羽生 結 弦 カナダ 大会 2019。 心が震えた!羽生結弦出場のスケートカナダ男子フリー結果は?

羽生結弦、鬼門の大会で初Vを狙う。“臨機応変”なジャンプ構成に注目<カナダ大会展望>

羽生 結 弦 カナダ 大会 2019

テレビ朝日で26日に放送されたフィギュアスケート「GP第2戦・カナダ大会 男女ショート」(後7・56~同8・53)の平均視聴率が11・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが28日、分かった。 既に結果が分かっている録画放送ながら、高視聴率を叩き出した。 瞬間最高は午後8時47分の16・0%、男子ショートで羽生結弦(24=ANA)の得点が出た場面だった。 羽生は今季世界最高得点となる109・60点を叩き出し首位発進した。 また、27日に同局で放送された同大会の「男女フリー」(後9・00~11・09)の平均視聴率は15・6%。 瞬間最高視聴率は、午後10時02分の19・6%、紀平梨花(17=関大KFSC)が演技をしている場面だった。 SPで首位発進を決めた紀平は、フリーで148・98点をマーク。 合計230・33点で2位となった。 羽生は前日の首位発進に続いて、フリーでも圧巻の演技。 212・99点でトップとなり、合計322・59点で同大会初優勝を飾った。 また、現地22日に交通事故に見舞われた中、SPで5位だった田中刑事(24=倉敷芸術科学大大学院)はフリーで169・91点と巻き返し、合計250・02点で3位に入った。 田中と同じく、現地22日に交通事故に遭った本田真凜(18=JAL)はSPは10位だったがフリーで120・06点を出し、合計179・26点の6位でフィニッシュした。

次の

羽生結弦の演技後に投げ込まれた巨大プーさんに直撃!スケートカナダ2019

羽生 結 弦 カナダ 大会 2019

羽生が今季最初の舞台に選んだのは、カナダ・オークヴィルで開催されるISU(国際スケート連盟)チャレンジャーシリーズ第1戦「オータム クラシック インターナショナル」だ。 チャレンジャーシリーズはISUが企画し、各国のフィギュアスケート競技統括団体が運営する大会の総称。 今季はカナダ、イタリア、アメリカ合衆国、スロバキア、ドイツ、フィンランド、ベラルーシ、中国、ポーランド、クロアチアの10カ国で開催される。 なお、カナダ大会の開催期間は、9月12日から14日となっている。 その後はISUグランプリシリーズ「2019スケートカナダ インターナショナル」(10月25~27日)、「2019年NHK杯国際フィギュアスケート競技大会」(11月22~24日)に出場する予定だ。 チケット販売サイト「Eventbrite. ca」でのみ取り扱いされている。 チケットの価格は30カナダドル(約2960円)から100CAD(約8200円)プラス手数料で座席は先着順。 しかし残念ながら、男子フリープログラムが行われる土曜日のチケットは、すでに売り切れとなっている。 一方、スケートカナダのチケットは「Select Your Tickets」で販売中。 価格は75米ドル(約8000円)から300米ドル(約3万2000円)プラス手数料で、日付や席種によって値段が異なっている。 NHK杯は通し券(3日間)の販売が終了。 9月17日(火)18時まで単日券の抽選受付が行われている。 また残券があった場合のみ、10月上旬に二次販売が行われる。 会場の公式サイトは日本語(自動翻訳)にも対応している。 一方、スケートカナダの会場は毎年、カナダ内の都市で持ち回りされている。 2019年の会場はブリティッシュコロンビア州ケローナにある「Prospera Place(プロスペラ プレイス)」。 またNHK杯の会場は北海道札幌市の「真駒内セキスイハイムアイスアリーナ」となる。 <テレビ朝日>• 9月15日(日)5:50-8:30 (サンデーLIVE!! 内で放送) 毎週日曜日に放送されているニュース番組「サンデーLIVE!! 」内のスポーツコーナー「TOKYO応援宣言」で男子フリースケーティングの模様(の一部)が放映される予定。 < >• 9月14日(土)20:00-21:00 男女ショート(録画)• 9月15日(日)16:55-17:55 男女フリー(録画)• 10月12日(土)15:10- 拡大版(一挙放送) < > スケートカナダとNHK杯の放送予定は未定。 ただしNHK杯に関しては、例年通りであればNHKで生中継される。 「24時間テレビ2019」に出演・見事なアイスショーを披露した羽生だが、新たなTV番組出演予定はない。 ただし、CSテレ朝チャンネルの番組「フィギュアスケートレジェンドプログラム」では、羽生の演技も放送される。 2019年10月から2020年12月までのカレンダーで、グランプリシリーズのほか、世界ジュニア、世界選手権などの主要国際大会、全日本選手権、全日本ジュニアの国内大会スケジュールなどが記されている。 また、卓上版と壁掛け版では、それぞれ異なる写真が使用されている。

次の

羽生結弦選手の2019年の運気・運勢を占ってみると

羽生 結 弦 カナダ 大会 2019

写真:アフロ 実力的に見ればSP、FSともに昨季と同じプログラムで曲の聞き込みや滑り込みも出来ているだけに、羽生が圧勝すべき大会だ。 初戦の「オータムクラシック」SPは「慎重に行き過ぎた」という最初の4回転サルコウが、回転不足と判定されて転倒するミスはあったが、それ以降は完璧な滑りを見せて98・38点を獲得。 サルコウを最初の公式練習で見せていたように跳べれば、「アメリカ大会」でチェンが出していた102・71点を大きく上回る、110点台を出せるまでの状態だ。 また、FSは氷のコンディションの影響もあって4回転ループに狂いが出て、その4回転ループと次の4回転サルコウはともにステップアウトになるミスのスタートとなり、後半にはトウループで回転不足が続くなどして180・67点に止まった。 それでも羽生は、トウループの回転不足に関しては「普通に降りていたと思うし、自分の感覚としても疑問は無いので気にならない」と話した。 さらに「単純に、試合だけという感覚なので…。 試合へ向けた段階は良かったとしても、試合の時の準備とか感覚の修正だとか、そういうものがうまくいかなかった試合と思っている。 そこはせっかく『GPシリーズ』の前にこうやって見つけられているからこそ、いろいろ修正していきたいと思っています」と話していた。 昨季の段階でもうすでに、2つのプログラムは完成が間近にまで見えていた。 さらに、試合までの練習でも、アイスショーの前に起きた左足首捻挫の直りは遅かったが、4週間前からは痛み止めの服用も辞めて追い込めていた状態だった。 昨季とほぼ同じジャンプ構成で挑んだだけに、是が非でもノーミスの演技をしたいという思いが少し過剰になり、力みを生んでいたことも考えられる。 それをしっかり確認できたことは重要だった。 トロントに拠点を移したあと2013年と2015年、2016年に出場しているが、いずれもパトリック・チャン(カナダ)に敗れていて勝利がない大会だということだ。 そんな鬼門は突破しなければいけないという思いもあるからこそ、最初のSPには集中してくるはず。 そこをうまく乗り越えれば、300点超えでの大会初勝利も軽々と手に出来るだろう。 そんな中、FSのジャンプ構成をどうするかというものも注目だ。 本人は4回転4種類5本を現時点での最大限の構成と話しているが、まずは3種類4本でのノーミスを目指すだろう。 氷の状態が柔らかくてエッジ系のジャンプに合わない場合は、トウ系のルッツを入れてくる可能性もある。 このように、臨機応変に構成を変える幅の広さも、今季の羽生が目指していることだ。 どのジャンプを選んで、どういう構成で来るかも見どころのひとつだ。 写真:アフロ シーズン初戦の「USインターナショナルクラシック」では、SPは4回転トウループで着氷を乱し、同じくミスも出た昨季世界選手権3位のヴィンセント・ジョウ(アメリカ)に0・27点差の2位。 合計249・96点で、逆転優勝をしている。 SP、FSともにミスをしての得点だけに、もっと伸ばせる可能性も十分。 覚醒に期待したい。 他には「ネペラ・メモリアル」で232・70点を獲得し、(ロシア)に次ぐ2位になっているマテオ・リッツォ(イタリア)も、ループとトウループの4回転をしっかり跳んでくれば表彰台候補になる。

次の