃなくて、いろんなポジションで攻防が繰り広げられている。 攻守のライン同士、コーナーバック(CB)とワイドレシーバー(WR)同士とか、1試合を通して、同じ相手とやり合っている。 もう1歩進んだ楽しみ方とすれば、そういう攻防が前半と後半でどう変わっていくのかという視点で観戦すると、もっと面白くなる。 知り合いの方とアメフトを見に行ったとき、よく聞かれるんですよ。 次のプレーは? とか。 その試合、攻撃チームのランプレーが通っていなかったから、次はパスプレーだと思うよ、と言ったんです。 そうしたらランでタッチダウン(TD)を取ったんです。 僕が予想していたプレーとは全く逆でした。 でも、そういうところが面白い。 だまし合いだから、絶対にこれがくる、みたいなのがないんですよ。 奥深いですよね。 あとは(バスケットボール男子の)Bリーグもそうだと思うんですが、あっ楽しいというのが肌感覚で分かるみたいな。 そこにいるだけの空間が楽しい、みたいな。 アメフトもまずはそれかな。 最初は試合内容を見なくても、お酒を飲んで、なんかつまんで、わいわい楽しんでいる状況って楽しい、と思える空間をつくったら、試合内容もどんどん集中して見られるようになるのでは。

次の

日大悪質タックル、監督も傷害罪の可能性 指示があれば共謀共同正犯が成立

日 大 タックル その後

Sponsored Link - 日大アメフト部の宮川泰介選手が、悪質タックル問題について記者会見を開きました。 その会見の中で、ケガをさせた被害者の選手・家族に対して謝罪したことと、なぜ行為に及んだのか。 その経緯についての詳細を赤裸々に語りました。 そして、悪質タックルが宮川選手の独断ではなく、内田正人監督や井上コーチからの指示でやったことを明らかにしました。 今後宮川選手の会見を受けて、内田正人氏を含めた日大の上層部はどんな対応を取るんでしょうか? ケガをした関学大選手の父親の奥野氏は、警察に被害届を提出しています。 なのでこの問題は刑事事件に発展する可能性も十分あります。 宮川選手の会見での陳述書・時系列のまとめ! 宮川泰介選手の会見では、悪質タックルを起こした経緯が、関学大戦が行われた5月6日以前から語られていました。 日大アメフト部の内田監督や井上コーチが、宮川選手に対してどんな指示を出したのか? 会見では、宮川選手は陳述書という形で、その内容を赤裸々に語っています。 宮川選手が会見で語った内容について、関学戦の試合前~試合後の時系列をまとめます。 5月3日(関学大戦3日前) 5月3日の実戦形式の練習では、プレーが悪かったということでコーチから練習を外されてしまった。 この頃は、監督・コーチから「やる気が足りない。 闘志が足りない」という指摘を受けるようになっていたので、このプレーをきっかけに外されたのだと思った。 その後全体のハドル(プレー前の円陣)の中で内田監督からは• 「宮川なんかはやる気があるのか無いのかわからないので、そういう奴は試合に出さない。 辞めていい」 そして井上コーチからも• 「お前が変わらない限り、練習にも試合にも出さない」 と言われた。 5月4日(関学大戦2日前) 宮川選手は、今年6月に中国で開催される第3回アメリカンフットボール大学世界選手権の日本代表メンバーに選抜されていた。 しかし、この日の練習前に監督から• 「日本代表にいっちゃダメだよ」 と言われた。 つまり「日本代表を辞退しろ」ということ。 宮川選手は、内田監督には理由を確認することはとてもできず「わかりました」と答えた。 この日は、今年度初めて全体で行う守備の個別練習の日だった。 未経験の1年生がいたので、見本を見せるために、副キャプテンがタックルをして宮川選手が受ける形でダミー(コンタクト練習用の人形)を持った。 その日の実戦練習は、練習前に井上コーチに 「宮川は出さない」と言われて外された。 5月5日(関学大戦前日) この日も宮川選手は実戦練習から外された。 練習後井上コーチから• 「監督にお前をどうしたら試合に出せるか聞いたら、 『相手のQBを1プレー目で潰せば出してやる』と言われた」• 「 『QBを潰しに行くんで僕を使ってください』と監督に言いに行け」 と言われた。 続けて• 「相手のQBと知り合いなのか」• 「関学との定期戦が無くなってもいいだろう」• 「相手のQBが怪我をして秋の試合に出られなかったらこっちの得だろう」• 「これは本当にやらなくてはいけないぞ」 と念を押された。 そして髪型を坊主にしてこいとも指示された。 ポジションの先輩が、 「宮川に『アライン(隊列での配置)はどこでもいいから、1プレー目からQBを潰せ』と言っとけ」 という、井上コーチからの指示の旨を告げられた。 それを聞き宮川選手は、 「相手を潰すくらいの強い気持ちでやってこいという意味ではなく、 本当にやらなくてはいけないのだ」 と追い詰められて悩んでしまった。 5月6日(関学戦当日) 試合前 宮川選手は色々悩んでいたものの、これから大学でフットボールを続ける上で「ここでやらなければ後が無い」と思って試合会場に向かった。 当初、試合のメンバー表には名前が無かった。 井上コーチに確認したら「(内田監督の所へ)今行ってこい」と言われた。 内田監督に対しては直接 「相手のQBを潰しに行くんで使ってください」と伝えた。 そして監督から「やらなきゃ意味ないよ」と言われた。 その後、井上コーチに監督から言われたことを伝えて、• 「リード 相手のプレーに反応してボールを追うこと をしないでQBに突っ込みますよ」 と確認すると、井上コーチからは• 「思い切りいってこい」• 「できませんでしたじゃ、すまされないぞ。 わかってるな」 と念を押された。 2つの反則プレーについては、普段から• 「相手が掴んできてもおとなしすぎる」• 「やる気がない」 などとコーチらから指摘を受けて、レギュラーも外されていた状態だったので、 相手選手にやられっぱなしにできないと、意識的に行ってしまった。。 と会見で語っています。 宮川選手は退場になりテントに戻った後、事の重大さに気づき泣いていたそうです。 試合後 スタメンと4年生が集められたハドル(囲み)の時に、監督から• 「こいつのは自分がやらせた。 こいつが成長してくれるんならそれでいい。 相手のことを考える必要はない」 と話した。 その後着替えて全員が集まるハドルでも、監督から• 「周りに聞かれたら、俺がやらせたんだと言え」 という話があった。 お前にそれが言えるのか」• 「お前のそういうところが足りないと言っているんだ」 と言われた。 退場後に泣いていたことについても• 「優しすぎるところがダメなんだ。 相手に悪いと思ったんやろ」 と責められた。 それでさらに気持ちを追い話められてしまった。 5月8日(関学戦2日後) 宮川選手は内田監督に対し「もうフットボールをやりたくない」と言うと、監督は• 「お前の罰はあの時、罰退になってるから、お前の処罰は終わってるんだからいい」• 「世間は監督を叩きたいだけで、お前じゃない。 気にするな」 と言われた。 その後監督は練習に出て行き、井上コーチと鈴木コーチの3人で話した。 2人のコーチからは事実関係の確認は無く• 「お前が辞める必要はないだろう」• 「向こうとの試合がなくなろうと別にいいだろう」 という話をして、退部を引き留めようとしてきた。 しかし宮川選手は、悪質・反則プレーをしてしまったことを後悔して、アメフトを続けるということは考えられなかった。 結局その日は監督やコーチ、先輩たちと7時間程度クラブハウス等で話をした。 5月9日(関学戦3日後) 森ヘッドコーチから三軒茶屋のキャンパスに呼び出されて• 「やめるべきじゃない。 フットボールで返していくしかない」• 「監督が厳しくいったことをそのままお前に伝えたコーチに責任がある」 と言われた。 5月11日(関学戦5日後) 前日に日大が公表した謝罪文を受けて、本部にある内田監督の部屋で監督・井上コーチ、宮川選手と両親で面会した。 面会後、井上コーチから宮川選手の父に連絡があり、理由の説明もなく「関学アメフト部の監督に謝りに行く」と言われた。 日大からの謝罪しに行く旨を連絡するも、断られています) 結局宮川選手と井上コーチらは、事前に断られたにもかかわらず、関学大へ謝罪しに行くことになった。 5月12日(関学戦6日後) 謝罪のために井上コーチと関学大を訪れたが、再度先方から面会を拒絶された。 その後、宮川選手と父親が、関東学生アメフト連盟の規律委員会で聞き取り調査を受けた。 5月18日(関学戦12日後) 宮川選手と父親の2人で、悪質タックルでケガをさせてしまった、関学アメフト部のQBの選手・及び両親の元を訪問して直接謝罪の意を伝えた。 …以上が、宮川選手が会見で語った陳述書の、時系列の内容です。 会見で宮川選手は、• 悪質タックルをやらないという判断ができず、指示に従って反則行為をしてしまったことが原因である• 事実を明らかにすることが償いの第1歩だと決意して、陳述書を書いた ということを語っています。 それに宮川選手は、内田監督との関係については• 「そもそも話をする機会が本当にない」• 「信頼関係と呼べるものは分からない」 と語っていました。 宮川選手と内田監督のコミュニケーションがほとんど無かった…という事実も大きな問題です。 上からの度を超えた、パワハラのようなプレッシャーによって、レギュラー獲得に必死な宮川選手を、悪質タックルの行為へと追い詰めてしまったんでしょうか。。 - Sponsored Link まとめ 今回は宮川泰介選手が会見で語った陳述書の、時系列の内容をお伝えしました。 加害者である宮川選手が、悪質タックルという卑劣な行為を起こしたことは勿論悪いことです。 しかし大勢の記者が集まり、世間からも注目を浴びる記者会見の場に、まだ二十歳の将来ある若者が1人で臨まねばならない。。 そんな状況を作り出した日大・及び内田監督や井上氏などコーチ陣には激しい憤りを覚えます。 本来ならこのような会見は、宮川選手ではなく日大主導で開かれなければならなかったはずです。 問題の根源が内田正人氏や井上氏などコーチ陣であることが明確になった今、これから日大の組織としての対応が問われます。 日大は宮川選手の会見を受けて、ようやく第三者委員会の設置を発表しました。 しかし宮川選手の会見後、日大広報部は• 「QBをつぶせ」は事実を誤解している。 「思い切って当たれ」の意味• 言葉足らずにより「つぶせ」の捉え方の違いが招いた結果だ と、内田監督の指示を否定する発表をしています。 この発表を見ると、内田正人氏が常務理事・人事部長を務める今の日大の組織・上層部が、世間に納得の行く対応ができるとはとても思えません。。 被害者の選手の父親である奥野氏は、警察に被害届を提出しています。 この問題は警視庁でも調査される見通しです。 日大の組織や第三者委員会がどんな対応をするのか、これからの動向にさらに注目が集まります! 今回も最後までご覧いただきありがとうございました! 気になる関連記事!.

次の