つま先 上がり の 打ち 方。 つま先上がり斜面の打ち方

ゴルフスイングでつま先上がりを完璧に打つ方法!

つま先 上がり の 打ち 方

ゴルフ場には平らなライからのみ打てるわけではなくて・・やはり傾斜があるライからボールを打たなくてはいけない場面が多くあります。 つま先上がりのライであったり、つま先下がりのライ、やなど様々なライがあります。 今回はその中でもつま先上がり・つま先下がりのライからの打ち方についてご紹介させていただきたいと思います。 こういったライからのショットは難しいと考えている方もいらっしゃいますが、コツさえわかれば案外難しくはありません。 どんなショットが出やすいかを理解しておく まず、大切なのはこういったライがショットにどのような影響を与えるか・・・ということを予め理解しておくことだと思います。 こういったライからいつもと同じようにショットを打とうとする方もいらっしゃいますが、それはミスの原因になってしまうかも・・知れません。 それよりもつま先上がりのライ、つま先下がりのライから出やすいボールに逆らわないということが基本になります。 ですので、このライからはボールが左に行くことを予め予測して、ターゲットよりも少し右を狙って構えるのが一般的な方法です。 ただ、これは上級者向けのテクニックにはなりますが、プロの中には、フェースを少し開いた上で、目標を狙って打つ人もいます。 (目標よりも右を狙わないということ) フェースをどれだけ開くかは傾斜の度合いにもよるので一概にどれだけ開くということは言えませんが、フェースを少し開くことで、傾斜の影響でフェースが閉じる(ボールが左に飛ぶ)分を相殺するような形です。 尚、フェースを開く際は、フェースを開いてからグリップを握り直る形になります。 ですので、あらかじめボールが右に曲がることも想定して、ターゲットよりも少し左を狙って構えます。 ただし、このライの場合は、インパクトでクラブのヒール側が地面について(ヒール側に)ブレーキをかける形になり、トゥ側が前に出てしまうこともあります。 こうなるとフェースが閉じて、むしろ左にボールが飛びやすくなります。 ですので、場合によってはフェースが閉じやすいこと、尚且つ、スライスが出やすいライでもあることを考慮して、目標に向かってスクエアに構えるという方法もあります。 どちらの構え方がいいかはその人にもよりますが、初心者~中級者の人は、目標よりも少し左を狙う構え方。 中級者~上級者の人はスクエアに構えるという方法をまずは試してみるといいかも知れません。 番手を変える 使う番手ですが、場合によっては大きめの番手を選びます。 つま先下がりのショットは特に飛距離が落ちますので、少なくとも1つ大きめの番手を選びます。 また、つま先上がりのライでは斜面の傾斜に合わせてクラブを短めに持つことがありますので、その場合も大きめの番手で軽く打つイメージでもいいかと思います。 打ち方のコツは構え方にある さて、このように斜面によって出やすいボールというのが変わってきますので、それを予測して構え方を変えます。 こういったライからは打ち方というよりは、構え方がすべてと言ってもいいと思います。 では早速、それぞれのライからの打ち方、構え方について見てみましょう。 つま先上がりのライ つま先上がりのライからの方が少し簡単になります。 つま先上がりのライの場合、ボールが足よりも上にあることになります。 構え方の基本は前傾姿勢を浅くすること。 斜面がきつくなればなるほど、前傾の角度を浅くしてゆきます。 それと同時にクラブを短く握ってゆくことがコツです。 打ち方、もしくはスイングに関してですが、背骨の角度が立っている(前傾角度が浅くなっている)分、横振りになるのが、自然です。 前傾角度を変えず、その背骨の角度のまま右へ回転したら、今度はそのまま左へ回転して打つ・・・という風にシンプルに考えるのが良いと思います。 斜面がきついような場合は、ボールを一般的なボールの位置(参照)よりも左に置きますと、引っ掛けフック、もしくはが出やすくなります。 ですから、いつもよりもボール1個程度右にボールを置いてもよいと思います。 その辺は普段打っているボールにも影響してくると思います。 普段スライスを打っている方はこのライでもフックボールが出ない場合もありますので、その点はご自分の持ち球に合わせてどこを狙うかを決める必要があると思います。 普段フックを打っている方は、ボールの位置は右寄りにした方がよいかも知れません。 また、このつま先上がりのライからよくダフってしまう・・・ という方の場合は、上記のポイントを意識しながら、スイングの際に若干、インサイドからヘッドを入れて、若干アウトサイドにヘッドが抜けてゆく、インサイド・アウトを意識してみてもいいかも知れません。 つま先下がりのライ どちらかと言えば、こちらのライの方が難しいショットになります。 ですから、狙うのはグリーンのセンター。 スイングもフルスイングはできませんし、飛距離も必然的に落ちますから、大きめの番手で軽く打つ・・・ということが打ち方のコツになります。 つま先下がりのライの場合、ボールが足よりも低い位置になります。 その低い位置にあるボールに合わせて構えますから、必然的に前傾姿勢は深めになります。 ただ、そのままではバックスイングした時に前のめりになりますから、そうならないように膝を深めに曲げて、お尻を後ろに突き出すようにしてバランスをとります。 こういうと難しそうですが、その斜面で一度素振りをしてみると、どのように構えると前のめりにならないのかとか、体重のかけ方がわかると思いますので、一度素振りをするということが大切なことだと思います。 また、前傾姿勢が深くなり、足よりも低い位置のボールを打ちますので、スイングはアップライト(縦振り)になります。 この場合も前傾姿勢を変えないようにスイングすることがコツです。 その際は、膝を曲げたまま振り抜くことを意識してみてもいいですし、伸び上がらないように重心を低く保ったまま振り抜くことを意識してみてもいいと思います。 フォロースルーの際も頭を上げないように、頭の高さを変えないように意識して振ってゆくのもいいと思います。 体重移動はあまりできませんので、できるだけコンパクトに振ってゆきます。 結果的には飛距離の出ない、スライス系のボールが出やすくなりますが、それで構いません。 1つもしくは2つ大きめの番手を持ち、スライスすることを予測してターゲットよりも左を狙って構えます。 このライからはとにかくコンパクトに振ってゆくことがコツだと思います。 その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。 一度ご覧になってみてください。

次の

ゴルフの斜面の打ち方動画!分かり易いのをまとめてみました!

つま先 上がり の 打ち 方

前上がり、傾斜の打ち方 今回はそんなみなさんにいい方法を紹介しましょう。 これはデイブ・ペルツが実験して説明していた斜面への画期的な対応策です。 簡単に説明すると、傾斜によってクラブフェースをボールの上に構えると言うことです。 右足軸を安定させて打つことです。 クラブが狙った場所を通りやすいということなんです。 こころ掛けておきたい考え方 まずフックが出やすくなります、フックの度合いは「 ロフト角や」、傾斜の 度合いにより全く異なるのですが短いクラブほどフックしやすくなります。 前上がり斜面ではライ角が立ちます。 その結果、傾斜が強いほどクラブのライ角が立ちますのでフックが強くなります。 基本のグリップとスタンスですが まずスタンスですが、重心を前側に、拇指球加重で立つようにします。 スタンス幅は傾斜によってですがあまり広くは取りません。 膝を伸ばして前傾姿勢を小さくします。 グリップは短めに持って、平地での構え方より、ハンドアップに構えます。 傾斜がきつくなるほど、大きめなクラブがライ角が立ちにくいので ターゲットに打ちやすくなります。 前上がり(つま先上がり)の打ち方 傾斜がきつくなるほど足元が不安定な、つま先立ちになりますので スイングは大きく振ることができません。 傾斜によってのボールとクラブの構え方 ボールの高さが、自分お膝ぐらいの傾斜の場合、ボールよりクラブヘッドを 2個分ぐらい上に構えます。 つま先傾斜がきつくなり、腰あたりのボール位置の傾斜の場合は ボールの上にクラブヘッド、ボール4個分ぐらい上に構えてスイングすると 綺麗にボールをヒットすることができます。 ちょーど、野球のように横振り状態の場合クラブヘッドのセッティングをボールより かなり浮かして構えてスイングすると、うまくいきます。 このことを知ってから、クラブ選びとボールの上にセットして、 かなり長いクラブでもうまく打つことができるようになりました。 これは多分ゴルフは野球と違い構える位置がボールの近くにクラブヘッドを セットしそれからバックスイングするので、 どうしてもクラブヘッドが 下に下がるのだと思います。 これがデーブ・ぺルツが実験していたノウハウです。 うまく打てない人は試す価値ありますよ・・・・ 傾斜とボールとクラブヘッドの高さは、ご自分のスイングを考慮の上決める 必要がありますが、横振りの場合ボールの上15センチぐらいにクラブヘッドを セットしても不思議にあたります。

次の

ゴルフのつま先上がり傾斜の打ち方!簡単なポイントを守るだけ!

つま先 上がり の 打ち 方

前上がり、傾斜の打ち方 今回はそんなみなさんにいい方法を紹介しましょう。 これはデイブ・ペルツが実験して説明していた斜面への画期的な対応策です。 簡単に説明すると、傾斜によってクラブフェースをボールの上に構えると言うことです。 右足軸を安定させて打つことです。 クラブが狙った場所を通りやすいということなんです。 こころ掛けておきたい考え方 まずフックが出やすくなります、フックの度合いは「 ロフト角や」、傾斜の 度合いにより全く異なるのですが短いクラブほどフックしやすくなります。 前上がり斜面ではライ角が立ちます。 その結果、傾斜が強いほどクラブのライ角が立ちますのでフックが強くなります。 基本のグリップとスタンスですが まずスタンスですが、重心を前側に、拇指球加重で立つようにします。 スタンス幅は傾斜によってですがあまり広くは取りません。 膝を伸ばして前傾姿勢を小さくします。 グリップは短めに持って、平地での構え方より、ハンドアップに構えます。 傾斜がきつくなるほど、大きめなクラブがライ角が立ちにくいので ターゲットに打ちやすくなります。 前上がり(つま先上がり)の打ち方 傾斜がきつくなるほど足元が不安定な、つま先立ちになりますので スイングは大きく振ることができません。 傾斜によってのボールとクラブの構え方 ボールの高さが、自分お膝ぐらいの傾斜の場合、ボールよりクラブヘッドを 2個分ぐらい上に構えます。 つま先傾斜がきつくなり、腰あたりのボール位置の傾斜の場合は ボールの上にクラブヘッド、ボール4個分ぐらい上に構えてスイングすると 綺麗にボールをヒットすることができます。 ちょーど、野球のように横振り状態の場合クラブヘッドのセッティングをボールより かなり浮かして構えてスイングすると、うまくいきます。 このことを知ってから、クラブ選びとボールの上にセットして、 かなり長いクラブでもうまく打つことができるようになりました。 これは多分ゴルフは野球と違い構える位置がボールの近くにクラブヘッドを セットしそれからバックスイングするので、 どうしてもクラブヘッドが 下に下がるのだと思います。 これがデーブ・ぺルツが実験していたノウハウです。 うまく打てない人は試す価値ありますよ・・・・ 傾斜とボールとクラブヘッドの高さは、ご自分のスイングを考慮の上決める 必要がありますが、横振りの場合ボールの上15センチぐらいにクラブヘッドを セットしても不思議にあたります。

次の