マルチ ポイント イヤホン。 Bluetoothのイヤホンの「マルチポイント」機能について、分かる方教えてく...

【Bluetoothヘッドセット・ヘッドホン】マルチポイントの設定方法は?/...

マルチ ポイント イヤホン

イヤホンやマウス、スピーカーといった外部機器と、スマホやPC、タブレットを無線で接続するBluetooth。 煩わしいコード類から解放してくれる便利な通信技術だが、なぜイヤホンは1機種づつしか同時に接続することができないのに、たとえばイヤホンとマウスだったら同時に接続することができるのか、疑問に思ったことはないだろうか。 Bluetooth機器は1台のスマホに同時に複数接続できるのか、できないのか? その鍵を握るのは、「マルチペアリング」や「マルチポイント」、「デュアル Bluetooth」といった機能だ。 進化を遂げ、便利だけど少々ややこしい、これらの機能について解説する。 「マルチペアリング」とは? まずは「マルチペアリング」について説明しよう。 そもそも「ペアリング」とは、スマホなどの親機とBluetooth機器で登録作業を行い、お互いを認識させること。 これは機器同士の通信の安全を確保するのが目的で、原則としてBluetooth機器はペアリングをオンにしないと利用できない。 そしてマルチペアリングは、1台のBluetooth機器に対し、複数の親機を登録する機能のこと。 たとえば、1つのBluetoothイヤホンにスマホ、タブレット、音楽プレーヤーといった複数の親機を登録し、設定を記憶させることが可能だ。 従来のBluetooth機器は親機を1台しか記憶できず、親機を切り替えるときにはペアリングをやり直さなければならなかった。 しかし、マルチペアリングならその手間はかからず、スムーズに親機を切り替えられる。 スマホやタブレットを複数持ちしている人はもちろんのこと、家族で1台のBluetoothスピーカーを共用したい場合などにも役立つだろう。 ただし、そのBluetooth機器に複数の親機を同時接続することはできない。 使用時の出入力における親機と子機の関係は、あくまでも1対1だ。 なお、マルチペアリングできる台数は製品ごとに決まっている。 上限を超えた場合は、登録した日時が古い親機から順番にペアリングが削除されるので気をつけたい。 「マルチポイント」とは? 続いては、マルチペアリングをより強化してくれる「マルチポイント」について紹介する。 こちらはマルチペアリングした複数の親機を、1台のBluetooth機器に同時接続できる機能だ。 たとえば、ひとつのBluetoothイヤホンに2台のスマホを同時接続しておけば、どちらのスマホに着信があってもBluetoothイヤホンで対応できる。 電話番号の異なるスマホを、仕事用と個人用で使い分けている人などに重宝するだろう。 ほかにも「PCで動画視聴に没頭していて、スマホの着信に気づかなかった……」というケースを防いだり、音楽プレーヤーからお気に入りの曲を流しつつスマホで通話したりもできる。 また、マルチポイントで同時接続できる台数も製品ごとに決まっている。 マルチペアリングの上限よりも少なく設定されていることが多いので、製品の購入時にはあらかじめ確認しよう。 ちなみに、同時接続する機器が多いほど、Bluetooth接続も不安定になりやすいためご注意を。 Bluetooth機器は種類ごとに「プロファイル」が割り当てられている Bluetooth機器は一般的に「ヘッドホンとスピーカー」「スマートウォッチとカーナビ」など、種類の似ている機器を同時に使うことができない。 実は、Bluetooth機器には種類ごとに「プロファイル」が割り当てられており、同じプロファイルの機器を同時に使用することはできない。 ヘッドホンとスピーカー、スマートウォッチとカーナビは、いずれも同じプロファイルの機器なのだ。 音声やデータの出入力、通信など、近い機能のものはプロファイルも同じ場合が多い。 逆にイヤホンとキーボードなど、異なるプロファイルの組み合わせなら同時に使えるようになっている。 主なプロファイルは以下の通り。 製品のプロファイルは多くの場合、メーカーの公式サイトや取り扱い説明書などに記載されている。 「デュアルBluetooth」対応機器なら、同じプロファイルの同時接続が可能 ただし、同じプロファイルのBluetooth機器でも同時に使用できる場合がある。 それが「デュアルBluetooth」だ。 こちらは、スマホなどの親機に2つのBluetoothチップを内蔵することで、同じプロファイルの機器での同時接続を可能にしたもの。 デュアルBluetoothはさまざまなシチュエーションで活用できる。 たとえば、ヘッドホンで通話しながらスピーカーでBGMを流したり、2種類のイヤホンを同時に使用して音質を聴き比べたり……。 また、スマートウォッチやスマートバンドの愛用者はもちろんのこと、複数のBluetooth機器を持ち歩いている人にとっても、いちいち使用中のデバイスの接続を切らなくても別のデバイスを使えるのは快適だろう。 デュアルBluetoothの対応機器は少ないが、たとえばSamsungのGalaxy S8には「デュアルオーディオ」機能が実装されている。 Bluetoothでペアリングした2台のオーディオ機器に対し、同時に音楽を出力できる。 つまり、イヤホンとスピーカー、イヤホンとヘッドホンなどの組み合わせで、同時に音楽を流すことが可能なのだ。

次の

スマホ2台持ちユーザに最適な、マルチポイント対応ワイヤレスヘッドセット

マルチ ポイント イヤホン

今回ご紹介するのはこちらのProxell Bluetoothイヤホンです。 3000円以下と安価ながら、apt-Xに対応していたり、防水であったりなどなど機能も兼ね備えたワイヤレスイヤホンです。 それでは音質など詳細に見ていきたいと思います。 開封・同梱物 非常にシンプルな箱で届きます。 同梱品は• イヤホン• ケース• 説明書• イヤーチップ となっています。 外観 ケースはハード目でイヤホンを安全に収納できる しっかりとした作りとなっています。 3000円という価格なのに嬉しい限りです。 イヤーチップ部分は一見するとカナル型にも見えるのですが、平べったい独特の形状にイヤーフックがついた 独自のデザインとなっています。 逆側はロゴが入っており、その部分が磁石となっています。 ですから、左右で引っ付けて 使わない際にはブレスレット状にすることで引っかかることを防ぐという使い方もできます。 今やワイヤレスイヤホンに数多く採用される定番の仕様とも言えますが、やはり絡まりにくく便利なのは間違いありません。 リモコンは、比較的大きめに押しやすく設置されています。 またワイヤレスイヤホンにありがちなケーブルのあまりのたるみを調節できます あまり他では見ない仕様なので嬉しいポイントです。 また本体は 赤色と黒色の2色から選択できます。 赤色はカジュアルめでかっこよく、黒色はシックでシンプルな色合いとなっています。 装着感 上でも述べた通り、 イヤーチップが平べったい独特の形状となっています。 ですから、耳の奥まで入れるカナルとは違い耳に負担がかかりにくくなっています。 肝心の装着感はまずまずといったところで、イヤーフックがしっかりと耳のくぼみに引っかかりずれるといったことはありませんでした。 ただ、フィット感はなかなかシビアで、私の場合左耳はジャストフィットしましたが、右耳はイヤーチップを変えてもどこかしっくりこない印象も受けてしまいました。 もちろん、右耳も問題なく使用できるのですが、最高の状況で使おうと思えば、相性が問われるイヤホンだとも思いました。 音質 音声は非常にクリアで音楽を聴く上でノイズが入ったりなどの問題は感じられません。 音質もなかなかよく、商品ページで「力強い低音を実現」と書いてある通り、低音を重視しているという印象を受けました。 高音もそれなりに開放感ある音を楽しむことができますが、上段の低音重視が強めで 若干バランスを欠いているようにも感じました。 ただ総じて3000円以下という 価格帯を考えれば大満足の音質と言えると思います。 遅延・通信の安定性 Youtubeで動画を見るなどで使って見たが、 特に遅延を感じることはありませんでした。 またapt-xに対応しているということもあり、Androidユーザーであれば、ほぼ無遅延の環境を実現できるのではないでしょうか。 通信も安定しており、プツプツ途切れるということもありませんでした。 防水・接続時間 またこちらの商品は IPX5等級の防水性能を備えており、スポーツの際などにも重宝されます。 また充電1時間で7時間使用できるというロングバッテリーでもあり、通勤・通学・トレーニングの途中で切れてしまうという心配もありません。 マルチポイント機能 このイヤホンの特徴とも言えるのが、マルチポイント機能です。 つまり このイヤホン一つで複数のスマホやPCと接続できる機能なのですが、 この価格帯で備えているイヤホンはなかなかありません。 頻繁に使う端末を切り替えるという方や、PCとスマホで並行して作業をする際などに重宝できる機能です。 まとめ ここまで、イヤホンの詳細についてレビューしてきました。 マルチポイント機能など他にはない機能もあり、防水や長い接続時間、クリアな音質などワイヤレスイヤホンとして重要な部分もカバーされていると思います。 何より3000円以下という価格帯というのが嬉しいポイントです。 また、安価なワイヤレスイヤホンはカナル型であることが多いので、カナル型は耳が痛くなるからと敬遠していた方にとっても、大きな選択したり得るのではないでしょうか。

次の

【レビュー】コスパ抜群ながら機能も備えたProxelle Bluetoothイヤホン|マルチポイント機能!

マルチ ポイント イヤホン

ボタン部分に記されたロゴは控えめで、アウトドアテイストただようデザインです。 イヤホンの重量は 約12gと一般的。 ケースの外装はシリコンの吹付加工で上質感があり、指紋が付きづらい仕様となっています。 ケースはコンパクトで、と 双璧 そうへきをなすレベルです(27. 0 x 36. 6 x 62. 4mm)。 背面には充電用の USBタイプC(USB-C)が付き、汎用性の高いポートなのがありがたや。 同梱品は本体とUSB-Cケーブル(30cm)、シリコンイヤージェル3セット(ひとつは本体装着済)です。 バッテリー性能は優秀 はそこそこロングバッテリーモデルに仕上がっています。 イヤホンだけで 最大7. 5時間、ケース合わせて 最大28時間(約4回分)使用可能です。 高速充電もサポートし、たった 15分の充電で60分間も使うことができます。 こちらは 2台まで同時にBluetooth接続が可能というものなんです! 例えば、ノートPCとスマホに同時接続し「ときにはノートPCから流したい、またあるときはスマホから」といった具合で、音声を流した側のデバイスに自動的に切り替わります。 同時再生はできませんが(必要性もないですがw)、ノートPCでYouTube視聴しつつ、スマホで電話着信があったときはそのまま出れるなど、日常での利便性はかなり高いです。 まずユニークな機能として「 Find My Jabra」があります。 こちらは「自分のイヤホンがどこにあるのか分かる」という代物で、小さくて失くしやすいワイヤレスイヤホンだからこそ大変ありがたい機能です。 右長押し 音量アップ• 左2回押す 曲送り(次の曲)• 左長押し 音量ダウン イヤホンを耳から外すと 音楽が自動停止する機能もそなえています。 ただし片耳使用は、 親機である右イヤホンのみが対応しています。 音質は全体的に クリアサウンド志向となっています。 ボーカル音の抜けが良く、かなりきれいに出せている印象を受けました。 低音に特徴があり、なかなか重ためなので、ヘビメタやラウドロックを聴く人に適したイヤホンといえます。 音質コーデックは SBCとAACのみに対応しています。

次の