オノノクス 徹底攻略。 オノノクス育成論 : バンギが憎いあなたに鉢巻オノノクス|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

【ポケモン剣盾】オノノクスの育成論と対策【力の暴力!最強格のミミッキュキラー】

オノノクス 徹底攻略

初めまして、海苔と申します。 始めに、本育成論における略称やダメージ計算機、その他諸々の説明を致します。 HP、こうげき、ぼうぎょ、とくこう、とくぼう、すばやさの能力値を、順にHABCDSと呼ぶものとします。 ダメージ計算機は、こちらのアプリを使用させて頂きました。 それでは今回の鉢巻オノノクスの紹介に入りましょう。 性格、努力値についてはオーソドックスな最速オノノクスだと思われます。 最速はミミッキュ意識のものです。 次に持ち物ですが、今回の型のキーとなるこだわりハチマキです。 技が一つしか出せなくなる代わりに物理攻撃の威力が1. 5倍になります。 これを持たせることによって、後述の技で多くのポケモンをワンパン出来るようになります。 技構成についてです。 まず説明するのは今回の型を投稿するきっかけともなったインファイトからです。 Aに振り切ったオノノクスが鉢巻を巻いてインファイトを撃つと、Hぶっぱのダイマックスバンギラスが確定一発で沈みます。 バンギラスは初手に出てきて高い対面性能で負荷を掛けにくることが多いので、その合わせやすいバンギラスを初手からワンパンしに行けます。 他にもブラッキーやナットレイやパルシェンを破壊しにいけるので入れ得です。 次はじしんです。 こちらも基本的には初手に出てきやすいロトムを意識したものです。 鉢巻オノノクスのじしんでは、HB特化の水ロトムのHPを9割ほど持っていけます。 水ロトム対面はロトム側の型やダイマックス次第で多少左右しますが、環境にはトゲキッスが多く、その対策に火ロトムが多いので私はさほど気にしていません。 またドリュウズなど鋼タイプへの打点としても優秀で、更に飛行タイプ以外への受け出しからは大抵ツーパン出来る火力となります。 単純な話、かたやぶりじしんの通りの良さが強いです。 ドリュウズとの差別化は素早さとインファイトで図れていると思われます。 シャドークローですが、アイアンテールでは?と思った方もいることと思います。 これなのですが、鉢巻オノノクスであれば、シャドークローでも耐久無振りミミッキュをかなり余裕を持って確定一発で倒せるのです。 鋼技は基本的にダイスチルのB上昇やフェアリータイプへの打点を目的として入れるものですが、オノノクスのダイスチルでは環境に多いトゲキッスに打ち勝てず、また基本的に上からワンパンすることを想定した型であることや、アイアンテールが命中不安であることも考え、シャドークローを採用しました。 かたやぶりなのでアーマーガアのミラーアーマーを無視してダイホロウのB下降を入れられるのも稀に輝くことがあるポイントです。 最後にげきりんですが、実は特に仮想敵はいません。 環境に多いドラゴンタイプというとドラパルトとサザンドラになりますが、この2体には素早さで負けている上微妙な耐久のオノノクスはこの2体のドラゴン技を絶対に耐えられません。 ただオノノクスの鉢巻げきりんは等倍でもかなりの高火力になり、ダイマックスをオノノクスに切ることになった際に多くの場面でダイドラグーンが最高打点となることがあったり、ダイドラグーンのA下降で対面性能の引き上げが望めることなどからげきりんを採用しました。 実際相手の裏にフェアリーや鋼の受けがいないときに安定択となることがそこそこあったので打ちたい相手が特にいなくても外せません。 立ち回りとしては、だいたい初手に投げて高火力を振り回して圧をかけていくことが多くなります。 勝てない相手がかなりはっきりしているので、引き先はちゃんと用意しておきましょう。 出し負けたからとオノノクスを切ると終盤火力不足で押し負けるパターンがままありました。 相手の初手が火ロトムやバンギラスでコンセプト通りに1体無償突破した場合、オノノクスは微妙に速いので残しておいても割と使えます。 やっぱり引き先は用意しておきましょう。 またダイマックスを一回行動する前に切るかどうかがかなり重要です。 じしん、インファイト、げきりんはタイプで無効化されるポケモンがこれでもかと溢れかえっている技なので、相手の裏のポケモンをよく見て使いましょう。 低耐久寄りのオノノクスですが、意外とダイナックルを積むなどした後に非ダイマックス状態で戦うことがあります。 そのときの火力はロマンの一言です。 積極的に狙っていけるものでもないですが、受け寄りのポケモンを相手にするときはわからせてやりましょう。 対面が怪しかったり無理だったりするドリュウズ、ギャラドス、パルシェンなどの物理アタッカーを相手するアーマーガア、トゲキッスやサザンドラなど特殊アタッカーを相手するバンギラスやチョッキ火ロトム、先に出しておいてドラパルトを処理してくれるポケモン、ミミッキュやパルシェンなどと合わせて使うと動かしやすいかと思います。 最後にダメージ計算と対面所感等を載せておきます。 ダイマックスバンギラス無補正H252B4 インファイト99. その場合インファイトの耐久下降もあり弱点保険でなくとも返しのダイロックが耐えられなくなりますが、そんなバンギラス滅多に見ないのでバンギラスと対面したらインファイトを通せることを祈りましょう。 じしんではダイマックスしないバンギラスもH252B4で確定耐えです。 インファイトです。 インファイトというか挌闘技読みで出てきそうな受け出し先についてですが、ミミッキュはダイマックスを切って上からダイホロウで良いのですが、ドラパルトやトゲキッス、アーマーガアなどにはまず勝てないので即決インファイトは実際のところ少し勇気がいります。 ブラッキーHB特化 インファイト75. またインファイトを打った場合返しのイカサマでそこそこの高確率で一撃死します。 他のポケモンで削ってから殴りましょう。 ナットレイHB特化 インファイト75. じしんでは半分も削れないのでやどまもでハメられます。 ただナットレイとオノノクスが対面する場面はオノノクスが相手のポケモンを1体倒したタイミングなどが多かったように思います。 そういう場合はオノノクスを切る選択肢でもいいと思います。 ダイマックスを切ってダイナックルの起点にするのもありです。 パルシェン無補正B4 インファイト108. からをやぶるをされるとこちらが裏にミミッキュを用意していてもばけのかわまで持っていかれるのであまり対面したくはないです。 砂やステロなどでタスキを潰せると一転して一気に楽になります。 ジュラルドン無補正B4 じしん114. ただC特化スカーフジュラルドンに上からりゅうせいぐんを撃たれるとダイマックスしていても確定一発で沈められます。 もしくは向こうが弱点保険持ちでも負けです。 逆にスカーフか弱点保険、命の珠持ちでなければダイアースから入れば相手にダイマックスされても対面で打ち勝てるということになります。 相手がダイマックスを残していないなら尚のこと。 水ロトムHB特化 じしん82. またスカーフなどで上からボルチェンされたりするとじしん読みトゲキッスなどが飛んできて非常に面倒です。 が、基本対面有利です。 通せればかなり大きなアドバンテージになるのでじしん打ちましょう。 火ロトム対面なら尚更です。 ドヒドイデHB特化 じしん64. 長所なので存分に振り回したいところですが、飛行タイプ、特にアーマーガアやトゲキッスなどへの受け出しのことを考えるとなかなかハイリスクです。 じしんで拘ったオノノクスは言うまでもなくこいつらの起点です。 様々な場面でそうですが、拘りじしんはこれが付き纏います。 ドヒドイデ対面でダイナックルはドヒドイデ側が熱湯の試行回数を増やすことになりかねないのであまりおすすめはしませんが、積めればかなりアドバンテージなので交代読みぶちかましてもいいかもしれません。 ヌオーHB特化 げきりん66. そもそもヌオーは特性の天然で積みを帳消しにして受けるポケモンなので、鉢巻による積みのない天然ものの超火力で力押しが効きます。 それ以前の話、オノノクスはかたやぶりなので天然が無効になり、ダイナックルの恩恵も受けられます。 熱湯の火傷が相変わらず怖いですが、有利対面と言っていいでしょう。 こうなってくると拘らない型のりゅうのまいが恋しくなります。 アーマーガアHB特化 A1上昇ダイホロウ38. かたやぶりがこんなところでも輝くのは実際にその状況になるまで全く考えもしませんでした。 抜群で通る技が無い物理アタッカーでアーマーガアをHP満タンから倒すというのは、なかなか素晴らしいものではないでしょうか。 ギャラドス無補正H4いかく込み げきりん79. 一発で9割ほど食らうので引きましょう。 Sが上がっていない削れたギャラドスと対面したらげきりんでいいと思います。 ドリュウズ無補正B4 じしん149. いじっぱりでなければダイアースも一発耐えるのでスカーフドリュウズにはアイアンヘッドで怯まされずつのドリルなどを食らわなければ勝てます。 タスキの場合岩石封じから入ってくることが多いのでアーマーガアなどに引くパターンが多かったです。 つのドリルは滅びろ。 1敗 ドラパルト無補正H252 げきりん216. オノノクスがダイマックスしている場合、相手のCぶっぱドラパルトのりゅうせいぐんダイドラグーンは低乱数一発で、片やこちらのダイドラグーンはAが下降していなければ耐久無振りのダイマックスドラパルトを確定一発で倒せます。 ダイナックルを積めていて、且つオノノクスのHPが満タンで、ダイマックスターンも残っている、という状況ならワンチャンといったところです。 ミミッキュ無補正H4 シャドークロー120. ただミミッキュがダイマックスしてきたらシャドークローを耐えてダイフェアリーでオノノクスはワンパンされます。 お互いHP満タンでダイマックスを切っていないタイミングでミミッキュと対面したらダイホロウを打つか引きましょう。 このときばかりはダイスチルが恋しいです。 是非ご一読の程。 また最初に投稿した時点では自分では殆ど使っておらず、机上の空論の状態での投稿であったことを謝罪致します。 申し訳ありませんでした。 コメントで指摘してくださった方、ありがとうございます。 ダイナックル無しだと鉄壁の起点にされて終わりなのでご利用は計画的に。 また前置きも入れてみました。 私もよくオノノクスを使っていて同じような型だったのですが、アイアンテールとダブルチョップを採用していました。 参考にさせていただきます。 ハチマキオノノクスはよく使っていたのですが、シャドークローは選択肢として考えたことがなかったので意外性と実用性を感じて面白かったです。 ところで、ハチマキオノノクスの強みは書かれていることの他にヌオー、ドヒドイデなどの受けループを超火力で壊すことができる点があると思います。 僕がハチマキオノノクスを採用している理由もその点が大きくて、これを育成論中で考察していただけるとさらに魅力が伝わるかと思いました。 受けループ破壊についてですが、盲点というか、ほぼ書き忘れでした。 ご指摘ありがとうございます。 ただ一つ問題点がありまして、物理受けアーマーガアに勝てないのですよ、オノノクス。 相手側にアーマーガア一匹いるだけで受け出しから完封されません。 ダイナックルのA上昇を積めているかシャドークローを急所に当てられればその限りではないのですが、どちらもオノノクスがある程度長く場に居座ることが条件になり、低耐久のオノノクスには厳しいものになります。 持ち前の超火力でドヒドヌオーをゴリ押せるのは大きな魅力ですが、そこに混ざってきやすいアーマーガアに手も足も出ないのは、受け破壊の駒としてはなかなか厳しいものがあります。 ヒヒダルマとはミミッキュに勝てるポイントで差別化出来ているのでアーマーガアに勝てないくらい大きな問題ではないとも言えますがね。 「アーマーガア一匹いるだけで受け出しから完封され《かね》ません」ですねすみません。 あとシャドークローとかたやぶりのおかげで抜群技が無い物理アタッカーにしてはアーマーガアに対する勝機がある方みたいです。 追記しておきました。 経験不足で申し訳ありません。 手も足も出ないは若干語弊がありましたすみません。 オノノクスはカッコいいので個人的に使いたかったのですが、良い育成論が見つかりませんでした。

次の

【ポケモン剣盾】オノノクスの育成論と対策【力の暴力!最強格のミミッキュキラー】

オノノクス 徹底攻略

25倍になるが、異なる場合は0. 75倍になる。 性別のないポケモンの場合は効果がない。 相手の特性の影響を受けずに攻撃できる。 ただし、攻撃後に受ける効果は消えない。 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 野生のポケモンを捕まえる時に便利。 変化技を使えなくする Lv. 相手のレベルが自分より高いと失敗する。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 ダイマックスしている相手には無効。 地中にいる間は『じしん』『マグニチュード』以外の技を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 投げつけた道具はなくなる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 野生のポケモンを捕まえる時に便利。 通常攻撃。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 ダイマックスしている相手には無効。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 威力は20〜200 レコ. そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 変化技を使えなくする レコ. 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 ダイマックスしている相手には無効。 『ダブルバトル』の時は最後に受けた技のみ有効になる。 必ず後攻になる 優先度:-5。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 ただし、出た最初のターンしか成功しない。 すべての攻撃後、自分の『ぼうぎょ』ランクが1段階下がり、『すばやさ』ランクが1段階上がる。 『フェアリー』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダイマックスしている相手には無効。 野生のポケモンの場合、相手が自分のレベルより高い場合は失敗する。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 最大102。 最大102。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 相手の持っている『きのみ』や『ノーマルジュエル』を使えなくする。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 攻撃後、相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 ダイマックスしている相手には追加効果は無効。 1ターン目は攻撃せずに、2ターン目で攻撃する。

次の

オノノクス育成論 : バンギが憎いあなたに鉢巻オノノクス|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

オノノクス 徹底攻略

オノノクスの歴史 第五世代 高い攻撃と低くない素早さをりゅうのまいで強化し、かで攻めるだけで全抜きが比較的容易なポケモンであり、とのコンビ「オノノガブ」は多くのパーティの裏選出として出張した。 オノノクスのげきりんとじしんの両方を半減以下に抑えられるのはと系統しか当時は存在せず、ガブリアスと同じく高い攻撃範囲を持っていた。 この2種にはによってを無視してを当てたりを無視してを当てたり出来るので、対策も十分可能。 ただ、単タイプなので火力をほぼげきりんに依存しており、相性補完要員としてはやガブリアスと比べると不完全な面が目立った。 特殊耐久が低いため一致に対しては安心できず、特攻が低い上に特殊技もと程度しか覚えなかったため、あたりに対しては相当りゅうのまいを積まないと止まる面もあった。 ブラック2・ホワイト2ではイッシュ図鑑のポケモンを全て見つけることで行けるにて、確定で色違いのオノノクスが現れる。 このオノノクスは性格、個体値、特性を厳選可能なので、色違い理想個体が欲しい場合はオススメ。 よりのが高いため、一見するとウォッシュロトムに上を取られにくいが、オノノクスがいじっぱり準速型として使われるのが一般的であることから、最速型だとおにびで止められることが多かった。 WCS2011(イッシュ図鑑限定ダブルバトル)マスターカテゴリ準優勝メンバーの1体となったが、そのオノノクスはこだわりスカーフを持たせた型であった。 第六世代 の登場によって火力をほぼげきりんに依存していたオノノクスの立場は失墜。 枠として生き残りを果たしたガブリアス、でを獲得して枠として開花したと異なり、オノノクスには強化や環境への適応は見られなかった。 PGLレーティングバトル統計データからは、ORASリーグシングルバトルではげきりん、じしん、どくづき、りゅうのまいが主流技構成であったことがうかがえ、性格は火力が出やすいいじっぱりが、持ち物はを積んでいる間にで止められることを防ぐためのが好まれた。 特性はほぼ一択であった。 第七世代 やに対して上を取れる素早さの種族値でを打ち込めるポテンシャルから世代初期には注目を集めた。 特にに対してはでに対処できる点が評価された。 尤も、アイアンテールの命中率が不安定な点、相手のミミッキュが型の場合返しので落とされた挙句ばけのかわが残る点など、かたやぶり単体ではミミッキュに対する有効な対策とは言えないことが露呈した。 また、には上からで叩かれ、カプ・レヒレにはどくづき程度では対抗手段にはならず、とフェアリー全盛環境に適応できているとは決して言い難い。 ガブリアスですら採用率を落としている中、ガブリアスよりも低い耐久などが祟ってオノノクスの立場は第六世代よりも悪くなっている。 一方、2019年1月下旬に開催された単タイプ限定戦のインターネット大会『シンプルシンフォニー』では使用率2位を記録。 2019年夏に開催されていた、予選にのべ1500人以上が参加した大規模非公式オフライン大会『第5回真皇杯』()で準優勝したパーティはオノノクスとが入ったものであった。 この「オノノアゴ」はオフ会勢を中心に世代末期のシングルバトルに浸透した。 それ以前からも、等倍範囲の広いオノノクスと抜群範囲の広いのコンビ「オノノキング」構築が一定数使われていた。 実際、USUMリーグシングルバトルでは11シーズン中2シーズンにおいて、オノノクスとの同時エントリー率1位にニドキングが挙がっていた。 第八世代 、を獲得。 一方、を覚えるが登場したことから、ある意味でのを持つポケモンとしては失墜した。 にが登場しないためミミッキュメタとして動かしやすくなった。 を持ってでを仕留める型が流行。 で耐久を上げられるとこちらもダイマックスを行わないときつくなるが、共にがいじっぱり、持ちで耐久無振り、ダイマックス状態であればオノノクスはに対面勝ちできる。 ライバルは同じ特性を持つ。 あちらはオノノクスが苦手なフェアリータイプに耐性を持ち、なおかつタイプ一致でを撃て、一撃必殺技を二つ覚えられる と。 を獲得したことにより型で両受けしながら攻め続けることができるようになった。 弱点の内フェアリーを除けば特殊に強いポケモンが殆どらず、せいぜいドラゴンなら特殊ドラパルトが、ならが怖い程度なので、とつげきチョッキ型は環境に合致していると言える。 であいがしらはへの対策になる。 を持たせたオノノクスのであいがしらは、にを252振ってに4振ったひかえめカットロトムに最低乱数で100. ダウンロードコンテンツ解禁までの間、使用率20位台半ばから30位が定位置となった。 にはの、で単純にオノノクスをサポートする「オノノキッス」が一定数存在する。 また、前述のダイドラグーとつげきチョッキオノノクスでミロカロスの受けをサポートする「ミロオノノ」も開発された。 なお、前述のであいがしらを覚えさせるには、からに遺伝させ、その後ナックラーからに遺伝させるという少々長い手順が必要。 のでを獲得。 耐久無振りの低耐久ポケモンはこだわりハチマキいじっぱり型ならこの技が3回ヒットすれば大体倒れる。 逆に言えばそれだけ条件が整わなければ簡単に相手を倒すことはできないため、オノノクスの攻撃種族値があってもスケイルショットを活かすには基本的に先達部隊で削っておく必要があると言える。 一般的な育成論 第五世代のポケモンとして、特殊筆頭がなら、物理筆頭はこのオノノクスになる。 レート戦スペシャルバトルで通常環境上位のポケモンが出場不能になっている場合、ガブリアスの代用として使用率上位に入ることが度々ある。 が種族値にして147と非常に高く、禁止伝説級ポケモン、を除けば、に次ぐ3位となる。 こだわりハチマキ型のオノノクスがを放つと、とにを全振りして残りをに割いたをの回復込みであっても確定2発にできる。 すばやさは激戦区である100族を下回るが、で補うことが可能。 攻撃技の選択肢としてはタイプ一致のやを中心に、、など補完に優れる技を多く覚える。 主力のドラゴンタイプの技はや対策にも選択肢に入る タイプの登場で火力のゴリ押しが困難になったため、あえてげきりんを外すパターンもある。 命中と同時に攻撃と防御が下がるばかぢからはりゅうのまいとはややアンチシナジーになるため、やを持たせた場合に使用されることが多い。 火力低下を嫌うならば他の格闘技としてやを覚えさせてもよい。 フェアリー対策としては威力が中程度のか、命中不安定のに頼ることになる。 命中安定のは覚えない。 と違い、炎技を習得しないためなどの受けポケモンに対する有効打に乏しいが、によるは、他のドラゴンポケモンとの差別化としては十分すぎる力を持っている(一応、第五世代と第六世代のわざマシンでを覚えられるが、使用制限が無いルールに限られる。 また、威力も低く、とくこうの低いオノノクスでは使いにくい)。 防御系の種族値はそれほど高い方ではないが、タイプがドラゴンのみで4倍弱点が存在せず、不一致弱点程度ならば耐えるケースも少なくない。 やを習得するため、との相性も良い。 持ち物は上記で挙げたきあいのタスキ、こだわりスカーフ、こだわりハチマキの他、りゅうのまいからのアタッカーとしては致命傷になるやを回避するための、主力技を1ターンのみ強化できるなども候補に上がる。 特性かたやぶりがとにかく優秀で採用率が高いが、隠れ特性はラムのみや、弱点半減のきのみを使わせない他にも、やと言った特性を持つポケモンをピンポイントで対策できるため、採用の余地はある。 では味方の持ちなどをで巻き込むリスクを避けられることからきんちょうかん型の価値がよりも比較的高い。 はオノノクスで唯一場に出た直後に特性が発動しないため確実にばれ、相手に依存するため、明確な仮想敵がいなければ採用する意味は薄いだろう。 うまく同性にハマれば恐ろしいほどの攻撃力を持つことにはなるが。

次の