ラプス。 LaPSS(ラプス)|FLEXSCHE(フレクシェ)|株式会社宇部情報システム

【FF7】ラプス【攻略】|ファイナルファンタジー7|ゲームエイト

ラプス

「ラボ管理」の見える化と「ラボ課題」の抽出を同時に両立! 環境分析業向けに特化したスケジューラ ラプス Laboratory Process Scheduling System ラプス(Laboratory Process Scheduling System)とは、FLEXSCHEをベースに、環境調査・分析・コンサルティングなどを行う株式会社東海テクノ様と共同開発した、分析工程計画システムです。 環境分析業務の計画表作成から、進捗・労働管理を一元化し、業務の効率化を実現します。 現場の理想・要望をくまなく取り入れた「かゆいところに手が届く」システムです。 あなたの現場でこんなご要望、ありませんか?• 残業を技術者任せにせず、 管理者がコントロールしたい• ヒト・モノの負荷状況を オンタイムで把握したい• 納期問い合わせに対し、慌てることなく 即答したい• 多量の分析問い合わせに対し、 受入れ可否の確実な判断をシミュレーションして回答したい• 分析外の定期業務をスケジュールに反映したい• 再分析の要因を把握して、 歩留まりを改善したい LaPSSの ポイント1. 作業指示・残業管理の適正化 LapSSによりその日にやらなければいけない作業が明確化されます。 やるべき作業が明確化されることで、当日の作業組立の手順や装置選定の個人差を排除する事ができます。 また、誰がどれだけの残業時間が必要かを明確にすることで、個人判断による残業の排除と想定外残業要因の早期発見が可能になります。 LaPSSの ポイント2. 受注シミュレーションと納期回答の迅速化 LaPSSによりラボの能力、未来のラボ状況を基に受注可否シミュレーションを行えます。 また、最終納期だけでなく、工程毎の納期が机上で確認できるため、納期を迅速に回答することができます。 LaPSSの ポイント3. 実績収集と再分析要因の明確化 LaPSSによりタブレット、パソコンを使った作業実績データの収集がおこなえます。 例えば、再分析が必要になった場合の要因を明確にすることで、歩留り向上に向けた対策を検討できます。 他にも、実績データから個人別や装置別で負荷の偏りを数値化・分析することで、「多能工化」や「設備の増強」が、優先別に検討できます。 LaPSSの ポイント4. 個人・グループの負荷見える化 LaPSSにより、個人だけでなくグループ毎の日々・週間・月間の負荷状況を見える化できます。 作業負荷は試薬精調整、研究テーマ対応、試料受付など分析外業務を含めて見える化が可能になります。

次の

異常に不人気な北ドイツの名物料理、ラプスカウスを食べてみた

ラプス

デザイナー兼クリエーターのアントナン・メルシエによってパリ市内、ファッションの中心地、マレ地区で設立された新進気鋭のブランドだ。 ヴィンテージ写真やアート写真、さらにはリアルウッドやリアルレザーを文字盤素材として使用することで、至ってシンプルな3針時計を圧倒的なまでの個性的スタイルに仕上げている。 しかも、ラプスの文字盤はすべて、パリのアトリエでハンドメイドで制作されるため、数量限定で、一つひとつにシリアルナンバーが付くという特別感も魅力。 シンプルだけど、ほかにはない個性的な腕時計を探している人は、ぜひチェックしておきたいブランドだ。 写真では伝わりきらない独特の魅力を備えた腕時計なので、ぜひ実際に手にとってチェックして見て欲しい。 創業者のアントナン・メルシエ氏。 自身が影響を受けてきたアートの世界感を時を超えたアクセサリーとして表現するため、ラプスを設立した。 葉巻の葉っぱを文字盤へ加工する様子。 デザインから組み立てまで、パリ・マレ地区の職人たちの手で一つひとつハンドメイドで加工されている。 文字盤用に加工される葉巻の葉っぱ。 ラプスでは、ほかにも木材やヴィンテージのフォトグラフなど、選び抜かれた特徴的な素材を使用する。 3気圧防水。 クォーツ(日本製)。

次の

ラック・コーポレーション|ラ プス ドール

ラプス

エラー(失敗)には、3種類ある。 スリップ(その場で間違える) わかっているのに、急かされたりするなどしてつい間違ってしまうエラー。 ユーザーインターフェースの悪さ(ボタンが押しにくい、書類の記入項目がわかりにくい)が引き起こすこともある。 焦っても間違えないような、わかりやすいシステムを構築することである程度回避できる。 ミステイク(認識が間違えている) そもそも誤解していることで引き起こされるエラー。 マニュアルを間違って解釈していた、上司の発言を間違って理解していたなど。 認識がずれることがないような、複数の解釈をみとめない丁寧な記述や説明が求められる。 ラプス(やるべきことを忘れている) 単純に「忘れていた」場合。 「忘れないように気をつけよう」では何の解決にもならないので、アラームによる通知や、その行為をしなければ次の作業ができないようなシステムの設計を心掛ける。 エラーはゼロにできない どんな対策を練ったとしても、エラー(失敗、間違い)をゼロにすることはできない。 エラーが起きてもそのダメージを最小限に抑え、リカバリー(回復)までの時間をできるだけ短くするような業務の設計が必要で、業務フローの構築はそのための有益な手段だろう。

次の