海老原育子。 海老原育子

米国で鍛錬されたSTEMな社長が伝授 若手に必要な事 (1/3):日経doors

海老原育子

海老原育子が死去で死因は病気?ネットではヤバいと話題? STEM分野で長年活躍してきた海老原育子さんには、経営者の目で、日経doors世代を含め、若手ビジネスパーソンに対して持ってもらいたいと思うスキルがあります。 (人気記事) — 日経doors 女性の働き方大図鑑 nikkeidoors 海老原さんの訃報について、朝日新聞デジタルなどは以下のように報じています。 ジョンソン・エンド・ジョンソンは30日、ビジョンケアカンパニーの代表取締役プレジデント、海老原育子(えびはら・いくこ)さんが24日に死去したと発表した。 54歳だった。 死因は非公表。 葬儀は近親者で営んだ。 連絡先は、同社ビジョンケアカンパニー、コミュニケーションズ&パブリックアフェアーズ(VCJ_Communications@its.jnj.com)。 2016年にコンタクトレンズ「アキュビュー」を手がける同社のビジョンケアカンパニーのトップに就いた。 理系出身の女性経営者として、メディアにも取り上げられていた。 海老原さんがトップを務めたジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社ビジョンケア カンパニーは、報道にもある通り使い捨てコンタクトレンズの アキュビューを手掛ける会社。 2016年10月に当時代表取締役プレジデントを務めていたデイビッド・R・スミスの退任に伴い、海老原さんがトップに就任しました。 日本でも親しみのある会社のトップの訃報に、ネットではその死因が大きな話題になっています。 ただ、2020年4月現在、世界中では 新型コロナウイルスの感染拡大によって、人々はかなりナーバスな状態になっています。 このことから、 海老原さんの死因非公表と新型コロナウイルスが何らかの関係があるのではないか?という憶測が広まっている状況です。 海老原育子の死因が非公表の理由は? 理系の人はもちろん、文理選択で悩んでいる人も必見! ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケアカンパニーの代表取締役プレジデント海老原育子さんに、ご自身の進路やリケジョのキャリアについて伺いました。 ただ、もし本当に新型コロナウイルスが関係しているのであれば、報道機関だけでなく国や各自治体からしっかりと死因が公表されるはずです。 感染拡大防止という意味でも、死因を公表しない理由はありません。 このことを考えると、 新型コロナウイルス関連で亡くなったという可能性は限りなく低いでしょう。 日本国内では、死因が非公表になる理由として遺族の意向や個人の意向がもっとも多いです。 実際、癌でなくなった芸能人なども死因の非公表を遺族が希望し、数年後に公表されるというケースも珍しくありません。 例えば、有名なところで言えばラグビーで有名になった平尾誠二さん。 『平尾誠二を語る』到着。 オンラインでもざっくり読んだけどパラパラ見てるだけで涙腺緩んでくる…。 ただ、その後時間が経ってから胆管細胞癌を患っていたことが公表されています。 このときも、必要以上に世間から騒がれたくないという遺族の気持ちから死因非公表となりました。 彼女の経歴や学歴を紐解いていくと、エリートコースを歩んできたことがわかります。 過去に日経doorsでインタビューを受けた際に記事に掲載された略歴によれば以下の通り。 1990年、東京大学大学院理学系研究科修士課程修了。 住友スリーエム(現スリーエムジャパン)に技術職として入社した後、99年米本社に転籍した。 インターナショナルディレクターとして、感染予防部門で約60カ国にわたるグローバル戦略とその展開を担当。 2003年、ミネソタ大学にてMBA取得。 2013年ジョンソン・エンド・ジョンソンに入社。 最高執行役員を経て2016年、代表取締役プレジデントに就任 高校などの詳しい学歴は記載されていませんが、大学院卒業後はまさにエリート街道。 まさに文字通りのキャリアウーマンでした。 ネットの反応 今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか? ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。 まだお若いのに残念ですね。 この時期に死因不明は憶測を呼びますから、死因不明とするならばいっそのことお亡くなりになられたことも非公表にしたら良かったのではと思います。 代表取締と言うお立場上、お亡くなりになられたことは取引先にお知らせしなければならないとは思いますが死因不明が目立ちます。 ご遺族や故人の意思を尊重しなければならないですが公表の仕方も難しいですね。 新型コロナなら公表するはず。 注意喚起も兼ねて。 ご冥福をお祈り致します。 コロナのワクチンの件でとんでもない秘密を知ってしまったとか?.

次の

スギ薬局/新社長に杉浦克典常務

海老原育子

1990年、東京大学大学院理学系研究科修士課程修了。 住友スリーエム(現スリーエムジャパン)に技術職として入社した後、99年米本社に転籍した。 インターナショナルディレクターとして、感染予防部門で約60カ国にわたるグローバル戦略とその展開を担当。 2003年、ミネソタ大学にてMBA取得。 2013年ジョンソン・エンド・ジョンソンに入社。 最高執行役員を経て2016年、代表取締役プレジデントに就任 海老原さんは、新卒入社した住友スリーエム(現スリーエムジャパン)で光学系システムやヘルスケア事業の開発などに従事した。 就職先にメーカーを選んだのには「自分が研究開発に携わった製品が工場で作られるところを見たい」「その商品を消費者から評価されたい」という夢があった。 日本と米国で研究実績を重ねている最中に、ビジネスの基本を学ぶ必要があると一念発起し、1997年から約6年かけて研究生活と米MBAスクールの二足のわらじを履いてMBAを習得した。 そして転職を経て2016年に、社長というトップマネジメント職に就く。 海老原さんがMBAを取ろうと決意したのは、 現場のエンジニアたちと、よりビジネス寄りのマーケティング部門の人たちの間をつなぐ「通訳」になろうしたから。 「神業」とまで思われる優秀な技術者たちのモノづくりの技術を市場のニーズに生かしていくマーケティングの重要性を、そのとき理解したという。 経営者の多くは、数理的、科学的に物事を考えて課題解決に当たる「STEM思考法」を身に付けている。 STEM分野で長年活躍してきた海老原さんには、経営者の目で、日経doors世代を含め、若手ビジネスパーソンに対して持ってもらいたいと思うスキルがある。 価値を生み出す二つの力がないと「もったいない」 「会社にいるからには、仕事で自ら価値を生み出す必要があります。 自分で何かに価値を見いだし、これには価値がある、と会社にきちんと説明できないと生き残れません。 ことに米国の会社では『(私はこの職場で)何をしたらいいか分からない』なんて言ったら、瞬殺。 その場でクビになってしまいます(苦笑)」 そのためには「二つの力」が必須だと強調する海老原さん。 論理を組み立てる「論理力」、それを周りに納得させる「表現力(コミュニケーション)」だ。 海老原さんの見るところ、論理力を身に付けている若手社員は多い。 一方、周りや上司を説得する表現力が未熟だという。 表現力が不足しているというだけで価値を生み出せず、潜在力のある事業や製品を世に送り出せないのは「本人にとっても、世界にとってももったいない」。

次の

理学部の進学と就職 2017

海老原育子

アキュビュー オアシス トランジションズ スマート調光は、調光レンズなどの高度なレンズ技術を有するTransitions Opticalと10年以上にわたる共同開発により誕生した、調光機能付きコンタクトレンズ。 光に反応する「フォトクロミック分子」と呼ばれる調光材をレンズに配合することで、光の量の少ない場所ではレンズの色が薄く、光の量の多い場所ではレンズの色が濃く変化し、目に入る光の量を自動で調節。 暗い場所から明るい場所に移った時や、明るい場所から暗い場所に移った時など、装用者が気づかない間に目に入る光の量を調節する。 あわせて、紫外線A波を98. また、レンズの色が変化しても視界が暗くなることはなく、常に自然に見えるという。 レンズの素材は、発売中の「アキュビュー オアシス」と同じシリコーンハイドロゲル素材を採用している。 調光材が紫外線や高エネルギー可視光を受けると構造が変化して色が濃くなり、可視光を吸収して目に届く光の量が減る 調光剤分子の変化によって、レンズ自体は紫外線を強く受けたときには色が濃く、逆に紫外線が弱くなると透明に近い色となる。 レンズの色は、光が強くなり色が濃くなる場合には60秒以内、光が弱くなって色が薄くなる場合には90秒以内と高速に変化するため、明るい屋外から暗い室内に入った場合や、その逆などでも、装用者が違和感を感じることはほとんどないという。 温度が低かったり高かったりすると色の変化の速度が遅くなるそうだが、レンズを目に装用している状態の、人間の体温付近で最も速く変化するように調整しているという。 アキュビュー オアシス トランジションズ スマート調光の色が変化する様子 なお、アキュビュー オアシス トランジションズ スマート調光は、日常生活において不快に感じる光を自動で調節するもので、サングラスの代わりにはならない。 そのため、雪山やビーチなどでの強い光が注ぐ環境下ではサングラスの併用が勧められている。 また、車の運転時のトンネルの出入りといったの急な明るさの変化については、一般的な車のフロントガラスには紫外線カット加工が施されており、運転席付近でのレンズの色の変化はわずかになると考えられるため、運転に支障が出ることはない、としている。

次の