木下 優樹 菜 報道。 木下優樹菜・恫喝メール騒動が拡大…友人・鈴木紗理奈も炎上、夫・藤本敏史にも飛び火か

木下優樹菜、タピオカ店主へ恫喝メール、脅迫罪の可能性も…テレビ各局、一斉に起用自粛の動き

木下 優樹 菜 報道

まさかの大みそか離婚を発表したお笑いコンビFUJIWARAの藤本敏史(49)とタレントの木下優樹菜(32)。 2020年はそれぞれがタレントとして活動していくことになるが、木下はいまだにバッシングの渦中にある不利な状況だ。 果たして彼女は苦境を抜け出すことができるのか。 19年12月31日、「夫婦としてのすれ違いや生活のずれが重なり、話し合いを重ねた結果このような結論に至った」とコメントを出して離婚を発表した2人。 今回の離婚もそこが原因かと思われましたが、それ以前からけんかが絶えず、別居すら取り沙汰されていたとのこと。 木下のインスタグラムにも以前は藤本がよく登場していましたが、最近はほとんど姿を見せていませんでしたから」とスポーツ紙記者。 当の藤本は離婚の翌日である今年元日の早朝からバラエティー番組に出演し、さっそく離婚をネタにしていた。 一方の木下は活動自粛中とあって、不利な状況だ。 「木下にとってネガティブなネット記事も多く、さすがにインスタへの投稿も、擁護する声が上がっています」と芸能サイト編集者。 「しかし、タピオカ騒動もいまだに解決する様子はなく、下手をすれば訴訟に発展する恐れもある。 そうなると、2020年中の復帰すら危ぶまれますね」とも。

次の

木下優樹菜の現在は?偽装離婚説やお金に困っていない説を調査!

木下 優樹 菜 報道

タレントのが、姉のタピオカドリンク店を巡るトラブルについて謝罪した。 木下の姉が8月にオープンさせたタピオカ店だが、今月6日になり、木下は突然自身のインスタグラムで「もうお店には行かなくて大丈夫です」と姉とオーナーがトラブルになったことを報告。 トラブルの一因となったのは、木下が店を宣伝したことだったといい、給料明細がまだ渡されていないことを告発していたが、その後、オーナー側の人間と思われる人物がツイッターで木下から送られたというDMを公開。 「弁護士たてて、法的処理、いくらでもできる 原文ママ 」「事務所総出でやりますね」「覚悟決めて認めなちゃい おばたん」などとつづられていた。 DM公開後、木下について「恫喝では?」などの批判が寄せられることとなったが、木下は10日夜になりインスタグラムを更新し、灰色の画像を投稿。 「この度は、私の自己中心的な発言により、相手の方、相手の関係者の方々に大変不快な思いをさせてしまい、誠に申し訳ございませんでした」と謝罪した。 さらに、木下は「私の発言はいくら大切な家族のための事とは言え一方的な凄く幼稚な発言だったと思います」と公開されたDMが本物であることを示唆。 感情的になってしまったことを反省し、相手には誠意を伝えるといい、「この報道を見て不愉快な思いをされた方、本当に申し訳ございませんでした。 事務所にも大変迷惑をかけました」とし、重ねて謝罪の言葉をつづっていた。 この投稿に木下のファンからは、「これからも応援してます!」「姉思い!最高かよ」「人間だし、時には感情的になりますよね」というエールが寄せられているものの、一方では、「報道されなかったら謝罪しなかったんですか?」「恫喝は幼稚のレベルを超えてます」「事務所出したから事務所に怒られて謝罪したんじゃないですか?」という厳しい声も。 また、「不都合なコメント消さないで」「DMの内容書いたコメントは消すんですか?」と、木下が批判コメントを削除してる疑惑も上がっている。 「木下からのDMを公開していたツイッターアカウントは、木下の謝罪後に更新し、謝罪文を投稿することで、ファンがさらに店側を非難するのではないかと指摘。 さらに、『あれのどこに謝罪の念や誠意があるのかわかりません』と疑問も寄せていました。 instagram.

次の

木下優樹菜“電撃ヌード”のお値段は? タピオカ恫喝に離婚…巻き返しへ起死回生 (1/2ページ)

木下 優樹 菜 報道

タレントのが、姉のタピオカドリンク店を巡るトラブルについて謝罪した。 木下の姉が8月にオープンさせたタピオカ店だが、今月6日になり、木下は突然自身のインスタグラムで「もうお店には行かなくて大丈夫です」と姉とオーナーがトラブルになったことを報告。 トラブルの一因となったのは、木下が店を宣伝したことだったといい、給料明細がまだ渡されていないことを告発していたが、その後、オーナー側の人間と思われる人物がツイッターで木下から送られたというDMを公開。 「弁護士たてて、法的処理、いくらでもできる 原文ママ 」「事務所総出でやりますね」「覚悟決めて認めなちゃい おばたん」などとつづられていた。 DM公開後、木下について「恫喝では?」などの批判が寄せられることとなったが、木下は10日夜になりインスタグラムを更新し、灰色の画像を投稿。 「この度は、私の自己中心的な発言により、相手の方、相手の関係者の方々に大変不快な思いをさせてしまい、誠に申し訳ございませんでした」と謝罪した。 さらに、木下は「私の発言はいくら大切な家族のための事とは言え一方的な凄く幼稚な発言だったと思います」と公開されたDMが本物であることを示唆。 感情的になってしまったことを反省し、相手には誠意を伝えるといい、「この報道を見て不愉快な思いをされた方、本当に申し訳ございませんでした。 事務所にも大変迷惑をかけました」とし、重ねて謝罪の言葉をつづっていた。 この投稿に木下のファンからは、「これからも応援してます!」「姉思い!最高かよ」「人間だし、時には感情的になりますよね」というエールが寄せられているものの、一方では、「報道されなかったら謝罪しなかったんですか?」「恫喝は幼稚のレベルを超えてます」「事務所出したから事務所に怒られて謝罪したんじゃないですか?」という厳しい声も。 また、「不都合なコメント消さないで」「DMの内容書いたコメントは消すんですか?」と、木下が批判コメントを削除してる疑惑も上がっている。 「木下からのDMを公開していたツイッターアカウントは、木下の謝罪後に更新し、謝罪文を投稿することで、ファンがさらに店側を非難するのではないかと指摘。 さらに、『あれのどこに謝罪の念や誠意があるのかわかりません』と疑問も寄せていました。 instagram.

次の