セ xy zone ブログ。 2018年にSexyZoneを好きになる貴方へ 〜時すでにSexy〜

Sexy Zone「名脇役」の主演は佐藤勝利なのでは?説を唱えたい(歌詞考察)

セ xy zone ブログ

SexyZone DVD オススメ で検索された方にどうか見てほしい。 担歴=結成時からという自我が芽生えた頃からSexyを植え付けられSexy教育でぬくぬく育った時すでにSexyである人間がオススメする 独断と偏見 反論やめて怖いから これだけは見ろ!?!SexyZoneライブDVD!! はいここ田子真琴さんのナレーションです。 ・なんか最近が気になる... ・ライブがすごいって聞いた... ・どれが3人体制時代のライブ?... ・えっ、ソロコンもやってるの?... などなど、初めて触れる世界はどこから攻めるのが正解なのか全く分からないのがオタク。 教えましょう!!キラキラ輝くSexyZoneの世界を!!! まじで注意、見たら抜けられない沼がそこらじゅうにあるから。 ずぼんずぼん落ちていくよ〜気をつけて〜 すでにこのブログにたどり着いた時点であなたは時すでにSexyですよ、ようこそ!ありがとうございます!! では、時系列順に紹介致しましょう。 ソロコンはカット• 風磨くんが大学受験生、聡ちゃんが高校受験生になる春に行われたこのツアー。 めちゃくちゃペロくないですか... !?!?!みんな学生... !節目の年!お母さん大変すぎ、入学式いくつ行けばええねん。 これからふまそうの塾の送り迎えも忙しくなるで... そんな春。 話は逸れましたが、兎に角言いたいのはフレッシュで若く思春期のエモさがどっさり詰まった1枚ということ。 たどたどしいちびーずと目立ちたい欲が溢れ出るふまけん。 どちらも必見です。 特に メンバー自己紹介ラップがセトリ入りしたのはこのツアーのみ というのが私の推したい点 それは突然始まる可愛いの渋滞。 この円盤でしか見てませんよお客さん。 全員が妙に的をついてて素敵なのですが個人的には風磨くんが歌う健人くん紹介ラップが好きです。 浅はかなギャグなら ツッコまねえ ってとこなんですけど風磨くんしか言えない言葉ですよね〜当時のでギャグ言うの風磨くんしかいませんし後輩にビビられる風磨くんにつっこめるのも無視するのも同期の健人くんしか出来ませんし... 剣と書いてつるぎですよ。 それにはひらひらした大きな布も付いてて小さな体で必死に使いこなしてて... 画の美しさの衝撃度が大きいです。 あと後に伝説となるふまけん白黒のパフォーマンス 伝わらない であったり当時マリちゃんが出演していたドラマに関連して5人で警察コントやったりと... 絶対に手にとってほしい円盤です!! 初回限定盤にはデビューコンサートも収録されているよ! 続いて• 大学受験生風磨くんの過酷なスケジュールが後に明かされて話題にもなりました。 それくらい練習練習練習の演出ばかり。 これは一言で言えばショーです。 ステージ後方にjrマンションがあったりフライングをビュンビュンしたり水がバッシャンバッシャン流れます。 ちょっとだけほんのちょっとだけストーリー仕立てになっているのでなんかよくわかんないですけど普通じゃ見られない5人の姿があるのでコンサートとは別枠で素敵ですね。 この円盤が好きな人はとても多いです。 舞台やらが苦手な私。 ストーリーにされるとどうも話が気になってパフォーマンスを集中して見ることが出来ないのですが、これはそんな戯言言ってる暇ない。 まじで。 最初に伝統であるSUMMARYを歌いながらの5人だけのサークルフライングは普通に泣きます。 裏話でリハ中に健人くんが下の3人に「これだけは失敗したら終わり」的なこと言っていて下の3人も重要度を知ったみたいなエピソードがあってそれだけ熱がこもったパフォーマンスで始まります。 最後の方かな?マリちゃん考案のくるくる回る薔薇の鳥かごみたいなのに5人で乗ってデビュー曲SexyZoneを歌います。 はっきり言って2次元です。 これは見てくれれば1発です 何が。 そしてここから... 聡マリ格差と風磨くんの長い長い反抗期が始まります.... ザス!!!!!!! ゆうてまだここは天国です。 風磨くんも発言が多いし聡マリちゃんも出番ある。 当時は少し雲がかったコンサートとなりましたが少し経ってみれば光は多くさしています。 えっ、めっちゃ悪い公演みたいじゃん... いやいやまだ序の口、ここからだから、ジャパンツアーはわりかし良い方だから そんなこんな言いましたがこの円盤でしか披露されていない、マイナー好きファンが多く支持する ベイサイドエレ が収録されいます!!!!ベイエレ先輩!!好きだ愛してる!!! 聡マリちゃんがカメラマン役となり他メンバーを際どい角度から撮影するという悪魔の遊び的な演出なのですが、風磨くんの腰振りをマリちゃんが真顔で撮影しているのは全ファンが白眼を剥きました。 やめてくれ!ふーま!!そんなオタクの叫びは聞こえてません。 なお金髪ふーまくんはげろげろかっこいい 聡ちゃんが出来たのもこのベイエレの衣装からです。 あと、らぶけんてぃー!!!が叫べます。 というのもくん伝説ソロ曲CANDY ~Can U be my BABY~が初披露されます。 ペロペロキャンディを振り回す姿は世界一のアイドルです。 きゅるんきゅるんの笑顔に会場が一体となって動悸が激しくなりました。 と!く!に! ぶつかっちゃうよ って曲がま〜こりゃしんどいの極み!!!! イントロが ルンルンルルルルン ルルルルンルン ルンルンルルルル やばない??めっちゃやばない?左右に腰振る謎のステップで始まるんだよ?めっちゃやばい。 聡マリが「おっとっとっと!」って合いの手入れるとこは銀河一可愛いから。 そのあと勝利くんの照れながらの「きゅん!きゅん!きゅん!きゅん!」は雄叫び上げるしかない。 今文字打ってて悶えてる。 ぶつかっちゃうよの末期。 こんな方向に振り切った楽曲は当時までにはなかったので本人たちもファンたちも新鮮で今でも必ず盛り上がる一曲がここで誕生しました。 振付師さんも天才です。 こっちまで踊りたい。 拳左右に振りたい。 そしてこの2014年に謎にセトリ入りしたSilver Moonに泣きそうになります。 この楽曲は2012年11月発売アルバムのoneSexyZoneに収録された隠れた名曲であり、少しの格差期後のSilverMoonは響くものがありました。 歌詞が素敵なんだもん。 Time to go! あえてサビでないところですが、ね?涙出ますでしょ?長くなるので割愛!!! アルバムが良いだけに良い曲良いセトリとなったこのコンサートは少し前のSexyZoneを表していると思います。 わちゃわちゃしてキラキラして。 ちょっと疲れてきたので文量が少なくなってますがめちゃくちゃオススメの円盤です!!!カッコいい演出も可愛い演出もある!!最強です!!イフワナからのゴーストなんか色気しんどい。 そんなテンションのファンとステージに立つしかない彼ら。 暗闇の中行われたコンサートでした。 おかげでたまアリは悪くないけどたまアリに良い思い出がない印象です。 何が葬式っていうと聡マリがほとんど出てこない。 DVDのジャケットにも3人しか写ってない。 この時代のことはあまり口にしたくないけど幸せポイントが滅多にない。 みんな必死だった。 メンバーも。 だから3人のパフォーマンスも気合が入ってて見応えがあるのは確か。 特に風磨くんソロのfakeは見入る。 だってね?ステージから落ちるんだよ!?見てほしい。 すごいから。 それでもあの曲が歌われてるから買うしかなくない?って事でそのあの曲とは 僕は君のすべてになりたい めっちゃくちゃいい!!!勝利くんが儚すぎて消えてしまう5秒前だしふまけんのハモリもトッルに綺麗だし、こんな曲も歌うようになったんだなーって切なくなりました。 SexyZone好きな人でも難易度が高い一枚です。 勇気があるかたは是非ご購入を。 jrがめちゃめちゃ出てます。 めっちゃ踊ってます。 大木の前で。 壮大なセットです。 特に Hey you! という楽曲は死ぬほど可愛いです!聡マリちゃんもちゃんと出ます!!むしろメインの瞬間あります!! 大勢のjrとわちゃわちゃしてるzoneが最高です。 あと勝利が腰振りしてふまけんがショック受けてるみたいなくだりがじわじわ笑えます。 これは泣ける。 ファンとしての涙じゃなくて自分自身のことを思い出して泣きそうになります。 考えさせられる歌詞。 風磨くんには人とは違う独特のコンサート演出の才能があるのでは... ?とファンがざわめいたのがこの20でした。 また兄さんの2つの楽曲を五関先輩の指導の元、ごりごりに歌って踊って披露します。 本人たちは五関くんの振り付けやばい!と語り、語彙力がなくなるぐらい踊って訳わかんないぐらいかっけえっす。 五関様ありがとうございます!!!!これからも是非よろしくお願いします!!!! 土下座 やっぱりえびさんの曲はカッコいい。 とんがった君の憂鬱... エモすぎ あああとジャム!!!絶対見てね!!! 遺言• 3人で出したシングルは5人で歌い聡マリにもセリフがあったり2人をセンターにしたりと手厚いサポートに驚いた。 そこまでするかと!いやそれが普通なんだけど! 珍しいメンバーの組み合わせの曲があったり ふまけんは肩すかし食らうので注意 ソロ曲もちゃんとあるけどやっぱり5人を主張するライブ。 帰ってきた聡マリのパフォーマンス力は目を惹くものがあります。 特にPerfect Potionぐい。 これは始まりなんだよ、お待たせしました。 そんなメッセージが込められていると解釈を勝手にしております。 ついにきました• presents Sexy Tour 2017 ~ STAGE 2017年9月6日発売 オススメ度 測定 キュート度 測定 イケイケ度 測定 これはまじで 絶対購入して 初回限定盤と通常盤があるけど初心者なら 通常盤 いい?通常盤ですよ? 健人くんと風磨くんが大学卒業を迎え、学生メンバーが大学受験生のマリちゃんだけとなる春に行われました。 感慨深いですね... あのマリちゃんが大学受験生... あの風磨くんプロデュースの5周年を祝う今回ライブは演出が全部天才。 昔からのファンはもちろん最近応援を始めた人も初めてSexyZoneを見た人もみんなが幸せに包まれるライブ。 まるで昔からSexyZoneを応援していたかと思わせる詐欺力。 何故だか心がほっこりして声を大にしてありがとうと言いたくなるライブだった、と初めてのライブに行った友人は語った。 OPはステージ裏で準備する様子を撮影したような映像で始まりそれがめちゃくちゃカッコいい。 あの映像だけでもほしい。 メンバーのソロ曲を5人で歌いというジャニオタなら発狂もの。 生着替えで女装 美脚すぎて笑えない、コメディ要素0 、女ドルに劣らずの可愛さ。 見たことないレーザーの使い方に圧巻される。 ステージ上が着ぐるみだけになる。 中はメンバー 今流行りのSNOWを使った映像。 5人が作詞したSTAGEはしんどみが強い。 極めつけはアンコールで デビュー衣装で登場 デザインはそのままでサイズだけ新調したあの王子様衣装を着てデビューコンサートと全く同じ登場の仕方で、アンコールが始まるのだ。 まるで5年前に戻った錯覚に陥る。 そこで5年間の道のりがフラッシュバックして感動。 ジャニオタならみんな好きな演出を分かったような顔してやっちゃう最強!!!! 皆口を揃えてSexyZoneを好きなってよかったと言った。 しかもこのライブに外周はないんですよ!?!?!花道も!!!メインステージと小さなバックステージがあってその間 アリーナ をトで移動するだけ!!!! ファンサもあったもんじゃないのに過去最高のライブだった。 それぐらいクオリティの高いものばかりだった。 だから絶対に見てほしい。 一つ一つ語ったらきりがないから絶対に購入を勧める。 ランキングにしてまとめますと私のオススメ順は 第3位• Spring Tour Sexy Second• Welcome to Tour 第2位• アリーナコンサート2012 第1位• presents Sexy Tour 2017 ~ STAGE です!!あくまで個人的な意見です!! だからね SexyZoneは良いぞ 沼ばっちこい!!!大歓迎!!!ありがとうございます!!!絶対に後悔はさせませんよ!!! 彼らには残念ながら今はありません。 TVの露出も少ないです。 でもそんなこの時代にSexyZoneを見つけた貴方は センスの塊。 大天才。 人生勝ち組。 もうすぐSexy時代の幕開けです。 一緒に立ち会ってみませんか?? SexyZone沼の第一歩 STAGE 通常盤 ようこそSexy!! ではさよなら... って えっ、ちょっと待って、 メンバー最年少でドイツと日本のハーフでのくんはで 全世界に配信されている フラーハウスに出演しているの?しかもSexyZoneとしてメンバー全員も出演しているの?ってことは SexyZoneハリウッドデビューしたの!? 待って待って、メンバー年長組で同期で入所からずっと一緒に歩んできたけど少しのすれ違いからの長い氷河期を乗り越え今では蜜月期を迎えている最強次世代シンメくんとくんのペア、通称ふまけんは2人だけで Disneyと LINEがバックに控えた有名人気ゲームの ツムツムのCMに出演しているの!?しかも 2人をモチーフとしたキャターまであってゲームに登場するの!? すごすぎる... 世界を股にかけるSexyZoneすごすぎる... いつの間にか 時すでにSexy やないかーーーーーーい!!!!!!! nochinochi929.

次の

今から本気でSexy Zoneを紹介します

セ xy zone ブログ

記事タイトルの通りですが、この「名脇役」、、、 のセンター・くんの主演作だと思うんですよね。 そして、同じ作詞家さんによる作品で巷では2部作と言われている「アナタノセイデ」(シングル「ぎゅっと」収録)はその主演作のエンディングなんです。 (?) 何を言っているんだって感じですけど、今回はそんなこじつけ妄想深読み考察になります。 ピアノの音で儚げに始まるイントロ、そこにのせられた 第一声は勝利くんソロパートです。 そんなブレスまじりで切なげな勝利くんのソロパートから始まるわけですから、他に勝利くんにどんなソロパートがあるかと待っていると 次のソロパートは最後の最後。 え?ってなりまして… こ、こんな、こんな意図的な歌割ありますか、、、と。 一見、歌割少なめかと思いますけどおいしいところどりが過ぎるじゃないですか、、、。 まず、全体の構造がこう見えました。 始まりは「どこにいても何をしていても君のことばかり思い出して苦しんでいるんだよ」と、主人公が片思いの女の子に心の中でメッセージを送るシーン。 そして、他のセクシーたちのパートと全員のユパートが終わって最後の締めくくりは勝利くんの「そんなことばっかを考えている」、、、「そんなこと」ですって…? 「そんなこと」=「他のセクシーたちのパートと全員のユパート」???? つまり、「他のセクシーのパート」「全員のユパート」は勝利くん(主人公)の頭の中を表しているのではないでしょうか。 えっ、ええーーっ では、ここでその頭の中を紐解いていきます。 イメージで言うと、映画の『』でしょうか。 ざっくり言うと、頭の中に暮らす喜怒哀楽の感情であるキャラクターたちが頭の中から主人公を導いて一緒に成長していくとっても深いストーリーです。 雑 そのイメージで考えると、他のセクシーのパートは勝利くん(主人公)の感情たちになります。 マリウスくんのパートと聡のパートは「逃げキャラ」ゆえの「楽観キャラ」の感情があるような気がします。 まず聡。 1番のAメロ。 そして2番のAメロ。 Cメロも。 告白するつもりはないのに、それを「告白したわけじゃないのに何で…?」って言っていみたり、誰かに聞いた「星の数ほど女の子がいる」なんて話を思い出してみたり。 しまいには親友の好きと恋の好きを一緒にしてみたり…。 わかってるくせに…いやわかっているからこその「逃げキャラ」ですね…。 つら…。 続いてマリのパート。 1番のAメロ そしてCメロ 気付いていないふりしてちょっと楽観しているような、努めて希望を見出そうとしているような印象ありませんか。。。 あえて「楽観キャラ」を演じているんですよね。 なので、やっぱり聡同様に言ってることはまあ勝負無しって感じですよね(白目) 2人(キャラ)とも、わかってるのにそうやってポカンとしている感じに闇ありません?聡マリ、なんだか絶妙なアンニュイな表情してくれそうで期待してしまいます…。 (?) そして、ふまけん。 この2人は1番と2番で同じパートを歌っている場所もありますが、 健人くんが歌うパートには理性を保とうと客観的に努める「冷静キャラ」が感じられます。 まずは2番Bメロ。 聡の「星の数ほど女の子がいる」という話の後にこう続きます。 どうしてとか言いつつわかっている答えを言ってしまったらダメだって自制している感じしませんか…。 そしてCメロでも聡マリが「友達ランキング1位だったら好きランキングも1位じゃない!?」と一瞬高まった後にこの冷静なパート。 感情的になって今の関係が壊れないよう理性を保とうとするひたむきさ、、、 続いてサビは風磨くんと同じパートではありますが、微妙に違うんですよね。 更にそれぞれに味が出てグッとくる、、、 1番サビ。 勝利くんのパート同様に「思い出す」ことて締め付けられる想いを、冷静に把握している状況がわかりませんか。 ただしミソは、現在進行形でその想いが増えていくことを「やめてほしい」って言っている割にはそうでもなさそうな感じがします。 そして2番サビ。 これこそ風磨くんと似たようなパートになりますが、健人くんは片想いの子に対して思わず笑いかけているんですよねえ…。 困らせないで、苦しくさせないで、優しくしないでって言いつつ、きっとやっぱりそういうところが好きで微笑んでしまう。 それを指摘されて健人くん(冷静キャラ)は「え?笑ってたかな?」ってごまかすんです。 ごまかすというか、とぼける。 ある程度客観視できているだけに、最善策はとぼけることってわかっている感じがしてたまらない…。 続いて風磨くん。 もうね 風磨くんのパートは「ヤケ」が見え隠れする「ヤケキャラ」って感じですよね。 1番Bメロでは聡マリが「なんで?こんなに辛いの~><」ってなっているときにこの「わかってる」けど「そのこともわかりたくない」っていう感じ。 続いて1番サビでは、健人くんとは対照的にちょっとしんみりした姿を見せてしまったのか、「どうしたの?」って聞かれて「なんでもないよ」って。 「なんでもない」って答える人でなんでもない人います??? とぼけるよりタチが悪い…。 何かあることを気付かせようとしている節も感じられてしまいます。 あんなに自分自身でも気付かないようにしているのに。 そして2番のサビでは更にヤケくそ。 もう、何の脈もないことわかってるのに期待してしまう自分を笑ってしまうんですから、相当キテマスヨ…。 でもやっぱり振り回されていることが嫌いじゃない。 ヤケが過ぎる。 で、最後にこの風磨くん(ヤケキャラ)の極め付けはこのパート。 そんなヤケになってる風磨くん(ヤケキャラ)がポツリとつぶやくように歌うこれ。 ああああ……ホントなんで勝利くん(主人公)のこと好きになってくれないの…。 ヤケキャラがこう言うもんだからグッときすぎる…。 そして最後にセクシーたち全員によるユで大サビを歌います。 もういろんな感情キャラがごっちゃまぜです…。 もう、ごっちゃまぜになるんですから、健人くん(冷静キャラ)が唯一保っていた理性なんてどこかいってしまった模様です。 もうどうにでもなれって感じがひしひしと伝わってきます。 忘れたいくらいなのに忘れたくないって言うし、困らせて、苦しくさせて、優しくしてってさっきと真逆…!!もう決壊、、、、、、 そして、さっき風磨くん(ヤケキャラ)が歌っていた気付かせたいってチラ見えする「なんでもないよ」パートも2回目の登場です。 ああ…こりゃもう大変だ…。 ってなるじゃないですか。 つらあ…。 そして、スッとトーンダウンしてやってくる最後の勝利くんのワンフレーズ。 あーでもない、こーでもないと、散々さまざまな人格のキャラクターたちが拗らせていた感情を全てこのワンフレーズが回収します。 ストーリーの冒頭で「苦しんでいるよ」とメッセージを心の中で送ったのに対して、「君が知るのはいつになるかな」で終わるんです。 あんなにどうにでもなれって思っていたのに、何にも伝えてないし、きっと何にも伝わってないんだ…。 そして、この後は「君が知るのはいつになるかな」とナレーションが入ると、勝利くん(主人公)の国宝の横顔越しからのパンで夕焼け空が映ってエンドロールで流れるのが「」なんです…!!(?) えーーーっ、、、と言うわけでこの「名脇役」、、、くんを主演に、メンバー総出演(何なら主人公より出番が多いパターン)で1人の青年の苦悩をお送りしているのではないか説を考えてみました。 歌割りで表現されるそれぞれのキャラがたまらなく愛しいですし、それが頭の中で繰り広げられている勝利くん(主人公)が切なくてたまらんですね、、、。 実際はただただひとりの男の人の頭の中で色んな考えや感情が複雑に織り交ざっている様子だと思うのですが、歌割ひとつでディズニー映画になってしまいました。 このようなリアルなストーリー性のある曲、今までなかっただけに痺れるものがありますね。 まさに新しい色ではないでしょうかッ もちろんツアーでやってくれると思っているので(勝利くんギターに健人くんピアノだといいなあって何度も言ってる)どんな表現力を見せてくれるのか楽しみです…!! もうこれショートムービーできますよ、、、さんいかがでしょうか…!.

次の

今から本気でSexy Zoneを紹介します

セ xy zone ブログ

記事タイトルの通りですが、この「名脇役」、、、 のセンター・くんの主演作だと思うんですよね。 そして、同じ作詞家さんによる作品で巷では2部作と言われている「アナタノセイデ」(シングル「ぎゅっと」収録)はその主演作のエンディングなんです。 (?) 何を言っているんだって感じですけど、今回はそんなこじつけ妄想深読み考察になります。 ピアノの音で儚げに始まるイントロ、そこにのせられた 第一声は勝利くんソロパートです。 そんなブレスまじりで切なげな勝利くんのソロパートから始まるわけですから、他に勝利くんにどんなソロパートがあるかと待っていると 次のソロパートは最後の最後。 え?ってなりまして… こ、こんな、こんな意図的な歌割ありますか、、、と。 一見、歌割少なめかと思いますけどおいしいところどりが過ぎるじゃないですか、、、。 まず、全体の構造がこう見えました。 始まりは「どこにいても何をしていても君のことばかり思い出して苦しんでいるんだよ」と、主人公が片思いの女の子に心の中でメッセージを送るシーン。 そして、他のセクシーたちのパートと全員のユパートが終わって最後の締めくくりは勝利くんの「そんなことばっかを考えている」、、、「そんなこと」ですって…? 「そんなこと」=「他のセクシーたちのパートと全員のユパート」???? つまり、「他のセクシーのパート」「全員のユパート」は勝利くん(主人公)の頭の中を表しているのではないでしょうか。 えっ、ええーーっ では、ここでその頭の中を紐解いていきます。 イメージで言うと、映画の『』でしょうか。 ざっくり言うと、頭の中に暮らす喜怒哀楽の感情であるキャラクターたちが頭の中から主人公を導いて一緒に成長していくとっても深いストーリーです。 雑 そのイメージで考えると、他のセクシーのパートは勝利くん(主人公)の感情たちになります。 マリウスくんのパートと聡のパートは「逃げキャラ」ゆえの「楽観キャラ」の感情があるような気がします。 まず聡。 1番のAメロ。 そして2番のAメロ。 Cメロも。 告白するつもりはないのに、それを「告白したわけじゃないのに何で…?」って言っていみたり、誰かに聞いた「星の数ほど女の子がいる」なんて話を思い出してみたり。 しまいには親友の好きと恋の好きを一緒にしてみたり…。 わかってるくせに…いやわかっているからこその「逃げキャラ」ですね…。 つら…。 続いてマリのパート。 1番のAメロ そしてCメロ 気付いていないふりしてちょっと楽観しているような、努めて希望を見出そうとしているような印象ありませんか。。。 あえて「楽観キャラ」を演じているんですよね。 なので、やっぱり聡同様に言ってることはまあ勝負無しって感じですよね(白目) 2人(キャラ)とも、わかってるのにそうやってポカンとしている感じに闇ありません?聡マリ、なんだか絶妙なアンニュイな表情してくれそうで期待してしまいます…。 (?) そして、ふまけん。 この2人は1番と2番で同じパートを歌っている場所もありますが、 健人くんが歌うパートには理性を保とうと客観的に努める「冷静キャラ」が感じられます。 まずは2番Bメロ。 聡の「星の数ほど女の子がいる」という話の後にこう続きます。 どうしてとか言いつつわかっている答えを言ってしまったらダメだって自制している感じしませんか…。 そしてCメロでも聡マリが「友達ランキング1位だったら好きランキングも1位じゃない!?」と一瞬高まった後にこの冷静なパート。 感情的になって今の関係が壊れないよう理性を保とうとするひたむきさ、、、 続いてサビは風磨くんと同じパートではありますが、微妙に違うんですよね。 更にそれぞれに味が出てグッとくる、、、 1番サビ。 勝利くんのパート同様に「思い出す」ことて締め付けられる想いを、冷静に把握している状況がわかりませんか。 ただしミソは、現在進行形でその想いが増えていくことを「やめてほしい」って言っている割にはそうでもなさそうな感じがします。 そして2番サビ。 これこそ風磨くんと似たようなパートになりますが、健人くんは片想いの子に対して思わず笑いかけているんですよねえ…。 困らせないで、苦しくさせないで、優しくしないでって言いつつ、きっとやっぱりそういうところが好きで微笑んでしまう。 それを指摘されて健人くん(冷静キャラ)は「え?笑ってたかな?」ってごまかすんです。 ごまかすというか、とぼける。 ある程度客観視できているだけに、最善策はとぼけることってわかっている感じがしてたまらない…。 続いて風磨くん。 もうね 風磨くんのパートは「ヤケ」が見え隠れする「ヤケキャラ」って感じですよね。 1番Bメロでは聡マリが「なんで?こんなに辛いの~><」ってなっているときにこの「わかってる」けど「そのこともわかりたくない」っていう感じ。 続いて1番サビでは、健人くんとは対照的にちょっとしんみりした姿を見せてしまったのか、「どうしたの?」って聞かれて「なんでもないよ」って。 「なんでもない」って答える人でなんでもない人います??? とぼけるよりタチが悪い…。 何かあることを気付かせようとしている節も感じられてしまいます。 あんなに自分自身でも気付かないようにしているのに。 そして2番のサビでは更にヤケくそ。 もう、何の脈もないことわかってるのに期待してしまう自分を笑ってしまうんですから、相当キテマスヨ…。 でもやっぱり振り回されていることが嫌いじゃない。 ヤケが過ぎる。 で、最後にこの風磨くん(ヤケキャラ)の極め付けはこのパート。 そんなヤケになってる風磨くん(ヤケキャラ)がポツリとつぶやくように歌うこれ。 ああああ……ホントなんで勝利くん(主人公)のこと好きになってくれないの…。 ヤケキャラがこう言うもんだからグッときすぎる…。 そして最後にセクシーたち全員によるユで大サビを歌います。 もういろんな感情キャラがごっちゃまぜです…。 もう、ごっちゃまぜになるんですから、健人くん(冷静キャラ)が唯一保っていた理性なんてどこかいってしまった模様です。 もうどうにでもなれって感じがひしひしと伝わってきます。 忘れたいくらいなのに忘れたくないって言うし、困らせて、苦しくさせて、優しくしてってさっきと真逆…!!もう決壊、、、、、、 そして、さっき風磨くん(ヤケキャラ)が歌っていた気付かせたいってチラ見えする「なんでもないよ」パートも2回目の登場です。 ああ…こりゃもう大変だ…。 ってなるじゃないですか。 つらあ…。 そして、スッとトーンダウンしてやってくる最後の勝利くんのワンフレーズ。 あーでもない、こーでもないと、散々さまざまな人格のキャラクターたちが拗らせていた感情を全てこのワンフレーズが回収します。 ストーリーの冒頭で「苦しんでいるよ」とメッセージを心の中で送ったのに対して、「君が知るのはいつになるかな」で終わるんです。 あんなにどうにでもなれって思っていたのに、何にも伝えてないし、きっと何にも伝わってないんだ…。 そして、この後は「君が知るのはいつになるかな」とナレーションが入ると、勝利くん(主人公)の国宝の横顔越しからのパンで夕焼け空が映ってエンドロールで流れるのが「」なんです…!!(?) えーーーっ、、、と言うわけでこの「名脇役」、、、くんを主演に、メンバー総出演(何なら主人公より出番が多いパターン)で1人の青年の苦悩をお送りしているのではないか説を考えてみました。 歌割りで表現されるそれぞれのキャラがたまらなく愛しいですし、それが頭の中で繰り広げられている勝利くん(主人公)が切なくてたまらんですね、、、。 実際はただただひとりの男の人の頭の中で色んな考えや感情が複雑に織り交ざっている様子だと思うのですが、歌割ひとつでディズニー映画になってしまいました。 このようなリアルなストーリー性のある曲、今までなかっただけに痺れるものがありますね。 まさに新しい色ではないでしょうかッ もちろんツアーでやってくれると思っているので(勝利くんギターに健人くんピアノだといいなあって何度も言ってる)どんな表現力を見せてくれるのか楽しみです…!! もうこれショートムービーできますよ、、、さんいかがでしょうか…!.

次の