シクレソニド。 シクレソニド

新型コロナ肺炎に朗報、専門医も期待を寄せる「オルベスコ」の効果:トピックス:日経Gooday(グッデイ)

シクレソニド

薬学部 薬理学研究室 田嶋 公人 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大が続く中、世界で治療薬の開発が急ピッチで進んでいます(表1)。 しかし、新薬開発は10年以上の歳月がかかるため、ドラッグ・リポジショニング(別の病気の治療薬を他の治療に転用する)の手法でCOVID-19に対する治療効果を確かめる試みが医療機関を中心に行われています。 1.気管支喘息の治療薬 気管支喘息は気管支アレルギー疾患の代表であり抗アレルギー薬が用いられます。 また、気管支の狭窄がみられた場合には気管支を広げる薬物も用いられます。 近年では、気管支喘息を気道の慢性炎症と位置づけて、全身性の副作用がほとんど現れない 吸入型の副腎皮質ステロイド薬(吸入ステロイド薬)の使用が最も重視されています 1。 そのため、炎症性メディエーターの遊離抑制薬クロモグリク酸ナトリウムやロイコトリエン受容体拮抗薬プランルカストなども喘息治療に用いられます。 2. 気管支喘息に対する吸入ステロイド薬シクレソニドの作用 シクレソニドは、それまでに用いられていた喘息治療薬であるベクロメタゾンプロピオン酸エステル(商品名:キュバール)、フルチカゾンプロピオン酸エステル(商品名:フルタイド)、ブデソニド(商品名:パルミコート)に次ぐ、我が国4番目の吸入ステロイド薬として2007年に登場しました(図1)。 これらの吸入ステロイド薬は、細胞内に局在するグルココルチコイド受容体に結合した後、核内へ移行し、DNAに結合して炎症反応に関わる各種因子の発現を抑制することで、気管支の炎症を強力に抑える作用を持っています 2。 さらに、シクレソニドは他の吸入ステロイド薬とは異なり、プロドラッグ(生体で代謝作用を受けて変化後に効果を発揮する薬剤)として、吸入投与後に肺および気道で活性代謝物に変換される「局所活性化型薬剤」です。 さらに、この薬剤は他の吸入ステロイド薬と比べて微細粒子の割合が高く、肺内到達率が高いことも特徴としてあげられます 3。 3.新型コロナウイルス感染症 COVID-19 に対するシクレソニドの治療効果 COVID-19に対する治療効果として、我が国では2020年2月ダイヤモンド・プリンセス号の患者を受け入れた神奈川県立足柄上病院において、新型コロナウイルス SARS-CoV-2 による肺炎の早期~中期患者3人に、肺の炎症抑制効果に加えて、SARSやMERSの原因ウイルスの増殖を直接抑える活性が知られていたシクレソニドを吸入投与し良好な結果が得られたことが報告されています 4。 その後も日本感染症学会ホームページではシクレソニド吸入によりSARS-CoV-2肺炎が改善した症例が報告されています。 SARS-CoV-2による肺炎について、現在までに明らかになっている特徴の1つとして、感染した患者さんの体内、特に肺胞上皮細胞内でSARS-CoV-2が増殖し、肺傷害を引き起こしながら、免疫細胞である肺胞マクロファージが高度に活性化されることで、肺胞局所で過剰な炎症 hyper-inflammation が生じていると考えられています 5,6,7(図2)。 一般のステロイド類では全身の免疫が低下する可能性があるためにウイルス感染に不利な状況が生まれますが、シクレソニドは吸入ステロイド薬であり、さらに到達部位で活性体に変換されて作用する薬であるため、肺の局所でより効果的に過剰な炎症を抑制することが期待できます。 加えてシクレソニドは、ウイルスの増殖を抑える作用を合わせ持つことから、肺炎の重傷化を直接的に抑制することも期待できます 8。 しかし、これらの論文報告だけでは、まだ十分に検証されているとは言えません。 例えば、多くのステロイド薬の中で、なぜシクレソニドに抗ウイルス作用が認められるのか、現時点では、SARS-CoV-2コロナウイルスの非構造タンパク質のひとつが特異的なターゲットであることを示唆するデータがありますが、詳細な阻害機構については、まだ、わかっていません。 また、引用した論文データで示されている抗ウイルス作用は、感染培養細胞で得られた試験管内での研究成果(in vitro)であるため、ヒト体内でも同じような抗ウイルス作用が発現しているかどうかは、今後、動物実験 in vivo で検証されることが待たれます。 4.おわりに 今回紹介した吸入ステロイド薬シクレソニドは、既に気管支喘息治療薬として用いられているため安全性などのデータが蓄積しており、幼児に対しても高用量で使用できる可能性があることや、COVID-19治療薬として開発する際に必要なデータとして利用できるメリットがあります。 しかし、COVID-19のどのような症状に対してより効果が高いのか、どのタイミングでどの用量を使用するのが良いのか等の基礎的な研究の継続が必要で、現在、日本感染症学会などが中心となって取組んでいる症例解析の例数を増やし、誰もがそれらの情報にアクセス可能にすることで、COVID-19による肺炎重傷化を防ぐ治療効果の高い医薬品としての開発が進み、世界的に使用される薬剤に育っていくことを期待しています。 【調べてみましょう】 Q1. 副腎皮質から分泌されるステロイドホルモンは、糖質コルチコイドと鉱質コルチコイドの2種類あります。 それぞれの産生部位と生理作用を調べてみましょう。 気管支喘息治療薬として用いられる「副腎皮質ステロイド」とは、上記2種類のステロイドホルモンのうちどちらの作用を強く引き出したものでしょうか。 肺胞は私たちの体のどこに存在しますか。 そして、普段私たちの体ではどのような役割を果たしていますか? Q4. In vivo とin vitroとは何でしょうか。 調べてみましょう。 【引用文献】 1 玉置 淳, ガイドラインのワンポイント解説 喘息予防・管理ガイドライン 成人喘息 2018, アレルギー67 9 1263-1268, 2018 2 成田 年 監修, 疾患薬理学 ネオメディカル2017, p 233-237 3 新実 彰男 吸入ステロイド薬の使い分け アレルギー65 6 757-763, 2016 4 地方独立行政法人神奈川県立病院機構 神奈川県立足柄上病院, COVID-19肺炎初期~中期にシクレソニド吸入を使用し改善した3例, 2020. kansensho. php? Pharmacologic Treatments for Coronavirus Disease 2019 COVID-19 : A Review. JAMA. 2020 Apr 13. doi: 10. 2020. 6019. 6 Puja Mehta, Daniel F McAuley, Michael Brown et al. The Lancet 2020, Mar 16. Autoimmun Rev. 2020, Apr 3. The Role of Cytokines including Interleukin-6 in COVID-19 induced Pneumonia and Macrophage Activation Syndrome-Like Disease. doi: 10. autrev. 2020. 102537. 8 Matsuyama S, Kawase M, Nao N et al. The inhaled corticosteroid ciclesonide blocks coronavirus RNA replication by targeting viral NSP15. bioRxiv preprint. 2020; doi: 10. 987016.

次の

シクレソニド市場2020年のCovid

シクレソニド

こんにちは。 現役MRのリョウタです。 シクレソニドといえば今話題の薬剤の1つですよね。 そう、あのダイヤモンドプリンセス号で感染した新型コロナウイルス感染症の重症化例に使用されて症状が改善し、効果があるかもしれないと言われているやつです。 製品名は「オルベスコ」で気管支喘息に使用される吸入ステロイド製剤ですね。 ダイヤモンドプリンセス号で感染が拡がったときはまだ新型コロナウイルスについても何が何だかよくわからないときでしたが、どんなウイルスかも分からない、治療薬もない中で重症の患者さんに喘息治療薬を選択して改善させたお医者さんはウルトラCと言えるんじゃないでしょうか。 今回は、今も臨床使用に向けて試験が行われているシクレソニドについて記事にしました。 シクレソニドってどんな薬? 海外ではシクレソニドはアレルギー性鼻炎の治療薬としても販売されている製品がありますが、日本では吸入ステロイド喘息治療薬のオルベスコのみが発売されています。 開発したのはドイツのアルタナファーマという会社ですが、2007年にスイスのナイコメッドに買収されてその後この会社も2011年に武田薬品に買収されています。 日本でオルベスコの開発は帝人ファーマが行っており、2007年に発売されています。 当時、帝人が販売開始したときのことを少し覚えているのですが、たしか プロドラッグで肺に到達してから活性化するから安全性が高いというのと、 吸入ステロイド薬として当時初めての1日1回投与の製品ということをウリにしていたと思います。 エアゾール製剤でドライパウダーではないため、 粒子が細かく肺への送達率が高いことから効率的に患部に届くというのも良い特徴でしたね。 不運なことに同効薬として世界でブロックバスターになっていたグラクソスミスクラインのアドエアが同時に発売になったため目立ちませんでしたが、それでも1日1回という利便性や安全性で差別化でき10%前後のシェアは取っていたのではなかったかと思います。 当時から、オルベスコは喘息に使う吸入ステロイドという認識しかありませんでしたが、まさかここへ来て新型コロナウイルスのしかも重症例に顕著な効果を示すとは驚きです。 ダイヤモンドプリンセス号で感染した症例に投与されたと発表されたときには、肺の抗炎症作用を狙っての投与かと思っていましたが、直接的な抗ウイルス作用とのハイブリッド作用を狙ったものだったのですね。 じつは、シクレソニドにRNA複製阻害作用があることはけっこう知られていたみたいですね。 新型コロナでもロピナビル・リトナビル(商品名:カレトラ)が各国で使われていますが、 シクレソニドのウイルスRNA複製阻害作用はこのロピナビルと同等かそれ以上あるそうです。 カレトラには下痢や腹痛といった副作用が少し高めの割合で出ているのですが、局所ステロイドのオルベスコでは副作用の発現率も少ないようです。 今回のダイヤモンドプリンセス号のシクレソニド投与例は3名とも割とご年配の方だったことも考慮されたのだと思うのですが、それにしても 重症例を目の前にして数ある薬剤の中から投与されたこともないオルベスコを思い切って選択された神奈川県立足柄上病院の岩渕敬介医師の決断力は本当にすごいですね。 今の開発状況はどうなっているのか シクレソニドにコロナウイルスに対する抗ウイルス作用があることは、フサンやフオイパンなどの膵炎治療薬に抗ウイルス作用があることを突きとめた国立感染症研究所の松山州徳室長が同様に突きとめていたんですね。 松山室長は、シクレソニドが新型コロナウイルスのもつ 非構造領域タンパクのNSP15に作用してRNA複製を阻害するということ、しかもin vitroでロピナビルと同等以上のウイルス増殖抑制作用を示したが シクレソニドはプロドラッグであり肺細胞に到達したときには組織濃度が数十倍になっていること、他の吸入ステロイド薬には抗ウイルス作用はなく、 シクレソニドのみが持つ作用であることなどを報告されています。 神奈川県立足柄上病院でシクレソニドが投与されると海外でも注目が集まり、特に韓国では軽症患者を中心に臨床試験が始まっています。 日本でも日本感染症学会が中心となって学会員に症例登録を募り、24施設から85症例が登録され観察研究が実施されています。 中間報告では良好な結果が得られており、期待が高まりますね。 まとめ ただの吸入ステロイドだと思っていたシクレソニドにこんなスゴイ抗ウイルス効果があったなんて本当に驚きです。 ウイルスの増殖を抑えながら炎症も抑えるので非常に効率的に治療ができる薬剤ではないでしょうか。 しかも局所ステロイドでプロドラッグですので安全性が高いですし、古い薬剤ですので薬価も低いです。 臨床試験で良い結果が出れば、政府は法律にこだわっていないで迅速に承認してほしいですよね。 世界的な緊急事態に適切に例外を出せるのも政府がやるべきことだと思います。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 とある外資系製薬メーカーで働く 30代現役MRのリョウタです。 また、IT技術の発達によって医療従事者は正確な情報を欲しいときに何度でも得られるようになっています。 このような時代、MRが今後の長期的なキャリアプランを1社のみで描くことはかなりムリがあります。 私の未経験からのMR転職、また外資系製薬会社3社のMR転職経験を元に、有益な情報を発信することによって、転職を考えているMRの皆様のお役に立てれば幸いです。

次の

売り切れ続出の薬「シクレソニド」は本当に新型コロナウイルスの特効薬なのか!? 専門家3人に聞いてみたら…(インタビュー)

シクレソニド

[画像のクリックで拡大表示] 感染研の情報を受けて、重症化リスクがあった肺炎患者に投与を開始 報告を行ったのは、神奈川県立足柄上病院総合診療科 ICD・感染管理室長補佐の岩渕敬介氏らです。 同院には2020年2月28日までに、ダイヤモンドプリンセス号に乗船していた新型コロナウイルス感染者8人が入院。 このうち2人は無症状のまま陰性化して退院、3人は重症化したため高次医療機関へ転院しました。 残る3人(73歳女性、78歳男性、67歳女性)についても、CTで肺炎像が認められ、酸素化が不良(酸素が血液に十分に取り込まれない状態)で2人は人工呼吸器管理を必要とするなど、重症化リスクがあったため、 2月20日からオルベスコの吸入を開始しました。 オルベスコは喘息治療に広く用いられている吸入ステロイド薬ですが、 新型コロナウイルスに対して強い抗ウイルス活性を持つことが国立感染症研究所の研究で明らかになり、2月19日に行われた「新型コロナウイルス感染症への対応に関する緊急拡大対策会議」で報告されていました。 今回のオルベスコ投与は、この情報提供を受けて直ちに開始されたものです。 3人の患者のうち73歳女性は、2月11日に入院。 HIV(ヒト免疫不全ウイルス)感染症の治療薬 ロピナビル・リトナビル(商品名 カレトラ)を投与していったんは回復傾向が見られたものの、同薬の有害事象と考えられる食欲不振や下痢、肝機能数値の悪化などが現れたため、投与を中止。 CTの肺炎像も悪化したため、2月20日にオルベスコの吸入を開始しました。 FEATURES of THEME テーマ別特集• 激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。 今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。 中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。 前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。 前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。 今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。 健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。 異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。 数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。 では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。 今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

次の