浜崎 あゆみ 松浦 会長。 浜崎あゆみ、今さら松浦会長との交際告白の裏事情…業界内で“嘲笑の的”に

浜崎あゆみ、今さら松浦会長との交際告白の裏事情…業界内で“嘲笑の的”に

浜崎 あゆみ 松浦 会長

浜崎あゆみ 1日に発売された、歌手・ 浜崎あゆみへの取材をもとに書かれた小説『M 愛すべき人がいて』(幻冬舎)で、浜崎が過去に エイベックス会長・松浦勝人氏と交際していたことを明かし、話題を呼んでいる。 浜崎の大ブレイク前に連続テレビドラマで共演したことがあるという女優の遠野なぎこは、7月31日放送の『バラいろダンディ』(TOKYO MX)内で「ただの痛い人になってしまったなっていう印象で……。 残念だなって思います」とコメント。 矢作兼(おぎやはぎ)は1日深夜放送のラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(TBSラジオ)内)で、「『M』って有名な歌があるんだけど、この『M』が松浦さんの『M』ってことだったってことで。 この『M』との出会いが17歳で、(当時人気ディスコだった)ヴェルファーレのVIPルームっていう。 どんだけチャラいんだよ、これ。 ヴェルファーレのVIPルームで出会ってる恋っていう時点で、もうさ、最初のスタートが面白いもん」と笑い話に。 スポーツ紙記者はいう。 「浜崎は今もツアーなどライブ活動は精力的に行っていますが、ここ数年は新曲の制作が低迷気味。 昨年出したミニアルバムも不発で、私生活でも14年に結婚した大学院生の米国人と16年に離婚して以降は、あまりいい話は聞こえてきません。 また、所属するエイベックスも、一時代を築いた浜崎や倖田來未のような時代をけん引する次世代のアーティストが育っておらず、手広く事業を展開しつつも以前の勢いはなく、経営が厳しくなりつつあるといわれています。 そうした状況のなかで、浜崎は松浦さんへの恩返しの意味もあって、もうひと花咲かせようと意気込んでいるようです。 今回の小説は本業復活に向けた序章のようなもので、いろいろと嘲笑を集めてしまっている面はあるものの、とりあえず話題になったという意味では、ひとまず成功といえるのかもしれません」 また、テレビ局関係者はいう。 『何を今さら……』というのが業界内の反応です。 (文=編集部).

次の

浜崎あゆみ、松浦会長との交際つづった小説に批判→何をしてもマドンナにはなれない。

浜崎 あゆみ 松浦 会長

この敏腕プロデューサーこそ、松浦氏である。 同小説はドラマ化され、4月18日からテレビ朝日系で放送される。 ドラマではレコード会社「A VICTORY」のカリスマプロデューサー、マックス・マサとして登場。 松浦氏の役は、バーニングプロダクション所属の俳優・三浦翔平(31)が演じている。 上述の会話の中の〈はっぱ〉が指すのは違法薬物である大麻だという。 そう告発するのは、会話にも登場する女性A子さん(30代)だ。 「文春オンライン」編集部は、40時間に及ぶ松浦氏とA子さんの肉声がおさめられた音声データや、松浦氏とA子さんによるLINEのやりとり、膨大な数の画像データなどを入手した。 また、浜崎あゆみ(41)や倖田來未(37)、小室哲哉(61)などの有名アーティストが所属している。 若者に大きな影響力を持つタレントが数多く所属しているが、これまで複数回にわたり所属タレントが逮捕される事件が起きている。 この時、当時社長だった松浦氏がポケットマネーから解決金を含めて6億5000万円を支払いました。 小室哲哉と交際していた歌手・華原朋美(45)は、2009年1月に急性薬物中毒で倒れ、病院に緊急搬送されています。 2009年8月には、当時エイベックスに所属していた押尾学(41)が、保護責任者遺棄致死罪と麻薬取締法違反で逮捕。 押尾は愛人のホステスと共に合成麻薬MDMAを服用した直後、ホステスの容態が急変したが救急車も呼ばず、証拠隠滅を図りました(判決は、 保護責任者遺棄罪で有罪)。 その時、エイベックスの社員がほう助したとして、証拠隠滅容疑で逮捕されています。

次の

松浦勝人の生い立ちがすごい?経歴や年収もヤバい!

浜崎 あゆみ 松浦 会長

「M」では敏腕プロデューサーと歌手の 美しいとして描かれているが、 実態は、社長が公私を混同し私利私欲に走り、 企業を私物化したに他ならない。 との真実に迫ってみました。 会長に関する情報は以下の サイトを参照ください。 A子さんから提供を受けた「松浦氏自伝本」の 初稿には、こんなくだりが残っていた。 《ちょうど「YOU」という曲を製作していた頃、 僕はけじめを付けなければいけないと思い、 彼女のお母さんに彼女と挨拶にいったのを 覚えている。 「今から、彼女とヤりますから」 なぜか彼女の母親の前で、宣言したのか? 彼女の母親はぶっ飛んだ人で、娘と男が 「ヤる」と宣言しているのに、 「あらそうなの。 いいわよ~」 と、特に何も気にしている様子がなかった》 (松浦氏自伝本初稿より) 交際をスタートさせてからというもの、 多忙な日々のなかでも、あゆとマサは毎晩 電話をし、愛を育んでいった。 しかしあゆの人気が高まるにつれ、2人の間 には距離が生まれていってしまう。 そして、ある事件が起きる。 マサがあゆ以外の女性を自宅に招き入れて いる場面をあゆに目撃されるのだ。 作中ではマサが興じていたのは「盛大な飲み会」 とされているが、それはフィクションだ。 小説「M」では松浦氏から浜崎に別れを告げるのだが、 松浦氏はA子さんのインタビューで、実際には 浜崎から別れを告げられたと明かしている。 会長、「M」アユ役・安斉かれん 秘蔵ショット公開で 「めちゃくちゃ可愛い」「あゆに似てる」と反響を 呼んでいるのです。 音楽事業大手エイベックスの会長が 28日までに自身のインスタグラムを更新。 系「M 愛すべき人がいて」で俳優・俳優 の三浦翔平とW主演を務める歌手・安斉かれんの 17歳の頃の写真を公開した。 歌姫・の誕生するまでを描いた さんの小説のドラマ化で、三浦は松浦氏役 となるマサ、安斉が浜崎役のアユを演じている。 松浦氏は「M愛すべき人がいてで話題の安斉かれんの 17歳の時の写真。 これから向かうの写真どんどん出しちゃいます!」 とコメントし、笑顔の安斉のアップ写真を投稿。 さらに「約2年ちょっと前17歳のときのかれん」と クールな表情の安斉の写真も公開し、 「この時は毎日毎日俺の言ったレッスンをこなしてた。 デモテープをを作り始めていたかな。 もう」と振り返った。 これらの投稿にはフォロワーから「か、可愛い!!」 「本当、あゆに似てる!あゆの妹みたい」 「の若い頃に似てます」 「芯の強さが表情にも滲み出てて素敵です」 「もう顔が完成されてる」などのコメントが 集まっている。 勿論、お母さんの性格もこれを許したことになります。 ドラマ「M」はどんな反響を呼ぶのでしょうか? 関連記事は以下にもあります。 最後までお読みいただきありがとうございます。 oyakudachi395.

次の