マックス フェルスタッペン。 マックス・フェルスタッペン

【強引比較】マックス・フェルスタッペン、80年代のF1なら3〜4回は死んでいる?

マックス フェルスタッペン

レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンがF1トラックでフェラーリを運転する機会を得ることはないかもしれないが、少なくとも公道ではそれを行うことができる。 Gazzetta dello Sport によると、フェルスタッペンは約2億円とされるフェラーリ・モンツァSP2をオーダーしたと報じている。 サッカー選手のズラタン・イブラヒモビッチらが所有するフェラーリの限定モデルであるモンツァSP2は、マラネッロの市販エンジン史上最強となる出力810cv の6. 5リッター V12エンジンを搭載。 だが、同紙によると、マックス・フェルスタッペンのフェラーリ・モンツァSP2はまだ納車の準備ができておらず、ステアリングを握るにはもう少し辛抱しなければならないと伝えている。 マックス・フェルスタッペンとフェラーリとの関係は控えめに言っても良いものではない。 2019年のF1アメリカGPでは、フェラーリが不正なF1パワーユニットを使用していたことを示唆して論争の火種を作った。 この発言にフェラーリは不快感を示している。 フェラーリ モンツァ SP1 & SP2とは? フェラーリは、2018年9月に自社のキャピタルマーケット・デイのタイミングに合わせて、マラネッロのファクトリーで新型フェラーリ モンツァ SP1とSP2を発表した。 この2つの限定スペシャル・シリーズ車輌は、1950年代の最も刺激的なフェラーリの記憶をよみがえらせる、「Icona(イーコナ)」とネーミングした新セグメント初のモデルで、今日実現することができる最先端のスポーツカー技術を備えているのが特徴。 特に大切なお客様とコレクターの方々を対象としたフェラーリ SP1とSP2は、750 モンツァおよび860 モンツァ などのネーミングと、過去の象徴的なフェラーリ・レーシング・バルケッタの祖となる1948年の166MMを想起させる要素が注ぎ込まれている。 1950年代にフェラーリは、妥協を排し、唯一「勝利」だけを目標にデザインしたこのようなモデルで世界スポーツカー選手権を戦い、多くの勝利を手にして伝説を創り上げてきた。 フェラーリ SP1は、ステアリングホイールを握るドライバーに、真のユニーク・エクスペリエンスをもたらす妥協のないシングルシート・ロードカーとして設計された。 また フェラーリ SP2はトノ・カバーを廃し、セカンド・ウインド・プロテクターとロールバーを追加装備することで、ドライバーと一緒にパッセンジャーもセンセーショナルなドライビング・エクスペリエンスを堪能してできる2シーター・モデル。 ユニークなデザインを備えたフェラーリ SP1とSP2は、広範囲にわたるカーボンファイバー素材の使用および車輌のエクスクルーシブ性をさらに高めるヘッドライト、テールライト、ホイール、インテリアなどの特徴的なディテールによってバルケッタ史上最高のパワーウエイトレシオを実現させた。 9秒という俊足を誇る。 ルーフおよびウィンドスクリーンを持たないこのふたつのモデルのアーキテクチャは、伝統的なスパイダーでは不可能なプロポーションを創造する自由をデザイナーに与えた。 その結果、搭乗者は、F1を頂点としたフォーミュラドライバーでなければ体験できない異次元のオープンエア・スピードを味わえる。 これは、ボリュームあるボディに、必要最小限のドライバーの周囲を包み込むような開口部を設けたコックピット・コンセプトによって実現させた。 フェラーリ・デザインセンターは、あたかも1本のペンで一筆書きしたかのような、時を超えたエレガンスとミニマルなフォルム、そして洗練されたディテールの理想を求めて、極めて純粋なデザインを創造することに力を注いだ。 最近のレーシングカーに見られるような視覚的に複雑なソリューションを避け、控えめながら正統なデザイン手法を採用した。 人と自動車のつながりを象徴するドライバーズカーであることに焦点を置き、これほどまでに強いストーリーを感じさせるデザインはなかった。 ラジカルなデザインの一例としては、上向きに開くコンパクトなドアが挙げられる。 同じく、その下に印象的なV12エンジンが収まる、フロント・ヒンジ開閉機構を採用したオール・カーボンファイバー製のワンピース・ボンネット/フェンダー・アッセンブリーもこのシリーズならではの大きな特徴だ。 レーシング・モデル同様に、ふたつのモデルともボディシェルはすべて軽量カーボンファイバー製。 インテリア全体も同じ素材で仕立てることで、スポーティーなインパクトあるデザインを際立たせている。 軽量化と「バルケッタ」コンフィグレーションがもたらす比類ないビークルダイナミクスは、完璧にバランスの取れた、ロール感の一切ないスポーツカーならではのピュアな妥協なきハンドリング特性を実現する。 フェラーリ SP1とSP2のオーナーの方々限定で、フェラーリは、ロロ・ピアーナおよびベルルッティという時代をリードするラグジュアリー・ブランドとのコラボレーションによって、エレガントなジェントルマン・ドライバーにインスパイアされたレーシングスーツ、ジャージ、ヘルメット、グローブ、スカーフ、レーシング・シューズなどのアパレル & アクセサリーを用意。 それぞれ最新の技術を駆使して仕立てられたこのコレクションは、ドライビングを妨げることなく快適にフィットするようデザインされている。

次の

マックス・フェルスタッペン(Max Verstappen)

マックス フェルスタッペン

出身:ベルギーのハッセルト 国籍:オランダ 生年月日:1997年9月30日産まれの21歳 身長:180cm 体重:67㎏ 年俸:推定14億7,600万円 身長が180cmで体重が67㎏というのはとてもスラっとした体形に思えますね。 また、推定年俸は14億7,600円という年収を21歳で稼いでいる彼がすごいです。 将来も有望な証拠ですね! 因みにどうでもいいですが、私は181cm、体重86㎏ですが、見た目小太りです 笑 両親の経歴は フェルスタッペンのご両親の経歴もすごいものになっています。 父親はF1ドライバーのヨス・フェルスタッペンで母親はカートレーサーの ソフィー・マリー・クンペン、また母方の祖父はGT耐久レースの元ドライバーで、叔父もGTレースやル・マン24時間耐久レースにも出場したレーシングドライバー一家です。 格闘好きにわかりやすく言うとヒクソン・グレーシーのグレーシー一族のような感じですね!血筋は最強遺伝子を受け継いでいるので、後はご両親から受け継いだ血と技術を実力で発揮するだけですね。 2世が大成することは少ないですが、マックス・フェルスタッペンはすでに覚醒しています。 経歴 4歳という幼少期から両親の指導の下、ベルギーやオランダをメインの活動拠点として活躍した。 詳細な経歴は以下の通りです。 ほとんどの大会が優勝という2文字やチャンピオンという経歴ばかりとなっております。 この結果からもマックス・フェルスタッペンが天才といわれる所以もわかる気がします。 F1での経歴 F1デビュー年の2015年にはFIA表彰式で「ルーキー・オブ・ザ・イヤー」「アクション・オブ・ザ・イヤー」「パーソナリティ・オブ・ザ・イヤー」 の3部門を受賞するという快挙を見せた。 2016年:スペイングランプリ優勝、オーストリアグランプリ2位、日本グランプリ2位、ブラジルグランプリ3位 2017年:マレーシアグランプリ優勝、日本グランプリ2位、メキシコグランプリ優勝 2018年:オーストリアグランプリ優勝、ベルギーグランプリ3位、メキシコグランプリ優勝 2019年:開幕戦3位、スペイングランプリ3位、モナコグランプリ2位、オーストリアグランプリ優勝、ドイツグランプリ優勝その他、現在進行中となっています。 このようにF1になってからも複数回優勝を記録しています。 ホンダのパワーユニットに変更になった今年の2019年も当初はメルセデス勢の勢いがすごかったですが、ホンダのパワーユニットスペック3になってからは素晴らしい記録を残しております。 今年はマックス・フェルスタッペンにとって最もいい年になりそうな予感がプンプンします! 因みにドイツGPの様子を確認したい方は「 ホンダF1パワーユニット エンジン !ドイツGPでW表彰台 優勝・3位 ! 」をご覧ください。 A post shared by maxverstappen1 on Jun 20, 2019 at 2:12am PDT こちらの女性も同一人物のような、そうでないような感じがしますがプライベートジェットに乗っているところを見ると彼女の可能性が高いかもしれません。 これまでのベストは昨年の4位なのでこのまま順当にいけば、これまでのベストを更新するのは間違いないと思います。 ホンダのパワーユニットとマックス・フェルスタッペンの実力があれば怖いものなしです! 残り半分の2019年シーズンも是非とも皆さんで応援していきましょうね!.

次の

フェルスタッペンの年俸と父母や家族の職業は?名言や性格は危ない?

マックス フェルスタッペン

レッドブル・ホンダF1チームのマックス・フェルスタッペンは、2020年最初のレースに向けて、準備は万全であると語った。 新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより、今シーズンは大きな変更を強いられたが、F1タイトル獲得を目指すという目標は変わっておらず、チーム全員で集中して取り組んでいくという。 2月のプレシーズンテストでのパフォーマンスから、レッドブル・ホンダがチャンピオンであるメルセデスの最大のライバルであると予測する者は多い。 3月に予定されていたオーストラリアでの開幕戦はキャンセルとなり、その後、新たなスケジュールが決まり、7月5日のオーストリアでシーズンがスタートすることとなった。 「準備はできている。 これだけ長い休みがあったのだから、当たり前だよね」とフェルスタッペンが語ったと、彼の公式サイトが伝えた。 「レースをするのが楽しみだ」 2020年シーズンの目標を聞かれたフェルスタッペンは、チーム全員がタイトル獲得を目指していると答えた。 「アストンマーティン・レッドブル・レーシングとともに勝ちたいと、チーム全員が思っている。 タイトル争いに加わっていきたい。 僕らはそれだけを目標にしている。 全員が高いモチベーションを持っているんだ。 レースの現場に戻って、自分たちのポジションがどのあたりなのかを確認したい。 エキサイティングなシーズンになるといいね」 フェルスタッペンは、今年F1参戦6年目を迎え、ドライバーズ選手権ランキング最高位は2019年の3位だ。 現在22歳で9月には23歳になるフェルスタッペンにとって、今年は、現在セバスチャン・ベッテルが保持しているF1最年少チャンピオン記録(23歳134日)を更新する最後のチャンスとなる。 「それが実現したら、うれしい瞬間になるだろうね」とフェルスタッペンは最近のインタビューで述べた。 「もちろん、毎年タイトルを獲りたいと思って走っている。 今のところ成功していないけれど、去年たくさんのことを学んだ。 バルセロナでのプレシーズンテストでは、チーム全員が協力し合って、今まで以上にいい仕事をすることができた。 全員が意欲に満ちている」 [オートスポーツweb ].

次の