株式会社ヤマダ電機。 株式会社ヤマダ電機の評判・口コミ|転職・求人・採用情報|エン ライトハウス (1953)

株式会社ヤマダ電機の企業情報

株式会社ヤマダ電機

順位 株主名 持株比率 1 株式会社テックプランニング 7. 42% 2 日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口) 6. 76% 3 ゴールドマンサックスインターナショナル (常任代理人ゴールドマン・サックス証券株式会社) 6. 69% 4 ソフトバンクグループ株式会社 5. 49% 5 日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口) 5. 17% 6 山田昇 3. 29% 7 ステートストリートバンクウェストクライアントトリーティー505234 (常任代理人株式会社みずほ銀行決済営業部) 2. 41% 8 エムエルアイフォークライアントジェネラルオムニノンコラテラルノントリーティーピービー (常任代理人メリルリンチ日本証券株式会社) 2. 16% 9 日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口9) 2. 01% 10 株式会社群馬銀行 1. 16 669. 52 668. 73 654. 57 640. 12 42. 25 12. 04 1. 13 9. 76 潜在株式調整後1株当たり当期純利益 27. 08 42. 14 12. 0 1. 12 9. 29 1株当たり配当額 12. 0 13. 0 13. 0 13. 0 10. 0 1株当たり中間配当額 0 0 0 0 0 自己資本比率 49. 6 51. 3 52. 1 50. 8 56. 4 自己資本利益率 4. 4 6. 5 1. 8 0. 2 1. 5 株価収益率 19. 61 13. 14 52. 96 481. 51 44. 14 従業員数 10,725 10,568 10,161 10,432 10,539 平均臨時雇用人員 8,487 7,902 7,769 7,744 7,709 配当性向 44. 2 30. 8 107. 9 1146. 4 102. 9 117. 2 136. 6 120. 6 99. 2 102. 3 118. 5 112. 5 101. 8 平均年齢(年)、提出会社の状況、従業員の状況 39. 6 平均勤続年数(年)、提出会社の状況、従業員の状況 12. 7 発行済株式総数に対する所有株式数の割合 43. 38 議決権の数(個)、発行済株式、議決権の状況 8,797,785 発行済株式総数に対する所有株式数の割合(%)、自己株式等 8.

次の

株式会社ヤマダ電機の新卒採用・企業情報|リクナビ2021

株式会社ヤマダ電機

株式会社ヤマダレオハウス Yamada Leohouse Co,. Ltd. 付けで、正式社名を「株式会社レオハウス」から「株式会社ヤマダレオハウス」に変更した。 当初は(上場)の建築コンサルティング事業部の顧客であった(現:東証1部上場)と業務提携によってスタート。 事業拡大にともない2006年レオハウスを設立。 住宅の価格破壊をスローガンに「大人気の家」シリーズとして商品を展開、ローコストの注文住宅をメインとして販売している。 営業所は全国84か所。 2013年3月に引き渡し数14,000棟を達成。 近年の住宅着工戸数の減少に伴う受注の落ち込みによる赤字が続いたことから、5月、による全株買収に合意。 これにより経営がヤマダ電機に移動し、ヤマダ電機グループの一員として再スタートした。 沿革 [ ]• - ナックはと業務提携し、九州地方・四国地方にてレオハウスの前身である販売事業をスタート。 - レオハウスを設立。 「大人気の家」をリリース。 - タマホームとの業務提携を解消。 - 引き渡し数10000棟達成。 2011年 - をCMキャラクターに起用• 5月 - 全株をヤマダ電機に譲渡。 ヤマダ電機グループに参加し正式社名を「株式会社ヤマダレオハウス」に変更。 ローコスト [ ] 徹底した合理化や大量購入によって高品質なローコスト住宅を提供できるとしている。 家電や衣料のような価格破壊をもたらすことを目標に掲げている。 コンサルティング時代 [ ] 株式会社ナックの一部門だった当時は、主に工務店向けにローコスト住宅のコンサルティングを行っていた。 この時代に最も成功した顧客はタマホーム株式会社だった。 CM [ ] クレヨンしんちゃんをCMキャラクターに起用してテレビCMを展開。 さらには不定期で当該番組のスポンサーについている。 CMの企画は親会社株式会社ナックの名誉会長が担当している。 競合他社のような派手な宣伝広告はせず、その分の費用を構造や技術を高めることに充当することで顧客に還元するとしている。 傘下以前の2020年まで放送していた。 ヤマダ電機グループ入り後はヤマダ電機共同制作になった。 ラジオCMも2016年4月から9月まで(、系列)、2018年4月より「」(、系列)で放送されている。 一時期、元議員でのを起用したことがあった。 脚注 [ ].

次の

株式会社ヤマダ電機の企業情報

株式会社ヤマダ電機

パソコン教室のバイトでしたが、何も教えてはくれません。 レジもあるのですが、レジも教えてはもらえません。 放置プレーです。 商品やサービス内容も教えてくれません。 自分で学ぶマニュアルもありません。 そしてレジもヤマダ電機のレジの人は相手にしてくれません。 パソコン教室とヤマダ電機は別会社なのでしょうか。 とにかく、本部から言われているのでしょう。 パソコン教室に人だけ置いておきたいと担当のマネージャは思っています。 そしてパソコン教室に人は来ません。 ずっと教室内で座っているだけです。 もし人が来ても商品やサービス料金も分からず、ましてやレジはできませんから、責任感ある人なら辞めるでしょう。 責任感の無い人には、暇だし、給料は正確なので、うってつけかもしれません。 募集内容ではマイルドに書かれていますがそんな環境ではありません。 販売接客もレジ番もその時間を格別に確保できれば学ぶことも多いと思いますが、品出しやメンテナンスの時間に追われる中で誰かの尻拭いや権限のないなかでの応対になるのでストレスになります。 基本的にこの会社の長期バイトの作業は社員のお手伝い・補助という二次的な作業「ではなく」バイトに任された「一次的なしごと」なので、中身・権限はともかく時給以上の責任をもたせられます。 そのつもりで作業をしていても、自己が部門として任せられた単純作業(自身では完了させて帰るつもりのもの)が理不尽に邪魔されて残るので、精神的に不満が残ります。 常識的な人だと理不尽への不満とともにバイトとはいえ仕事だから仕方ないという葛藤が残り、逆に無責任で行動力のある人はバックレます。 「なんでもやらせよう」という方針が、すべてを中途半端にしています。 良いところ ・作業について物量的な無理や対人的な遅延要素が多いので、自然と自己が決めた作業目標について効率化・逆算する姿勢になれる。 ・お客様から受領権限のないクレームによる辱めを受けることも多いので世の中を知ることができる。 相手の衣装や立場によって人はこうも変わるのかということを再確認できる。 悪いところ ・数字や実績を間接的な立場・補助者であるはずのアルバイトにまで求めてくる ・できる人に任せきりになるので一人辞めると機能不全になるシステム ・サポート体制が皆無(慣れた人ほど空き時間を人のために使う環境がない) ・共用の作業ツールを占有するひと、他人の無線・端末・私物文具などを勝手に使う、働く以前の大人も多い ・目標ばかりで日々の作業すら現実的な計画を立てられる人間が居ない ・問題解決のためではなく、責任逃れのために犯人探しをする社風 ・一般常識的には社員以外に頼まないであろうことを頼んでくる ・売れば偉いという社風からか物腰言動ともに子供のような方が多い ・機嫌に左右されやすく、人により切り替えられる人が少ない ・サボりぐせ・自分に甘い姿勢は構わないが、やらないことで人に迷惑かけたりや自分が言える立場・他人の失態には厳しくする方は多い ・管理職~主任が集団をマネジメント・コーチングできていない ・本部の方や店舗外から上長が来たときだけ雰囲気良くする ・シフト不自由。 事情を事前に相談してもギリギリまで埋めるのが当然のような返事があり、旗日盆正月も社員同様な扱いを受ける。 強気で行かないと休めない。 有給休暇も消化義務・合意がないので使えない。 なので家庭の予定が立てにくく定着率が悪い ・シフト不自由2。 繁忙期をすぎると社員の方が休日を消化していくので、接客の頭数にも入っているから品出しバイトは休めない。 なかなかアルバイトの人数を増やしてもらえない(雇用枠上限の問題もあるが)ので、アルバイト部門によっては人的余裕がまったくなく都合がつかない。 ・シフト不自由3。 有休申請手段が煩雑。 アルバイトが休むときも理由も提出するので使いづらい。 その内容が学生の就活等であってもプライベートの話なのに本人が話していないところで広まるのもこのトピックとは別のところで良くない部分だと思う。 はじめて社会でお金を稼ぐ若者には絶対におすすめしません。 大人や仕事を甘く見てしまう原因になるか、真面目にやってしまい働くことや社会にでることに絶望してしまうから。 ある程度社会経験のある方が、その違いに刺激を受ける場所としてよいとおもいます。 そのほうが世間の常識とのズレを訴えるときに説得力が出るので、素直に聞ければヤマダ電機の益々の発展にとっても良いと感じます。 従業員は自己に都合の良い不満ばかり言ってるわけではありませんから。 いろいろな方がレビューしていますのでできるだけシンプルに良い点、悪い点を書きますね。 良い点 金銭的に困窮者におすすめ、販売経験があれば意外とすんなり採用される。 (私の経験からの意見です 精神的、肉体的に鍛えられる。 人間観察、話術が鍛えられる。 販売交渉の経験が積める。 福利厚生は普通に得られる。 今の仕事を変えたい、飽きてしまった方に。 悪い点 基本的に役職が上級に行くにしたがって理不尽な人がいる。 ほとんどは人間的に良質な人ばかりです。 社風が体育会系、軍隊系、任侠系 よく言えば漢気系。 販売以外のリベート獲得が要求される。 販売実績によっては店雇用、派遣雇用問わず契約更新できないこともある。 貴方がチャレンジャーであり人生経験の糧になると思うのであれば、是非とも体験すべきであると言わせていただきます。 従業員満足度を完全に置き去りにした家電量販店です。 同業他社は従業員満足度の向上を考え、実行に移したのでどこも顧客満足度が伸び、売り上げに反映されています。 逆にヤマダ電機はそこを完全に無視した為に同業者と比較して一人負けしているのが実態です。 私の部署では未だに従業員の自家用車や個人携帯を業務に使わせ、それに対する補填が全くないのが横行しています。 これに対する改善要望は全く聞き入れてもらえません。 私も毎月4、5万円程は自腹で業務に負担使用させられている計算です。 お客様に対しては業務の利便性向上や従業員の満足度を上げるための提案をさせますが、そのどれ一つすらも自社で実行できていないどうしよもない会社です。 もう寿命は長くない会社になっていると思いますので、今からヤマダ電機に就職を考えている方は今一度考え直した方が良いと思います。 また、役員がこれを見たのならもうちょっと真剣に考えた方がいいかと。 時代に合ってなさすぎて従業員から顧客まで離れています。 ・営業なので毎日のノルマがあります。 売上ノルマ以外にも契約件数など多種多様のノルマが毎日設定されている。 ・土日祝の休日や長期の休日は難しいが、月の休日数はきちんと取得できる。 ・残業は月の上限が決まっており超えた部分は無給。 ・自腹営業やお客の返品でメーカーに返品できないものは買取させられる。 ・入社後の教育体制はほぼ無し。 中途だろうが新卒だろうが即現場に配置。 ・商品の配達やお客様宅への訪問時に社用車の使用を希望すると、断られ自家用車での配達をさせられる。 ガソリン代支給無し。 とにかくパワハラがすごいので精神的に強い人でないと長続きしない。 常に店員の無線では罵詈雑言が飛び交っており、お客には見えてないが罵詈雑言を聞きながら接客するというのが店員の基本。 また店舗にもよるが残業は月平均60時間程度(うち20時間は無給) 仕事自体は一般的なアルバイトと比べてもそこまでキツイとは感じません。 ただ、問題なのは社員です。 他のアルバイトと比べて一番差を感じたのは、教育を全くと言っていいほどしないことです。 初日のレジの時は30分ぐらい色々教えてもらいましたが、その後一切教えてもらえずにメモを見ながらイキナリ接客という形でした。 (初日は補助で一人ついてくれました)当然、その程度ではすぐに覚えることも出来るはずなく、わからないので社員の人に聞いたりしました。 初日に関しては優しく教えてもらいましたが、問題は二日目からです。 二日目からは補助もなくなり、どの社員の人たちも人が変わったように怒ります。 私自身、仕事を覚えるのが遅い方だと思うので私の責任はもちろんあると思いますが、コンビニ等のレジと違い、中々複雑で覚えることがかなり多いです。 その結果、同じことを2回聞いた場合はボロクソに言われました。 その他にも、商品の説明をお客様が求められてきた場合、入ったばかりの私にはわかるはずもないので、社員の人を呼び助けてもらおうとしたらその度に嫌な顔をされ、これぐらいやれよみたいな事を言われる始末。 正直言って、今までしてきたアルバイトをしてきた中で社員の頭のレベルは間違いなく一番下。 逆にここまで低能が集まれる会社は本当にすごいと思います。 このような会社ぜひ潰れてほしいのでみなさんはアルバイトする場合はこの会社以外にしてください。

次の