ミニキャラ 塗り方。 誰でも描ける!ミニキャラ・チビキャラのコツ

レイヤーマスクで人物の色塗り

ミニキャラ 塗り方

簡単なキャラ絵の塗り方(100均マーカー編) 2019. 入学や卒業、就職などの時期、皆様も色紙やサイン帳にイラストを描く機会もあるかと思います。 (それに、コピックを買いそろえるには値段が高いし…) 今回は、100円ショップのダイソーで発売された、コピックに似たイラストマーカーを使って色紙に 簡単なイラストを描くコツをやりたいと思います。 …これだけです。 色紙にえんぴつやシャーペンで下描きを描いて、消しゴムで何回も消したりしていると、だんだん紙がボロボロになってしまったり、黒ずんでしまったりすることもありますよね。 「直接、色紙に描いていく方法」と「別の紙に描いたものを鉛筆転写して描く方法」です。 直接色紙に下描きを描くコツは、とにかく線を薄く描く事です。 そうすると間違えても消しやすいですし、汚れにくくなるかと思います。 あとは、消しゴムで消すとき、力を入れすぎないことです。 それでも、消したり描いたりして色紙がボロボロになってしまうという人は、 下描きを別の紙に書いて転写する方法がおすすめです。 コピー用紙など別紙に下書きを描いて、 その紙の裏に濃い鉛筆でゴシゴシ塗って、カーボンをつくります。 (もし、厚紙に描いてしまった場合は コピーしてください)これは転写をするためのお手製の鉛筆カーボンです。 これを色紙にかぶせ、上から 輪郭線をボールペンでなぞっていきます。 そうすると色紙に絵が転写できます。 色紙も100円ショップのものです。 通常のサイズだと大きくて描くのが大変なので、ちょっとだけ小さいサイズのものを選んでいます。 わたしの場合はこんな感じに、直接色紙に薄く下描きをして、ペン入れをしています。 この絵には0. 05と0. 3を使いました。 輪郭などの太い線は0. 3、まつ毛や服の模様(肩口のストライプ模様)などの細い線は0. 05でなぞっています。 ペン入れの基本は、太い線と細い線を描き分けるということです。 なのでペンは最低2本あるといいでしょう。 このなぞるペンですが、これだけは100円ショップのものだと、 にじみが気になってわたし的にはダメでしたので、コピックライナーに頼りました。 実はこの部分は絵をかわいく見せるための重要なポイントです。 まつ毛を黒く塗るのはパターンかと思いますが、それ以外は服のパーツを部分的に黒く塗ったり、影になってる部分を少しだけ塗っていきます。 絵をかわいくしたい場合、顔には黒影をつけない方が無難です。 この黒く塗る場所ですが全体の白と黒のバランスを考えながら塗ります。 とは言っても最初は難しいかもしれないので、 好きな絵を真似ることから始めるのがいいかと思います。 こうすることで 真っ黒にべタで塗りつぶすよりも立体的に見えます。 いかがでしょうか?黒い部分を作って塗るだけでも、簡単に仕上げたモノクロのイラストになりました。 簡単でかわいい色の塗り方をやってみよう! 続いて、2パターンの塗り方をやっていきたいと思います。 左は背景だけ塗った絵で、右はキャラクターだけ塗った絵になっています。 簡単にかわいく塗るコツは 「全部塗る必要はない」ということです。 色紙絵ってアナログだからこそ、ラフな感じの魅力があるように思いますね。 ここで100円ショップのイラストマーカーの登場です。 左から「ウォータブルー」「クリアブレンダ」「ピンク」「パールオレンジ」です。 これはDaisoで買いました。 セリアとキャンドゥでもイラストマーカーが発売されたみたいですね。 ……もう少しキャップが開けやすいといいのになぁと…。 で、いちいち開けるの時間かかるから、使う色だけキャップ開けっ放しで作業しました〜! それでは、肌色を塗っていきたいと思いまーす。 ここでは簡単な塗り方にするため、全体に肌色は塗らずに、 頬の赤身の部分と、口の中、後は影になっていると思われる部分をぼかし塗りしています。 通常のぼかし塗りは色を塗る前にクリアブレンダー(透明色)を先に塗る場合が多いかと思いますが、 色紙の場合はマーカーの渇きが早いので、先にパールオレンジ(薄いピンク色)を塗ってからクリアブレンダーでぼかす方がオススメです。 顔はお化粧するような感じで塗っていくといいでしょう。 髪の毛はウォーターブルー(水色)で塗っていきます。 ここでも全体に塗らずに 髪の毛が光っている部分を塗り残しながら、 立体的に見えるように塗っていきます。 *光と影って何?という方はのワンポイントアドバイスを参考にしてみてください。 これで水色が塗り終わりました。 最後にピンクをベタ塗りで塗っていきます。 背景だけに色を塗るパターン 今度は もっと簡単に、かわいく仕上げてみましょう。 最初に左右に青いラインを描いて、 なるべく均一になるように模様を描きます。 ここではひし形にみえるように白い部分を塗り残しながら塗っています。 今度はピンクでひし形を描いていきます。 キャラ絵がアップなので背景の模様は小さめに描くのがコツですね。 大きなひし形模様にならないようにするときれいかと思います。 あまり色数が多いとごちゃごちゃしてしまうので、 2色くらいがオススメですね。 これで完成!!ですッ キャラクターを塗らなくても、かわいらしく仕上がりました! この描き方はキャラクターの輪郭線がわかりやすくて、 黒い線がきれいにみえる塗り方かと思います。 超簡単にかわいくきれいに見せる方法ですね。 いかがでしたか? 今回は100円ショップのイラストマーカーを使って、簡単でかわいいキャラの描き方をやってみました。 色紙にえんぴつで下描きを描いて、消しゴムで何回も消したりしていると、だんだん紙がボロボロになってしまった経験はありませんか? 紙が毛羽立ったり黒ずんだりしてしまうと色を塗ってもうまくいきません。 そこでこれを防ぐために、 直接色紙に下描きをするのではなく、コピー用紙などの薄い紙に下描きをします。 下描きができました。 次に 下描きした紙を裏返して、2Bか、3Bくらいの鉛筆で裏を塗りつぶしていきます。 ( 塗りつぶすのは、透けて見えてる線の上だけで大丈夫!全部真っ黒にする必要はないです) この作業は鉛筆カーボンを作って、 下描きを色紙に転写する準備のためにやっています。 色紙を用意します。 ここでは、標準サイズよりも小さめの色紙を使っています 色紙を裏返して、 さっき作った下描きの紙(鉛筆カーボン)と重ね合わせます。 ( 黒いボールペンだと、どこをなぞっているのか分かりずらいため、色つきペンでね) ちゃんと写せてるか不安になったら、下からめくってチェックしてみよう 転写ができました。 もちろん色紙の紙はボロボロになってない!一発描きしたみたいなきれいな下描きですな 次はコピックライナーなどのペンで下描きをなぞっていきます。 わたしが好きでよく使ってるのが0. 3のコピックライナーです。 色紙の場合は0. 3〜0. 色を塗るまえに、ペン入れした色紙のコピーをとってください いきなり塗らず、そのコピーの紙にためし塗りして、何色で塗るかここで決めていきます。 ( 色紙は一発勝負!だからためし塗りで色選びミスを防ごう) 先に薄い色(肌色)から塗っていきます。 簡単に塗るため、 色紙の白地を生かして、影の部分にだけ肌色を塗っていきます。 次は髪を塗っていきます。 ここでも 白地を生かして、髪の影の部分だけを塗っていきます。 ピンクはRV04を使ってみました。 ( 発色がきれいだと目立ちます) 使った色数は全部で4色です。 肌色、ピンク、青、黄色のみを使い、簡単にかわいく仕上げています。 最後の仕上げは、ほっぺの赤い部分を ピンクの色鉛筆で(お化粧するみたいに) 薄く塗ります。 ぼかしたい部分は色鉛筆を使うといいですヨ これで完成!!ですッ 色紙の一番大切なところはやはり目です。 目はきりりと濃い色で塗ると上手に見えます。 皆様もかわいい色紙イラストを描いて、誰かにプレゼントしてみてはいかがでしょう? 描き方講座一覧.

次の

~ミニキャラの色塗り制作工程~

ミニキャラ 塗り方

ここではミニキャラと言ってますが、ミニキャラは主に、2頭身キャラと3頭身キャラがあります。 アタリ線を描くとき、2つの丸の大きさが大体同じように描くといいです。 頭、身体、足のバランスに気をつけて描くといいです。 ちょっと似てるけどね。 このような場合、ここが特徴になってるので、ミニキャラも同じように目の中の、黒目部分を描くと似てきます。 また、髪型は輪郭の形を変えないように省略(描線を減らす)してます。 かわいいコスプレイラストを描いてみたいな〜っと思ったことはないですか?…ということでミニキャラでコスプレキャラを描きたいと思います。 今回は服や小物などミニキャラクターをかわいく見せるパーツの描き方を説明していきますよ。 SDキャラ、ちびキャラを、かわいく描いてみよう〜! ミニキャラは2頭身、3等身のスーパーデフォルメキャラが中心で、線の数が少なくパーツが単純なので、普通の等身のキャラよりも簡単に描けるような気がしますよね。 ミニキャラといっても色々な書き方があるんです。 ここでは2パターンにしぼって描き方を説明します。 普通の等身のキャラクターを、小さくデフォルメしたものがミニキャラですよね。 (小さくデフォルメするコツについてはをご覧ください) それではデフォルメの種類を説明するので、下の絵(2つのキャラ)を比較して見てください。 ミニキャラのデフォルメは大きくわけて、アニメ風とマンガ風の2パターンがあります。 アニメ風は固めの線で、全体の印象がキリリッとした感じ。 マンガ風は柔らかいタッチで、全体の印象はもふもふって感じでしょうか…。 (マンガ風のミニキャラってハムスターっぽいよね) ちょっとした線の描き方(タッチ)の違いで、同じキャラでもぜんぜん雰囲気が違って見えますよね〜。 例なのでアニメ風、マンガ風のタッチがわかりやすいように線を誇張して描いています。 だからもう少し中間的なタッチもあります。 こちらも比較してみてください。 チビな幼児体系なので、男女差っていっても少ないですね。 大切なのは雰囲気でしょうか。 男の子らしさ、女の子らしさを感じられれば(絵心を持てば)描き分けられると思います。 鳥の仮装をしたキャラを描くので、隣に鳥の資料としてニワトリの絵を簡単に描いてみました。 2つをかけ合わせると、どんなキャラが産まれるでしょうか…。 ここから、キャラクターに着せる服を考えていきます。 最初に思いついたのが、ニワトリのデザインの帽子ですね。 次に思いついたのがニワトリのしっぽをイメージさせるような、ズボンのウエストについている長いリボンです。 下のえんぴつラクガキは、ニワトリのイラストを見て考えたデザインを、適当に描いたものです。 こんな感じで思いつくまま、ごちゃごちゃと描き出します。 では、ここでちょっと確認で〜す! 鳥の仮装をしたミニキャラを考えるといっても、左のような仮装になってはいませんか? アレ?…なんか左の絵ってちょっと違いますよね? 確かに仮装はしてますが(ギャグっぽい仮装にもみえますが)問題は「かわいい」かどうか。 わかりやすく言うと「このイラストが欲しい」かどうか…でしょうか。 今回、とりのコスプレなので動きのあるポーズ、飛び跳ねているポーズで描きたいと思います。 そこで普通の立ちポーズと、飛び跳ねているポーズの違いを説明します。 飛び跳ねているキャラは、この場合、足が前に出ているので、頭に対して胴体が小さくなります。 真正面から見た絵ではなくて、少しアオリ(下から見た絵)で描きます。 ミニキャラはすごく小さいため、体や手足のちょっとした長さの違いで、バランスが変になって、かわいくなくなってしまうので気をつけよう。 ここから色を塗るのですが、少し影の形を決めてから塗りはじめると、迷わずにスイスイ塗れると思います。 デジタルで塗る場合は、必要ないかと思いますが、コピックなどのアナログで塗る場合は、塗りミスを防ぐためには必要になるかな…と思います。 でも、 2頭身のミニキャラとは帽子のデザインが違っていますよね。 (今度はオカメインコ風?)卵の形のバッグもさげています。 ここでは簡単にイメージラフから、完成までの流れを見ていきましょう。 上の絵は3頭身ミニキャラのマンガ風タッチで描いたものです。 2頭身のデフォルメよりも髪の毛の線の数などが少し多めです。 同じキャラで2頭身と3頭身のイラストを描いたのでそれぞれのイラストの雰囲気の違いがわかるかと思います。 「イラストをどんなイメージにしたいか」考えて、頭身を決めるといいと思います。 上の絵は影はつけずに、簡単にモノクロで塗ったものです。 隣の3頭身の男の子キャラと比べてみると、髪の毛の塗り方の違いなどがわかると思います。 今回はピンポイントでキャラクターの描き方(女の子バージョン)などが載ってます。 キャラクターのつくり方(男の子バージョン)男の子らしいしぐさのコツなどが載ってます。 この本はディズニーイラストのHow to Drawブックです。 独特の動きやしぐさ、デフォルメなどのディズニーアニメの表現をていねいにわかりやすく解説しています。

次の

イラストを華やかにする目(瞳)と髪の塗り方【CLIP STUDIO PAINT PRO 公式ガイドブックより】

ミニキャラ 塗り方

アニメ塗り 1.アニメ塗り デジタル塗りの基本となるアニメ塗り。 ぼかし• グラデーション• エアブラシ• 影の消しゴム抜き などの技法があまり必要とならないため、デジタル絵の 初心者はアニメ塗りから始めることをオススメします。 光源に基づき、パーツの形に沿って明暗を分けて制作します。 こちらのアニメ塗りは、以下の3つのレイヤーで構成されています。 ハイライト• 2、3段階目の影色はそれぞれ2影、3影と呼ばれます。 影色の幅を増やすことで、立体感の描写を加える効果があります。 アニメ塗りを習得してから新たな塗り方を覚えよう 「1.アニメ塗り」を習得すると様々な塗り方への応用が効くようになります。 アニメ塗りだけでも様々なテイストを描くことができるので試してみましょう。 2.アニメ塗り+2影(A) 「1.アニメ塗り」に影色(2影)をもう一色増やした塗り方です。 明暗の色幅ができ、より 立体的に見えるリッチな仕上がりです。 3.アニメ塗り+2影(B) 「2.アニメ塗り+2影(A)」と明暗の階層の色数は同じですが、ベースと1影部分の境界に2影を加えました。 境目を強調したことで、パーツの形状が際立ちます。 このように、 色数は同じでも塗り方で印象を変える事ができます。 アニメ塗り+グラデーション 「1.アニメ塗り」にオーバーレイなどで色味を加えて、グラデーション表現を追加しました。 滑らかな色の移り変わりが加えられた為、ベタ塗りのアニメ塗りよりもツヤのある印象です。 5.アニメ塗り+柔らかいブラシ 「2.アニメ塗り+2影(A)」の色と色の境界の一部を柔らかなブラシでなじませた塗り方です。 少し手を加えるだけで、ふんわりと優しい印象に変わりました。 ギャルゲ塗り ブラシ塗り 6.ギャルゲ塗り アナログ塗り、アニメ塗り、厚塗りと並んで良く目にする塗りのひとつです。 こちらはアニメ塗りを元に、消しゴムツールやエアブラシなどで丁寧に影色を馴染ませています。 「恋愛シュミレーションゲーム(ギャルゲー)」のイラストに多いため、このような名称がつけられたようです。 7.ブラシ塗り(エアブラシで立体感を出した塗り) アニメ塗りに エアブラシやぼかしを用いてより立体感を出した塗りです。 アナログ風塗り アニメ塗りにさらなる描き込みを加える アニメ塗りをベースに ・テクスチャやブラシの質感の追加 ・筆ブラシで塗りを重ねる ・オーバーレイなどのレイヤー効果に追加 などをすると塗りの幅が広がります。 8.アナログ風塗り コピックや絵の具で塗ったようなテイストで、アナログの質感を感じるデジタル塗りの一種です。 テクスチャやブラシでアナログ風の質感を出しています。 厚塗り、その他の塗り 9.透明感のある塗り ハイライトを意識して置くことで、ツヤツヤとした透明感を出しています。 オーバーレイで色幅をプラスしている点もポイントです。 特に女の子のキャラクターを塗る際、肌だけをこのような塗り方にして、 潤いやツヤ感のある肌を表現することもあります。 10.厚塗り アナログ塗り、アニメ塗り、ギャルゲ塗りと共に良く見られる塗りです。 筆ブラシなどで何度も塗り重ね、それぞれの質感を出して描き進めます。 手数がかかりますが、高級感ある仕上がりになります。 様々な塗り方に挑戦し、レパートリーを増やしてみましょう。 表現の幅もぐんと広がり、より創作が楽しくなりますよ! こちらも参考に!.

次の