ケッター サイクル。 【新色】ケッターサイクル 14インチ 「ブリリアントレッド」発売します!

Peopleじてんしゃ全車種ご覧いただけます!

ケッター サイクル

どうも、 おるもん()です。 最初は足けり、バランスとれたら自転車に!を謳うケッターサイクル。 私はケッターサイクルではなくへんしんバイクという同等商品を3年前に購入しましたが、もし同時期にケッターサイクルがあればケッターサイクルを選んでいました!! 14インチのケッターサイクルはどのキックバイクを買うべきか悩んでいる人に推奨したい商品ですです。 なぜなら同じようにペダルを後付できるキックバイクの中でも、 ペダル付けも女性でも簡単に行えるため購入後のメンテナンスも簡単 、スタンド標準装備など様々な点で秀でています。 詳しくは本文で説明していきます。 3歳~4歳の誕生日プレゼントや、初めての自転車選びに迷っている方は必見です。 キックバイクは、自転車のペダルやチェーンなどがついていない商品の事を指します。 (商品によってはチェーンはついたままペダルだけ外れるものもあります。 ) キックバイクは足で地面を蹴って前に進み、子供のバランス感覚を育てる事が出来る優秀な商品で最近では多くの子が使用しています。 うちの子もキックバイクを利用したため早くに自転車を習得することが出来ました!キックバイクの代表的なものとしてはなどの商品が挙げられます。 バランスバイク(商標登録)や足けりバイクなど呼ばれることもあります。 ペダルを後付できるキックバイク4種類を比べた記事は下記になります。 現在検討中の方は比較していますので参考にしてみてください。 \ペダル後付キックバイク4種類を比較/ ケッターサイクルってどんなもの?キックバイクとの違い キックバイクの状態からペダルを後付できるケッターサイクルと、ペダルを後付できないただのキックバイクではどのように違うのでしょうか?以下に説明を行っていきます。 ケッターサイクルのメリット• ペダルを後付できるから、自転車に移行するのがスムーズ• 自宅で女性でも簡単にペダルが取り付けられるため、思い立った時に自転車に切り替えられる• スタンドが標準装備であるため、無駄な出費が少なくて済む• 親の持ち手がついているため、 練習の際子供も安心・親の体の負担も軽減• ケッターサイクルはまだ持っている人が少ないため、人と被りにくい 以上のことについて、下で詳しく説明していきます。 ペダルを後付できるから、自転車に移行するのがスムーズ キックバイクの利点は自転車を乗るためのバランス感覚を養えることです。 しかし、ペダルを後付できないキックバイクから自転車に移行する際の最大の難点は、キックバイクが軽すぎるために乗り換えた 自転車の重さにギャップを感じてしまうという点になります。 この重さというのが私としては割と重要だと思います。 ママ友の子を見ていると、ペダルを後付できないキックバイクから通常の自転車に移行するときに苦労する子が割と多い印象です。 なぜなら軽すぎるキックバイクから重い自転車になるとバランスが取れないのです。 購入した商品によってはキックバイクと自転車の差が10kgほどの差が出てくる場合もあります。 その点、ペダルを後付できるキックバイクは、同じような重さのものにペダルとチェーンが付くだけなので、それほど大きく重さは変わりません。 ペダルの装着がケッターサイクルは5分で着脱可能です。 しかも自宅で簡単に。 そろそろ キックバイクから自転車に切り替えたいなというときにわざわざ自転車屋に持ち込む必要がないのです。 私の所持しているへんしんバイクは自宅でも着脱できるように説明書が入っていましたが、私には全く意味が分からず自転車店に持って行ってペダルを付けてもらいました。 また公式サイトとしても自転車店にでの取り付けを推奨しています。 ( もちろん有料で2000円~3000円程度) スタンドが標準装備であるため、無駄な出費が少なくて済む スタンドが標準装備であるのも嬉しいポイントですね。 私が所持しているへんしんバイクにはスタンドがなかったので、ずっとそのあたりに転がしてある状態でしたし、ペダルを取り付けた後にスタンドを後で購入し、さらにそれを取り付けるのに手数料がかかり…という状態でした。 そのため、初めからスタンドがついているというのは非常に魅力的なのです! 親の持ち手がついているため、 練習の際子供も安心・親の体の負担も軽減 これもへんしんバイクやストライダーなど他のペダルを後付できるキックバイクにはない、ケッターサイクルの魅力です。 比較的自転車に乗り始めるのが早いとは言え、やはりキックバイクからペダルありに変更した時にバランスを崩したり、ペダルをこぎ始めるのに不安がったりする場合があります。 そんな時持ち手がある自転車であればそこを支えてやることは可能ですが、 持ち手がない場合は子供の体を支える形となります。 そうすると安心しスタートできるものの、 バランスが取れたからと手を放すと急に怖がってふらつくということを 何度も経験してきました。 理由は体を持っていると、手を放した感覚が分かるため不安になるようです。 その点持ち手であれば子供に手を放したことは伝わりません、そのため 親が持ってくれているという安心感を得たままペダルを漕いで行くことが出来るのです。 (ケッターサイクルの12インチにはこの持ち手がついていないようなので、持ち手ありを希望する場合は14インチからとなりますご注意ください。 ) ケッターサイクルはまだ持っている人が少ないため、人と被りにくい 誰かと被ると嫌!ということはないと思いますが、同じキックバイクでも、ストライダーは多くの人が持っています、さらにへんしんバイクもわりと持っている人が増えてきた印象です。 ではケッターサイクルではどうでしょうか? ケッターサイクルは なんと2018年10月発売!まだまだ発売して1年も経っていません(2019年8月現在) これからキックバイクを検討している人や、少し大きくなったけど自転車の練習を始めたいお子さんを持つ方などには非常におすすめです。 ケッターサイクルのデメリットも隠さず紹介 これまでに沢山ケッターサイクルは良い!と書いてきましたが、デメリットはあるのでしょうか?考えられるデメリットを挙げてみましたのでご確認ください。 ケッターサイクルのデメリット• 3歳になりたてであれば、少し本体の重量が重い 3歳になりたてであれば、少し本体の重量が重い ケッターサイクルの14インチは3歳から7歳を対象年齢としています。 幅広く長く使えることが利点として挙げられますが、 これだけ幅広いとやはり3歳になったばかりの子と7歳児では大きな差が出てきます。 その差は体格や体力など様々です。 となると唯一あげられる欠点は、3歳になりたての子には7. 5kgというのは重いというデメリットが挙げられます。 ただ、初めて乗るころは基本的に親がつきっきりで見守ると思います。 小さな段差などは持ち上げてあげられますし、こういった時にケッターサイクルは持ち手がついているので親もサポートしやすいので、あまり大きなデメリットにはならないかもしれません。 唯一考えられたデメリットがこれだけでした。 ケッターサイクルについてまとめ ケッターサイクルがおすすめできる理由• 14インチ以外にも購入する年齢に合わせてサイズ展開がある(そこから長く使える)• ペダルを取り付けるのが簡単• スタンドが標準装備• 14インチからは親の補助持ち手あり ケッターサイクルについてまとめてみました。 発売されてからそれほど古くない商品になりますが、私が持っているへんしんバイクや、ママ友が所有しているストライダーなどと比較してメリットやデメリットなどを記載しています。 もっと早くからキックバイクに乗らせたい!という方も多いかもしれません、そういった場合はペダルを取り付けしないキックバイクの安いものを買うのも手です。 ただ特に運動が得意!といった感じではなかった長男は、2歳になってへんしんバイクS(10インチサイズの小さいもの)を購入したものの、使用したのは3歳でした。 無理に早くスタートさせる必要はなかったなと感じています。 そういった点で考えても、対象ごとにサイズ展開のある ケッターサイクルは非常におすすめと言えます!.

次の

ケッターサイクルで、3歳息子が補助輪パスして一気に自転車デビュー!

ケッター サイクル

その理由はこうです。 まず、足けりモードでバランス感覚を身に付けます。 地面に足がしっかり付くくらいサドルが低くできるから、初めてでも思い切り楽しめます。 今度はペダルを付けて自転車モードに。 ポイントは、それまで乗っていた足けりバイクがそのまま自転車になるということ。 また違う大きさの補助輪付き自転車からスタートして慣れて…というプロセスがないんです。 だからペダルを漕ぐ感覚を身に付けるまでの少しのサポートで、あっという間に自転車デビューが叶います。 1台2役だからコストがお得なことはもちろん、 自宅での保管スペースが最小限で済むのもうれしい限りです。 子どもがやる気になったときにすぐ、自転車モードに変えてあげたいもの。 実際、補助輪付き自転車から始めたわが家の場合、「補助輪とって!」と子どもが言ったときにパパが面倒くさがり、「次のときね」と言ったことから補助輪を外すことに興味を失い、次のステップに進むのが遅れたと思っています。

次の

状況に応じてペダルを着脱できるキッズバイク! キックバイクでバランス感覚を鍛え、上達したら自転車に挑戦できる!<ストライダー・ケッターサイクル・アイデス・へんしんバイク・ケルコグバイク・Rennrad12>|FQ JAPAN 男の育児online

ケッター サイクル

(選考方法については一切お答えできません。 予めご了承ください。 (1)インスタグラムにて、Peopleじてんしゃ公式アカウントが投稿した、アンバサダー募集の投稿をリポスト、もしくはスクリーンショットして投稿してください。 また、投稿の際、以下の情報を本文にご記入ください。 投稿後、一週間以上たっても「いいね」がつかない場合、何らかの理由でこちらから確認できていない可能性があります。 お手数ですが、再度タグをご確認いただき、Peopleじてんしゃ公式アカウントの投稿コメント又はDMにてご連絡ください。 応募条件 下記条件を全て満たす方が対象です。 ・応募時点で、2歳~5歳、身長85㎝以上のお子様を持つお母様、お父様 ・補助輪なし自転車に乗る技術をまだ身に着けていないお子様 ・お子様の自転車・乗り物への関心が強い、外遊びが活発である。 任期 2020年6月~2020年11月までの約6ヶ月間 アンバサダーさんへのお願いと謝礼 ・商品到着後、7月1日までの間は週2回以上、それ以外の期間は週に1回以上、instagramにてケッターサイクルの写った写真と、コメントの投稿をお願いします。 今回、ペダルをつけて乗れるようになった方はプレゼントがございます。 自転車として乗るまでの様子をぜひたくさんご投稿ください。 また、就任から1年間は使い勝手について弊社よりアンケートをお願いする可能性がございます。 ・フォトコンテスト等ユーザーさん向け企画があった場合、ご参加ください(任期中は各賞の対象外となります) ・instagram、Poepleじてんしゃ及びピープル㈱の公式HP等で、アンバサダーさんのご紹介、投稿頂いたお写真、動画等を紹介させて頂きます。 (その際に、印象の変わらない範囲で加工をさせていただくことをご了承ください。 また、アンバサダーさんの中でもご紹介の頻度は異なりますこと、ご了承ください。 ) ・上記以外に、ピープル㈱の広告・販促等でお写真や動画を使わせて頂く可能性があります。 予めご了承ください。 ・Peopleじてんしゃ製品の開発に関してのアンケート(メール、電話、試作のモニター)のお願いにご協力ください。 (必ずしも全員にお願いするわけではありません。 [謝礼について] ・ケッターサイクル1台(通常価格2万~2万5千円相当)(サイズをお選びいただけます。 )とサイクルカバーを就任時にプレゼントします ・また、ペダルをつけて自転車の状態で乗れるようになった方には、「ワイヤーバスケット」と「ドロヨケ」をプレゼントします。 ・任期中、自転車の調整点等のお問い合わせについて開発チームが直接サポートいたします。 ・お送りする車体は弊社倉庫で各部調整後、9分組み立て状態に戻して梱包し、ご自宅へ配送します。 その際はお近くの自転車店に整備を依頼してください。 ・instagram、公式HP以外でお写真等使わせて頂いた方は、別途謝礼をさせていただく場合があります。 投稿写真、コメントの内容について ・屋外で使用している様子を主としてください。 (開封、お子様への披露、最初のうちの練習等は屋内でも構いません) ・一般的な乗り方と異なる乗車姿勢、危険な使い方と感じさせる内容を避けてください。 ・乗車するお子様は必ずヘルメットを着用してください。 なお、不掲載の理由については一切開示いたしません。 プライバシーポリシー お客様の個人情報は、厳重な管理の元、本キャンペーンの運用に関する場合のみ使用いたします。 法令により開示を求められた場合を除き、お客様の同意なしに第三者に開示・提供することはございません。 その他の個人情報の取扱いに関しては、当社HPの個人情報保護方針をご参照ください。 問い合わせ先 ピープル株式会社 Peopleじてんしゃ担当 <メール>people-bicycle people-kk.

次の