蝉 季語。 季語・蝉

蝉時雨(蝉しぐれ)の意味と時雨に隠された意図とは?季語としての使いかたもマスターする! │ 知るメディア!

蝉 季語

スポンサーリンク (1)正岡子規(まさおかしき) まずは、正岡子規の俳句から・・・ 正岡子規は、近代俳句・短歌の祖と呼ばれる明治時代の俳人です。 なぜそう呼ばれるのかというと、江戸時代まで俳諧と呼ばれていたものを「俳句」という名称にし、平安時代に失われていた和歌とは別の「短歌」という言葉を復活させたからです。 それについては、こちらの記事でくわしくお伝えしています。 これから先にご紹介するホトトギス派の俳人は、ほとんどが高浜虚子の弟子でした。 その高浜虚子の師匠が、正岡子規です。 それだけ、近代の俳句や短歌に与えた影響の大きい人だということなのです。 ・ふきもせぬ 風に落ちけり 蝉のから ・蝉なくや 砂に短き 松の影 ・いろいろの 売声絶えて 蝉の昼 ・ぬけがらの 君うつせみの うつつなや ・まほろしや 花の夕の 蝉衣 ・花夕立に 蝉の飛び行く 日影かな ・みちのくの 玉川蝉の 名所かな ・みちのくや 出羽へ出ても 蝉の声 ・汗を吹く 茶屋の松風 蝉時雨 ・蝉の声 絶えて水音 山深し (2)水原秋桜子(みずはらしゅうおうし) 水原秋櫻子、名前に「秋桜(コスモス)」が入って美しいですが、本名は水原豊という男性の俳人です。 高浜虚子に俳句を学んでいましたが、後に離反しました。 ホトトギス派の代表といわれた 「ホトトギス四S(シイエス)」の1人です。 ちなみに、 「ホトトギス四S」は、水原秋櫻子、山口誓子、阿波野青畝、高野素十の4人です。 本業は産婦人科医で、実家が皇室御用達の産科だったたため、彼もたくさんの皇族の赤ちゃんをとりあげたそうです。 ・あぶら蝉 夜明の土に ゐてあゆむ ・いま鳴くは 夜蝉ならずや 星月夜 ・はかどらぬ 稿や夜明の 蝉ひとつ ・みんみん蝉 立秋吟じ いでにけり ・露の蝉 鳴き渋りゐる 彌撒の前 ・鳴き交す 蝉は見えねど 幹ふたつ ・月ながら 雨いくたびや 油蝉 (3)山口誓子(やまぐちせいし) 山口誓子は京都の俳人で、本名は山口新比古(ちかひこ)という男性です。 先にのべた 「ホトトギス四S(シイエス)」の1人でしたが、後に秋櫻子についてホトトギス派を離脱しました。 ・あかつきの 蝉と聞きつつ 又眠る ・かすかなる 蝉や吾等も 声低く ・しゆくしゆくと 蝉鳴き夏は もどりけり ・ほふし蝉 海の景色の 裡にやむ ・この刻を 待ち一斉に 蝉鳴き出づ ・遠き蝉 近くの蝉に 鳴き及ぶ ・一本の 樹のしみじみと 蝉鳴けり ・蝉のこゑ ピアノの深部 ひそまりて (4)山口青邨(やまぐちせいそん) 山口 青邨は岩手県出身の俳人で本名は吉朗といいます。 本職は 鉱山学者で、師匠は高浜虚子でした。 ・わが庭を 蝉の生るる 聖地とす ・あるあした 書屋の柱 蝉這うて ・おのづから 倚る樹定まり 蝉は落つ ・かく高く 誘ふか幹の 恋の蝉 ・この森の 蝉取の子に 木は高く (5)中村汀女(なかむらていじょ) 中村汀女は、本名は破魔子(はまこ)という女性の俳人です。 昭和を代表する女流俳人ですよ。 ・おいて来し 子ほどに遠き 蝉のあり ・かかる日に 聞く初蝉と 思ひゐし ・このときの わが家しんと 蝉高音 ・暁の その始りの 蝉一つ (6)中村草田男(なかむらくさたお) 中村 草田男は、高浜虚子の弟子でした。 本名は清一郎(せいいちろう)。 「ホトトギス」で学びながら、ニーチェなどの西洋思想の影響も受けてます。 ・月島や 三文玩具の 蝉鳴いて ・山頂の 丘や上なき 蝉の声 ・聖代めく 蝉時雨にぞ めぐりあへる (7)飯田蛇笏(いいだだこつ) 飯田蛇笏といえば、芥川さんゆかり人(?)という印象があります。 蛇笏は芥川龍之介と手紙のやりとりをしています。 芥川龍之介が自殺することはなければ、直接会っていたのではないかなと思えますよ。 芥川龍之介の死に際して、蛇笏は『雲母』に芥川追悼の句を発表しています。 山梨県出身で、同じく俳人の飯田龍太は蛇笏の息子です。

次の

蝉 2

蝉 季語

唖蝉(おしぜみ) にいにい蝉 みんみん蝉(深山蝉:みやまぜみ) 油蝉 熊蝉 蝉時雨(せみしぐれ) 落蝉(おちぜみ) 初蝉 蝉(せみ) デジカメ写真 季語の意味・季語の解説 ============================== 蝉は幼虫として数年間を地中で過ごした後、死ぬ前の最後の一週間程度を成虫として地上で過ごす。 木の幹や枝に止まり、求愛のために鳴く。 ただし、鳴くのはオスだけで、メスは鳴かないため、メスのことを唖蝉(おしぜみ)という。 梅雨明け頃からにいにい蝉が鳴きはじめるが、晩夏になると、みんみん蝉(みやまぜみとも言う)のミンミン、油蝉のジジジジ、熊蝉のシャーシャーなどの声が聞かれるようになる。 法師蝉のツクツクホウシの声、蜩(ひぐらし)のカナカナカナの声も夏のうちに聞かれるようになるが、これらの蝉は俳句歳時記では秋の季語に分類される。 これらの蝉が一斉に鳴いて賑やかな状態を蝉時雨(せみしぐれ)といい、俳句でもよく使われる。 落蝉(おちぜみ)は、死期が近づき地面に落ちてもがいている蝉、あるいは既に息絶えた蝉であり、「あはれ」を感じる。 初蝉は、その年、初めて聞く蝉の声を指す。 季語随想 ============================== 「蝉は七年も暗い土の中で暮らし、やっと明るい地上に出ても、たった七日で死んでしまう…」 幼い頃そう聞かされて、「蝉とはずいぶん可愛そうな生き物だ」と思った記憶がある。 でもそれは、「蝉はたった七日の本番のために、七年もの準備期間を過ごす」という見方で大人が話すのを聞いたからである。 そうではなく、「蝉の一生における本番は、土の中で安らかに過ごす七年間であり、地上に出る七日間は、子孫繁栄のための最後の奉仕なのだ…」 そんな見方をすれば、蝉の一生は、手本にしたくなるような、少し羨ましい一生のようにも思えてくる。 「今」という時間を、「未来」のための準備期間のようにとらえ、「がんばらなくては、がんばらなくては」と生きるのも一つの価値ある人生だ。 しかし、心に無理をかけず、安らかな日々を積み重ねながら、ゆっくりと晩年を迎え、最後に何かささやかな奉仕でもする… そんな人生も悪くはないと、近頃思える。 絵画をスキャナーにて取り込み 季語の用い方・俳句の作り方のポイント ============================== 蝉を季語に俳句を詠む場合、動きの少ない静まり返った景の中に、その声を響かせてやると、佳句が生まれやすいようです。 景の静けさと蝉の声が、お互いをよく引き立てるからです。 閑さや岩にしみ入蝉の声 (松尾芭蕉) 閑さ=しずかさ。 入=いる。 蝉鳴や行く人絶ゆる橋ばしら (与謝蕪村) 蝉なくや見かけて遠き峰の寺 (勝見二柳) 亡き父の挿みし栞蝉時雨 (凡茶) 栞=しおり。 また、蝉の声を、暑い夏を象徴するものとして扱った俳句を詠んでみるのもよいと思います。 蝉なくやつくづく赤い風車 (小林一茶) 裏山の蝉の声浴び粥の日々 (凡茶) 粥=かゆ。

次の

『増殖する俳句歳時記』検索: 蝉

蝉 季語

セミは、夏という季節の最も体表的な昆虫と言えます。 まさに夏の風物詩の一つとして、古来より多くの俳句に登場してきました。 多くは夏の季語として使われてきましたが、中には秋の季語として使われている俳句も存在しています。 蝉のことを詠んだ俳句 閑さや岩にしみ入る蝉の声 という、芭蕉の有名な俳句があります。 これはもちろん夏の句です。 松尾芭蕉が奥の細道の中で、出羽国の立石寺に参詣した時に詠んだ句で、芭蕉の中でもかなり有名な俳句の一つでしょう。 実際に奥の細道の日付をたどっていくと、芭蕉が7月ごろに詠んだ句だということが分かっています。 やはり蝉は夏というイメージが定着していますね。 俳句を鑑賞する側としても、夏の暑い盛りに蝉が鳴いている情景を頭の中に思い描きながら俳句を味わうのではないでしょうか? 余談になりますが、実はこの句に登場する蝉の種類について、明治の頃に文壇でちょっとした論争になりました。 アブラゼミか、ニイニイゼミかということで歌人の間で対立があったようですが、様々な研究の結果、結局はニイニイゼミだったということで結論付けられています。 スポンサードリンク 秋の蝉は秋の季語 ところが、蝉は秋の季語として使われることがあります。 正確には、蝉ではなく、秋の蝉というのが季語となります。 夏が終わっても、鳴き続ける蝉は確かにいます。 特に昔の暦では、夏の終わりも秋の始まりも少し早目になりますから、秋の蝉と言っても何らおかしくはありません。 ただ、夏真っ盛りの時期の蝉と比べて、秋の蝉は若干元気がなく、鳴き声が小さくなってしまうのは致し方ありません。 夏が過ぎて、秋が深まるにつれて、だんだん弱々しくなっていく蝉の鳴き声に、俳人がわびさびを感じて俳句を読むのは、なんとも風流の国である日本らしいではありませんか。 夏の虫である蝉を、敢えて秋の蝉として俳句に詠むことで、一層味わいが増すわけです。 実際に、秋の蝉の俳句を読んだ俳人は、たくさんいます。 例えば、小林一茶は 仰のけに落ちて鳴きけり秋のせみ という句を読んでいます。 秋の蝉の俳句は、いずれも何となく物悲しい雰囲気が漂う俳句が多いようです。 まとめ 蝉は夏の虫で、俳句では夏の季語として使われますが、秋の蝉という秋の季語としても使われます。 季節を過ぎた蝉を秋の季語として使うことで、味わい深い寂寥感のある俳句を作ることができるのです。 スポンサードリンク.

次の