煉獄杏寿郎 後ろ。 『鬼滅の刃』愛知県のご当地イラストが公開。炭治郎たちは名物を満喫し、善逸はスケートを披露。煉獄さんの後ろにはイケメンゴリラらしきシルエットが(ファミ通.com)

【鬼滅の刃】煉獄杏寿郎の強さを考察【最新情報】

煉獄杏寿郎 後ろ

偽善と言われても構わない。 自分勝手と罵られてもいい。 この世界では、男尊女卑が当たり前だ。 一族の血を未来へ受け継がなくてはならないのだとしたら。 由緒正しい家系であり、子供を産んでもらわなくてはならないのだとしたら。 (だからと言って、煉獄さんの顔は不幸に満ちていた……) 本当はそういう選択は取りたくないのだろう。 もしかしたら好きな人と一緒に……と、考えているかもしれない。 でも、現実とは無情なもの。 片腕を失った彼女は剣士として生きることはできなくなる。 鬼と戦う前線から退く行為を母親が悪いと考えて、それでこうやって子を産めと命じられるのであれば……。 でもそれは、家族のためだと言いながらも自分の気持ちを優先していないものならば。 『私はもう、剣士ではない。 ただの女として頼みたい。 君には……竈門少年。 君にだけは、知られたくなかったことなんだ。 私の身を案じているのなら……この場から立ち去ってほしい』 煉獄家の家前で俺は立ち尽くす。 ここで帰ってはならないと分かってはいる。 ここで引き返したら、煉獄さんの一件は取り返しのつかないことになると分かってはいる。 でも、彼女が言っていた言葉を思い出しては足が進まなくなるんだ。 悲痛に満ちた顔。 儚く泣きそうな雰囲気に心が呑まれた。 煉獄さんの匂いは不幸でいっぱいの苦そうなものしかなかった。 生かしたことに、後悔なんてしていない。 でも、そんな顔をさせたいために、生きていてほしいと未来をねじ曲げようとした訳じゃないのに……。 「むー」 刹那、背中に背負う箱から、カリカリという引っ掻く音が聞こえた。 「禰豆子?」 「むむん!」 怒ったような声がする。 何故だろうか。 「どうしてそこで行動に移らないのお兄ちゃん!」……と、叫ぶような声が聞こえる。 背中を押すように、ドンッと強く箱が叩かれた。 その衝撃で身体がふらついて……転ばないようにとするためか、妹に活を入れられたからか、足でしっかり立つことができた。 だから、地面ではなく前を見ることが出来たんだ。 煉獄さんの顔を見なかったふりなんてできないと思えたんだ。 「……そうだな。 決断しきれないのが、兄ちゃんの悪い癖だ」 両手で頬をパチンと強く叩きつける。 覚悟を決めて前へ進む決意をした。 「行くぞ禰豆子!」 「んむー!」 大きな歩幅でズンズンと家へ入る。 そこは、大きな屋敷だというのに静かな空気が漂っていた。 その中で音がする方へ早足で行く。 それより奥に煉獄さんの匂いがすることが分かっているから、そちらへ目指す。 男が来るからか何かしらの用意をしていたらしい煉獄さんに似た少女がいても気にせず、煉獄さんの匂いを追いかけた。 「ふぇぇ!? お、おとこのひちょ……そ、そこは、姉上の……ふぇぇまってくださいぃ!」 「すまない! 今は煉獄さんに会いに来たんだ!! 話ならあとで聞くよ!」 俺の言葉を聞いてか、少女はびくりと顔を赤らめ、プルプルとまるで庇護欲をそそる小動物のように涙目でしゃがみこんだ。 ……普通ならそこで心配して少女に手を差し伸べるくらいはするだろう。 でも今は、煉獄さんのことしか頭にない。 幸いにも、まだこの家へ呼び寄せた男が来ている訳じゃないらしい。 屋敷の奥。 その部屋にいるのは2人の女性の匂い。 「失礼しますっ!!!」 部屋を開けて見れば、そこにいたのは煉獄母娘だった。 「か、まどっ、少年!? 何故ここに!?」 「先程の隊士か。 あなた、何をしにここへ来たの」 おろおろとしている煉獄さんとは違い、その母親がキッと目付きを鋭くさせつつ俺を睨み付けた。 「突然で失礼! 俺は煉獄さんが見知らぬ男と子を結ぶことに反対してやって来たんだ! 初対面でこんなことを言うのも悪いけど! 娘の幸せを思うならこういうの無理強いするのよくないと思う!!」 「なにをいっているんだ君は!!?」 むんっ! と頬を膨らませた俺に対して煉獄さんが珍しく困惑しきりで怒ったように頭を叩いてきた。 でも、それを気にせず今の勢いのまま俺は言う。 「親が子供の幸せを願わず、家の義務をと子供を産ますのはどうなんだ!? いくら男性が少ないせいだとしても、俺はそれに納得なんていかない!」 「納得がいかないならどうするつもりだ」 俺の熱を冷ますように。 突然来た邪魔物を排除する匂いを発する。 冷徹のような冷たい声が聞こえる。 「現状を見ろ。 男がいないのは大昔からだ。 呪われているのではないかと思えるぐらい、生まれた子の性別比率も違う。 男が生まれてもすぐ鬼に殺されてしまう」 この世界での問題を彼女は俺に諭すように言う。 冷めた声で。 今お前は何をしでかしているのかわかるかしら? とでも言うかのように、皮肉を込めて言葉を紡ぐ。 「……その原因は無惨のせいじゃないかと判断されるぐらいだ。 わかるかしら、坊や。 剣技の力を持つ次の子を成して、煉獄家を受け継いでもらわないといけないの。 そう言った煉獄母に、否定の言葉はない。 納得できる内容だ。 女であるならこの身体を活かせと言うのもわかる。 (分かってる。 俺だって竈門家を継いでいかなきゃいけないから、結婚しなきゃって思ってるよ) でもこれは違う。 「俺は煉獄杏寿郎さんの幸せを願っている!!」 生きてくれたことに感謝しよう。 死亡フラグが消えたかもしれないことに、安堵しよう。 「男が少ない原因が無惨なら! 俺は無惨を倒す!」 嘘ではなく本気で倒すと誓う。 妹を人間に戻すのと同じく、家族の敵である無惨だけは許してはならないと分かっているから。 「煉獄さんのお母さん! 俺は煉獄杏寿郎さんの悲しそうな顔なんて見たくはない! 俺が必ず無惨を倒すと誓おう! 上弦を倒して、無惨を倒して、それで世界を元の性別の比率へ戻してみせる!!」 だから頼むと、煉獄さんの腕を引っ張って俺の腕の中に閉じ込めた。 煉獄さんはただ呆然と俺の言葉を聞いていた。 引っ張った俺に抵抗なんてせずに、ただ俺の胸元で、顔を見上げてきたんだ。 「ふっ……アハハハハハハハッ!!!」 「は、母上!?」 「いやなに、なかなか愉快なことをいう小僧だと思ったよ。 ……娘を幸せにしたいとほざくなら、取引をしようか」 笑っていた時は煉獄さんみたいに可愛らしく見えたのに、今は違う。 冷たい目が、俺を捉える。 「その痣と耳飾りが気に食わない。 しかしお前がそう頼むのなら……そうね、2年でどうかしら?」 「に、ねん?」 「そう、2年で鬼を殲滅すること。 それが出来ないなら娘と子を結んでもらう。 それはすなわち、煉獄家の物として扱われるに等しい。 正直いってどんな扱いなのかは知らない。 でも煉獄さんの顔面蒼白な顔を見ていればだいたいわかる。 男としてというよりは、奴隷みたいなものとして見た方がいいだろう。 「2年……」 短い。 短すぎる無茶な取引だ。 理不尽なものだから俺が出来ないと言うに決まってると、思っているのかもしれない。 「1年と言いたいところを延ばしてやったんだから感謝ぐらいして当然でしょう。 ねえ坊や、できるだろう?」 鋭く挑発する言葉に、覚悟を決めて前を見た。 「当然だ!! 俺は絶対に、無惨を倒す! 杏寿郎さんを、幸せにする!!!」 「か、竈門少年!!!?」 先程とは違った意味で悲痛の声が上がる。 しかしそれに反応したのは、部屋の外でこちらを様子見していたあの転んでしまった小さな煉獄少女だった。 そう念を押す彼女にムッとしつつも、何度も頷いてやった。 ・・・ 疲れたような顔で煉獄さんがふらふらと外に出て俺を見送ってくれる。 「気にするな竈門少年。 母は君を八つ当たりにする標的と見定めただけだ……しばらくすれば気も変わるだろう。 君は私ではなく好きな娘と一緒になってくれ」 「えっ、嫌ですよ」 「えっ」 ぽかんと口を開いた煉獄さんに対して、俺はただ真剣に言う。 「もちろん2年経っていなくても……どんな形でもいい。 絶対にあなたを不幸にはさせません。 煉獄杏寿郎さん」 あの時に死んでおけばよかっただなんて思わせない。 片腕を失うだけでよかったと思えるような人生にするんだ。 それは俺が生かした責任だから。 あの時に死んでしまったかもしれない煉獄さんを救ったのは俺だから。 俺がとるべき責任は、ちゃんと背負って生きてくつもりだから。 「あの戦いのあと死んでおけばよかったという後悔なんてさせません。 俺があなたを幸せに……生きていてよかったと思えるようにします。 ……もちろん煉獄さんが嫌だというなら無理強いはしない。 でも俺は、あなたを幸せにしたいって思ってますから」 同じ歩幅で歩いていたはずなのに、いつの間にか俺は前を歩いていた。 だからその時は、まだ気づかなかったんだ。 いつの間にか煉獄さんの歩調がゆったりとしていた事実に。 俺の後ろ姿を見ていて、胸をギュっと片手で押さえていたことに。 「煉獄さんが生きていて凄く嬉しかった。 救われたんだ。 「君は、ずるいな」 ただ不意に、呟くように聞こえてきた。 「男がそんな風に女に優しくするもんじゃない。 「いいや……なあ竈門少年。 君のことを炭治郎君と呼んでいいかな? 君には……いや、止めておこう」 何かを悩むように。 でもすぐに、俺をまっすぐに見つめて。 「君を、炭治郎君と呼んでいいか?」 「えっと、それはもちろん。 良いですけど……」 「そうか。 煉獄さんの声で後ろを見た俺は、彼女が笑ってくれたことにほっと安堵しただけだった。 (……ハッ。 そういえば鋼鐵塚さんどうしよう。 アッハイ帰りますすぐに。 だから禰豆子さん箱をドンドンするの止めてくれぇ!!.

次の

【鬼滅の刃】煉獄杏寿郎の強さを考察【最新情報】

煉獄杏寿郎 後ろ

鬼滅の刃66話のネタバレ 煉獄杏寿郎の最期 煉獄の刀を首に残し、炭治郎の投げた刀が胸に突き刺さったまま猗窩座は逃げ、辺りは日光が照らしていた。 煉獄は最期に炭治郎に思い出したことを語る。 煉獄は家に歴代の炎柱が残した手記があるのだという。 それにヒノカミ神楽についてもなにか記載があるかもしれないと語る煉獄。 炭治郎は呼吸で止血するように言うが、煉獄は助かる方法はなく自分はもうすぐ死ぬのだと言った。 話せるうちに話すと言った煉獄は弟・千寿郎には「心のまま正しい道を進むように」、そして父には「体を大切にするように」と伝えてくれと残した。 そして炭治郎に、「汽車の中で血を流し人を守った禰豆子を信じ鬼殺隊の一員だと認める」と言った。 「残された後輩たちが今度は鬼殺隊を支える柱となるのだ」と炭治郎たちに言った煉獄の目には、炭治郎の後ろに立つに病死した母の姿が見えた。 「自分はやるべきことを果たせたのだろうか」と母に問えば、母は微笑み、「立派にできた」と煉獄をほめる。 死んだ煉獄杏寿郎 煉獄の亡骸を前に、炭治郎たちは涙を流す。 伊之助も涙を流しながらも、炭治郎に「悔しくても泣かずに煉獄が信じてくれたことに応えるべきだ」と言った。 戦いは終わり、煉獄の訃報は産屋敷と柱たちにも伝えられる。 それを聞いたお館様は二百人の乗客を守った煉獄をほめ、そして「自分ももう長くは生きられないから寂しくはないのだ」と言った。 鬼滅の刃66話の扉絵とタイトルの考察 66話の扉絵には太陽の光を背にして立つ煉獄の姿が描かれています。 正に太陽のような煉獄の誇りを猗窩座は奪うことはできませんでした。 66話のタイトルは「黎明に散る」です。 朝日が昇った明け方、黎明に煉獄は散っていきました。 鬼滅の刃66話の名台詞 「竈門少年、俺は君の妹を信じる。 鬼殺隊の一員として認める。 」 汽車の中で血を流しながら人間を守った禰豆子を見た煉獄が最期に炭治郎に残した言葉です。 胸を張って生きろと告げた煉獄の信念はまるで太陽のようでした。 煉獄の残した言葉は炭治郎たちに刻まれ、そしてその心を燃やす火種となりました。 鬼滅の刃66話の感想・考察まとめ 戦いが終わり朝日が昇る中煉獄は命を落としました。 煉獄を亡くしたことに涙を流す炭治郎に対して伊之助が泣きながら発破をかけました。 最初はバラバラだった炭治郎、伊之助、善逸の三人ですが互いを支え合い励まし合い戦う良き仲間となりました。 また一つ大切なものを失った人々。 そしてお館様ももうすぐ死ぬのだと口にしました。

次の

【鬼滅の刃】煉獄杏寿郎の強さを考察【最新情報】

煉獄杏寿郎 後ろ

コンテンツ• 鬼滅の刃 煉獄杏寿郎は甘露寺蜜璃を継子にしていた WJ43号、本日発売! 『鬼滅の刃』第127話掲載しています。 そして、 炎の呼吸を学んでいました。 しかし、 オリジナリティの要素が強かったため、独立します。 その後炎の呼吸を基に、 恋の呼吸を編み出しました。 結果、恋の呼吸は、炎の呼吸の 派生であるといえます。 鬼滅の刃 煉獄さんは甘露寺さん以外も継子にしていた 100話達成記念のツイートでは たくさんのお祝いの言葉 ありがとうございました! これからもよろしくお願いします!! 本日はWJ15号発売です。 『鬼滅の刃』第101話、掲載中! ぜひチェックしてください! そして今週のアイコンは… 心はいつまでも燃え続ける…! みんなの兄貴・煉獄さん!! しかし、弟子がいる様子はありませんでした。 理由は 稽古があまりにも辛く、ほとんどの者が逃げ出すからです。 面倒見が良い煉獄さんも、稽古のときは容赦がなかったのでしょうね。 また、他の柱に継子がいないのも、 同様の理由でした。 そのため蟲柱の継子 カナヲは、その辛い稽古にも耐えてきた凄い人物になります。 鬼滅の刃 煉獄さんの稽古に甘露寺さんがついて行けた『動機』 本日WJ52号発売です!! 『鬼滅の刃』第136話掲載中! ぜひご一読ください。 今週は、湯上り後でいい気分!? 結婚相手が欲しくて、鬼殺隊に入隊しました。 彼女は、 自分よりも強い男性が好みです。 しかし、筋肉密度が他の人の 8倍ある 特異体質でした。 そのため、力がとても強かったのです。 男性たちは、甘露寺さんの女性らしさとはかけ離れた強さから、皆逃げ出しました。 ショックを受けた彼女は、 強い男性を求め、鬼殺隊に入隊します。 自分よりも強いのは、 柱だと考えました。 なかなか会えない柱に会うため、 自らも柱になることを誓います。 努力の結果、見事柱になったのです。 彼氏候補としては、現在文通している蛇柱 伊黒さんが有力ですかね。 鬼滅の刃 煉獄さんと甘露寺さんが師弟関係だと納得できるシーン 煉獄さんが亡くなったのを、彼女が聞いたシーンです。 甘露寺さんは、 とても悲しそうな表情をしました。 他の柱よりも、表情の変化が激しい彼女です。 しかし、あまりにも大きく ショックを受けているようでした。 煉獄さんの教え子だったため、 師匠の訃報を聞き悲しんでいたのです。 鬼滅の刃煉獄さんは甘露寺蜜璃を継子にしていた! 『考察』 煉獄さんが どうして甘露寺さんを継子にしたのかを、考えてみます。 甘露寺さんは、入隊当初から他の隊員よりも強かったはずです。 そして平隊員たちを、自分よりも弱いと感じたでしょう。 その実力を見込んだ 煉獄さんが、炭治郎たち同様に スカウトしたと考えます。 筋肉量が常人よりも多い彼女は、辛い稽古も苦しいとは感じていないでしょうね。 筋肉量が多いと、 体は疲れにくくなります。 なので、厳しい稽古にも耐えられ、柱にまでなれたのでしょう。 鬼滅の刃を無料で視聴する方法を紹介! 視聴されていた方は多いでしょう。 そんな中で、何話か見逃していませんか? または、最初から見たいなと感じていませんか? そこでおすすめなのが、 「U-NEXT31日間無料トライアル」です。 31日間、 無料でお試しできる動画配信サービスです。 UーNEXTにはレンタル作品と見放題作品があります。 レンタル作品は、別途お金がかかります。 しかし鬼滅の刃は、全話見放題作品なので、 追加料金はかかりません。 また、期間内に解約すれば無料です。 実際に試してみましたが、本当に期間内は無料でした。 解約方法も実に3分ほどで終わります。 鬼滅の刃煉獄さんは甘露寺蜜璃を継子にしていた! 『まとめ』.

次の