反 重力 生命 体。 反重力生命体|hiromu /overweight|note

地球上でUFO開発 ~ビーフェルド・ブラウン効果による反重力~

反 重力 生命 体

それは2016年に申請されて、2018年の12月に取得されたものです。 それが公開されていて、どの航空会社でも反重力技術を開発できるようになりました。 そしてその図案を見ると、空飛ぶ黒いトライアングルに見えます。 さらに特許の中には、それが重力波を生み出して、それが物体の質量を減少させて、物体の慣性を減らすと書かれています。 質量を減らすということは、反重力を得るということです。 海軍はなぜこの情報を公開したんでしょう?基本的にこれはソフト・ディスクロージャーです。 少なくとも理論上、反重力が可能だということを大衆に知らせたわけですから。 Corey: もう一つ注目すべきことに、同じ週にアメリカ海軍がUFOの目撃報告をもっと容易にして、受け入れるための新しいプログラムを作ったことも報じられていました。 私が思うに、海軍はコントロールされたディスクロージャーの筋書きに対抗しようとしているのではないでしょうか。 空軍が始めている部分開示の筋書きにです。 フリーエネルギーの世界への周知及び普及の結果、ディープステートは収入源を失って影響力が低下します。 逆に言えば「全人類の利益になる=全人類にとって朗報」とも言えます コーリーグッド氏によると、ナチス離脱グループによる「ワシントンUFO乱舞事件 1952年7月19日~7月27日 」は... スローで見ると、明らかに不規則な動きをしています。 但し、このような複雑な動きをした動画を見たことが有りません... なので「超機密情報」が偶然カメラに映ってしまった可能性があります。 つまりこれは... 世界政府がゴイムに知られたくない「極めてレアな動画」である可能性が高い! もしくは... 単にからかってるだけかもしれません... ただ単に空中を飛行しているUFOらしき飛行船を大勢に目撃されても、彼ら的には何も問題が無いと思われます。 発着時に目撃されるのはあまり宜しくないでしょうが... 「TR-3B」らしき航空機が確認できる <ブラックプロジェクト> アメリカ影の政府とオリオン政府とで開発された超最先端技術の超機密計画。 オリオンは地球より数千年は文明が進んでいると地球の科学者達に評価されている。 1933年頃からアメリカ影の政府はオリオン政府と交渉を始め、ハイテクな軍事やテレポーテーション・タイムトラベルなどの開発に成功。 大統領の権限すら一切及ばないと多数の関係者が公言する。 その為、情報の漏洩には極めてシビアで世に知られる事は無かった。 実際、これまでに大勢の関係者が消されている。 ブラックプロジェクトの最初(?)の最高責任者「ニコラ・テスラ」は、地球人類の為の平和利用の目的を前提としない同プロジェクトに嫌気がさして自ら辞任。 間もなくロスチャイルドの指示で消されてしまう。 イギリスなど一部の友好国もオリオン政府と提携して地球外技術を導入している。 人体・動物実験や彼らの種の存続の為に誘拐した女性に妊娠させて子供を取り上げるなど、世界中で非人道的な行為が行われ、その被害者は数百万人以上はいると見られている。 ユタ州には 影の政府の 機密施設が多数存在し、地球社会を監視する巨大な情報センターも存在。

次の

【Mr.都市伝説 関暁夫 考察】反重力生命体の正体/ イーロンマスク 宇宙アバター ムーンショット計画 TR

反 重力 生命 体

昨日放送されたやりすぎ都市伝説2020緊急スペシャルは面白かったですね。 ほとんど過去の総集編だったのですが、何が面白かったかと言うと15年前に関暁夫さんが話された 反重力の話です。 たぶん私は15年前はやりすぎ都市伝説を見ていなかったと思います。 全然覚えていない話でした。 15年も前にこんなに面白い話をされていたのですね。 関暁夫さんのYouTubeチャンネルの「反重力生命体 決して表には出なかったニュース」の回でもお話しされていましたが、 ことと、点と点が繋がった感じがします。 で書いた通り、「点と点を繋いで線にする、そして線が面となり立体になっていく」とは正にこのことでしょう。 面とは、こうした知識・理解を持つ日本人の未来の基盤、そして立体とは肉体を捨てて宇宙と繋がる準備のことでしょう。 【Mr. 都市伝説 関暁夫から皆さんへ【反重力生命体】決して表には出なかったニュース👁】 関暁夫さんのYouTubeチャンネルの「反重力生命体 決して表には出なかったニュース」の回でお話しされていたこととは、• これから人間が反重力生命体を体に入れることで時空を超えて存在していくことになる• 宇宙とのゲートは開いている• 本格的に時空が歪む• 2020年5月21日キリストの昇天日とされる日の裏で、人間が人間から離れるきっかけとなる反重力生命体が創り出された• 浮くことや形を変形させて大きさを変えることもできる AIに捉えられないように聞き取りにくい音声でお話しされていると思いますが、途中で「空間が消える」ようなことも仰っています。 で私は「今後技術やテクノロジーが更に進化した未来において、人間がより良く生きるための手段として肉体を捨てる段階において、液状化されたマイクロチップ(液状のマイクロチップというツールを介さないほど技術が進化している可能性もある)を体内に入れることで、人間の意識が宇宙と融合して永遠に生きていることになる」と書きましたが、これは正にその通りということでしょう。 マイクロチップを体内に埋め込むことは、人間が監視によって奴隷化されることが目的なのではなく、人間がより良く永遠に生きて行くための1つの手段なのでしょう。 そして先日6月25日に放送されたやりすぎ都市伝説緊急スペシャル2020ですが、 ことを裏付けるような発言を、関暁夫さんが15年前に仰っていた映像が流れました。 それは「漫画AKIRAがヒットした理由」というタイトルで「アインシュタインはなぜ舌を出して最後に写真を撮ったのか?」という話から始まる話です。 アインシュタインとは、ある一定の光の速度を超えると空間が歪むという相対性理論を説いた人で、 この世の果てを見たから舌を出して写真を撮ったと言います。 人類には100年周期で発明があり、物事が変わっていくと言います。 近年で言うと19世紀では 「蒸気」が発明されたことで産業革命が起こり、20世紀では 「核」が発明されたことによってエネルギーを作り出し、その過程で遺伝子を組み換えてクローン人間も作れるようになったと言います。 そして、21世紀、今後100年の間で何が作り出されるかと言うと 「反重力」だと言います。 反重力が作り出されると、人も車も家も全部浮き、分子と分子が結合している物質の間の空間に反重力をくっつけると、四次元空間ができると言います。 これを漫画AKIRAを描いた漫画家の大友克洋さんが既にAKIRAの漫画の中で描いていたと言います。 漫画AKIRAの中で両手を広げて宇宙を創るシーンはビッグバンを表していて、 いずれ人間の手の中で宇宙を創る時代が来ることを予言していたと言います。 AKIRAは世界中で人気のアニメですが、この話は世界中のAKIRAファンより 科学者が一番食い付いた話だと言います。 そして、人間が100年周期で太陽(の代わり)を作れるようになり、クローン人間を作れるようになり、宇宙を創れるようになる中で、人間は自分が好きな、自分と気の合う遺伝子だけを組み換えて人を創ると言います。 四次元の中で星を創り、未来の地球には人はいないと言います。 このようなこの世の果てを見たアインシュタインが「人間は愚かな生き物だ」と言って最後に舌を出して写真を撮ったと言います。 そして関暁夫さんは最後に 「今生きている世の中も誰かが作った四次元の世界なのかもしれません」と話を締め括っていますが、私が 「神の大元の存在は高度な知的生命体である」と言っているのは正にこのことです。 たった100年でこの進化です。 ほんの数十年前にポケベルで084-(おはよー)などとやっていた頃にインターネットで世界中の人と繋がれることをほとんどの人が想像することができなかったように、この話もほとんどの人が想像できない話かもしれませんが、 の記事で書いている通り、人間もこの宇宙も、人間が神だと思っているものすべて、超高度に発達した地球外知的生命体によるものです。 地球の人間ですらたったの100年で宇宙を創り出そうとしているのに、この宇宙が始まって 137億年という歳月に何も無い訳がありません。 私達地球人以外に、とっくに遥かに進化している生命体がいるのです。 最後に関暁夫さんが締め括ったように この宇宙は地球外の高度に発達した知的生命体が作ったものです。 よく想像できるような形の宇宙人では無く、姿形のない、全知全能のシステム的なものです。 そしてもう1つリンクしたことがあるのですが、それについてはまた今度書きたいと思います。

次の

【公開済】反重力技術の三角型UFO「TR

反 重力 生命 体

今後UFOや未確認飛行人間として目撃されることになる。 ん?未確認飛行人間?人間!?飛行人間ってどういう事だ?ますますよく分からなくなってくる。 ただし最近Twitterを見ていると、UFO目撃情報をよく見かけるようになった。 それがもっと本格的になっていくのか。 そしてアセンションとはこの事? そう考えると「宇宙とのゲートが開く」というのも納得ができる。 そして関さんは最後に「 これから人間は反重力生命体を体に入れることで時空を超えて存在することになる」と言っている。 ますます分からない。 ロボットではないとの事だが、やりすぎ都市伝説で「 ロボットは意識体となった人間が入る入れ物になる」と言っていたが・・。 そう考えると 重力に背き宙に浮く人間らしき生命体が出てくるという事なのか。 まとめ これから起きるアセンションでは宇宙人が来るのかと言われていたが、それと似た事が起こるかもしれない。 そう考えるとちょっとワクワクする自分もいるが、それが体に入ると考えるとやはり怖い。 これからどんな情報が出てくるか楽しみだ。 スキ・フォローを宜しくお願いします。 Twitterのフォロー・YouTubeのチャンネル登録もよろしくお願いします。

次の