ガーナ 葬式。 【マナー】#ガーナ #葬式 #ダンス Tony IgyーAstronomiaー【立体音響】※イヤホン必須&大音量推奨

【ガーナのユニークなお葬式】天国への旅立ちをダンスと笑顔で祝福

ガーナ 葬式

この項目では、ガーナ共和国について説明しています。 上流を中心とする西アフリカで栄えた黒人王国については「」をご覧ください。 ロッテのチョコレートについては「」をご覧ください。 ガーナ共和国 Republic of Ghana () 国の標語: Freedom and Justice (英語: 自由と正義) : 最大の都市 アクラ 政府 () () 総計 () 水面積率 3. 東に、北に、西にと国境を接し、南はに面する。 首都は。 が活発であった最中の1957年、のにおいて初めて現地人が中心となってのから独立を達成した国家である。 と呼ばれていたが、独立に際して国名を「ガーナ」に変更した。 初代は、を推進したことで有名。 やを産出する。 の産地としても有名。 2010年12月から沖合で原油・ガス生産が始まり、国際的に大きな注目を集めている。 1688年の。 この城砦から多くのが南北に連行されていった。 13世紀から16世紀は、をはじめいくつかの町がの一端を担ったとも思われるが、に見られるように地域的なものにとどまった町もあったと思われる。 また、西方から ()、、、 ()(: Mina-Gen people、 - : Gebe people)が移住し、先住民と対立しその後圧迫していった。 15世紀には人が到来し、などに城塞を築き、の拠点とした。 その後、金が産出することがわかると「 ()」と呼ばれるようになった。 その後、や、、が来航し、との貿易をが廃止される19世紀まで続けた。 により多くの人々がに連行され、に独立したにおいては、労働力として使われることとなった。 アシャンティ王国 [ ] アシャンティ王(位:1867年 - 1874年)の黄金のマスク 17世紀にはで力を蓄え、ヨーロッパ人から購入した銃火器で周辺の民族に対して優位に立った ()の ()がを建設し、大いに繁栄した。 王国は18世紀から19世紀初頭にかけて全盛期を迎え、海岸部のファンテや北部のダゴンバなどを支配下に収めて現在のガーナの版図の大部分を勢力下とした。 しかし、19世紀初頭にイギリスをはじめとする各国が奴隷貿易を禁止すると、アシャンティの主力輸出品は金となった。 イギリス植民地 [ ] 19世紀初頭には、この地域の海岸部にはケープコーストを拠点とするとエルミナを拠点とする、そしての3か国が勢力を持っていた。 このうち有力なのはイギリスであったが、奴隷貿易の禁止と海岸部のファンテ人の支配権をめぐってアシャンティとの関係が悪化し、には第一次が勃発した。 この戦争によってイギリスは沿岸部の支配権を確立し、にはデンマークの砦を買収してさらに支配を固めた が、このころから再びアシャンティとの関係が悪化した。 アシャンティはオランダ人と協力することでイギリスと対抗していたが、にオランダがエルミナをはじめとするこの地方のすべての拠点をイギリスに売却し撤退したため交易ルートが途絶し、経済的に打撃をこうむった。 このため同年第二次イギリス・アシャンティ戦争が勃発したが、イギリスは勝利を重ね、にはアシャンティの首都クマシに入城して講和が締結された。 この戦いのあと、イギリスは沿岸部の開発を進め、一方アシャンティは権威の失墜により勢力は大幅に縮小した。 アフリカ分割が激化した1896年、イギリスは3たびアシャンティに侵攻し、国王プレンペー2世を捕らえセーシェルへと流罪にした。 この時点でアシャンティはイギリスの保護下に置かれたが、にホジソン総督がアシャンティのである「」を要求したことで全土に及ぶ大反乱が勃発した ()。 この戦争でアシャンティは完全に滅亡し、は従来の沿岸部に加えアシャンティや北部などを編入した。 英領ゴールド・コーストにおいては、従来の金や木材に加え、にによって持ち込まれた豆の栽培が急速に普及し、には世界最大の生産国となった。 こうした産品の輸出でゴールド・コースト経済は繁栄し、鉄道の敷設や学校の建設などが行われた。 イギリスはに連合国の1国として勝利したものの、その国力は衰退しており、これを受けての気運が高まった。 には独立を目的とした「」が設立され、がには ()を設立した。 部族間の争いを越えて独立を標榜する会議人民党は人々の広範な支持を得て、の選挙では圧倒的過半数を占める第一党となった。 独立以降 [ ] 独立の父。 構想に基づいての建国を目指したが、1966年に失脚した。 にはンクルマの下に自治政府が成立し、翌1957年に東隣のと合わせて独立を達成し、ブラック・アフリカ初の独立国となった。 独立当初のガーナはをに頂くであったが、に共和制へ移行し、ンクルマが初代大統領となった。 ンクルマはを掲げ、下において圏()やとの友好関係を強化し、財政強化に努めたが、債務超過など失政を招きにクーデターで失脚した。 政権を掌握した国家解放評議会はンクルマの政策から脱し、には選挙を実施した。 同選挙でが首相に選ばれ民政に移管したが、反ンクルマ政策による ()中心主義的な政策が国内の諸民族の反発を招き、1972年には将軍がクーデターを起こし、政権を握った。 しかし国情は安定せず、経済停滞から幾度か政変が発生した。 に軍事クーデターを起こしたが政権を掌握し、民政移管期間を挟んで1981年に完全な軍政を敷いた。 ローリングスはガーナ経済再建のためにやの計画を受け入れ、所得格差の拡大とともにガーナ経済と政治の安定化を達成した。 ローリングスはを認めたの選挙で大統領に選出され、軍政から民政移管した。 これを受けて、政治をボイコットしてきた野党も国政に参加を表明し、国情は安定を迎えた。 ローリングスは2001年まで大統領を務め、後任には選挙に勝利したのが大統領に就任した。 近年 [ ] 政情が安定し、自由選挙により平和的に政権が移譲されるようになったことから、現在は西アフリカにおける数少ない国として知られるようになった。 の選挙ではが勝利し、が大統領に就任した。 2012年7月24日、ミルズは首都アクラの病院で急死。 副大統領のが大統領に昇格した。 2016年の選挙では新愛国党が政権を奪回し、が大統領の座に就いた。 政治 [ ] 「」も参照 はの。 定数は230議席で、議員はに基づき国民の直接選挙によって選出される。 議員の任期は4年である。 ガーナはに現行憲法が施行されて以降、が認められており、実質的にはが機能している。 1つはを掲げるの(NPP)、もう1つはを掲げるの(NDC)である。 その他の勢力は二大政党ほどの影響力は持っていないが、比較的有力なものに(PNC)がある。 かつて初代大統領のもとで権勢を振るった(CPP)は現在も存続しているが、勢力は弱体化している。 司法 [ ] 府の最高機関は最高裁判所であり、その下に高等裁判所、巡回裁判所、地方裁判所が置かれている。 国際関係 [ ] の主導的な立場にある国のひとつである。 アフリカの周辺諸国のみならず、旧宗主国のイギリスをはじめとした欧米諸国とも友好関係を保っている。 との関係では、がイギリスの植民地下のガーナでの研究中に死去しているなど、古くから関係があり、英世の故郷であるのが医師を派遣するなど関係も深い。 日本の援助で、1979年にに野口記念医学研究所が設立された。 またには、などからなどの無償援助を受けている。 2009年の国際交流基金による日本語教育機関調査では、ガーナにおける日本語学習者の数は906人であり、サハラ以南では、中央アフリカ、マダガスカル、ケニアに継ぐ第4位である。 2017年10月現在の在留日本人数は361人 、 2017年12月末現在の在日ガーナ人数は2,418人 である。 日本のガーナからの輸入品の大半はカカオであり、2013年にはガーナからの輸入の76. 大手菓子メーカーの商品「」により、日本においてはガーナがカカオ豆の産出地であることが知られている。 地方行政区分 [ ] 詳細は「」を参照 ガーナは2018年以降16州(region)から構成されている。 (Ahafo)• (Ashanti)• (Bono)• ( 東ボノ州、Bono East)• ( 中央州、Central)• ( 東部州、Eastern)• ( 大アクラ州、Greater Accra)• ( 北東州、North East)• ( 北部州、Northern)• (Oti)• (Savannah)• ( 上東州、Upper East)• ( 上西州、Upper West)• (Volta)• ( 西部州、Western)• ( 北西部州、Western North) 主要都市 [ ] 詳細は「」を参照 に面しており、流域の低地が国土の大半を占めるため、最高標高点は885メートルに過ぎない。 特ににヴォルタ川をせき止めて作ったが有名。 自然湖としてが存在する。 気候的には全土がに属する。 西部州やアシャンティ州をはじめとする南東部は(Am)に属し、多量の降雨に恵まれてが広がっている。 ガーナ経済を支えるカカオはおもにこの地域で栽培される。 海岸部でも首都アクラを中心とする西部は降水量が少なく、(Aw)に属する。 中部から北部にかけてもサバナ気候に属し、が広がる。 北に行くほど降水量は少なくなり、乾燥の度合いが強くなるが、少ない地域でも1,000ミリ前後の降水量はある。 経済 [ ] クマシ のガーナのは約442億ドルであり 、とほぼ同じ経済規模である。 同年の一人当たりのGDPは1,729ドルであり、世界平均の2割程度で世界的に下位に留まっているが、近年は原油の商業生産が始まったことにより経済成長も著しい。 経済は農業・鉱業等などの一次産業に依存し、特にカカオは世界有数の産出量を誇る。 2000年代に入るとやの国際価格の低迷、主要輸入品であるの高騰などにより経済は低迷。 3月、拡大HIPC(重債務貧困国)イニシアティブ適用による債務救済申請を行う政策転換を行い、経済再建へ向けた努力を行っている。 その結果、マクロ経済状況は改善、安定してきている。 鉱工業 [ ] ガーナ最大の輸出品はであり、2013年度には総輸出額の42. 金は古くからこの地域の特産品であり、アシャンティ王国の隆盛を支えた。 植民地時代の黄金海岸(ゴールド・コースト)の名もこれに由来している。 かつてはの純輸入国であったが、6月から沖合でがいくつか発見され 、2010年以降ガーナは原油の輸出国へと転じた。 2013年には原油輸出は総輸出額の23. はによる大規模な水力発電が行われており、総発電量のうち水力の割合は6割強を占める。 この電力はトーゴやベナン、コートジボワールに輸出されており 、テマ市ではこの電力によるも行われている。 しかし水力発電は旱魃に弱く、また近年の経済成長と送電網の不備により電力不足がたびたび生じている。 近年、金やなどの詐欺事件が多発し、対策として高価値鉱物マーケティング公社(PMMC)という公的機関も設立されているが、公的機関の書類自体も偽造されている場合があり注意が必要である。 2000年代後半には金の価格が高騰し、関連産業も賑わいを見せるようになったが、次第に中国人が流入した。 2013年には3万人とも5万人とも推定される労働者(鉱夫)が違法労働を行うようになり、当局に検挙される事例が増えている。 農林業 [ ] は、にテテ・クワシによって導入されたのち栽培が順調に拡大し、にはガーナは世界最大の生産国となった。 その後も植民地期を通じてカカオはガーナ最大の産業であり続け、中盤までその地位は揺らがなかった。 しかし独立後のカカオ政策の混乱と価格低落によって生産量は急減し、コートジボワールに生産量1位の座を明け渡すこととなった。 その後生産量は回復し、2013年度には生産世界第2位、ガーナ総輸出額の10. カカオ豆の生産は、ほとんどが貧困にあえぐ零細農家の手により行われており、農地()拡大のための場当たり的な、の誘発など環境や社会経済に大きな影響を与えている。 11月、アフリカへの投資フォーラムへ出席したナナ・アクフォ=アド大統領は、コートジボワールとともに豆の価格管理を進めることを発表した。 演説の中で「産業は1,000億ドル規模だが、農家が労働と引き換えに手にする額は60億ドルにすぎない」として農家への還元を求めた。 農林産品としてはこのほか、やの輸出もある。 自給用作物としては、・・の生産が世界10位以内となっている。 交通 [ ] 詳細は「」を参照 ガーナはが実現され、政府所管の国民健康保険(NHIS)にて実現されている。 医療はさまざまなものが提供され、1,200万人が国民健康保険に加入している。 都市部は病院、診療所、薬局とも十分に整備され、国内には200以上の病院が存在しの受入国になっている。 2013年の平均寿命は、男性66歳、女性67歳 、は1,000出生あたり39である。 2010年では、人口10万あたり医師は15人、看護師93人 であり、GDPの5. ガーナ市民はプライマリヘルスケアにアクセスする権利がある。 ガーナのは諸国においてもっとも成功したものであるとは評している。 2012年では、15 - 49歳成人のHIV罹患率は1. 婚姻 [ ] 女性は婚姻時に改姓すること(夫婦同姓)もしないこと()も可能である。 文化 [ ] 食文化 [ ] ガーナの食事は主食にシチューを付け合わせるのが基本であるが、主食の種類は数多い。 、、、、、などが主食として食されるほか、都市化の進展に伴いの消費も伸びている。 食べ方としてはイモ類やバナナはそのまま、キャッサバや穀物は一度製粉してから練粥にして食べる。 また、イモ類やバナナを杵と臼でついて餅状にしたも広く食べられている。 音楽 [ ] - (1980年、文化遺産) スポーツ [ ] サッカー [ ] はに1963年、1965年、1978年、1982年と4度にわたって優勝しているが、予選ではことごとく敗退してきた。 しかし、では予選を勝ち抜き、本大会への出場が決まった。 本大会では強豪を破るなどの成果を上げ、決勝トーナメントへ進んだが、決勝トーナメント1回戦でに3-0で敗れた。 ではアフリカ勢で唯一グループリーグを突破し、1990年の、2002年のに続きアフリカ勢3か国目、自国初となるベスト8進出も果たした。 (Ghana Football Association)は、CAF()の主催するアフリカネイションズカップを、1963年、1978年、2008年に単独開催し、2000年にはナイジェリアと共同開催した。 2008年に開催されたアフリカネイションズカップでは、ガーナ代表は3位であった。 ボクシング [ ] 元世界チャンピオンの()や()など、単なる一王者ではなく、世界水準でも評価の高い好選手を輩出している。 また、は、ガーナのみならずアフリカボクシング界全体の象徴になるまでの評価を得た選手である。 脚注 [ ] []• 高根務『ガーナ 混乱と希望の国』p. 33, アジア経済研究所、2003年11月7日• 高根務『ガーナ 混乱と希望の国』p. 42-43 アジア経済研究所、2003年11月7日• 高根務『ガーナ 混乱と希望の国』p. 45-46 アジア経済研究所、2003年11月7日• 高根務『ガーナ 混乱と希望の国』p. 58, アジア経済研究所、2003年11月7日• 「ガーナ大統領選決選投票、野党ミルズ氏が当選」AFPBB 2009年1月3日 2018年10月30日閲覧• 「ガーナのミルズ大統領が急死、後任に副大統領が昇格」AFPBB 2012年7月25日 2018年10月30日閲覧• 「ガーナ大統領選 野党候補の元外相が当選」産経ニュース 2016. 10 2018年10月30日閲覧• JICA 2019年. 2020年2月1日閲覧。 「データブック オブ・ザ・ワールド 2016年版 世界各国要覧と最新統計」p261 二宮書店 平成28年1月10日発行• 「ガーナを知るための47章」p60-61 高根務・山田肖子編著 明石書店 2011年8月10日初版第1刷• 「データブック オブ・ザ・ワールド 2016年版 世界各国要覧と最新統計」p261 二宮書店 平成28年1月10日発行• 「ガーナを知るための47章」p85 高根務・山田肖子編著 明石書店 2011年8月10日初版第1刷• 「データブック オブ・ザ・ワールド 2016年版 世界各国要覧と最新統計」p261 二宮書店 平成28年1月10日発行• 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p94、朝倉書店• 「電力事情 - ジェトロ」JETRO 2013年 2018年10月31日閲覧• livedoor News NewSphere. 2013年6月13日. 2014年2月6日閲覧。 [ ]• 「データブック オブ・ザ・ワールド 2016年版 世界各国要覧と最新統計」p261 二宮書店 平成28年1月10日発行• 「チョコレート産業 甘み少ない農家」『読売新聞』2020年2月28日6面• 「データブック オブ・ザ・ワールド 2016年版 世界各国要覧と最新統計」p261 二宮書店 平成28年1月10日発行• 「ガーナを知るための47章」p146 高根務・山田肖子編著 明石書店 2011年8月10日初版第1刷• 「ガーナを知るための47章」p148 高根務・山田肖子編著 明石書店 2011年8月10日初版第1刷• nhis. gov. 2014年5月10日閲覧。 jointlearningnetwork. org. 2014年5月10日閲覧。 eturbonews. com 2009年8月5日. 2014年5月10日閲覧。 Retrieved 24 June 2013. cia. gov. Retrieved 24 June 2013. Afro. who. int. 2014年5月10日閲覧。 Retrieved 24 June 2013. thejournal. 2014年5月10日閲覧。 2015年2月5日閲覧。 , 2 Oct 2015, GhanaWeb. 「ガーナを知るための47章」p151-152 高根務・山田肖子編著 明石書店 2011年8月10日初版第1刷• 高根務『ガーナ 混乱と希望の国』p. 162-168 アジア経済研究所、2003年11月7日 参考文献 [ ]• 「アフリカ文化のダイナミズム」『ハンドブック現代アフリカ』編、、、2002年12月。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 ガーナに関連する および があります。 には、 に関する旅行情報があります。 (日本語) (英語)• 日本政府• (日本語)• (英語)• ウィキトラベルには、に関する旅行ガイドがあります。 (日本語)• その他• (英語)• - (英語)• に関連する地理データ -• (英語)•

次の

【踊って偲ぶ!】ガーナの踊るお葬式が楽しそうすぎて故人も輪廻転生が待てなくなるレベル!

ガーナ 葬式

主食がたくさん?! ガーナでは主食といえるものがいくつもあります。 見た目はどれもよく 似 にていますが、材料や味にちがいがあるんです。 まず、日本のおもちに 似 にたやわらかいフフ。 材料はヤムイモ、キャッサバイモやプランテーン(バナナの仲間、調理用の 果物 くだもの)。 細かくくだいて 蒸 むしたものを日本のもちつきのように、きねとうすを使って作ります。 フフより少し 酸味 さんみがあるのがバンクーやケンケ。 材料は、 発酵 はっこうさせたキャッサバイモやとうもろこしの粉で、それを練って作ります。 バンクーは材料を 発酵 はっこうさせるので少し 酸味 さんみがあります。 そしてとうもろこしの粉で作るケンケは、それよりもっと 酸 すっぱく感じます。 長時間手間をかけて 発酵 はっこう、 熟成 じゅくせいさせてからふっとうしたお湯でゆでたり、加熱したかまで焼き上げて作るからです。 いつもより具をごうかにしてごちそうに! 3月6日の 独立 どくりつ記念日や大きなお祭りがある時、クリスマスや 誕生 たんじょう日などの重要な日は「ヤムケーキ」を作ります。 ケーキといってもあまいおかしではなく、魚のすり身を使ったり、じゃがいもやヤムイモや 卵 たまごを使って作るコロッケのようなもの。 アフリカでポピュラーなヤムイモは600以上もの種類があり、日本ではヤマイモがその仲間なんです。 作り方はコロッケに 似 にていますが、パン粉はつけません。 ゆでたヤムイモをつぶして、パーム 油 ゆ、ミルク、 卵 たまごの黄身、とうもろこしなどの具を入れて 混 まぜ合わせます。 コロッケほどの大きさに形を作って 卵 たまごの白身をぬり、パーム 油 ゆで焼きます。 ガーナではこのケーキをふだんでもスナックとして食べますが、お祭りの時はエビやカニなどを加えていつもよりごうかに作ります。 日本語も勉強するよ! ガーナの教育 制度 せいどは、日本と同じ6・3・3・4年 制 せいです。 このうち小学校の6年間と中学校の3年間が 義務 ぎむ教育。 2017年から中学校の学費は無料になりました。 3学期 制 せいで、各学期の終わりに休みがあり、3学期の後に長い休みがあります。 首都アクラのこう外にある 幼 ようち園、小学校、中学校が一つになった男女共学の 私立 しりつ学校は、キリスト教 系 けいの学校です。 しかし、イスラム教など他の 宗教 しゅうきょうを信こうする子どもたちもいるので、それぞれの 宗教 しゅうきょうや信こうを 尊重 そんちょうする教育を行っています。 数学、英語、 総合 そうごう化学(物理、化学、生物などをあわせた科目)、インターネット、図工などの 授業 じゅぎょうがあります。 現地 げんちの言葉のチュイ語はもちろん、フランス語、日本語の 授業 じゅぎょうも受けられます。 ガーナとえんの深い野口 英世 ひでよ 博士 はかせ 千円札に印刷されている人物がだれかわかるかな?そう、世界的に有名な 細菌 さいきん学者、福島県出身の野口 英世 ひでよ 博士 はかせですね。 野口 博士 はかせは子どもの時に大きなやけどをしたのをきっかけに、医学の道へ進みました。 主に 細菌 さいきん学の研究にたずさわり、たくさんの 論文 ろんぶんを発表して、ノーベル生理学・医学 賞 しょうの 候補 こうほに三度も名前が挙がったんですよ。 しかし、黄熱病の研究中に病気にかかり、1928年に 現在 げんざいのガーナの首都アクラで51才で 亡 なくなっています。 そのため、 博士 はかせが研究していたコレブ病院に記念館と日本庭園が残されています。 また、日本の 政府 せいふによってガーナ大学に野口 英世 ひでよ記念研究所が 設立 せつりつされ、今でも西アフリカ 諸 しょ国のために 伝染 でんせん病の研究が進められているのです。

次の

棺桶ダンスの元ネタ・原曲

ガーナ 葬式

ガーナと言えば某菓子メーカーのチョコレート。 おいしい。 チョコレートの原料はカカオ豆。 西アフリカのガーナ共和国は世界有数のカカオ産出国。 意外だったが、ほかにGOLDや石油の産出量も有数だ。 そしてサッカーファンはご存じ、アフリカのチームとしてはトップクラスの実力を持っている。 しかし、もう一つ、世界に冠たるすごいものがある。 それはお葬式であり、棺桶だ。 、 ここのところ、アフリカ諸国の生活文化に興味を持って、仕事の合間にちょこちょこネットで調べている。 「月刊仏事」でエンディング関係の記事を書いているので、どうしても葬式とか供養のことが気になるのっだが、どうもガーナのお葬式の派手さはアフリカだけでなく、世界でも断トツらしい。 ガーナはかつてイギリスの植民地だったこともあり、約7割がクリスチャン。 大都市に暮らす富裕層はもクリスチャンが大半のようで、彼らは一般人の平均年収の4倍から10倍にあたる費用を葬式に使うらしい。 故人が亡くなってから遺体を冷凍保しておき、約3ヶ月後、満を持して週末3日間かけて盛大に、飲んで食って、歌って踊って、お祭り騒ぎをするというのだ。 この国には葬式を盛り上げるために「泣き屋」、そして棺桶の「担ぎ屋」がいて、このプロフェッショナル達が、まさしくプロの技を見せる。 「泣き屋」は一般的には女の団体で、「泣き師協会」というものもあるらしい。 静かな啜り泣きから、地面に転がっての号泣、謎の「シマリス泣き」というものまで豊富なmメニューを取り揃え、時間やシーン、人出などに合わせて会場を盛り上げるために変幻自在の泣きパフォーマンスを披露するという。 「泣き屋」が女の仕事なら、「担ぎ屋」は男の仕事。 スーツを着込んだダンディーな奴らがお神輿よろしく棺桶を担ぐ。 と言ってもただ担いで練り歩くだけではない。 陽気でリズミカルなハイライフミュージックに合わせて、棺桶を担ぎながら踊る、いや、踊りながら担ぐのか。 とにかくこれがえらくカッコいい。 周囲には演奏するバンドマンやダンサーたちもわんさかいて、いつ果てるともないビッグパーティーが続く。 ガーナでは人は死後、異なる世界でふたたび新たな人生が始まると信じられており、「死」は「新たな始まり」と捉えられるのだそうだ。 したがって葬式とは、故人の死は悲しむものでなく、新たに生き始める故人をみんなで祝福するための儀式なのだ。

次の