犬も泊まれる宿。 箱根・熱海・伊豆 ペットと泊まれるホテル・旅館特集 宿泊予約は[一休.com]

ペットと泊まれる宿【ステイウィズドッグ】

犬も泊まれる宿

ワンちゃんが楽しく遊べるドッグラン、アジリティ広場、ペット専用風呂、ドッグプールがある宿、更に愛犬が一番喜ぶペットの食事、朝食・夕食を提供する宿もご案内しています。 更にペットと泊まれる専門宿をはじめ、コテージ、貸別荘、天然温泉の宿、露天風呂のある宿、貸切風呂の宿、露天風呂付客室の宿、ペット宿泊無料の宿、大型犬大歓迎の宿等、ペットと泊まれる宿の総合検索サイトです。 お好みの宿を探して旅に出よう!クーポン券あります。 検索結果:9件登録されてます 1 最初のページ 現在の表示ページ:1 次のページ あわら温泉 宿泊料金 :一泊2食付1名様20,000円より(税別) ペット料金 :小型犬・中型犬2,000円、大型犬20kg以上3,000円(税別) 宿の住所 : 〒910-4105 福井県あわら市舟津9-8 ペット宿泊可 福井県屈指の温泉街として、昔から多くの文人墨客に愛されてきた名湯、あわら温泉。 その温泉街の閑静な一角に、愛犬と泊まれる本格旅館「月香」が2017年3月中旬にオープンいたしました。 月香では、お食事をするときも、お部屋でも、寝るときもずっとワンちゃんと一緒です。 私たちは、人と愛犬の絆を強め、家族や大切な方々が愛犬と共に過ごした楽しい時間を、一生の素敵な思い出にしてしていただけるよう、お手伝いしていきたいと考えております。 飼い主様とワンちゃんが、共に楽しい時間を過ごしてほしいとの思いから月香は生まれました。 寛ぎの空間で、愛犬と贅沢なひと時を心ゆくまでお愉しみください。 豊かな大自然と地産地消の三国の海幸で、一つ上の休日を思いきり可愛い天使たちと共にお過ごし下さい。 人もワンちゃんも、どちらも大切におもてなししたい・・・・そんな思いがギュッと詰まった、全4室だけの温かな小宿です。 周辺は、海あり山あり観光スポットありと、愛犬と共にアクティブに楽しく過ごせる抜群の環境です。 その為、あえて館内にはドッグランやプレイルームはございません。 大自然の真っただ中で、思い切り遊ばせてあげて下さい。 Cより1分の好立地。 整備の行き届いた鯉川シーサイドパークの海水浴場からわずか1分と、リゾートや観光、遊びにも最高!地元で獲れた新鮮な魚介類から、野菜、お米、お醤油にいたるまで、小浜市・若狭地域で生産された新鮮な食材にこだわっています。 より新鮮な食材を栄養価の高いままお召し上がりください。 愛するペットは家族の一員。 いつでも一緒にいたいから、もちろん旅行だって一緒に出かけたいですね。 若狭マリンプラザはペットと泊まれるリゾートホテルです。 大好きなペットと泊まれる宿を予約して、いつもよりもっと楽しい旅行に出かけませんか。 若狭湾は魚介類の宝庫、当日水揚げされたばかりの新鮮な食材を真心込めておもてなしいたします。 ペットだって大事な家族、ペットと一緒に泊まろう!当館では、皆様に気持ちよく利用していただくために、 医療・福祉施設用にも使用される制菌加工のカーペットを使用しておりますからとっても安心。 これにより、ブドウ球菌などの細菌なども大幅にカットされ、防汚・防臭にも高い効果があります。 1お食事の際には、各テレビ演出でおなじみのムキムキみっちゃんこと、女将が、楽しいトークと共にカニ剥きの実演に各お部屋へお伺いします。 女将の剥いたカニ身は、宝石のような身がそのままスルリと出てきますから、身がつぶれず甘いカニの味が最高です。 目の前でのカニ剥きの速さも是非お楽しみ下さい。 お客様おひとりお一人との心のふれあいをモットーに心を込めておもてなしを致します。 「ごっつぉ〜は美味いでのぉ〜」お料理は、素材を生かした大自然の味覚を(目の前に広 がる日本海の海の幸)腕に自慢の板前が田舎風味付けで仕上げます。 海をこよなく愛する主人が素材に活きの良さをきっぷのいい女将がボリュームを。 この二つは当館の自慢です。 大切なペットとは、ぜひお部屋までご一緒にどうぞ。 (ゲージ持ち込み可。 ペット料金無料にて宿泊)ご夕食もペットとお部屋にて。 例えば夏は青空の下でガーデンバーベキュー 冬は新鮮な材料で鍋を囲んでみる。 気分に合わせて思いのままコーディネイト 快適なリゾート生活空間がここに誕生しました。 感激の四季を彩るオールシーズンの遊び空間。 三方五湖周辺は、四季折々の遊びが楽しめる絶好のシチュエーション。 大事なペットとお泊りできます。 泉寺ファミリーヴィラは2棟のログコテージと、3台のエアストリームというアメリカ製の古いキャンピングトレーラーがある貸別荘です。 福井県勝山市や、周辺の永平寺町、丸岡市、大野市などの観光の拠点としてまた休みのひと時を過ごす癒しの部屋として、ご利用いただけたらと思います。 10kg程度までの小型犬の宿泊を受け入れいたします。 ( 無料、要予約 )中型犬以上はご相談ください。

次の

関東・東海のペットと泊まれるおすすめ宿特集 【LINEトラベルjp】

犬も泊まれる宿

宿に予約をする際の事前確認 ・ 同伴ペットの種類、性別、年齢、去勢・避妊の有無。 ・ 未避妊の女の子の場合ヒート中、及びヒートが終わってから二週間以内でないことを伝えましょう。 ・ マーキング癖のある男の子のワンちゃんは、宿泊施設に前もってご相談しましょう。 ・ マーキング防止用ベルト着用であれば宿泊可というお宿もありますので了解を得て予約しましょう。 ・ 狂犬病ワクチン接種日 年月日 、混合ワクチン接種日 年月日 を宿泊施設にお伝え下さい。 ワクチンは最終接種日が3年以内であること 2. 宿泊日の2〜3日前にシャンプーを行いましょう。 チェックイン前に愛犬のブラッシングを行いましょう。 尚、抜け毛のシーズンには、愛犬にTシャツを着せる等の対策を行いましょう。 室内でトイレの粗相をしない「しつけ」の入ったワンちゃんだけがお泊まりできます。 室内でおとなしく出来るワンちゃんがお泊まりできます。 むやみに無駄 えするワンちゃんはお泊まりできません。 ペットは専用のお布団やベッドで寝かせましょう。 人用のベッドに乗せるのは控えましょう。 やむなくペットだけでお部屋でお留守番させるときは、クレート ペット用ケージ やケージを利用しドアの内側や室内の設備を破損させないようにしましょう。 お部屋以外の館内の移動はリードを使用しましょう。 ペットの食事は飼い主さんが準備しましょう。 宿泊施設付近のお散歩や、トレッキング中の愛犬の糞は、たとえ山の中でも放置せず必ず持ち帰りましょう。 ペットと一緒に遊べるスポットの紹介を宿泊施設から受けた場合、自然環境保護を念頭に置いてオフリードは控えましょう。 ペット用に持参する物 : ペット用の食器、ペットの食事、ペットの緊急用救急薬、必要があればクレート、ペット用寝具、シーツ、バスタオル類、ペットのおもちゃ [参考] あったら良いもの [].

次の

箱根・熱海・伊豆 ペットと泊まれるホテル・旅館特集 宿泊予約は[一休.com]

犬も泊まれる宿

お出かけの前に! 大切なペットと思う存分過ごす前に、マナーや基本情報を知ってからお出かけしましょう!• 宿ごとのルール ペットと泊まれる施設でも、そのルールは施設ごとに違います。 泊まりに行く前に、プラン詳細で確認したり、その施設にお問い合わせして頂き、必ず事前にチェックをしましょう。 ワクチン接種 出掛ける前に、ワクチン接種を受けましょう。 ワクチン注射の接種証明書のコピーが必要な施設もありますので、必ず予防接種をして、またノミやダニ退治もきちんとして清潔な状態でお出掛けましょう。 持ち物 既に施設に用意されてるモノと用意されてないモノは必ず事前にチェックしましょう。 フンを処理する袋やお水、ペットシートなどは、施設に用意されてるとしても最低限持ってお出掛けしましょう。 館内などを汚してしまい、宿泊先や他のお客様に迷惑をかけてしまったら、せっかくの宿泊も台無しです。 また、食事では宿泊先のペットフードと合わない場合もありますので、必ず普段食べてるペットフードも持参しましょう。 迷子札 旅行先などでは、油断しやすいものです。 大切なペットがちょっと目を離した間に、どこかへ行ってしまった等がないように注意をしましょう。 もし何処かへ迷子になってしまった時のために、迷子札を用意しておきましょう。 ペットの車酔い? 人間と同じで、ペットも車酔いになります。 せっかくの旅行なのにペットがぐったりしていたら可哀想ですね。 ペットの車酔いを克服するには何よりも日頃から車に慣れさせることが重要です。 まずは短い距離で慣れさせ、だんだん距離を長くしていけばペットに負担をかけずに車に慣れさせることができます。 宿ごとのルール ペットと泊まれる施設でも、そのルールは施設ごとに違います。 泊まりに行く前に、プラン詳細で確認したり、その施設にお問い合わせして頂き、必ず事前にチェックをしましょう。 出発〜到着まで ペットとのドライブはとても楽しい時間です。 ペットに負担をかけない工夫をしましょう!• 食事は2〜3時間前までに 食事は2〜3時間までには済ませておきましょう。 こうすることで、ペットの車酔いが軽減されます。 揺れの少ない環境を ペットは不慣れな環境や車の揺れが苦手です。 なるべく揺れの少ない後部座席に座らせてあげましょう。 ケージなどのあまり動かない場所に伏せの体制で座らせてあげると比較的ペットの体勢も安定します。 車内の温度に気をつけましょう 少し涼しめの方がいいかもしれません。 ただ、クーラーが直接当たったり太陽の直射日光などはペットに負担をかけてしますので、そういった場所は避けてあげましょう。 またペットは絶対に車内に置き去りにしてはいけません!• 休憩はこまめに 慣れない長距離移動でペットはストレスを感じやすくなっています。 休憩はこまめにとって水分補給をしたり、新鮮な空気を吸わせてあげましょう。 また、車内の換気にも気をつけてペットが過ごしやすい環境を作ってあげましょう。 宿についたら 旅館・ホテルの方や他のお客さんに迷惑をかけず、楽しい時間を過ごしましょう!• 宿に到着したら 宿に到着したら、入る前にまずはルールを再確認しましょう!トイレの場所や、食事の場所などしっかりと把握しておくことが大切です。 またペットのブラッシングや足拭きなども事前に済ませておきましょう。 いつもと同じ環境を ペットの食事やトイレなどいつもと同じ環境を作ってあげましょう。 食事はいつも食べているお皿で、いつも食べているものを、寝る場所もいつも寝ている布団などを持参していつも通りの環境を作ってあげるとペットも安心して過ごせます。 リードは忘れずに ホテル・旅館によってはペットが入ってはいけない場所もあります。 たとえ宿の中でも、事故防止やペットが迷子にならないためにもリードは必ずつけてあげましょう。 以上のことに気をつけてペット一緒に遊んだり温泉で疲れを癒したり、みなさんもペットと旅行を楽しんでください! 一休では厳選のペットと宿泊できる特別プランをご用意しています。 All Rights Reserved.

次の