ベトナム 入国 規制。 入国制限の緩和後 初の日本からの臨時便がベトナム到着

今後ベトナムの入国規制はどうなると予想されますか?9月上旬にベトナム人の妻と...

ベトナム 入国 規制

今、世界中が新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の悪影響を受け、混乱しているのは誰もがご存知のことだろう。 東南アジアも同じで、各国の渡航者数が激減している。 近年日本人からも人気の旅行先となっているベトナムも同様だ。 特にここ数年は観光だけでなく、商用などの訪問者も多く、長期間人者数も増加の一方だったにも関わらず、COVID-19の影響でベトナムへの渡航者が減少している。 ベトナム文化・スポーツ・観光省が発表している統計によると、2020年1月期の外国人入国者数は199万4125人だったところ、同年2月期は124万2731人になった。 3月はさらに減少することが確実となっている。 というのも、すでに中国からの航空機乗り入れ禁止、韓国に対してはビザ免除措置を一時的に停止、全航空便が欠航中となっていたが、ベトナム政府はそれに加えて今月14日、欧州27か国からの入国禁止を決定。 15日正午から実施しているからだ。 今後はさらにアメリカから渡航入国規制も検討中であるという。 これは、2月中旬まで新たな感染者がなかったものの、イギリスからの飛行機内で集団感染が発生してしまい、ベトナム国内での感染者が急増してしまったことによる措置だ。 在ホーチミン日本国総領事館のサイトでは、ベトナム保健省の発表として、3月18日午前11時時点でベトナム国内での新型コロナウイルスの陽性事例が67人(その内16人は治癒)と発表されている。 また、3月18日からは外国人に対するビザ発給を1か月間停止する措置をとっている。 日本人はビザなしでも15日間の滞在が許されてきたが、18日以降は公務以外で入国する場合、新型コロナウイルスに感染していないことを示す証明書が必要になる。 ただ、この「証明書」がどんな文書なのかは不明であり、日本では実質的にこういった書類が出ないとも言われており、しばらくの間、ベトナム渡航は困難になることが予想される。 このように、ベトナムは東南アジアでは最も厳しい防疫措置を採っているので、ベトナム国内も経済的に大きな影響が出ることになるだろう。 これは冒頭の写真とほぼ同じエリアの2年前の様子。 通常時の旧市街は深夜でもこれだけの人が集まっているのだが…。 (2017年12月撮影) ベトナムの首都ハノイにおいても観光客の減少、市内の商いに関する悪影響が目に見えて感じられる。 商店や飲食店は自主的に、あるいは政府や地域の行政機関、警察などの命令で休業しているところも多い。 ハノイだけでなく、南部の商業都市ホーチミン、中部の港湾都市ダナンでも営業停止になっているところがある。 レストラン、バー、映画館、エンターテインメント系の施設が対象となっているようだ。 日本人経営の店なども影響が出ている。 客の激減ならまだしも、突然当日あるいは翌日から営業を停止するように通達が来る。 これらの地域の経営者によれば「特にCOVID-19に関係ないにも関わらず、行政や公安のその場の判断で突然休業を強いられた」という声が相次いでいる。

次の

コロナ入国規制中における日本からベトナム渡航について【まとめ】※8/4追記

ベトナム 入国 規制

現在の入国規制措置に対し、茂木外務大臣は6月19日、日本とベトナム間でのビジネス関係者の入国をPCR検査の実施を条件に認めることを合意したと明らかとしました。 新形コロナウイルス感染拡大以降、政府は、外国人の入国制限措置を強化してきましたが、入国緩和緩和措置はこれが初めてとなります。 この背景には、日本で働く外国人労働者は 厚生労働省が発表した「外国人雇用状況」によりますと(2019年10月末時点)半数が中国・ベトナム圏の方たちであることから、経済的打撃の影響を危惧したものと考えられます。 詳しい内訳ですが 中国は41万8327人(全体の25. 2%)、ベトナムは40万1326人(24. 2%)、次いでフィリピンの17万9685人(10. 8%)、ブラジルの13万5455人(8. 2%)前年比伸び率の上位3カ国は、ベトナム(26. 7%増)、インドネシア(23. 4%増)、ネパール(12. 5%増)でした。 今後、ベトナム以外の国でも入国規制緩和が進められると思いますが、1日でも早く、以前のような外国人の方が普通に日本で生活できる日が来ることを願っています。 また今後、在留資格の事や、永住、帰化、留学ビザ、就労、その他お手続きに係るお悩みやご相談事がございましたら、お気軽に弊所までご連絡ください。 経験豊富な専門家が責任を持って対応させていただきます。 連絡先フリーダイヤル:0120-138-552 中国語専用ダイヤル: 090-8456-6196 英語専用ダイヤル:080-9346-2991 韓国語専用ダイヤル:090-8448-2133 同じカテゴリーの記事を読む カテゴリー•

次の

外務省 海外安全ホームページ|新型コロナウイルスに係る日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限

ベトナム 入国 規制

【ホーチミン在住者執筆】日本からベトナムへはいつから行けるようになるのか?入国制限&規制はとても気なる情報です。 2020年新型コロナウイルスの影響により、ベトナムはもちろん、世界各国で出入国の制限をおこなう対策が行われています。 いつから旅行に行くことができるのか、現地にいる家族にいつ会えるのか、疑問や不安を感じているかたもいらっしゃると思います。 今回はそんな疑問や不安を少しでも解消できるように、ベトナムへの入国規制・緩和情報をまとめました。 必ず下記のサイトもあわせてご確認いただき、補助として参考にしてください。 つまり今現在は、まだ日本人含む外国人は日本からベトナムに入国することはできません。 ただし外交・公用目的、高技能労働者や、そのほか特別な場合は入国できる特例もあるようですが、一般人のかたの入国は極めて困難です。 つまり今現在は、ビジネス関係者以外の観光目的の日本人は日本からベトナムに入国することはできません。 外交・公用目的、高技能労働者や、そのほか特別な場合は入国できる特例もあり、ビジネス関係者は相互の入国が可能ですが、一般人のかたの入国は極めて困難です。 下記、日本大使館のサイトより入国できる外国人の条件を引用させていただきました。 3月21日,ベトナム政府は,「3月22日0時(深夜)から,ベトナムに入国するすべての外国人の入国を停止する。 外交・公用目的,他の特別な場合(重要な外交活動に参加,従事する外国人,専門家,企業管理者,高技能労働者)については,公安省,国防省が主管となり,外務省,保健省及び関連機関と連携し,(必要であれば)査証を発給し,規定に沿って,独立した区域での検査,強制医療申告,居住施設における適切な隔離を受ける。 」(首相府通知118号)と発表しています。 引用出典: 【6月17日最新情報】 日本からの入国制限緩和、2020年6月下旬相互入国で調整中 ビジネス関係者らに限り、PCR検査で陰性証明必須を条件に、6月下旬にも相互に入国を認める方向で最終的な調整に入ったとの報道がありました。 ビジネス関係者ら最大250人が日本からベトナムへチャーター機で渡航する予定のようです。 相互入国の調整ですので、ベトナムからもベトナム人のビジネス関係者や技能実習生の入国も認める方向です。 ベトナムは、新型コロナウイルスの新規感染者数が少なく、封じ込めに成功しているといえます。 そのため国内の感染防止策の緩和や経済活動も再開していて私自身にも日常が戻っています。 今までのベトナム政府の厳しい水際対策を経験した身としては、入国時に14日間の隔離措置も適応されるのではないかと推測しています。 確定情報入りましたらまたご報告します。 【6月19日最新情報】 日本とベトナム 相互に入国制限緩和で合意 茂木外務大臣は19日、記者会見で外国人の入国制限措置についてビジネス関係者らにかぎり、PCR検査の実施などを条件に、段階的に相互に入国を認めることで合意したとの速報情報が入りました。 感染がほぼ終息したといえるベトナムが、日本にとって感染拡大以降のはじめての緩和措置国となります。 相互入国となると感染がまた広がるのではと不安の声もあがっていますが、お互い入国時にPCR検査必須などの徹底した対策もあるようですので、今後の動きに注目されています。 出典: 【電子ビザの入国を受け入れる8空港】• ノイバイ国際空港(ハノイ)• タンソンニャット国際空港(ホーチミン)• カムラン国際空港(カインホア省)• ダナン国際空港(ダナン )• カットビ国際空港(ハイフォン)• カントー国際空港(カントー)• フーコック国際空港(キエンザン省)• フバイ国際空港(トゥアティエン=フエ省) ただし、気をつけたいのは、今回の公布は電子ビザ取得の許可 のみであり、外国人の入国を約束するものではないようです。 の6月2日のニュース記事によると、外国人観光客の入国規制は引き続き続け、観光客の入国については再開しないと政府の発表があり、まだ現時点での日本人のベトナムへの観光目的の入国は叶いません。 電子ビザの申請方法 電子ビザは、ベトナム公安省出入国管理局ので必要事項を入力して申請ができます。 結果が出ると、陽性者は病院に入院、陰性者は隔離施設にて14日間の隔離措置となります。 ビザが発給されたとしても現在は外国人の入国は現在認められておりませんが、もし今後入国できるようになってもしばらくは14日間の隔離措置は続くのではないかと推測しています。 政府からの発表を待ちたいと思います。 日本からベトナムへの入国制限・緩和情報まとめ 結論からいうと2020年6月4日現在、ベトナムへの入国は特例を除き、まだできません。 そして日本の外務省海外安全ホームページでも、ベトナムについて感染症危険情報レベル3(渡航中止勧告)を出していますのでまだ日本からベトナムへの移動は難しいのが現状です。 しかし、ベトナムへの日本人含むすべての外国人の入国は現時点では出来ませんが、外国人入国にむけた電子ビザ取得の公布がありましたので、少しずつですが、ベトナム入国緩和に向けての動きがみられます。 まだしばらくはベトナムに行くことはできませんが、ホーチミンはすでに学校や会社も始まり、飲食店や娯楽施設もオープンし日常が戻りつつあります。 以前と違うことは観光客がいないので、観光地まわりの市場や飲食店が閑散としてしまっていることです。 一日でも早くベトナム旅行やビジネス目的で、たくさんの人々が訪れる日々が戻ることを祈っております。 また政府からの追加発表があり次第更新させていただきます。

次の