ブラック ラーメン。 金久右衛門江坂店|黒いスープの醤油ラーメン【大阪ブラック】の意外な味わいに驚き!|江坂ぐらし

金久右衛門江坂店|黒いスープの醤油ラーメン【大阪ブラック】の意外な味わいに驚き!|江坂ぐらし

ブラック ラーメン

富山へ登山に行ってきた相棒が買ってきたお土産が「富山ブラック」という寿がきやの袋麺。 まあ、ラーメンは嫌いじゃないし、袋麺なんて大好物です。 ただ、この富山ブラックというものはなかなかインパクトがある袋麺でして。 福岡県民である私は全く食べたことがないのです。 富山ブラックの表側にこう書いてあります。 「 とやま-ぶらっく【富山ブラック】 北陸の地、富山が発祥の醤油ラーメン 強烈な印象のその漆黒のスープは一口すすれば、黒胡椒のパンチに衝撃を受け ふた口飲めば、奥深い鶏ガラと豚骨の余韻に浸り、み口味わえば、もうやみつき 最後まで一気に完食したくなるラーメン」 とあります。 辛いものが苦手な方はご注意ください。 」 なんと。 注意書きがあるとは。 罰ゲームに使うラーメンじゃないよね?と思いつつもまあ「ご遠慮下さい」じゃないので大丈夫だろうという事で。 私は辛いものがそこまで得意じゃなく、カレーは中辛以下しか頼まないというレベルです。 原材料はまあこんな感じです。 なんで黒くなるんでしょうか。 しょうゆ増量してるってことでしょうか? wikipediaで調べてみますと、 1955年頃、富山市中心部で富山大空襲の復興事業に従事していた食べ盛りな若者の昼食として、また汗をかく肉体労働者のための塩分補給として、醤油を濃くしたスープのラーメンを作ったのが起源である。 さらに「富山ブラック」で検索すると「富山ブラック まずい」って出てきます・・・。 見なかったことにします(笑) うちの料理担当の職人様が、作ってくれました。 おすすめ具材は「メンマ・チャーシュー・ねぎ」らしいですが、家にはありません。 チャーシュー代わりにチャーシューっぽい豚肉とねぎのかわりにモヤシ。 メンマの代わりにノリをトッピングしてみました。 富山ブラックを食べてみる こ、これが富山ブラック。 なかなかの黒ですね。 ネギがないので、彩りが微妙ですが、もやしと豚肉の白さがスープの黒さを引きたてます。 まずは、スープから。 「一口すすれば、黒胡椒のパンチに衝撃を受け・・」 一口目、なかなか辛いです。 胡椒の辛さですね。 「ふた口飲めば、奥深い鶏ガラと豚骨の余韻に浸り・・」 二口目飲んでみました。 やっぱり辛いです。 しょうゆと胡椒ですかね。 「み口味わえば、もうやみつき・・」 さすがに、連続で飲むのはやめて(笑)ラーメンを食べながら飲んでみます。 富山ブラックを食べた結果は ラーメンは、ちぢれ麺です。 ノンフライ麺。 食べてみると、結構おいしいです。 辛いけど。 胡椒と麺がからんでいい感じです。 辛いけど。 もやしがいつも水分が出てしまったりするのですが、今回はちょうど良く中和している模様。 もやしが入ってなかったらもっとヤバかったかもしれないです。 袋麺のスープを飲むのは体に悪いからやめろと言われても飲んでしまう私ですが、このスープはさすがに飲み干せず。 チャレンジはしたものの、どうしても飲めませんでした。 というわりには飲んでますけど(笑) 結果というか、感想としてはそれなりにうまいと思いますが、しょっちゅうは食べられないですね。 しょっぱさに負けてしまうので。 対策としてはお湯を多めにいれるとかですかね。 でもそれじゃ富山ブラックの良さがなくなりそうですし。 もし興味がある方がいらしゃいましたら、Amazonで売ってます(笑) 福岡にも富山ブラックのお店がありました。 が閉店されたようです。 このラーメンは賛否が別れる気がします。 おそらく好きな人は好きだと思いますけども。 話のネタにもできますし、知人へのお土産に最適かもです(笑) カップ麺もありました。 「麺がおいしくなりました」ってわざわざ書いてます。 頂いたクリックを励みに、新しいお店や面白スポット開拓頑張ります! 【インスタントではない、おすすめラーメン店記事です】.

次の

富山ブラックラーメンって?|富山ブラックサイダー|トンボ飲料

ブラック ラーメン

ルーツ [ ] 頃、中心部での復興事業に従事していた食べ盛りな若者のランチとして、また汗をかく肉体労働者のための塩分補給として、を濃くしたスープのラーメンを作ったのがルーツである。 この時は屋台であったが、後に屋号を「大喜」として富山市西町に店を構えた。 頃、当時の店長が閉店を決意したが、有限会社プライムワンが屋号を買い取り、「西町大喜」の店名で多店舗展開した。 この頃、富山のラーメン情報を扱う草の根ので、「大喜」に加え「麺家いろは」「竜豊 現在は閉店 」「めん八」「万里」といった富山県内の比較的黒いスープのラーメン屋を総称して 富山ブラックと呼ぶようになった。 これらの店舗の中には、当初違う種類のラーメンを提供していた店や「中華料理店」の類であったものが、注目度の上昇に合わせて富山ブラックに主軸をシフトしたところも少なくない。 特徴 [ ] 2007年夏季に大手メーカーから発売された富山ブラックの即席麺 「ご当地ラーメン」ではあるが、富山市内の特定の店舗のラーメンが発祥であり、もとより富山県内で色の濃いスープのラーメンがメジャーだったわけではない。 ご当地ラーメンとして知名度を獲得し、提供される店舗が大幅に増えた現在も、シェアの面で多数派の地位を得るには至っていない。 元々肉体労働や運動後の塩分補給、あるいはを添えて食べることを意識した味付けであり、総じて塩辛い味付けであることが特徴。 この味付けは客が店に飯を持ち込み、ラーメンをおかずとして食べるというスタイルの中で生まれたものである。 飯持ち込みが当たり前であった誕生当時の伝統を引き継ぎ、発祥の地である「大喜」西町本店ではライスをメニューに含めていない(大喜の他店舗や後発のラーメン店ではほとんどがライス注文可能)。 盛りのサイズは大と小があるが、一般的には小で他のラーメン店の並の大きさである。 スープは醤油の濃度が高く、さらに上から大量の粗挽き黒胡椒をかけられており、胡椒の風味が強い塩辛さを持っている。 はメンマ、ノリ、など普通のラーメンと変わりはないが、比較的の量が多い。 またメンマがかなり塩辛い場合がある。 麺は太く、少し固めの店が多い。 メディア・広域展開など [ ] 「ラーメン評論家」として知られるは自著『無敵のラーメン論』でご当地ラーメンとして触れているほか、のラーメンガイド 、ラーメンコラム などで数度話題に取り上げている。 『』(、)に中部代表として富山市の「喜八」が出場して富山ブラックを披露した。 にはから、にはとから、にはからそれぞれ富山ブラックを再現したおよびチルド麺が全国発売されている。 でから3年連続売上1位を記録するなど、県外への積極的な営業展開で知られるのが「麺家いろは」()である。 に常設店を持っているほか、、、のや日本各地のに出店している。 海外ではや・への出店もみられる。 出典 [ ].

次の

富山ブラックは県民に賛否両論!? しょっぱいけど癖になるご当地グルメ「ブラックラーメン」は新潟に進出すべきだ

ブラック ラーメン

わたしはドンキで100円以内で買ったと思います。 そして、オリジナルのインスタント辛ラーメンが5つで410円。 プレミアムのブラック辛ラーメンは4個で680円。 辛ラーメンは1つ多く入っている上に、安くなっていたというのもあって最も安く、 ブラック辛ラーメンが最も高値で高級品です。 ひとつで計算すると、辛ラーメンのカップラーメンがひとつ120円程度、辛ラーメンのインスタントがひとつ82円、ブラック辛ラーメンはひとつ170円と大きな価格差です。 ブラック辛ラーメン・辛ラーメン・辛カップラーメンの標準栄養成分比べ まずは3つの標準栄養成分(裏面)から見比べてみましょう。 少ないとは思っていましたがこんなにも少ないとは。 おやつじゃん。 笑 内容量が一番多いのはブラック辛ラーメンですが、わたしはこの差だけで 170円の値段に納得はできません。 やっぱり、 中身でプレミアム感を味わいたいです。 いま改めて思いましたが、インスタントで1つ170円って普通に高すぎます!よく買ったな…。 ブラック辛ラーメン・辛ラーメン・辛カップラーメンの中身比べ 次は、それぞれ中に入っている小袋。 と、プレミアムの ブラックには小袋が3つついていて、どれを先に入れていいのか悩みましたが、赤い袋と緑色の袋を麺と一緒にいれ、黄色い袋は後入れのようです。 では食べていきましょう。 ブラック辛ラーメン・辛ラーメン・辛カップラーメン食べ比べ ブラック辛ラーメンの後入れ粉末が白かったので、完成したものも少し白っぽいスープになりました。 辛ラーメンはプリッとちゅるっとした麺で、スープは辛さがガツンとくる感じ。 ブラック辛ラーメンの麺は、オリジナルの麺と変わりないように感じました。 そして、スープは見た目の通りややマイルド。 にんにくの風味がしっかり効いていて、ひき肉が沢山入っていました。 辛さは、 カップ麺が一番辛くなく少し甘みも感じました。 そして、ブラックがマイルドな分、少しだけオリジナルの方が辛い気がしました。 が! オリジナルとブラックの辛さは、どちらもそんなに変わりありません。 好みは分かれると思いますが ブラックは辛ラーメン感が全くないので、辛ラーメンとは別の物として食べてみるのをおすすめします。

次の