金沢から松任。 北陸新幹線が敦賀まで延伸したら、金沢駅 松任駅 小松駅の在来線自動改札機は...

アクセス

金沢から松任

012-金沢-松任 旧北陸道 その 12 金沢城下-松任 区間 宿場間 計算距離 GPS測定値 歩数計 備考 金沢 -野々市 5. 74 km 6. 47 km 8,616 歩 金沢:香林坊交差点 野々市-松任 4. 85 5. 30 6,962 松任-(柏野) 5. 67 7,797 柏野:JR加賀笠間駅の最寄り地点 合計 10. 59 km 17. 44 km 23,375 歩 宿場間距離に松任-柏野間を含まず(次回に算入) 高田宿からの累計 212. 19 km 242. 19 km 349,127 歩 追分宿からの累計 346. 82 km 389. 48 km 561,196 歩 GPS測定値と歩数には、寄り道、道の間違いロス分を含む 2012年5月 金沢から松任まで 加賀の文化・加賀の人 旧東海道、旧中山道、旧北国街道・北陸道と、いろいろな地方文化に触れてきた。 今回だけでなく何度か加賀、金沢に行ったときの印象も含めると、これまで歩いてきた地域とはかなり違うことを感じる。 旧東海道を歩いた時に、京都の文化が街道を下っていることを実感し、あるいは京都の文化を取り込もうと努めているらしい姿を見てきた。 旧北陸道を越後や越中では加賀街道と呼んでいることからもわかるように、旧北陸道では金沢の文化が街道を下るらしいこと、あるいは金沢の文化に憧憬の念を抱いているのではないかと思われる街道沿いの町の様子を垣間見ることができた。 さすが前田百万石文化である。 その文化はカラフルで、華やか、しかも上品で特有の美しさをたたえている。 輪島塗、山中漆器、加賀友禅、九谷焼、金沢仏壇、金沢箔、金沢漆器、七尾仏壇、牛首紬、加賀縫などの伝統工芸いずれもそうで、今の時代でも輝いている。 あらためて勉強してみると、たとえば、加賀五彩(藍、臙脂、草、黄土、古代紫)と呼ばれる艶麗な色彩で特に紅色、紫、緑系統の色がよく使われ るという加賀友禅だ。 カラフルだが、たしかに京友禅の豪華絢爛たるきらびやかさではなく、実に味わい深い、上品な色とデザインの世界である。 右の、加賀五彩の色味本はによるものである。 加賀のこうした文化は、もちろん、前田家が深くかかわっていたのだが、暖流と季節風、とくに冬場の高湿度、そして白山の存在とそこからの清冽な水、そして、北前船よりはるか昔からの海上の道、さらに、次々に出会う寺が殆どは浄土真宗であるという土地柄など、自然条件や人の暮らしなども当然関わってきたはずである。 世界規模での論議ゆえに実に難解だが、劇作家、評論家、演劇学者で「柔らかい個人主義」でも知られた山崎正和先生は文化について、人間の歴史と文化をつくりだして行くのは、人間主体でも環境そのものでもなく、それらを生み出すもっと根源的なイメージであるという。 (山崎正和ほか:日本人の美意識、朝日新聞社(昭和49年) もともと、何ごとも極めずにはいられない国民性が、この加賀という土地にしかない特別な条件のもとで発揮されると、こうした文化が生まれるということだろうか。 生まれるべくしてこの地に生まれたとしかいいようがなさそうである。 もし、前田家が金沢ではなく、仙台にあったらどうだったか、松山だったらどうだっただろう。 他の大名が金沢を支配していたらどうだったのだろう、と興味は尽きないのだが・・・。 秀吉から家康への変化の中での前田家の苦悩が、徳川幕府対策としての文治政治に向かわせたといわれるが、豪奢な風が全国に広がっていた元禄のころ、中でも前田家の五代綱紀は「贅沢大名」の代表格だったといわれるのは、政治的安定のための戦略の成果だったのだろうか。 加賀百万石の政策の最大の特徴は学問、美術工芸などの文化育成に重点を置くことで、戦乱を経験しないリーダーのもとで、大いに隆盛したが、民衆から生まれた文化はあまり見られないようだ。 神輿が出るような祭礼は認められなかったそうだ。 奥の細道の旅で、芭蕉の金沢への思いはかなり大きかったといわれれるように、庶民の文芸も勃興したという説もあるが、その育ち方は江戸や上方とは違っていたようである。 すなわち、江戸や上方では文化が町人の力によって支えられていたのに対して、加賀では、町人はあくまでわき役で、主役は武士だったという。 だから、町人文化ではなくて武家文化であり、大名文化だったのである。 蔭で軽蔑していた江戸や上方とちがって、金沢では町人は本気で武士を尊敬していたという。 (祖父江孝男:県民性・文化人類学的考察、中公新書)この辺りが、加賀の文化と他との違いに表れているのだろう。 官民挙げての「極め方」で、力の入れ方が生半可ではなかったのだ。 原因なのか、結果なのか分からないが。 加賀の人たちは、おとなしく、自分で判断できないといういわれ方がされている。 例の、16世紀に書かれた人国記 浅野健二校注:人国記・新人国記、岩波文庫 である。 「越中強盗、越前詐欺、加賀乞食」 という。 落ちぶれた時の状態で三国の気風の違いを表したもの。 バイタリティのある富山、抜け目のない福井、プライドが高くておっとりしている石川ということだ。 プライドが高く、忍耐力があって、努力するのだが、決断が出来ないから、結局は落ちぶれてしまうと物乞いしかできない、というわけだ。 このことから加賀の商家では「養子は越中からもらえ」という格言があり、 男の子より女の子が生まれた方が喜ばれたという。 「おもしろ金沢学」(北國新聞社など)によると、金沢の商人は見栄っ張りで、勝負どころで決断できない。 こうした人を「調子が高い」とか「ズコ天」という。 また、ごますりで世渡り上手な人を「うまいもんのごっつぉ食い」とか、 おいしいとこ取りの人を「上伝(うわづた)いな人」 「高伝いな人」「ハイチョボの世渡り」ともいうそうだ。 地元のことばで表すと違った迫力がある。 こうしてみると、加賀、加賀の人を遠くから見てきたときとはかなり印象が違うが、今、加賀旧北陸道を歩いていて、なるほどと思うことが多少はある。 これからさらにどんな印象が生まれるか、楽しみである。 野々市宿 本陣などの宿泊施設はなく、荷物をとり継ぐ問屋のみの御小休宿場だった。 今、宿場の雰囲気を色濃く残している 犬矢来が登場 野々市には、喜多家住宅など、格子、袖壁、霧除け、潜り戸つき大戸などを持つ 多くの伝統的家屋が残されている。 予想外で、見ごたえのある町だった 「 霧除け」がどの建物でも、見るからに頑丈そうに出来ているところが、 これまで見てきた地域と違い、この辺りの特徴のようだ 「霧除け」は軒を支える「出し桁」の役割をも担う構造部材として使われているように思われる。 美しい構造である 松任宿である 御旅屋などがあった中心地は、明るい現代的な町に変わっていて面影はほとんど残っていなかった 早朝に家を出て、金沢を再出発したのが遅かったため、この日は松任の先、柏野の「じょんがら公園」あたりで終えた。 さらに先まで行くと、北陸本線の駅が街道からどんどん遠くなるためである。 加賀笠間駅から金沢に戻って一泊した.

次の

【公式】グランドホテル白山|BBHホテルグループ|金沢駅から10分

金沢から松任

旅行や買い物で訪れることもあれば、そこに住む人と電話やメールで連絡をとることもあります。 その中で最も日常的で、生活への影響も大きいのが通勤ではないでしょうか。 地域経済の変化においても、ある市町村での雇用の変化が通勤圏(そこに多数の通勤者を出している市町村)の人口や消費に与える影響はとても重要です。 ここでは富山県の市町村が通勤からみて互いにどのように結びついているか、そしてそれがどのように変化してきたかを、お隣りの石川県と比較しつつ分析していきます。 以下では通勤圏の分析から始めます。 ここである市町村に住む就業者(そこに住んでいて職に就いている人)のうち、5%以上が特定の都市、例えば富山市に通勤しているとき、そこを富山市の通勤率5%の通勤圏と呼ぶことにします。 まず5%の通勤圏についてみたあと、さらに結びつきの強さを表わす(把握する、調べる等ではどうでしょうか)ために、通勤率10%以上、20%以上の通勤圏についてもみてみます。 そして通勤状況がどのように変化してきたのかも分析してみます。 なおここでは通勤圏を「確定する」ことが目的ではないので、複数の都市に5%以上の就業者を送り出している地域も、無理やりどちらかの通勤圏に振り分けずに両方の通勤圏として表示します。 資料はすべて国勢調査報告書をもとに作成したものです。 図2-1 富山市の通勤圏(2000年) これをみると、境界を接するほとんどの市町村が、20%以上の就業者を富山市に送り出しています。 なお市町村境界で塗り分けているので県南部一帯が濃く塗りつぶされていますが、もちろん立山山麓から多数の通勤者がある訳ではなく、立山町や大山町の富山市近郊地域からの通勤を表わしています。 通勤率5%の通勤圏まで入れると、人口第2位都市の高岡市や新川地区にまで富山市通勤圏が広がっています。 次に高岡市を見てみましょう 図2-2。 図2-2 高岡市の通勤圏 2000年 人口第3位都市である氷見市を含めた県北西部が、高岡市の通勤圏であることがわかります。 これ以外である程度の大きさの通勤圏を持っているのが魚津市(図2-3)、黒部市 図2-4 、そして後ほど別途とりあげる砺波市です。 魚津市と黒部市の通勤圏をみてみましょう。 図2-3 魚津市の通勤圏 2000年 図2-4 黒部市の通勤圏 2000年 この両市の通勤圏はかなり重複しており、相互に多数の就業者が通勤していることから、魚津・黒部両市を合わせて県東北部の雇用の中心と見たほうがいいのかも知れません。 さて、このような市町村間の通勤はどのように変化してきたのでしょうか。 8 83. 9 82. 6 1990年 72. 4 78. 2 77. 7 2000年 66. 9 72. 8 72. 8 これをみると第一に、富山県では他の2県に比べて住んでいる市町村の外に通勤する人の割合が高いことがわかります。 この点は石川県を分析後に改めて触れることにします。 第二にどの県も近年になるに従って、市町村を越えた通勤が増大していることがわかります。 では、通勤状況の変化は市町村によって違いがあるのでしょうか。 ここではまず就従比率という指標について調べてみます。 そして分母はそこに住んでいる就業者の数で、他の市町村へ通勤している人を含みます。 この値が100を超えているということは、他の市町村への通勤流出よりも、他の市町村からの通勤流入が上回ることを示します。 3%、14. 9%の増加)した結果です。 つまり通勤の流入と流出がともに拡大して相殺しあった訳です。 これに対し高岡市は、相対的に雇用吸収力を低下させてきているのがわかります。 また新湊市の数値の上昇は従業者の増加(同じ期間で1. 6%増加)によるというよりも、市に住む就業者の減少(同じ期間で7. 5%の減少)を反映しています。 注目すべきは砺波市と婦中町で、それぞれ高岡市通勤圏・富山市通勤圏としての性格を残しつつも自らの雇用吸収率を高め(同じ期間で従業者数が砺波市は26. 7%、婦中町は50. 4%の増加)、急速に就従比率を上昇させています。 それでは通勤圏はどう変化しているのでしょうか。 富山県で通勤圏に目立った変化がみられるのは富山市と砺波市です。 下に1980年の富山市通勤圏を示しますので(図2-5)、2000年のもの 図2-1 と比べてください。 新川地域や射水郡、高岡市から富山市への通勤の拡大がみて取れると思います。 図2-5 富山市の通勤圏 1980年 さて、通勤圏の拡大にもかかわらず、富山市の就従比率に変化が少ないのはなぜでしょう。 砺波市の場合は10年きざみでみても変化が明確です 図2-6、7、8。 図2-6 砺波市の通勤圏(1980年) 図2-7 砺波市の通勤圏(1990年) 図2-8 砺波市の通勤圏(2000年) 砺波市近郊の城端・庄川・井波・福野各町と井口村についてみると、4町1村の合計で高岡市への通勤が1980年の1、321人から2000年が1、338人とほとんど変化がないのに対し、砺波市への通勤は1、315人から2、581人と2倍近くに増加しています。 3.石川県の場合 石川県についても、県都の金沢市の通勤圏からみてみましょう 図3-1。 図3-1 金沢市の通勤圏(2000年) これをみると、金沢市が県中央部の広い地域を通勤圏にしているのがわかります。 5%通勤圏には人口第2位の小松市が含まれますし、人口が急増している松任市や野々市町は通勤率20%以上の通勤圏に含まれます。 この中には内灘町のように、町内部で働く就業者よりも金沢市への通勤者の方がはるかに多い地域もあります。 図3-2 小松市の通勤圏(2000年) 次に小松市をみてみましょう 図3-2。 小松市は雇用吸収力の高い工業都市ですが、金沢市や松任市と競合しているせいか、それほど広大な通勤圏は持っていません。 特徴的な通勤圏を持つのが、次に見る七尾市です。 図3-3 七尾市の通勤圏 ごらんのように、七尾市は能登地域中央部に限って、範囲は狭いけれども通勤率の高い通勤圏を持っています。 これは加賀地域内部に比べて能登地域から金沢市方面への交通アクセスが相対的に弱く、通勤圏が分断されているためではないかと考えられます。 さらにアクセスの弱い奥能登地域では、自市町村内での就業の割合がきわめて高くなっています。 とりわけ大きな変化を見せている松任市については後に別途分析します。 さて、石川県についても就従比率の変化を、各都市と人口が急増している野々市町について示します。 例えばそこで働く従業者とそこに住む就業者がともに増加(1980年〜2000年でそれぞれ18. 4%、16. 4%の増加)している金沢市と、ともに減少(それぞれ4. 0%、5. 8%の減少)している七尾市が、結果的に上のようにきわめて類似した数値を示すこともあります。 七尾市の雇用吸収力の低下が高岡市のように就従比率低下に結びつかないのは、前述した交通アクセスの弱さによる通勤圏の分断が背景にあると考えられます。 就従比率の変化で目立つのは松任市です。 松任市は一貫して金沢市に強く結びついた通勤圏(金沢市への通勤比率が1980年26. 1%、1990年29. 9%、2000年30. 7%)である一方で、自らの雇用吸収力を拡大し(同市で働く従業者数は1980年〜2000年で74. 2%の増加!)、就従比率を上昇させています。 野々市町の就従比率が変化に乏しいのは、金沢市や松任市等への通勤の流出と流入が同時並行的に増えているからです。 しかし雇用増加の大きさの割には、富山市の通勤圏ほどの変化は起きていません。 これはやはり交通アクセスの弱さから、能登方面への通勤圏拡大が限定されているためだと思われます。 次に松任市の通勤圏の変化をみてみましょう。 しかも金沢市や小松市と競合する地域から雇用を吸収している点は注目すべきです。 図には表れませんが、金沢市から松任市への通勤者も、1980年の3,224人から2000年には7,827人と2倍以上の拡大をみせています。 富山県の場合、富山市と高岡市の通勤圏をあわせると、きわめて広範な地域をカヴァーしているのがわかります。 つまり交通アクセスに恵まれた、通勤に便利な県ということがいえます。 また北陸3県は、北陸本線・北陸自動車道沿線に限れば県を越える交通アクセスにも優れているだけに、今後は県境を越えた通勤も拡大し、相互の影響が無視できなくなってくると考えられます。 ここでは残念ながら雇用の変動を牽引した産業や、通勤に用いる交通手段までは話が及びませんでしたが、別の機会があれば分析してみたいと思います。 あるいは、主婦やバイト学生を含めた小杉町の労働力を目当てに事業所が増える。

次の

松任市

金沢から松任

地理 [ ] 自然地理 [ ]• 隣接していた自治体 [ ]• 石川県• : - -• : 歴史 [ ] 「松木氏に任せる」というのが地名の由来。 本来「まつとう」と読むが、音便で「 まっとう」となった。 JRも「まっとう」と読み、公式でも「MATTO」と表記されている。 沿革 [ ]• 施行に伴い、 松任町成立。 松任町・・・・・・・・・・が合併し、松任町成立• の一部を編入。 を編入。 白山市への合併に向け、閉市式が行われた。 行政 [ ] 市長 [ ] 歴代町長 代 人 氏名 就任 退任 備考 1 正見二郎 (昭和29年) (昭和29年) 町長職務執行者 1 (昭和29年) (昭和33年) 2 2 毛利義男 (昭和33年) (昭和37年) 3 (昭和37年) (昭和41年) 4 3 宮田官 (昭和41年) (昭和45年) 歴代市長 代 人 氏名 就任 退任 備考 1 1 宮田官 (昭和45年) (昭和45年) 2 (昭和45年) (昭和48年) 3 2 作本博 (昭和49年) (昭和53年) 4 (昭和53年) (昭和55年) 5 3 細川久米夫 (昭和55年) (昭和59年) 6 (昭和59年) (昭和63年) 7 (昭和63年) (平成4年) 8 (平成4年) (平成8年) 9 (平成8年) (平成10年) 収賄事件で逮捕され辞職 森田弘助 (平成10年) (平成10年) 助役、市長職務執行者 10 4 角光雄 (平成10年) (平成14年) 11 (平成14年) (平成17年)• 市長 - 角 光雄(かど・みつお) 経済 [ ] 産業 [ ] 北陸経済の中心都市である金沢市に隣接し、早くから工業用地を整備したことから、多様な製造業が育成されることになった。 とくに近年は、パソコン用モニターの伸張が著しい。 また、伝統産業として、豊富な米と清らかな手取川の伏流水を利用した酒造業がある。 創業期から本社と工場を置く上場・店頭公開企業としては、EIZOブランドのモニターが世界的に知られるナナオ、工作機械とくにNC旋盤で有力な高松機械工業などがある。 また、地場産業としては、銘酒「」で全国に知られる、「」のがある。 さらに、出荷額が高く雇用量の大きな工場としては、キリンビール北陸工場があるが、こちらも、日本酒同様に飲用に適した潤沢な水資源が立地の決め手になっている。 しかし、国内のビール類市場が縮小傾向にあるのを受け2010年8月に閉鎖、解体された。 主な事業所 [ ]• 北陸工場(2010年8月閉鎖)• (「」)• 高松機械工業 - 工作機械()製造など• - グループ トラックボディー製造• - パソコン用製造• ニッコー - ・製品の製造• 松任別館 - 北國新聞の印刷工場 伝統工芸 [ ] から400年の歴史を誇る「」が有名。 姉妹都市・提携都市 [ ] 国内 [ ]• 親善友好都市提携 国外 [ ]• ( )• 親善友好都市提携• (アメリカ合衆国 ミズーリ州)• 1988年3月準姉妹都市提携• (アメリカ合衆国 ミズーリ州)• 1988年3月準姉妹都市提携• ( )• 親善友好都市提携• ( )• 10月親善友好都市提携 地域 [ ] 公共機関 [ ] 警察 [ ] が管轄する。 松任警察署• 笠間駐在所• 千代野駐在所• 徳光駐在所• 福留駐在所• 宮永駐在所• 山島駐在所 消防 [ ] 消防本部が管轄する。 消防本部• 松任消防署• 千代野分署 医療 [ ]• 上水道 [ ] 一部を除き石川県企業局が供給する。 水源は鶴来浄水場 ()。 石川県営水道• 松任市• 松任市上水道センター• 千代野配水場• 松任市 下水道 [ ] 松任市単独のに接続される。 松任市公共下水道• 松任中央浄化センター• 西南部浄化センター• 南部浄化センター• 千代野処理場 ゴミ処理 [ ] 松任石川広域事務組合が処理する。 松任石川環境クリーンセンター 電話 [ ] 金沢市の(NTT西日本)金沢支店が管轄する。 は市内全域が 076である。 郵便 [ ] 市内の集配は以下の局が行う。 - 〒924 これ以外に12局のがある。 税務 [ ] 金沢国税局松任税務署が管轄する。 松任税務署 その他 [ ]• 松任海岸出張所• 国土交通省 加賀国道維持出張所• 国土交通省 松任除雪ステーション• 金沢地方法務局 松任出張所• 金沢 松任出張所(ハローワーク松任)• 松任市斎場• 手取川七ケ用水土地改良区• サンライズ航空 松任ヘリポート 学校教育 [ ] 大学 [ ]• (2校)• 松任キャンパス 短期大学 [ ]• 高等学校 [ ]• 石川県立(2校)• 私立 が2003年にになったため、現在市内にはない。 中学校 [ ]• 松任市立(4校)• 笠間中学校• 光野中学校• 北星中学校• 松任中学校 小学校 [ ]• 松任市立(9校)• 旭丘小学校• 石川小学校• 松南小学校• 松陽小学校• 千代野小学校• 東明小学校• 蕪城小学校• 北陽小学校• 松任小学校 特別支援学校 [ ]• 石川県立(1校)• 明和養護学校松任分校 各種学校 [ ]• 北陸中部自動車学校 社会教育 [ ] 図書館 [ ]• 松任市中央図書館 博物館・美術館等 [ ]• 松任市立博物館• 中川一政記念美術館• ふるさと館• 太鼓の里資料館 () ホール・その他の文化施設 [ ]• 松任市民文化会館• 松任市学習センター• 松任市教育センター• 健康センター松任• シーサイド松任• 松任青少年宿泊研修センター 体育施設 [ ]• 文化体育館• 陸上競技場• 屋外プール• 屋内プール• 屋内運動場• テニスコート• 若宮公園• 若宮体育館• こどもプール• 相撲場• 松任グリーンパーク• サンスポーツランド松任• ゴルフセンター• CCZ松任海浜公園• 屋内運動場• 屋内プール• 海洋センター• サイクリングターミナル• 相木野球場• 松任市武道館• 松任市弓道場• 松任市スポーツセンター• サンライフ松任 交通 [ ] 鉄道 [ ]• (JR西日本)• : -• 松任本所 道路 [ ]• : (市内にはないが、にが設置されている)• 国道8号• 一般県道• (加賀海浜自転車道)• (に無料開放) バス [ ]• 北鉄グループ• 市内循環バス (委託:加賀白山バス) マスメディア [ ] 新聞 [ ]• 松任総局• 松任支局 ケーブルテレビ [ ]• 観光 [ ] 祭り・イベント [ ]• 松任桜まつり ()• 緑と花のフェスティバル ()• CCZフェスティバル松任 ()• 松任まつり ()• 松任獅子まつり () 名所・旧跡 [ ]• 東大寺領横江荘荘家跡(国の史跡)• 松任海浜公園発電所 (所)• 保養・休憩施設 [ ]• CCZ松任海浜公園• 徳光海岸海水浴場• コースタルオアシス まっとう車遊館• サイクリングターミナル シーサイドまっとう• 松任グリンパーク• ビアパーク北陸 (キリンビール 北陸工場) 温泉 [ ]• 松任市民温泉(CCZ温泉) 出身有名人 [ ]• :宗教家• :元プロ野球選手• :俳人• :刀匠• :劇作・演出家、「」主宰• :漫画家• 林一二:実業家、創業者• :元女子競艇選手 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - 白山市• このページはのテンプレートを使用しています。

次の