長芋 ジュース。 KPOPアイドルたちの美肌の秘密♪♪ 少女時代ユリの美肌の秘訣、長芋ジュースを作ってみた♪♪

山芋(長芋)の栄養成分と効能まとめ!美容・疲労回復・滋養強壮に最強!

長芋 ジュース

山いもの栄養素と滋養強壮効果 中国では山の薬といわれている山芋。 日本では「山のうなぎ」と言われています。 縄文時代以前から食べられていたそうですよ。 山芋の種類はたくさんあります。 じねんじょ、長いも、いちょういも、つくねいも、とろいもなど様々ありますが、スーパーでよく見かけるものは大抵「長いも」と「大和いも」です。 よく摩り下ろしてご飯に掛けられるので、「とろろいも」とも呼ばれていますね。 山芋には酵素が豊富です。 ビタミンB1,ビタミンC、カルシウム、カリウムなどが豊富に含まれています。 そして山芋のネバネバ成分が体内に入ることで、疲労回復に大きな役割を果たしています。 ただしこの栄養素、熱には弱いので加熱せず、生のまま摩り下ろすなどをして食べるようにしてくださいね。 熱いだし汁を掛けるのも禁物です。 人肌程度にぬるくしてから加えるようにしましょう。

次の

長芋のレシピ6品まとめ。糖質が少なくダイエットにも効果的。

長芋 ジュース

レジスタントスターチが便秘解消に効果的 今回便秘解消に効果的な成分として話題になったのが『 レジスタントスターチ』です。 便秘解消に効く成分と言えば食物繊維が有名ですが、レジスタントスターチは水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2つの役割を兼ねているため便秘改善に役立つというわけです。 水溶性食物繊維と不溶性食物繊維は食べる際のバランスも大切ですが、レジスタントスターチは1人2役なのでバランスを考えて食べる必要がないというわけです。 豊富に含まれている食材が『長芋』 中でもこのレジスタントスターチが豊富な食材として注目されているのが『 長芋』です。 長芋はとろろにしても美味しいですし、細切りにしてシャキシャキ食感を楽しむのもいいですよね。 個人的にはソテーにしてホクホク感を楽しむもの好きです。 なんと台湾でも大人気だそうで、日本の野菜の海外輸出量1位は長芋なんだとか。 台湾のものより柔らかく、日本のものは生で食べられるため人気なんだそうです。 100g中の含有量を見てみると、 ・加熱さつまいも 1. 1g ・加熱長芋 0. 8g ・生の長芋 5. 8g という結果に。 つまり『 生で食べる』ことが大切、ということがわかります。 山芋類全般に多く含まれている ちなみに『山芋類』全般に言えることで長芋(100g中5. 8g)の他に ・自然薯 16. 0g ・つくね芋 15. 3g ・いちょう芋 12. と、全体的に生の場合含有量が多いことがわかりますよね。 ただ一般的にスーパーで手に入りやすく家計にも優しい、となると長芋が毎日続けやすいのではないでしょうか。 便秘解消に効果的な食べ方は? 1日100g(小鉢1杯分)を食事に取り入れるだけ。 生で食べるようにしてください。 食べすぎはでんぷんの摂りすぎになってしまうため、注意してください。 適度に食生活に取り入れるのがポイントです。 合計では12人中8名の方に改善が見られたということです。 長芋ジュース(長芋スムージー) 作り方をレシピ動画でもご紹介しています。 是非ご覧ください。 続いて画像とテキストでも作り方をご説明しますね。 作り方 1、長芋は皮付きのままきれいに洗ってミキサーに入る大きさに切る。 2、ミキサーですべての材料を混ぜ合わせるだけ。 長芋は皮付きのまま使うのがポイントです。 我が家も皮付きのまま使うことが多いですが、ひげ根が気になる場合はフォークで長芋を刺してコンロの火であぶるとひげ根を落とすことができます 味は、バナナを入れるのでバナナ味が強く甘くて飲みやすいです。 皮がどうなるのか気になる方もいると思いますが、ミキサーにかけると全然気になりませんでした。 混ぜるだけで簡単にできて、腹持ちも結構よかったので朝食やおやつにもおすすめです。 以上『 長芋の便秘解消効果と長芋ジュースの作り方』のご紹介でした。 是非試してみてくださいね。 おすすめ関連記事 当サイト『』ではその他にも長芋のレシピをご紹介しています。 是非併せてご覧ください。 こちらもおすすめです。

次の

山芋と長芋、栄養や違いを知っておいしく食す

長芋 ジュース

山いもの栄養素と滋養強壮効果 中国では山の薬といわれている山芋。 日本では「山のうなぎ」と言われています。 縄文時代以前から食べられていたそうですよ。 山芋の種類はたくさんあります。 じねんじょ、長いも、いちょういも、つくねいも、とろいもなど様々ありますが、スーパーでよく見かけるものは大抵「長いも」と「大和いも」です。 よく摩り下ろしてご飯に掛けられるので、「とろろいも」とも呼ばれていますね。 山芋には酵素が豊富です。 ビタミンB1,ビタミンC、カルシウム、カリウムなどが豊富に含まれています。 そして山芋のネバネバ成分が体内に入ることで、疲労回復に大きな役割を果たしています。 ただしこの栄養素、熱には弱いので加熱せず、生のまま摩り下ろすなどをして食べるようにしてくださいね。 熱いだし汁を掛けるのも禁物です。 人肌程度にぬるくしてから加えるようにしましょう。

次の