検察庁 法 改正 案 に 抗議 し ます 芸能人。 「#検察庁法改正案に抗議します」声上げた著名人たち ミュージシャンから俳優、漫画家まで: J

検察庁法改正案に反対した芸能人・有名人まとめ?なぜ法案反対?

検察庁 法 改正 案 に 抗議 し ます 芸能人

内閣が検察幹部の役職定年を延長できるようにする検察庁法改正案に対し、SNSのツイッター上で9日から抗議のツイートが相次ぎ、10日午後時点で380万を超えた。 一般の人々に加え、俳優、作家、映画監督、漫画家、ミュージシャンら各界著名人も「#検察庁法改正案に抗議します」というハッシュタグをつけて続々投稿。 前例のない大規模ネットデモの様相となった。 検察の独立性が脅かされる事態に、国民の怒りが噴出した形だ。 この国を壊さないで下さい」 ラサール石井(タレント)「これはもうデモです。 今叫ばなければいけないことは、自粛中でも届けることはできる」 西郷輝彦(歌手)「これはダメですよ」 水野良樹(ミュージシャン=いきものがかり)「どのような政党を支持するのか、どのような政策に賛同するのかという以前の問題で、根本のルールを揺るがしかねないアクションだと感じています」 谷山浩子(シンガー・ソングライター)「右とか左とか、どの政党を支持してるとかしてないとか、政治に関心があるとかないとかも関係なく、さすがにこれはどこから見てもダメでしょう」 能町みね子(エッセイスト)「今まで晋三がやったことのなかでこの件がいちばん悪辣だからな…。 火事場泥棒のようなことはやめろ」 村山由佳(作家)「猫と美味しいもののことだけ呟いていたかったけど、これは駄目だ。 これだけは駄目だ。 日本の最高権力者が、自分を守ってくれる人間を検察のトップに据えようとしてる。 国民をナメとんのんか、ワレ。 ハッシュタグで声をあげよう。 数で動かせるものがまだあると信じて」 入江悠(映画監督)「うそついて退学させられそうなので担任の先生を買収する、みたいな」 白石和弥(映画監督)「本当にこの国が壊れていく」 末次由紀(漫画家)「この国の話で、人ごとじゃない」 ヤマザキマリ(漫画家)「三権分立崩壊の危機に冷や汗が滲み出てきたので護符としてモンテスキューの肖像を貼る」 DaiGo(メンタリスト)「意味があるかはさておきの布マスクは届かないにもかかわらず、権力闘争は抜かりない総理」 宮本亜門(演出家)「このコロナ禍の混乱の中、集中すべきは人の命。

次の

検察庁法改正問題で、日本人が「芸能人の政権批判」を許せない3つの理由

検察庁 法 改正 案 に 抗議 し ます 芸能人

加藤清隆、竹内久美子、百田尚樹…安倍応援団が「 検察庁法改正案に抗議します」に「中国の陰謀」「テレビ局が黒幕」とトンデモバッシング! 2020. 11 加藤清隆、百田尚樹ら「 検察庁法改正案に抗議します」攻撃のトンデモ リテラ 検察庁法改正案に抗議する芸能人たちへリプライ(返信)を送りつける加藤氏Twitter 安倍政権が手下である黒川弘務・東京高検検事長を検事総長に据えるため、後付けで定年延長を合法化しようと企む「検察庁法改正案」。 とりわけ失笑を禁じ得ないのが、時事通信出身の右派政治評論家・加藤清隆氏だ。 たとえば、「 検察庁法改正案に抗議します」のハッシュタグをツイートした俳優の浅野忠信に対しては〈浅野君、こういうデタラメな陰謀論に与せず、役者として全うして下さい。 期待してます〉と謎の上から目線で説教。 元格闘家の高田延彦に対しては、〈プロレスで忙しくて知らないのだろうが、検察庁改正案は65歳定年制導入のため〉などとリプライ。 また、文筆家の武田砂鉄氏に対しては〈陰謀論って便利だよな〉などと噛みつき、〈もうこれ以上、保身のために都合良く法律も政治もねじ曲げないで下さい。 この国を壊さないで下さい〉と訴えた俳優の井浦新に対しては、〈「保身のために都合良く」って、誰のため?もしそれが安倍総理のことを指しているのなら、改正検察庁法が施行される22年4月段階でまだ安倍さんが総理だと思う?絶対ないとは言い切れないが、90%以上の確率で現役ではないよ。 それでも陰部論に与する?〉(原文ママ)とリプライを飛ばしていた。 Twitterでは、一方的に行われる的外れな攻撃リプライ(返信)を俗に「クソリプ」と呼ぶが、加藤氏のリプはまさに「クソリプ」そのものだろう。 そんな加藤氏によるクソリプのなかでも一番笑えたのが、ミュージシャンのきゃりーぱみゅぱみゅへのクソリプだ。 抗議の意思を表したきゃりーに対して、加藤氏は〈歌手やってて、知らないかも知れないけど、検察庁法改正案は国家公務員の定年を65歳で揃えるため。 安倍政権の言いなりになるみたいな陰謀論が幅をきかせているけど、内閣が検察庁を直接指揮することなどできません。 デタラメな噂に騙されないようにね。 歌、頑張って下さい〉とクソリプ。 これにはきゃりーも〈歌手やってて知らないかもしれないけどって相当失礼ですよ、、、、〉と反論していたが、当然だろう。 職業や属性など関係なく、誰にでも政治権力を批判できることこそ民主主義の条件だからだ。 もっとも、こうした加藤氏のクソリプには一般ユーザーからもツッコミが続出。 〈加藤清隆って言う人 検察庁法改正案に抗議します でツイートしてる有名人にいちいち「騙されないように」「本職を全うしてください」とか書いてるけど余計なお世話だし、だいたいこの人誰なんや?〉など、「というかあんたこそ何様だよ」と総スカン状態になっているのである。 改めて安倍応援団のレベルの低さが満点下に知れ渡ったわけだが、さらに連中はこの「 検察庁法改正案に抗議します」のムーブメントに対して、なんと「黒幕は中国政府だ」などと言い出している。 〈どう考えても150万とか200万とか〔のハッシュタグのツイート数〕が事実ならば、裏で糸を引いている奴がいるのだろう。 もしかしたら、中国とつながっているかも知れない。 そういう怖さを今ひしひしと感じている。 中国はなりふり構わず、日本を取りに来ている。 呼応する日本人がいかに多いか。 政界官界経済界マスコミ法曹界にも。 〉 検察庁法改正案に反対するのが「中国とつながっている」「中国は日本を取りに来ている」って、この人は何を言っているのだろう。 あえて真面目に突っ込んでおくが、だいたい安倍政権はいま、経済政策や習近平国家主席の「国賓来日」をはじめとして、いま、東アジア情勢のなかで表向き親中的な姿勢をとっている。 その安倍政権がやろうとしている検察庁法改正案にどうして中国が政治的な思惑で介入しようというのか。 まったく、論理も政治勘もへったくれもないだろう。 こんな人が数年前まで時事通信で「特別解説委員」を務めていたとか、同じ釜の飯を食った田崎史郎氏といい、いったいどうなっているのかと聞きたくなってくるではないか。 というか、安倍政権の政策や不祥事に市民から批判が集まるたびに、安倍応援団文化人たちは「中国の脅威」を吠えて、目線を変えようと必死に足掻くのだ。 加藤氏だけではない。 〈ここ数日の尖閣侵入の本気度、今日の芸能人がいっせいに「検察庁法改正案に抗議」の動きを見て、中国が本気で日本をとりにきている、いやまず試しおったなと思った。 負けないぞ!えいえいおー!〉 「いやまず試しおったな」って頭が悪すぎて言葉を失うが、とにかく、安倍応援団の頭のなかは「安倍政権批判に負けないぞ!えいえいおー!」というレベルであることは確からしい。 他にも、あの百田尚樹氏は〈安倍政権を叩きたいだけの野党は、本当は問題ではないのを知りながら「問題だ!」と騒いでいるのはいつものことだが、頭の悪いタレントは、本気で批判しているからイタイ〉〈しかし気になるのは、これらのバカタレントを大量に動かしているのは誰かということ。 この黒幕は誰なんだろう。 百田センセイは普段、テレビ局や芸能人が政権への忖度、スポンサーやファンの目を気にしていかに政治的発言を控えているかご存知ないのか。 それでも、今回はさすがのひどさに「おかしいものはおかしい」と声をあげざるをえなくなった芸能人が続出しているというのが真相なのである。 彼らは〈著名人の皆様 ハッシュタグの件もいいですが その勢いで 竹島、尖閣、北方領土、拉致被害問題、香港民主化 近隣諸国問題や その他諸々の問題も ハッシュタグつけて呟いてくれへんかな?〉(ほんこん)、〈〔引用者注:尖閣諸島周辺で中国船の領海侵入が続くと報じた産経ニュースをツイートしながら〕個人的には今国民的に声を上げるべき、報道されるべき現実問題だと思います〉(つるの)などと、話題をすり替え、検察庁法改正案の問題を矮小化することに必死になっている。 だが、連中がどれだけ荒唐無稽な陰謀論や話のすり替えをまくし立て、安倍首相を擁護しようとも、もはやほとんどの人たちが、その詐術や愚かさに気がついている。 実際、前述した芸能人・文化人たちだけでなく、小泉今日子や城田優、古舘寛治、水原希子、鈴木砂羽、元AKB48の秋元才加、水野良樹(いきものがかりの)、岸田繁(くるり)、日高光啓・末吉秀太(AAA)、コムアイ(水曜日のカンパネラ)……挙げていけばキリがないほど多くの人たちが、いち市民という立場から法案に反対の声をあげてきた。 安倍応援団やネトウヨの難癖や攻撃は今後も続くだろうが、だからこそ、まっとうな声をあげている芸能人や文化人は、その圧力に屈してほしくない。 きゃりーぱみゅぱみゅは11日に〈理由はファンの人同士での私の意見が割れて、コメント欄で激論が繰り広げられていて悲しくなり消去させて頂きました〉として、抗議のツイートの削除してしまった。 しかし、メルヘン世界の住民と化している安倍応援団以外、誰がどう見ても、今回の「検察庁法改正案」は異常なのだ。 この現実は揺るがない。 絶対に、廃案にしなければならない。 (編集部) 検察庁法の改悪に極右安倍応援団がろくでもないTweetを連発しているのは知っていた。 2・3取り上げて批判しておいたが、批判するのもバカバカしくなるような愚劣な内容だ。 極右はビジネスとしてやっている輩が多く、無視するかブロックで対処するのが一番だろう。 彼らは〈〔引用者注: >尖閣諸島周辺で中国船の領海侵入が続くと報じた産経ニュースを >ツイートしながら〕個人的には今国民的に声を上げるべき、 >報道されるべき現実問題だと思います〉(つるの)などと、 >話題をすり替え、検察庁法改正案の問題を >矮小化することに必死になっている。 つるのって桜を見る会問題の時に「桜を見る会問題なんて どうでも良いんで来年、台風被災者に桜を見せてあげてください!」 と呟いて20万以上のいいねを獲得したあの 超弩級で尚且つ親学を信仰するカルト的な毛が生えた馬鹿か。 内は補足。 2011年には「政権 民主党 がこれでは 大地も怒りますよね」等と呟いた人間が 一体どういう風の吹き回しだろうな。 : : [7] >検察庁法改正案に反対するのが「中国とつながっている」 >「中国は日本を取りに来ている」って、この人は何を >言っているのだろう。 あえて真面目に突っ込んでおくが、 >だいたい安倍政権はいま、経済政策や習近平国家主席の >「国賓来日」をはじめとして、いま、東アジア情勢のなかで >表向き親中的な姿勢をとっている。 その安倍政権が >やろうとしている検察庁法改正案にどうして中国が >政治的な思惑で介入しようというのか。 まったく、 >論理も政治勘もへったくれもないだろう。 こんな人が >数年前まで時事通信で「特別解説委員」を >務めていたとか、同じ釜の飯を食った >田崎史郎氏といい、いったいどうなっているのかと >聞きたくなってくるではないか。 数年前に流行った「中国包囲網」も何処吹く風。 中国公船、過去最多に 尖閣接続水域 既に998隻確認 会員限定有料記事 毎日新聞2019年12月2日 東京朝刊 にも拘らず安倍自民党は「中国との関係は 今までになく良好」だとほざいた。 民主党が 下野して以降に外国人を入れまくっているのは 自民党。 それはデータでも明らかで急激な 伸びを示している。 種子法も改正して グローバル企業に日本を売り渡そうとしている。 コロナ下で春節 インバウンド に走って 中国人を大量に呼び寄せたのは安倍。 これらは誇張でも何でもなく事実でしかない。 水道民営化 外資に門戸を開く もあったな。 売国政権を支持する売国野郎共。 まったく、論理も政治勘もへったくれもないだろう。 「恐るべき中国の対日陰謀工作」[1]は一九七二(昭和四十七)年から知られて居る。 韓国は文政権が「対日世論工作」強化画策 来年度予算3倍確保している。 リテラは知らないのか? それとも知っていて知らない振りをしているのか? [1] 恐るべき中国の対日陰謀工作 藤 誠志 改めて読んで驚愕した中国共産党の秘密文書 先日この「AppleTown」の読者から、こんな手紙を沿えた小冊子が送られてきた。 「日本民族覚醒のために健筆を揮ってくださるお姿に感動しております。 同封の資料、以前頂いたものですが、本日古い資料を整理していて再び読み返し、まさに戦慄を覚えます。 今までの総理大臣方のいろいろな発言等思い出し、改めてチャイナスクールの意味をかみしめました…」。 同封の国民新聞社発行の小冊子に書かれていた記事のタイトルは『中国共産党「日本解放第二期工作要綱」』。 中央学院大学の故・西内雅教授が一九七二(昭和四十七)年に入手した中国共産党の秘密文書だ。 非常に重要な文書だと思われるので、一部を除いてここに再掲する。 (引用始め) A 基本戦略・任務・手段 一、基本戦略 我が党は日本解放の当面の基本戦略は、日本が現在保有している国力の全てを、我が党の支配下に置き、我が党の世界解放戦に奉仕せしめることにある。 第二 マスコミ工作 大衆の中から自然発生的に沸き上がってきた声を世論と呼んだのは、遠い昔のことである。 次の時代には、新聞、雑誌が世論を作った。 今日では、新聞、雑誌を含め所謂「マスコミ」は、世論造成の不可欠の道具に過ぎない。 マスコミを支配する集団の意思が世論を作り上げるのである。 30 中央日報(29日、日本語版)によると、対日外交強化予算は、「韓日新時代複合ネットワーク構築事業」という名目で、日本にある韓国公館が講演会などを開くための予算だという。 何と、今年度の3・3倍の51億ウォン(約4億5000万円)を確保する意向とされる。 これとは別の項目で、米国と中国、日本、ロシアでの世論戦のための「政策公共外交予算」に、今年度の2・6倍という72億ウォン(約6億3000万円)を配分している。 米ワシントンで世論戦を仕掛ける費用が多いようだ。 韓国は以前から、「国際世論戦」に長けているといわれる。 このせいか、日本には現在でも「韓国の代弁者」のような政治家やメディア、識者が多い。 今後、韓国を持ち上げて日本を貶めたり、急に韓国批判を控えるような人物が出てくれば、要注意すべきだろう。 : : [1] TV見ないので よく知らないので 調べて見ました。 ------------------------------------------------------------- 加藤清隆の出身高校や大学や家族など|評判悪い? より 抜粋 名前 加藤清隆(かとうきよたか) 生年月日 1952年5月18日(現在67歳) 出身地 長崎県長崎市 職業 政治評論家 高校 長崎県立長崎北高等学校 大学 早稲田大学政治経済学部 加藤清隆は長崎県出身の現在67歳で、政治評論家・ジャーナリスト・拓殖大学客員教授の 肩書があります。 家族構成は奥さんと娘が2人いるのは確実です。 4人家族でしょうか?娘さんのどちらかが 昔イギリスで留学の経験があります。 ・評判は圧倒的に悪いけど、擁護する人も思った以上にいた 加藤氏はツイッターをすごくまめにされています。 でも、、 「口は災いのもと」って言葉を作った昔の人、偉い。 負けないぞ!えいえいおー!〉 中国が日本の領土を奪いに来てるのが本当だったとして、 検察庁法の改正の話と関係ないじゃん! 中国が奪いに来たのを阻止するために、なぜ、検察庁法を改正しないといけなんだ? 憲法9条廃止を訴える自民党なら、日本の領土が中国に奪われない、 憲法9条維持を訴える他の党だと、日本の領土が中国に奪われる と本気で思ってるのか? 中国の領海侵犯に対して撃退行動をとらない理由は、自民党の政治判断です。 9条関係ない。 9条は撃退のための殺人を容認している。 自分の領土内は、戦争ではなく9条の対象外でマフィアの射殺と同じ。 中国の領海侵犯に対して撃退行動をとれないのは、 他の党が憲法9条を維持させるせいではなく、 自民党が政治判断で「撃退せず」と決めてるから、だけです。 尖閣侵入を許してるのを、他人のせいにするな! 自民党が自衛隊に命じればいくらでも撃退のための攻撃も殺人もできる。 憲法上は、中国マフィアの射殺と同じ。 もしそれをすると核ミサイルを撃ち込まれるという理由で泣き寝入りしてるのです、自民党がな、自民党が。 : : [252] 取る取らないなどと、戦国時代のような感覚の学者が安倍首相サイドにいるようだが、本音と建て前、裏と表を使い分ける日本の風土下では、内閣からして、表向きは米国軍産勢力に煽られ中国を敵国とした防衛装備の爆買いをしている一方、裏では二階氏らが常に二千人以上の財官を引き連れて中国に外遊し交易を担っているようだ。 今回の武漢発のコロナ禍で、蓋を開けてみれば大手自動車会社を含め、何十社もの日本企業の武漢支社が存在し関係者が一斉帰国するなど、中国と一戦交える勢いの日頃の日本政府の報道しか知らない多くの国民は、武漢から蜘蛛の子を散らすように一斉に引き上げる日本企業と関係者の映像に、一様に驚愕した筈だ。 従って、中国が日本を取りに来るのでは無く、日本から寄って行っているのが実態であることが今回の武漢からのコロナ避難騒ぎで明らかになったのである。 安倍首相と二階氏がどのような信頼関係にあるのかは不明だが、例えば二階氏がせっせと千人単位の経済人を引き連れて中国外遊に出向いていたにもかかわらず、一方ではあからさまな中国敵視ツイートを学者や評論家らにさせるのが安倍首相の方針だとすると、国際外交に於ける党方針は破綻している。 自民党は船頭多くして船山に登っているのに気付かないとも言えるだろう。 で?「ほんこん」「つるの剛士」 何で「尖閣諸島問題」関係あんの〜? オマエ等「太鼓持ちの達人」はホーム・ステイで「🐴」「🦌」の種付けでもしてろ! って云うか、「中国」は経済後退国の「ニッポン」なんて相手にする程、暇じゃ〜無いヨ!。

次の

検察庁法改正案に抗議している有名人は誰?名前は?

検察庁 法 改正 案 に 抗議 し ます 芸能人

その後も《もう一度言っておきます! 検察庁法改正案に抗議しますなどと、繰り返しハッシュタグを投稿している。 こちらが実際のツイートです。 — 株式会社明後日 asatte2015 もう一度言っておきます! — 株式会社明後日 asatte2015 何度も何度も検察庁法改正反対のツイートをしてますね。 000. 000超えました。 この目に焼き付けました。 — 株式会社明後日 asatte2015 私、更に勉強してみました。 読んで、見て、考えた。 その上で今日も呟かずにはいられない。 この国を壊さないで下さい。 「政治の話題だから」とか、「ネトウヨが面倒だもん」とかではなく、「悪いものは悪い」と、ちゃんと意思表示をしましょう。 私たちが良くても、私たちの子や孫や曾孫や玄孫のためには。 これは本当抗議する人でるよなあという問題ですね。 本当にいま急いで検察庁法案の審議しなくっていいですよね。 コロナ感染拡大を鎮静化させることが重要だと思いますがね。 検察庁法改正案に抗議しますに対する堀江貴文さんのコメント動画 ホリエモンが、 検察庁法改正案に抗議しますに対するコメントに対して吠えています! そのホリエモンの動画がこちら。 まとめ 検察法の改正に反対する芸能人・有名人のまとめてみました。 また、検察庁法案改正の何が問題なのかを解説しました。

次の