読み の わからない 漢字 入力。 Word 2016で読めない漢字を入力する方法:Word 2016基本講座

読めない漢字入力には「IMEパッド」が便利!その出し方と使い方

読み の わからない 漢字 入力

仕事柄、Macを使ってテキスト入力をよくします。 テキスト入力をする際、原稿に読めない漢字が出てくることがあります。 そんな時、Windowsなら手書き入力が標準で搭載されているので問題ないと思うのですが、Macには手書き入力の機能が搭載されていません。 (中国語用にはトラックパッドを使った手書き文字認識はありますが) ATOKを買えば手書き入力が可能になるのですが、わざわざ買う程でもないという方も多いと思います。 では、Macを使う人はどうやって読めない漢字を入力するのでしょう? Mac使いなら既に知っている方は多いと思いますが、意外に知らない方もいるのでは?と思い、読めない漢字の入力の仕方を書いておきます。 例えば 「瑪瑙」。 読み方がわかる方、いらっしゃるでしょうか? 「めのう」と読みます。 読み方がわかっていれば、すぐに漢字に変換できるのですが、わからない場合は以下のようにすれば、簡単に入力することができるのです。 まず「瑪」からやってみましょう。 この漢字は「王」と「馬」という2つの漢字で構成されていますね。 そこでテキストエディットやWord、InDesign等のアプリケーションで「王馬」と続けて入力します。 そして、その2つの文字をドラッグして選択します。 その状態で「ことえり」の入力メニューから「部品の共通な漢字を検索」をクリックします。 そうすると、一発で「瑪」が候補に出てきました。 次は「瑙」です。 これはなかなか複雑ですね。 私は「王災メ」で「部品の共通な漢字を検索」をかけました。 そうすると、「淄」という漢字が候補に出てきてしまいました。 でも、スペースキーを2回押すと「瑙」が候補に出てきました。 「部品の共通な漢字を検索」はショートカットも使えますので、覚えておくとすごく便利だと思います。 ショートカットはOS10. また、ことえり環境設定でショートカットに割り当てるキーを変更することも可能です。 「部品の共通な漢字を検索」は私が使っているIllustrator CS5. 1ではうまく動作しなかったので、もしかするとIllustratorには非対応なのかもしれません。 あと、同じ「ことえり」の入力メニューにある「関連文字に変換」も併用するといいでしょう。 こちらは異体字を簡単に入力することができるコマンドです。 啓文社ではデータ作成・各種印刷・スマートフォンやタブレット向けアプリの企画などを承っています。 お困りの方がいらっしゃれば、是非当社にご相談下さい。 経験豊富なスタッフが対応させて頂きます。 株式会社 啓文社 [大阪] 〒555-0023 大阪市西淀川区花川2-14-14 TEL. 06-6471-0431 FAX. 06-6471-4508 [東京] 〒102-0084 東京都千代田区二番町9-3 2F TEL. 03-6403-3962 FAX. 03-6740-1785 Mail Web カテゴリ タグ 28 21 13 4 3 2 2 2 2 1 1 最新の記事 at 2020-02-26 12:11 at 2020-02-04 13:42 at 2019-08-06 13:20 at 2019-04-22 11:33 at 2019-03-29 10:12 at 2018-12-28 15:46 at 2018-08-01 10:17 at 2018-05-28 17:26 at 2017-12-21 18:26 at 2017-11-17 11:57 以前の記事 検索 その他のジャンル.

次の

Word 2016で読めない漢字を入力する方法:Word 2016基本講座

読み の わからない 漢字 入力

読み方がわからない漢字は、部首や総画数で検索して入力できます。 ここでは例として、「宵」という漢字を部首で検索し入力します。 手順は、次のとおりです。 読み方がわからない文字は、手書き入力でも検索したり、入力したりできます。 メモ帳など、文字を入力できるアプリケーションを起動し、白い部分(入力領域)をクリックします。 状況に応じて、次を操作します。 通知領域に、入力インジケーターのアイコン(「あ」や「A」など)が表示されている場合 入力インジケーターのアイコンを右クリックし、表示されるメニューから「IMEパッド」をクリックします。 言語バーが表示されている場合 言語バーの「IMEパッド」ボタンをクリックします。 「IMEパッド」ボタンをクリックすると、メニューが表示される場合は、そのメニューから「部首」をクリックします。 左側の「部」と書かれた「部首」ボタンをクリックします。 ここでは「3画」をクリックします。 選択した画数の部首が一覧で表示されます。 部首の一覧が表示されている場所をスクロールし、目的の漢字の部首をクリックします。 ここでは「うかんむり」をクリックします。 選択した部首の一覧が表示されます。 漢字が表示されている一覧から目的の漢字を探し、漢字をクリックします。 検索された漢字の上に、マウスポインターをあわせると、漢字の読みを確認できます。 アプリケーションに、「宵」という漢字が入力されたことを確認します。

次の

Windows10 読み方のわからない漢字を入力する方法

読み の わからない 漢字 入力

IME パッドとは IMEパッドとはマイクロソフト社が提供している、 日本語の入力や変換をサポートするアプリケーションの1つです。 IMEパッドに付属している文字コード表の中から文字を選択するか、マウスやペンタブレットなどで直接手書きすることで文字を入力することができます。 一般的に、IMEパッドは読めない漢字を入力する際に活用されています。 読めない漢字を辞書で調べるなどの手間を省くことができるでしょう。 IME パッドの出し方 IMEパッドを使用するなら、まずはIMEパッドをパソコンの画面上に表示させる必要があります。 ここでは、Windows 10のIMEパッドの出し方についてご紹介します。 2-1. IMEパッドを表示する方法• パソコン画面の右下に表示される「A」や「あ」のアイコンを探す• 「A」や「あ」のアイコンを右クリックする• 右クリックして表示されるメニューから「IMEパッド」をクリックする• 「手書き」「総画数」「部首」などの項目から、目的に合わせて検索方法を選択する 3. 言語バーを表示させる方法 Windows 10で言語バーを使用しようと思っても、 そもそも画面上に言語バーが表示されていない場合があります。 ここでは、言語バーが表示されていない際の表示方法をご紹介します。 3-1. 言語バーを表示する方法• パソコン画面の左下にあるWindowsマークのアイコンをクリックし、 「歯車のアイコン 」を選択する• 「Windowsの設定」の中の 「デバイス 」をクリックする• 左メニューの「入力」をクリックする• 「キーボードの詳細設定」をクリックする• 「使用可能な場合にデスクトップ言語バーを使用する」にチェックを入れる• 「言語バーのオプション」をクリックして「デスクトップ上でフロート表示する」もしくは「タスクバーに固定する」のどちらかを選択し、「OK」ボタンを押す 「デスクトップ上でフロート表示する」を選択した場合、タスクバーには固定されず、デスクトップに浮いた状態で表示されます。 「タスクバーに固定する」を選んだ場合は、言語バーが画面の最下部に常に表示されます。 IMEパッドを頻繁に使用する方は、「タスクバーに固定する」を選択した方が良いでしょう。 IME パッドの使い方 IMEパッドは、 「手書き」「総画数」「部首」などから漢字を検索することができます。 好きな方法で調べてみましょう。 ここでは各検索方法の使い方をご紹介します。 4-1. 手書き入力• 手のイラストが描かれているアイコンをクリック• マウスの左ボタンをクリックしながら、画面に表示された正方形の空白部分に漢字を書く タブレットの場合は指で書いてください。 タッチペンやペンタブレットを持っている場合は、ペンを使って書くと良いでしょう。 文字を書いている段階で、候補となる漢字が空白部分の右側に表示される• 入力したい漢字が表示されたらクリック 4-2. 総画数検索• 「画」ボタンをクリック• プルダウンメニューから画数を選ぶ• 入力したい漢字が表示されたらクリック 4-3. 部首検索• 「部」ボタンをクリック• 部首の画数を選択• 表示された漢字一覧の中から入力したい漢字を選んでクリック.

次の