ルシファーhl 試練 本体。 【グラブル】ルシファーH羽優先撃破のススメ

12/18のあれこれ:ルシファーHL入門 各属性のかんたんなムーブとキャラ編成

ルシファーhl 試練 本体

開幕時含め特殊技を受けたらディスペル• 羽特殊技の黒翼の仕様(黒翼付与状態のルシ本体にはダメが入りづらい)• ポースの仕様(羽撃破前後でターゲットが変わる)• ゴフェルアークの仕様(次章でも解説)• ルシHLの特殊技に対する基本的な対処方法 特殊技への対策の基本的な考え方ですが、• けど、100カットを毎回の特殊技で付与するのは厳しい・・・• 羽50以降即属性試練を行うと、本体95や85の特殊技を不意に受けてジエンドしやすい• 『アキシオン・アポカリプス』+本体HP特殊と合わさって赫刃レベルが上がりやすい もちろん羽先討伐には属性試練を行わないことによるデメリットとして、属性攻撃力が解除まで上昇します。 が、そのデメリットと属性試練先討伐のデメリットと比較した際に、後者の方がデメリットが大きいのです。 以上から、これからルシHLに挑む際には(羽先という話が全然出ない場合、)羽先討伐を提案してみてください。 提案しにくい・暗黙っぽい雰囲気がある場合は、「羽先ですか?」と聞いてみるといいかなって思います。 ルシファーHLへの参加条件 次に、ルシHLへの一般的な参加条件(キャラ・装備・主人公設定)をまとめます。 キャラ編成|種族被りなく十二の試練・ルシHL対策ができるように ルシHLではキャラ構成を考える際に、以下の項目を満たしているかが大切になります。 種族被りはないか(試練クリアや安定のために被る場合は参戦者に報告必須)• 参戦者全体でグラビティを2枚用意できてるか• そのため、試練云々や安定と関わりがない(被り必須ではない)場合は、種族被りにならないように構成します。 注意また、恩寵(初回クリア・5回クリア称号報酬)目的な場合、キャラの属性は挑む属性で統一しましょう。 猫やルリアといった主人公の属性に合わせて変化するキャラも入れるのはNGです。 気をつけましょう。 (機会が増えて素早く終えれるので) 『オービタルブラック』• ファランクスが強化アビで、受けるたびに延長されるとファラ回しが厳しくなるからですね。 行動表にも記載していますが、羽生存時にパラロスを解除できるようにしたいです。 (羽が死にそうなら本体を攻撃して生存させてでもパラロスは受けたいです。 ) グラビティについて 最後に、『グラビティ』について。 ルシHLの特殊技はすごくめんどいし赫刃もあってあまり受けたくありません。 ゆえに、参戦者全体でグラビティを2枚用意しておき、ルシ本体にグラビティを使いたいです。 HPを犠牲にして火力を盛った編成でルシに挑んでも、全然貢献度が稼げませんよ。 貢献度を稼げる人は、とにかくHPを盛っていて動きまわっているイメージです。 ルシHLにおいてはHP>火力と言えます。 ちなみに 1T1000万が出るかの確認は、トライアルの『オールド・木人(無属性)』でチェックします。 『オールド・木人(無属性)』に 防御デバフなしで1T1000万出せれば大丈夫です。 というのも、ルシHLの防御値は20(防御下限で10)なため、木人の防御値10をそのまま利用すれば同様の数値を確かめられるからですね。 ここでアビダメ+エリクシールを飲んで奥義ぶっぱ=合計1000万出せて、かつ、HPが3万(できれば4,5万以上)確保できれば装備の参加条件はクリアです。 この試練12が残っているか否かで結構成功率が変わります(無属性でやられること多いです)ので、6属性で挑めるなら是非とも解除したいところです。 主人公設定|ジョブはスパルタ・スキル設定は参戦者同士で打ち合わせを 主人公ジョブはスパルタ固定です。 (ファランクスを参戦者同士で回すため) 参戦者同士のファランクス被りを防ぐために、事前に設定でアビリティ使用通知はオンにしておきます。 スキル構成は参戦者全員に影響があるものもあるため、事前に情報共有しておきたいです。 私がルシHLに挑む際は、各属性以下の主人公スキル構成で挑んでいます。 火 ディスペル かばう シールドワイア 水 ディスペル クリアオール シールドワイア 土 ディスペル かばう シールドワイア 風 ディスペル クリアオール シールドワイア 光 ディスペル クリアオール シールドワイア 闇 ディスペル クリアオール シールドワイア リミアビ性能的にシールドワイアはほぼ固定、ディスペルも散々言いましたが重要なので固定。 残り1枠にはクリアオールorかばうが入ります。 ただし、火と土はカット手段が多くないので、ほぼかばう一択になります(慣れてる人はクリオを入れている場合もあります)。 行動表と参加条件だけで頭パンクしそうですからね。 ある程度頭に叩き込んだらあとは実践あるのみです!上記4点を念頭に置いて、行動表を横に置いて挑めばなんとかなるなる!! 詳しくはそれぞれ各項目で解説します。 赫刃レベルを常に0or低レベルに保つ ルシHLはルシ本体が特殊技(HP技・CT技両方含む)を使用した際に、ルシ自身に「福音の赫刃」を付与します。 ちなみに、「福音の赫刃」はレベルにより以下の効果(敵強化)をもたらします。 (赫刃マークがない場合は0という認識でのスタートになります。 ) 赫刃Lv 敵(ルシHL)強化効果 1 攻撃力上昇 2 攻撃力上昇(効果量の変化はないそう…) 3 攻撃力上昇/全ての攻撃に「強化効果消去 2回 」追加 4 攻撃力上昇/全ての攻撃が弱点属性になる 5 攻撃力上昇/ 全属性ダメージカットを無効化する できれば常に2以下にはしたいです。 属性によっては4でも動ける方もいますが、基本的に3は黄色信号、4以降は赤信号、特に5は絶対動くなです。 慣れないうちはこの赫刃レベルを本当に見逃しがちなので、毎回 『ルシが特殊技を放った後はディスペルを打つ』を呪文のように唱えて挑むようにしたいです。 ここを蔑ろにすると、一歩も動けない状況にまじでなりますよ。 『アキシオン・アポカリプス』は受けるたびに赫刃レベルが2上昇(他の本体特殊は1上昇)するめんどくさい技ですが、追加効果も厄介です。 MEMOユリウスを使う風属性担当は、ユリウスの研究の成果の累積攻防デバフが4回入ったのを目視で確認(外したら外した分入れ直す)後、チャットで「弱体成功!」と打ちましょう。 これが攻撃開始・再開の合図になります。 この『終末へのカウントダウン』は最初は6なのですが、 参戦者全員で共有されキャラ1人落ちるたびにカウントが1減ります。 そして、 カウントが0になって砂時計マークが消え、その後攻撃ボタンを押すと問答無用で特殊技『ジ・エンド(強制戦闘不能)』が発動されます。 アルバハHLでいう理の超越ですね。 自キャラだけで6人ならなーんだって思うかもですが、参戦者全員(キャラ最大36人)内でってなると話は別です。 これがまた参戦する敷居の高さにも繋がってるかと。 ルシHLに参加しない人の多くは、このカウントを減らすというのに強い嫌悪感を抱いていて、「自分のミスが周りに迷惑になる」っていう気持ちが強いです。 ですが、そうこう言ってはいつまで経ってもルシ童貞になってしまいます。 ルシHLは失敗ありきのコンテンツ、と思って、どんどん参加して学んでほしいですね。 無理に動かない(危ないと少しでも思ったら止まる)• リロードせずに戦う(ルシHLのダメ量をチェック・死んだ際の研究に) この2つを最初のうちは徹底するといいです。 また、動けない時はチャットで「〜〜〜なので動けないです。 」というと、参戦者が対策案を出してくれたりします。 その経験があってみんなルシHLをリロ殴りできるようになってるので、失敗談はマイナスではないと強く言えます。 次章でも私の失敗談を載せておくので、ぜひ読んで対応していただければ幸いです。 ルシファーHL初心者だった頃の失敗談 最後に、私が実際にやらかした数々の失敗談を載せて終わりにしたいと思います。 この失敗談も含めてルシHLでの注意や心構えになるので、ぜひとも全て読んでいただき攻略サイト等にらめっこして本番挑んでいただければ幸いです。 ルシHLに福音の黒翼付与状態で1000万試練(その後ペースが狂い失敗) ルシHLには開幕時に「福音の黒翼」という状態が本体に付与され、この黒翼がある状態だと全然本体にダメージが入りません。 解除方法は、羽特殊技(奇数回)のマルスを受けることです。 この時私は火属性で挑んでいたのですが、火は主人公が死ぬと途端に動けなくなります(当時は最終ゼタ未実装)。 主人公でディスペルやカットをなんとかしていたので一気に詰みました。 その後少し動いてはみたものの、赫刃レベルが厳しくなり動けなくなりました。 ルシ特殊技を受けたらディスペル• ディスペルが間に合わない時はスロウで本体CT遅延を!( 注意:次項内容も読むこと!) この2点は呪文のように唱えていいかと。 ディスペルもないわ召喚も既にしたわで詰みでした。 ディスペルが足りない場合は可能な限り特殊技行動を遅延(スロウ)する、それでも間に合わない場合は召喚で対応(ゼピュ・ミカエル・ハンサ等)、自石にディスペル石がない場合は参戦者に下さい!と頼むですかね。 とにかく! ディスペルのCTが上がったらすぐ使う!くらいの勢いで、ディスペルに関しては無駄のない動きを徹底したいところです。 スロウを適当に使いすぎてパラロス状態に 赫刃レベルが上がりすぎて詰んだ経験を生かして、今度はディスペル枚数少ないからスロウで遅延しまくろうっていう方向にシフトしたのです。 ディスペルが間に合わない時はスロウで本体CT遅延を!を遂行したわけですね。 ルシ本体の特殊技を受けたくなくてひたすらスロウ…スロウ…スロウ…( ダメですよ!) 注意スロウはディスペルの少ない属性(特に火)にはありがたいスキルですが、ルシ本体に打ちすぎると弱体耐性が上がり、スロウの効き目がどんどん悪くなります。 (火属性はディスペルもカット技も足りないことが多い) ああああああああああカット貫通して2人死にましたああああああああああ 踏む人は『黙示録の喇叭』発動でダメージなしなのですが、 踏んだ後に続く人は当然攻撃をくらいます。 呆気なく詰みました。 共有がない場合は火属性が踏むと心得てください。 火属性以外がふむ場合は「踏みます」と一言ください。 そして、踏む側の人は(そういう状況を作り出さないために)奥義フルチェしてでもできるだけ早く踏めるよう努力しよう(戒め) これは私からあなたへの切実なお願いです。 ちい ネムイデスさん、いつもありがとうございます! >赫刃Lv1~2では赫刃自体の効果量に変化はありません >カウントが0になったそのターンは問答無用で特殊技『ジ・エンド(強制戦闘不能)』が発動 と書いてありますが攻撃カウントからの0エンドモード移行です この部分に関しては加筆と修正を行いました。 ジエンドの仕様については私の理解力が足らず、文章に手を加えた形です。 良いでしょうか? >11解除忘れでの強化延長フャラ枯渇 >設定でファラ被りは防止できます >羽50~0までの区間は本体のみctマックスで赫刃2以上はデバフ回復あります この辺りは結構省略してます・・・申し訳ない。 書きすぎると攻略サイトみたくなるし、加減が難しくて・・・ どこに追記すればいいのか中の人もわからない。 >開幕リロで無属パラロス赫刃ディスペルを忘れる >基本開始免除hpトリガーは5パーほど待機で何とかなる この辺りは行動表や注意点で述べているので個人的にはオッケー(?) >黄龍槍を持っていくとミリン8解除を妨害する恐れ >極ふぁーさんなったのでオバチェしました! 8は? 私光で普通に黄龍槍使ってますけど、ミリンで8解除って一般的なのですか? 野良したことないのでわからないのですが・・・ 大体最終オクトーとニーア(ノア)ってイメージでした。 あとオバチェしました云々はよくわからなかったです・・・すみません。 極ファーさんになって試練が出たらオバチェで8解除ができない?ってことですか??? 私も長文になってしまいましたすみません。 ファラの件も了解です。 ちい ネムイデスさん、重ね重ねすみませぬぬ!! >ミリンは身内でがんばってやろうとしたら、、、って感じです 納得しました。 確かに身内でミリンでやろうとしたら黄龍槍は邪魔になりますね。 それってもしかして私が最後に書いてあるQの話と同じですかね? 顔変化したけど試練が出てない奴。 ここも話追加して際立たせておくか・・・ >行動表にも書いてあるのは私のやらかしです。 やはり皆ディスペル系にはやられますよね。 あとアキシオンアポカリプスとオービタルブラックの話も。 とりま日課やって元気なら今日、無理なら明日にでも追記します。 本当貴重なご意見ありがとうでした!!.

次の

ルシファーHL(ダークラプチャ)火属性攻略

ルシファーhl 試練 本体

HP3万以上は最低限 HPが 3万ない と参加資格すらありません。 開幕時に発動の『パラダイス・ロスト』で全体に無属性3万ダメージをくらいます。 あと火属性は防御UP系のアビ(アテナ奥義でガード効果はつくが)を持っていないので他より被ダメが大きいので、基本的にはじり貧になりやすいので、 HP4万以上は欲しいです。 試練達成の為、1ターンで1000万以上出せるように! トライアル無属性でバフのみで1000万以上出せれば行けると思います。 ただし、アテナアビなど羽と本体に分散するので注意。 最近では道中の動きにくさからエッセルを外しがちの人が多くなってきていますが、どれが最適かはよく分からないですが、エッセル入れてもサポ石がミカエルにすれば特に困ることはないので、どれがいいのかな?とはちょっと思います(私はサポ石にミカエルない場合はフラウなど使った方が安定はしますが)。 ただ最近は50%を踏ませてくれない場合もあるから何とも言えないですね。 あと火属性は装備の堅守スキル以外だと2020年2月時点で防御UPアビがないのでファラ受けしながらでないと動けないことが多い。 召喚石サン使えば1ターンですべての試練(試練11は除く)をこなすことはできる(場面によっては属性試練は分けてした方が良いかも?)が、本体に 福音の黒翼ついてると試練1達成が不可能になるので注意が必要(またターン進めてクリアすればよい話にはなりますが)。 25%までにアビのCTを全回復できるようにしとく、もしくは黒麒麟を入れて直前にアビCT回復するのも手。 待機するのはアテナの自動アビでデバフを消す可能性があるからと動きにくいのが要因の一つ。 そのターンはHP25%トリガーが発動して、無傷になります。 もう一回攻撃できるので周りの様子見して、突撃していなければ待機。 火属性は防御UP手段がないので、脆く一気に壊滅する可能性が高いので絶対にファランクスを受けてから攻撃しましょう。 カウント0で特殊技「ジ・エンド」が発動し、参戦者全員が全滅する流れとなる。

次の

【グラブル】ルシファーHLクリアしました!@風マグナ

ルシファーhl 試練 本体

そのあと、本体後回しで、羽破壊優先。 属性試練達成はまだ達成できていなかったら羽破壊後にクリアする。 ダメージ無し、以降召喚不可・復活不可・ターン加速フィールド)以降、召喚が出来なくなるので100%カットループが出来なくなるのでその前に召喚等使っておこう。 HPトリガーが多いので、全部無理に動かなくても良い。 ただ、10%までに奥義ゲージはMAXまで持っていこう。 カウント0で特殊技「ジ・エンド」が発動し、参戦者全員が全滅する流れとなる。 商品詳細はそちらに記載があります。 中古版はシリアルコードが基本使えないです。 ------------------------------ 【2020年8月7日発売】プリンセスコネクト! また、魔法科高校の劣等生シリーズ、とある魔術の禁書目録、ゴブリンスレイヤーなど人気作品もあります。 まさに息抜きに良いアプリ! ---------------------------------------------- マンガMee(スマホ漫画アプリ) 大人気女子向けマンガが毎日待てば読み放題! りぼん、別冊マーガレット、マーガレット、ココハナなどで連載中の新しい作品から、連載が終了しても人気が続く名作をピックアップ!.

次の