ソフトバンク おうちでんき 評判。 ソフトバンク「おうちでんき」の評判は悪い?メリット&デメリット

ソフトバンク「おうちでんき」の口コミ評判から分かる本当のメリット&デメリット

ソフトバンク おうちでんき 評判

ソフトバンクでんきは携帯電話・スマートフォン・インターネットなどでおなじみのソフトバンクグループのSBパワーが提供している電気です。 2017年2月から、家庭向けに電力供給を開始しています。 ソフトバンクの携帯電話・スマートフォン・インターネット契約がなくてもすべての方がお申し込みできます。 供給エリアは、北陸電力エリアを除く全国です。 電気料金プランごとに、供給エリアが異なります。 ソフトバンクでんき、どんなプランがある? 現在ソフトバンクでんきには、「おうちでんき」「くらしでんき」「自然でんき」の3つのプランがあり、エネチェンジでは「おうちでんき」と「くらしでんき」を掲載しています。 簡単にプランのおさらいをしておきましょう。 エネチェンジからお申し込み可能なプランは、「くらしでんき」のみとなります。 おうちでんき 供給エリアは、北海道・東北・東京・中部・関西・中国・四国・沖縄電力エリアです。 旧一般電気事業者とは、北海道電力・東北電力・東京電力・中部電力・北陸電力・関西電力・四国電力・中国電力・九州電力・沖縄電力をいいます。 「おうちでんき」とソフトバンクの携帯電話・スマートフォン、または対象の固定通信サービスとセット契約すると「おうち割 でんきセット」が適用され、対象の携帯電話・スマートフォン、または対象の固定通信サービスの利用料金から 2年間、1回線あたり毎月110円(税込)割引となります。 (3年目以降は1回線あたり毎月55円(税込)割引となります。 ) すでにソフトバンクの携帯電話・スマートフォンや固定通信サービスを契約している方は、さらにお得を実感できるでしょう。 くらしでんき 供給エリアは、北海道・東北・東京・中部・関西・中国・四国・九州・沖縄電力エリアです。 電力量料金が割安に設定されているので、ソフトバンクユーザーでない方でも、「くらしでんき」に切り替えるだけで節約を実感できるでしょう。 自然でんき 供給エリアは、北海道・東北・東京・中部・関西・中国・四国・九州電力エリアです。 「自然でんき」は、 基本料金0円、電力量料金も一律に設定されているので、使った分だけ支払えばいいプランとなっています。 国が認証するJ-クレジット制度により、CO2などの温室効果ガスの排出削減量や吸収量を増加させる活動を行う団体のうち、契約者が指定した1団体を対象として 1契約あたり毎月50円分の支援ができます。 J-クレジット制度とは、省エネルギー機器の導入や森林経営などの取組による、CO2などの温室効果ガスの排出削減量や吸収量を「クレジット」として国が認証する制度です。 1)キャンペーン実施期間中に対象プランをエネチェンジサイトでお申し込みいただいた方。 2)2020年10月31日までに「くらしでんき」が開通し、電気の供給を開始された方。 3)電気の使用開始日から6カ月後時点で契約を継続いただいた方。 4)電気の使用開始日から6カ月間の電気料金支払い額が14,000円を超えた方。 5)申込時にメールアドレスが入力されている方。 適用されないケース 以下のいずれかに当てはまる場合、キャンペーンの適用にはなりませんのでご注意ください。 2020年6月15日以前に、「くらしでんき」が開通して電気の需給が開始された、または、お申し込みをされた方。 法人の方。 現在、オール電化プランや深夜時間帯割引プランなどの特別な割引を受けている方。 「くらしでんき」への切り替えで電気代が割高になるため加入をお断りしています。 誤って加入された場合であっても、電気代の返金、補償などはできません。 ご案内メールに記載されている有効期限内に特典をお受取いただけなかった場合。 ご利用の住所から転居された場合。 電気料金の未払いがあった場合。 受け取り方法• 電気を使用開始した日を含む月から8カ月後の月末までに、エネチェンジからご案内メールをお送りいたします。 (ご登録のメールアドレスに誤りがあった場合、特典お受け取りの手続きができませんのでご注意ください。 ご案内メールにお受け取りの手順が記載されています。 手順に沿ってお受け取り方法の登録をお願いいたします。 特典お受け取りの有効期限は、エネチェンジからのご案内メール送信後90日以内となります。 お受け取りの手続き後、お振込までに時間がかかる場合がございます。 「 enechange. jp」からのメールが受信できるよう、あらかじめ設定をお願い致します。 キャッシュバックは、金融庁管轄の資金移動業者であるウェルネット社(登録番号:関東財務局長第00027号)の「送金サービス」を利用しております。 その他注意事項• 申し込み内容に不足事項などがあり、キャンペーン実施期間終了までに不足事項の内容が当社にて確認できず「くらしでんき」のお申し込みが完了しない場合は、本キャンペーンは適用になりません。 本提供条件書記載事項以外の部分については、SBパワー株式会社の「電気供給約款 低圧 」および「ソフトバンクでんきPowerd by SB パワー請求サービス規約適用約款」の規定を提供いたします。 ソフトバンクでんきが不正なお申し込みと判断した場合、本キャンペーンは適用となりません。 「本キャンペーン」は予告なく内容の変更または実施を終了する場合があります。 思っていたよりは価格が下がらなかったかなあという印象です。 ソフトバンクでんきの「おうちでんき」は、東京電力や関西電力などの旧一般電気事業者の従量電灯と基本料金が同じです。 「おうちでんき」で電気代の節約が実感できなかったという方は、「くらしでんき」に切り替えるだけで、今までと同じ電気の使い方でも電気代を安くできます。 お客様センターの電話がなかなかつながらないことがある• まっちゃんさん いつでもすごく繋がりにくい、かける時間が悪いのか? オペレーターの方の対応は丁寧で非常によいそうですが、電話の繋がりにくい時間があるようです。 電話をかける時間を工夫する必要がありそうです。 他にはどんな口コミ・評判が寄せられている?項目別に見てみよう ソフトバンクでんきの口コミ・評判には、「スマートフォンやインターネットとセットで契約するとさらにお得になる(「おうちでんき」の契約者に限る)」「誰でも知っている大きな会社なので安心できる」などのメリットや、「毎月の電気代が思ったよりも安くならなかった」「お客様センターへの電話がなかなか繋がらない時間がある」などのデメリットがありました。 他にはどのような口コミ・評判が寄せられているのでしょうか?項目別に見ていきましょう。 電気料金• 全体的には結果的に安くなったからよかった。 夏と冬はエアコンとこたつで電気代がかさばるため。 多少ですが価格が安くなって助かりました。 シミュレーション上では、冬場の電力消費が多い時には大幅に安くなるので期待しています。 家庭によりお得な電力会社は変わってくると思いますが、ソフトバンクはちょっと期待はずれな印象。 色々割引などあるものの、所詮ソフトバンクの携帯をもっている前提なのが、、、 セット・ポイント• 私のスマホがソフトバンクなので、割り引きができて良かったです。 ネットとの同時契約なら色々特典が多い。 そして、ポイント率もかなりよくなる。 ソフトバンクに変えた理由がこれです。 モバイルもソフトバンクなのでお得感が大きいです。 携帯電話とセットならかなり安くなるのでは?と思っていたのですが、それほどでもなくて少しがっかりしました。 結局1番いいプランにしないと割引なども少ないし、なんか色々と説明されたが正直よくわからない。 切り替えまでのやりとり• 実際に申し込む際にも、電話一本で申し込みができるなど、手軽さもあり大変便利でした。 電話すると、変更方法や各種手続きの方法を詳しくおしえてくれるので、全く分からない自分でも安心して申し込むことができました。 切り替えというと結構面倒なのかと思っていたんですがかなりスムーズでよかったです。 これだけでいいのかと驚きました。 切り替えまでの作業がとてもスムーズでした。 申し込みして、開通までにそんなに時間はかからなかった。 連絡をくれるはずの日にちになっても連絡がこなかった。 書類が多くて、説明があまりない。 なのでもう少し説明が欲しいとは思いました。 サポートの品質• プランなど変更するときに1度連絡させていただいたが、親身になって相談にのってくださり助かりました。 オペレーターの対応は丁寧で非常に良い、なので好感は持てました。 疑問に思った部分もとても親切に教えてくれたので好印象でした。 自分のマイページの登録情報がわからなくなったが、質問するとすぐに連絡があった。 折り返しの電話がとにかく遅い。 もう少し早く欲しい。 請求書・会員サービス• 携帯代、ネット回線などがまとめてソフトバンクなので煩わしさがなくなった。 今までのように検針に来るわけではないので、HPで確認するしかない。 初月は確認したがそれっきりだ。 ソフトバンクのスマホ料金と合わせて電気料金を一緒に払うことができたことが良かったです。 請求書にするには、別料金がかかるためもらっていない。 ネットでみる請求書は少し手間かなとは思いました。 電源構成や地域貢献への取り組み• かなり世界規模で地域貢献してるみたいなので。 すごいと思います。 さすがソフトバンクでんきですね。 再生可能エネルギーを使用しているプランもあるのでそこはいいと思います。 環境への影響だったり、グレーゾーンの公開をしてない部分もネットを見るとあるので。 是非、公開して他者との比較をもっと差別化も込めてしてもらいたい。 ソフトバンクでんきに切り替える前に口コミ・評判をチェックしよう! ソフトバンクでんきの口コミ・評判を紹介しました。 ソフトバンクでんきの「おうちでんき」は、携帯電話・スマートフォン・インターネット回線とまとめて契約をすると割引を受けられるので、ソフトバンクユーザーの方にメリットが多いのが特徴のひとつです。 ソフトバンクでんきに切り替えて電気料金が思ったよりも安くならなかったという方もいますが、「くらしでんき」は割引率が高く設定されているので、ソフトバンクユーザーでない方でも節約が実感できるでしょう。 地球環境に配慮した電気を使いたいという方には、太陽光発電などの再生可能エネルギーで発電したFIT電気の比率が高い「自然でんき」がおススメです。 電力会社の切り替え手続きは、「電気使用量のお知らせ」の情報をWeb上で入力するだけでとても簡単にできます!お得なキャンペーンも実施しているので、ソフトバンクでんきに切り替えるなら、エネチェンジで電気料金プランをチェックしてみてくださいね。

次の

ソフトバンクでんきの評判・口コミが微妙な理由。料金やデメリットまとめ

ソフトバンク おうちでんき 評判

ソフトバンク使っている人には結構おすすめだよ。 あと、自然でんきがあるから、環境問題に関心がある人は使ってみてもいいね [toc] ソフトバンクでんきの特徴は「契約おまとめ」「通信」 まずはソフトバンク電気のサービスを簡単に説明しつつ、メリットについて考えてみましょう。 電気事業参入企業はどこも自社に合った特徴的なサービスを打ち出しています。 ガス会社であれば電気と同時加入でガス代がお安くなるというサービスを打ち出していることがあります。 もともとはケーブルテレビの会社で電気を取り扱いはじめたため、ケーブルテレビとセット加入で割引を受けられるという企業もあります。 電気会社は電気の供給を役目としていますが、プラスアルファでもともとの得意分野をサービスとして付加することが積極的に行われています。 だからこそ企業ごとの特色が出ているのです。 ソフトバンク電気も同じです。 ソフトバンクの電力サービスの手続きを捉えるためには• 「スマートフォンの契約になぞらえて考える」• 「スマートフォンやインターネットとセットでお得」 という特徴を覚えておくといいでしょう。 メリットやサービスはこの二つの特徴を知っておくことで理解しやすくなります。 そして忘れてはならないのが、 ソフトバンクはもともと「スマートフォンを得意としている大手通信会社である」という点です。 こういった特徴やポイントがソフトバンクの電気事業にも色濃く反映され、サービスに独自の特色を生み出しているのです。 ここからはそんなソフトバンクのサービス内容を具体的に見ていきましょう。 合わせてメリットについてもお話します。 ソフトバンクでんきのサービス内容とは?ポイントは『おうち割』 ソフトバンクの電気はもちろん他社スマートフォンを契約していても使うことができます。 しかし、ソフトバンクはやはり通信会社ですから、自社通信とセットで使うことを想定したサービスが用意されています。 ソフトバンクの電気契約プランの中で代表的なものは、まさにセット契約をすることが前提のサービスなのです。 この代表的プランが『おうち割』です。 『おうち割』はスマートフォンとインターネットなどとセットで契約することにより2年間通信料を割引してもらえるサービスです。 お家の代表的な電気を使うサービスであるスマートフォンやインターネットをソフトバンクにまとめることで割引が適用され、2年間で最大10万円以上の家計負担を削減することも可能です。 また、家計負担を減らすだけでなく、Tポイントやスマートフォンのデータ量として還元してもらうことも可能です。 使わない電力をスマートフォンなどのデータ使用料やポイントとして還元する。 スマートフォンなどとセットで契約するからこそできることですね。 これによって料金がお安くなるだけでなく、通信面でもメリットを得ることができるのです。 2年間で10万円安くなるのは、かなり破壊力あるね。 乗り換えるだけで10万円貯金が増えるイメージ 『おうち割光』とTポイントやデータ量還元でさらにお得! ソフトバンクの電気契約はスマートフォンなどと一緒に契約することが基本です。 さらにお得にするために、インターネットとスマートフォンも契約一本化を考えるのがおススメです。 『おうち割光』はインターネットとスマートフォンをまとめて契約することにより割引を受けることのできるサービスです。 ソフトバンクのポイントはとにかくおまとめすることです。 まとめるほどにメリットが増えるといえるでしょう。 また、支払った電気料金にはTポイントが付与されます。 Tポイントは活躍の場が広いポイントです。 電気代という家計が毎月ほとんど確実に負担しなければいけない費用でポイント還元を受けられるのは有り難いことではないでしょうか。 データ使用量をおまけしてもらうことも可能です。 関連記事: 『おうちレスキュー』が便利!再生可能エネルギーの『FITでんき』も ソフトバンクのおうち割がさらに面白いのは、おうち割にはもれなく『おうちレスキュー』という特典がついているところです。 電気契約の特典としてお家のトラブル解決の手助けをしてくれる企業は他にもあります。 東京ガスなどが有名でしょうか。 ソフトバンクでんきはスマートフォンとのセット割引が注目されがちですが、家のトラブルに助けてくれる『おうちレスキュー』もついているのです。 『おうちレスキュー』は水まわりや鍵、ガラスのトラブルに対して2年間365日24時間無料でサポートしてくれるというサービスです。 水まわりのトラブルは急に起こり、個人ではなかなか対処できないものです。 鍵をうっかり失くしてしまうと、びっくりして何から対処したらいいか分からなくなってしまいますよね。 こういった時にこのサービスはとても役に立ちます。 特典を重視する方には嬉しいメリットではないでしょうか。 それと、こちらは特典とは異なりますが、ソフトバンク電気には再生可能エネルギーを使う『FITでんきプラン』という契約プランもあります。 ソフトバンクでんきは加入プランにより東京電力やSBパワーといった形で電気の提供元を変えているのです。 こちらのプランではSBパワーが太陽光発電などの再生可能エネルギーを提供しているSBパワーが自然に優しい方法で作り出した電気を供給してくれます。 電気の供給先やエコに気を使う方はこういったプランの検討もいいでしょう。 もちろんこちらにプランでもTポイントがつきますよ。 ソフトバンクでんきの総合的なメリットまとめ ソフトバンクでんきのメリットを簡単にまとめてみましょう。 ソフトバンクの電気契約はスマートフォンやインターネットと一緒に契約することが基本• おうち割は2年間の割引適用サービスで最大で10万円以上お得になる可能性もある• おうち割含め電気料金の支払いにはTポイントが付与• おうち割にはおうちレスキューという特典がある• エコや再生可能エネルギーを気にするならFITでんきプランで対応可能 これらが主なソフトバンクでんきのメリットです。 最初の方でもお話しましたが、ソフトバンクでんきはスマートフォンなどの契約をおまとめすることによってメリットを受けることができます。 積極的に家族でおまとめを検討する人には強い味方になってくれることでしょう。 また、データ量を気にする方は電気契約によってスマートフォンのデータ量をおまけしてもらうことも可能です。 ソフトバンクのユーザーでなければこのおまけは意味のないものでしょうから、特典の面でもおまとめは望ましいものであるといえるのではないでしょうか。 「おまとめ」「ソフトバンクは通信会社である」などの点がソフトバンクでんきでメリットを得られるかどうかの大きな分岐点になります。 ソフトバンクでんきのデメリットとは ソフトバンクでんきは使い方によって大きなメリットを得ることのできる電気会社です。 しかし、デメリットがまったくないわけではありません。 メリットのポイントが「おまとめ」「通信会社であること」です。 デメリットにおいては、これらの点が生活スタイルによってはそぐわず弱点になることがあります。 これらのポイントに加え、最初の方でお話した「スマートフォン契約になぞらえて考える」という点がデメリットになる可能性があります。 おまとめがデメリット!一つのサービス解約で料金アップも ソフトバンクはスマートフォンなどと契約をおまとめすることによってどんどんメリットが増える仕組みです。 デメリットの一つ目として「おまとめをしなければ、人や家族形態によって電気料が割高になってしまう可能性」があります。 おまとめが基本なので、「一つの契約を解約すると料金が割高になってしまう可能性」もあります。 また、おまとめしても電気の使用量が少ない人もかえって割高になってしまう可能性が高いです。 つまり、ある程度の家族の人数がいる人がスマートフォンやインターネットなどの契約をおまとめするにはお得な契約先ですが、契約をばらばらにしたいなら向かい契約先だということです。 契約をまとめず電気代だけをお安く使いたいなら、他の電気会社とよく価格を比較し、試算した上で契約した方が無難です。 ソフトバンクでんきの割引期間は基本的に2年です。 2年間の料金だけでなく、割引適用終了後のことも考えおきましょう。 2年間で電気に使用をやめるという人はまずいません。 大切なのは2年後の料金がどうなるかです。 割引が適用される期間が終了してからのことも考えておきましょう。 契約内容がスマートフォンみたい?難しい! デメリットの二つ目として、「おまとめをすることにより契約内容が複雑になる」「スマートフォン契約と同じ欠点がある」という指摘がなされています。 おまとめをするということはその分だけ一社に契約を集中させるということです。 割引適用のためには条件もありますので、契約内容から割引適用条件まで把握しておかなければいけません。 これは消費者にとって非常に面倒で大変なことです。 「そのくらい覚えておけばいいのに」と思う人もいるかもしれません。 しかしスマートフォンや携帯電話などの説明書をもらったとしても、端から端まで読む込む人の方が少数派という現状です。 「この契約内容の説明をじっくり読んで覚えておいてくださいね」と言われても、難しくて大変!と思ってしまうことも少なくありません。 読んでも意味が分からなかったり、忘れてしまったりということがあります。 そう、まとめた分だけ契約内容の把握が大変になるのです。 また、スマートフォンの契約は会社問わず分かり難いという指摘がなされています。 国民生活センターにはスマートフォン契約に関する相談が多数寄せられています。 実際にスマートフォンの契約が難解であると感じている人が非常に多いということです。 これはソフトバンクも例外ではありません。 ソフトバンクはもともとスマートフォンを得意としている通信会社です。 そんな通信会社が電気を扱い、スマートフォンとのセット契約を勧めているわけです。 おまとめが割引の条件になっているため、一つでも難解で複雑なのに、二つになるとさらに難解という事態に陥っています。 契約内容をあまり詳細まで確認しないという人には不向きな会社かもしれません。 電気料は安くなっても、契約内容を確認する時間が多くかかってしまう。 「時は金なり」という言葉も一つの考え方かもしれないですね。 スマートフォンの契約でもよくあることですが、電気契約でもクーリングオフが適用されないことがあります。 クーリングオフの適用範囲は電話勧誘など特定の場合であり、店頭の申し込みだと対象外となります。 お得だからとすぐに契約するわけではなく、事前に試算や相談をしっかり行い、自分が契約したらどうなのかをよく確認してから行うようにしましょう。 特典なのに費用がかかる?使えるエリアの縛りや解約金も 三つめのデメリットとして「エリア縛り」「特典も時に有料に」「解約金」があります。 細かい項目なので、順番にわかりやすくお話します。 現状としてソフトバンクでんきは全国展開しているわけではありません。 スマートフォンは全国で申し込めるのですが、でんきはスマートフォンとまったく異なり、エリア限定状態です。 現状としては、関東・関西・中部・北海道がソフトバンクでんきの契約対象エリアになります。 ただ、これらのエリアでも全てが対象というわけではなく、一部が契約対象外になります。 エリア外の方はヘビィなソフトバンクの端末ユーザーでも電気とおまとめができないことになってしまいます。 忘れてはいけないデメリットとして、電気料金以外の料金負担の問題があります。 おうち割を申し込むと自動で付属する特典である『おうちレスキュー』。 基本的に365日24時間無料対応のサービスですが、トラブルの規模によっては料金を請求される可能性があります。 例えばトラブル対応のために部品が必要であったり、対応に長時間が必要であったりする場合です。 他にも、水まわりのトラブルなのに大規模であるという場合も別途費用が必要になる可能性があります。 トラブル規模が大きい場合はサービスの対象外とされる場合もあります。 規模や部品の要否に関わらず水まわりや鍵、ガラスのどんなトラブルにも完全無料対応ではないということです。 同じ料金面の問題としては、解約金を忘れることはできません。 ソフトバンクでんきの契約は途中解約によって解約金が必要になります。 額はプランによって変わり、2,500円から5,000円の解約金が発生します。 スマートフォンの料金プランでも同じように解約金が発生する場合があります。 電気契約もそれと同じように考えてみてください。 途中解約によって安くなった分の電気料金以上の金額がかかってしまってはかえってマイナスになってしまうこともあります。 口コミでもデメリットが指摘!大切なのは「自分」はどうなのか ソフトバンクの口コミでもこれらのデメリットが指摘されています。 ソフトバンクでんき等キャリア系の電力は、光やスマホとのセット割で押しているようですが、純粋に電気料金を比較して選択した場合にはもあまり良い結果が出ていないと思います。 デメリットはどの電気会社にもあります。 メリットを追求してゆくと、そこに影のようにデメリットが付随するのはどんなサービスでも同じことです。 一通りデメリットをお話しましたが、大切なのは「自分の場合はどうなの?」ということです。 メリットとデメリットはどこの会社のサービスにもあって当然。 そう割り切って、自分にとってお得なのか、使いやすいのかを追求してみてください。 まずは簡単な試算からメリットとデメリットのバランスを考えてみたいという方は、ソフトバンクのホームページで行える簡単な試算をどうぞ。 ソフトバンクでんきのまとめ ソフトバンクはスマートフォンをはじめとした通信を得意としている会社です。 スマートフォンなどの契約とセットで電気契約をして使っていく「二つ以上の契約をおまとめ型」でメリットがあります。 また、家族全体でソフトバンクを利用するという使い方でもメリットは大きいです。 家族でおまとめすることにより年間で大幅な通信・電気料金の削減を見込むことができるので、自分や家族がソフトバンクユーザーなら電気の乗り換えを検討してみるといいでしょう。 もし契約に迷ったら、店舗に直接足を運ぶこともお勧めです。 白い犬のお父さんが特徴的なお店で、事前にしっかりと相談したら「あら、うちもお安くなるみたい」というメリットが見つかることでしょう。 おススメできる電気会社の一つです。

次の

ソフトバンクでんきに申し込む前に!注意点と評判をチェック! | 超節約術

ソフトバンク おうちでんき 評判

ソフトバンクでんきなら、やっぱりソフトバンク(Softbank)ユーザーがお得なんでしょ? そうだけど…ソフトバンクグループのワイモバイル(Y! mobile)ユーザーもお得になるのよ。 ソフトバンク&ワイモバイルユーザー向けプラン ソフトバンクだけじゃなくってワイモバイルもなんだ!グループ会社だもんね。 しっかし太っ腹だね! ソフトバンク電気の家庭向けプランといえば「おうちでんき」ね。 電気料金とスマートフォンや携帯電話をセットで契約することで、お得になるの。 具体的には?? えっと…おうちでんきに加入してスマホやインターネットサービスとセット契約にすると、その時点で「おうち割 でんきセット」が適用されて、 スマホや携帯電話1回線につき、通信料金が毎月100円割引になるの(10回線まで)。 1回線につき、なんだ! 一家全員ソフトバンクユーザーっていう家庭も多いでしょ?そういった家庭はお得度が高そうね。 ちなみに毎月100円割引になるのは2年間。 その後は毎月50円割引になるけど、それでもありがたいわよね。 確かに! おうち割 でんきセットの対象になるのは、iPhoneなどのスマホ、タブレット、Wi-Fiルーター、Softbank光、Yahoo!BB ADSLなどいろいろあるのよ。 それは嬉しいね。 従来の電力会社より単価が1%安くなる これだけじゃなくておうち割 でんきセットでは、東京電力や関西電力といった地域の電力会社の 従量料金部分が、毎月1%安くなるのよ。 従量料金っていうのは、電気使用量に応じてかかってくる料金ね。 基本料金(もしくは最低料金)とは別に請求される料金のことよ。 毎月1%とはいえ…ちりも積もれば山となる!年単位で考えるとかなりお得だね。 電気使用量が多い人ほどお得ってことか。 そういうこと! 「おうちレスキュー」が2年間無料! このおうちでんきはね、もうひとつ特典があるのよ!おうちのトラブルに24時間対応してくれる 「おうちレスキュー」が2年間無料で利用できるの。 おうちのトラブルって?なになに? 例えば水漏れや配管のつまりなど水回りのトラブル、カギの紛失、ガラスのひび割れや破損などよ!業者に依頼する場合だいたい水回りのトラブルだと8,000円~、ガラスの破損なんかだと15,000円~と結構な費用がかかるみたいね。 そうなんだ!それは魅力的な特典だ! そうでしょ?2年間とはいえこのサービスがついてるのは魅力的よね。 うんうん! 毎月の支払をひとまとめ!楽ラク家計管理 私としては、毎月の スマホ代、インターネット代、電気代がひとまとめにできるっていうのも、大きなメリットに感じるわ!家計を管理している人ならきっとわかると思う!バラバラといろいろなところから請求されるのって、管理が面倒なのよね。 (【北陸電力エリア】北陸地方、富山県、岐阜県、石川県、福井県) taku さんの口コミ 年齢:30代 お住まいのエリア:東北電力エリア|同一世帯の人数:6人 |1年間で1番高い時の1ヵ月の電気料金:約23000円|重視している点:料金の安さ |契約切り替え:既に切り替えた 一家でSoftbankユーザーなので Softbankショップに行ったときに電気のサービスのことを紹介されました。 電力会社切り替えを前向きに考えていたわけではないのですが、我が家は家族全員がSoftbankのスマートフォンを使っているので、それによって少しでも電気料金が安くなればいいかなと思いました。 家計を管理している妻が、請求がまとまって嬉しいと喜んでいます。 通信料金も安くなったので切り替えてよかったと思っています。 おろし さんの口コミ 年齢:40代 お住まいのエリア:東京電力エリア|同一世帯の人数:4人 |1年間で1番高い時の1ヵ月の電気料金:約19000円|重視している点:料金の安さ |契約切り替え:切り替えた すごく良くもないが…結果としては満足! 電力会社切り替えでいろいろと検討(シミュレーション)もしていたのですが、また別の新たな企業と契約を交わすことになるのは、正直面倒だと思いました。 ソフトバンクのおうちでんきはCMで知ったのですがずっとソフトバンクを使っていたので、この際スマホの請求と電気の請求をまとめてしまおうかと思い、ソフトバンクに切り替えてみました。 結果、すごく良いというわけではありませんが、不便はないし確かにトータルの出費は減らせて満足です。

次の