イラン コロナ なぜ。 「イラン」で「新型コロナウイルス」が多い理由!

アングル:イタリアが「欧州の武漢」に、なぜ新型コロナウイルスの感染は広がったのか:朝日新聞GLOBE+

イラン コロナ なぜ

Q1: イタリアでは、人の移動が制限され、商店の営業が禁止されるほど深刻ですが、これほど急激に感染が広がったのはなぜですか。 A1: イタリアで、最初に感染者が確認されたのは1月の末で、中国からの旅行者とされます。 その後しばらく、感染者は発見されず、先月の下旬、イタリア北部で集団感染が確認され、以後、爆発的に拡大しました。 当初は危機感に乏しく、病院内で感染が広がったと指摘されています。 医療体制の不備に加えて、中国との経済的なつながりが強いこと、社会の高齢化が進んでいることも、背景にあると見られます。 感染は、移動が自由なEU・ヨーロッパ連合の加盟国に広がり、ドイツのメルケル首相は、「ワクチンもなく、人口の3分の2が感染する恐れもある」と強い危機感を表明しています。 Q2: 一方、中東のイランで感染が拡大したのはなぜですか。 A2: イタリアとも共通点があります。 イラン政府は、先月19日、最初の感染者と死者が出たと発表しました。 中国から帰国したビジネスマンとされ、その後、猛烈な勢いで拡大しました。 初動の対応に失敗したためで、イスラム教の集団礼拝も感染を拡げたと見られ、政府の要人も数多く感染しています。 ここでも、中国との密接なつながりが背景にあります。 イラン政府は、アメリカの厳しい経済制裁の中、中国との人の往来を止めるのを躊躇して、感染を拡大させたという指摘も出ています。 急増する患者に、医療体制は全く追いついていません。 Q3: これらの事例から何が読みとれますか。 A3: イタリアもイランも、瞬く間に手が付けられなくなり、周辺国にも感染を拡げてしまいました。 もはや、国ごとに対策を立てたり、人の行き来を遮断したりするだけでは、世界的な感染拡大にブレーキはかけられません。 WHO・世界保健機関を中心に、各国が正確な情報を共有し、検査キットや人工呼吸器、感染を防ぐための防護服を供給しあうなど、国際的な協力態勢を確立できるかが、この未曾有の危機を克服するカギとなります。 (出川 展恒 解説委員) キーワード• 関連記事.

次の

イラン政府がコロナウイルスの隠蔽により非難。死者が50人に上るという主張も。|ARAB NEWS

イラン コロナ なぜ

Q1: イタリアでは、人の移動が制限され、商店の営業が禁止されるほど深刻ですが、これほど急激に感染が広がったのはなぜですか。 A1: イタリアで、最初に感染者が確認されたのは1月の末で、中国からの旅行者とされます。 その後しばらく、感染者は発見されず、先月の下旬、イタリア北部で集団感染が確認され、以後、爆発的に拡大しました。 当初は危機感に乏しく、病院内で感染が広がったと指摘されています。 医療体制の不備に加えて、中国との経済的なつながりが強いこと、社会の高齢化が進んでいることも、背景にあると見られます。 感染は、移動が自由なEU・ヨーロッパ連合の加盟国に広がり、ドイツのメルケル首相は、「ワクチンもなく、人口の3分の2が感染する恐れもある」と強い危機感を表明しています。 Q2: 一方、中東のイランで感染が拡大したのはなぜですか。 A2: イタリアとも共通点があります。 イラン政府は、先月19日、最初の感染者と死者が出たと発表しました。 中国から帰国したビジネスマンとされ、その後、猛烈な勢いで拡大しました。 初動の対応に失敗したためで、イスラム教の集団礼拝も感染を拡げたと見られ、政府の要人も数多く感染しています。 ここでも、中国との密接なつながりが背景にあります。 イラン政府は、アメリカの厳しい経済制裁の中、中国との人の往来を止めるのを躊躇して、感染を拡大させたという指摘も出ています。 急増する患者に、医療体制は全く追いついていません。 Q3: これらの事例から何が読みとれますか。 A3: イタリアもイランも、瞬く間に手が付けられなくなり、周辺国にも感染を拡げてしまいました。 もはや、国ごとに対策を立てたり、人の行き来を遮断したりするだけでは、世界的な感染拡大にブレーキはかけられません。 WHO・世界保健機関を中心に、各国が正確な情報を共有し、検査キットや人工呼吸器、感染を防ぐための防護服を供給しあうなど、国際的な協力態勢を確立できるかが、この未曾有の危機を克服するカギとなります。 (出川 展恒 解説委員) キーワード• 関連記事.

次の

【新型コロナウイルス】コロナ初動阻止に失敗 イランと日本の共通点は中国依存|日刊ゲンダイDIGITAL

イラン コロナ なぜ

イラン保健省によると死者数は24日までに12人に達し、公表数でみると中東で突出した感染国になっている。 中東の周辺国に感染が拡大する恐れがあり、トルコなどの隣国は警戒を強めている。 イランで感染が確認された件数は60件程度。 関係者によると、国際機関からイランが受け取ったウイルスの検査キットは数百人分程度。 検査の体制づくりが間に合っていない恐れがある。 イラン政府は感染が確認された地域で学校や大学を休みとするよう命じた。 企業は自主的に会議を中止し、文化イベントやサッカーの試合なども延期や取りやめが相次いでいる。 感染による死者が最初に確認されたのはイスラム教シーア派聖地のコム。 今のところ感染者のほとんどがコムの住人やコムを訪れたイラン人だ。 バーレーンやオマーンなどでは24日までにイランを旅行したとみられる人の感染が確認されており、イラン周辺国での感染が広がっている可能性がある。 イランの隣国トルコは23日、イランからの航空機の受け入れを停止すると発表した。 イラクは20日、イラン人の入国を禁止するとした。 イラク航空はイラン便の運航を停止した。 イランの首都テヘランのバザール(市場)やレストランは人影がまばらだ。 商店で売られるマスクの値段は10倍に跳ね上がった。 イランは3月下旬からノウルーズ(新年の休暇)に入る。 通常は旅行業界にとっての繁忙期で、感染拡大による旅行自粛の動きは大きな打撃になる。 米国の制裁で打撃を受ける経済に、一段の下押し圧力が加わる可能性がある。

次の