子供 目 パチパチ。 子供が目をパチパチしている原因はチック症?原因や対処法

耳の中でパチパチと音がする!その原因や考えられる病気って?

子供 目 パチパチ

体験談・ アドバイス その1 目のパチパチは一応病院へは行っておいた方がいいと思います。 お母さんの安心の為よいと思います。 我家の一番下の子が一時してました。 原因は本人が緊張したり、私の不安を感知したりして、不安を感じている時に特にひどくしてました。 不安でしかたなかったけど、大きくなるにつれ、しなくなりました。 大人だって生きていく事は大変で、子供はもっとわからないだけで色々と大変だと思います。 お母さんは不安にならなくても、よっぽどでない限り大丈夫。 だって、あなたに会いたくて頑張って、生きたくて頑張ってるんだもの。 いっぱいギューしてあげてください。 私はいつもそう思っています。 そう思っていたら不安でいっぱいにならないで出来るだけ自由にさせてあげられるんです。 実は以前は、あれはダメ、これはダメって、結構うるさいママだったんです。 体験談・ アドバイス その2 わが家の小学6年生の長女も保育所に通ってた頃、瞬きを頻繁にしていました。 家の子も視力には問題なく、精神的な事からきていたようです。 あまり目の事を言い過ぎると余計にひどくなるので親としては気になるけど、ぐっと我慢して言わないことにしました。 時間はかかりましたが自然と直りましたよ。 体験談・ アドバイス その3 甥が今6才ですが、4才くらいのころに目をパチパチよくしてました。 母親が2人目の産休明けて、看護師の仕事に復活。 保育園も祖母が迎えに行く。 という状況だったので、お兄ちゃんだし、甘えたらお母さんも大変、という思いがあって、我慢してるんだろう…と。 精神的な事でよくあるみたいですよ。 今は普通にしてるみたいです。 視力に異常がなければ、あまり親が気にしすぎてもいけないとか… 体験談・ アドバイス その4 我が家の6歳の息子も眼をパチパチさせていた時期がありました。 小児科の先生に伺うとチック症候群の紙をいただきました。 本人も分からない何かが心にあるのかもしれませんね。 いただいた紙にはあまり気にせず、その事に親が神経質にならず接するというような事が書いてあったように記憶しています。 我が家では主人と話して、一切その事には触れず見守っていました。 気付くといつの間にかしなくなっていましたよ。 体験談・ アドバイス その5 娘も3歳前後頃に目をパチパチする様になり、心配で親に相談したら『むしが出てるかも。 ひやきおーがんを飲ましたら?』と言う事で何日か飲ました所いつの間にか治りました。 今も 3歳8ヶ月 パチパチする事は無いです。 体験談・ アドバイス その6 私の息子も今、3歳7ヶ月ですが、少し前に同じことをしていました。 すぐ小児科で相談したところ、目を診察していただき、少しアレルギーっぽい感じもあるからと目薬を頂きました。 これでダメなら癖だと思って下さいと言われて・・・・様子を見ていると半月ほどで、自然と気にならなくなりました。 小児科で診て頂いたことで自分も安心できました。 体験談・ アドバイス その7 私の長女は、同じ頃に目をよくパチパチしていました。 よく見ると下の睫毛 まつげ が目に向かって生える「逆まつげ」でした。 さかさまつげ 病院に行き、長女の場合は自然に直ると言われました。 大きくなるにつれ直りました。 当時は非常に心配でした。 次女は、何か心配な事があると目をパチパチしていました。 例えば幼稚園で、オシッコを漏らしたりしないか?夜寝る時にオネショをしないか?等で、これは母親の私が悪いのですが、早くオシメを取って、「オシッコしたくなれば、ちゃんとトイレに行かないと漏らすよ。 皆に笑われるよ」と何気無く言ったのが本人に不安を与えたみたいで暫くはパチパチしていました。 ですから、目が痒いとかアレルギーや花粉症等の病気かも知れないので小児科に行き、きちんと分かった方がお母さんの精神衛生上にも良いと思います。 子供は、母親が自分の目をパチパチする事を気にしていると言う事がストレスになり、余計にパチパチする事も有り得ると思います。 病気でないなら、おおらかな態度で接した方が子供には良いみたいです。 私に限った事かも知れませんので色々な先輩ママの意見も聞いて安心して子育てをなさって下さいね。 体験談・ アドバイス その8 現在6. 3歳の三姉妹のママです。 三女を出産して間もなくの頃から数ヶ月の間、2歳になったばかりの次女が頻繁に目のパチパチをするようになりました。 その時は初めてのことだったので、とても心配しました。 病院に行こうかと思いましたが、子育て支援センターや保健センターの方の勧めでしばらく様子を見ることにしました。 ウチの場合は一番かまってもらいたい時期に三女が生まれて、周囲の関心が三女に向いたからだろうと後になって分析しました。 数ヶ月で症状は治まりました。 しばらく様子を見てその行動が頻繁に激しくなるようなら、チック症が疑われますので、小児科に行かれたらいいと思います。 ただ大事なのは、子どもは意識的にしているわけではないので、やめさせようとしたり、叱ったりしないことです。 環境の変化や子どものストレスなどメンタル的なことが原因になることもありますが、癖や遊びの延長のことも多いそうです。 体験談・ アドバイス その9 長女が二才のとき、お腹に第二子が出来ました。 抱っこが出来なかったり体調不良の日があったり、または赤ちゃんを意識してかと思うのですが、時々目をしばしばさせていて、心配でした。 育児センターの先生に相談したら、あまり気にせずいつもより愛情を伝えるようにしてみたら?と言われました。 本当に気にせずにいたら、いつの間にか治ってました。 今から思えば、その頃は寝付きも悪かったです。 体験談・ アドバイス その10 4歳になる息子がいます。 うちの体験談ですが、3歳の頃同じように少し違和感のあるような瞬きを何度もしていた事がありました。 心配で眼科を受診しましたが特に異常はありませんでした。 眼科の先生によると精神的なものでは?ということでした。 ちょうどその少し前に下の子を出産したばかりだったので、少し精神的に不安定になっていたのかなと思います。 自然となくなり今では全く気にならなくなりました。 体験談・ アドバイス その11 5歳の男の子がいます。 3歳児検診で右目が見えにくいことに気付き、 全身麻酔で逆まつげの手術をしました。 逆まつげで眼球に無数の傷が入っていたそうです。 本人は痛がらなかったので全く気付きませんでした。 そういう事がなければ、小児科で相談して、もしチックであれば気にせずに接していくのがいいと思います。 私の子は3歳頃《どもり》がありましたが先生から真似をしたり注意したりしないで見守って下さいと言われ、いつの間にか治りました! 体験談・ アドバイス その12 疑う病名は「チック」かなという気はしますが、ちゃんとした判断は医師に委ねたほうがいいと思います。 うちの娘は度々ギュッと目をつむっていたので気になって、保育士や保健師、発達相談医に相談しました。 うちの場合は目をパチパチさせるわけじゃなかったので、ただ目が疲れてるか、乾燥するだけじゃないかなって言われました。 結局1週間ぐらいでなくなりました。 ご心配なら早めに専門医に相談してみてはどうでしょうか。 体験談・ アドバイス その13 おそらく、精神的な物による『チック症』ではないでしょうか。 あまり気にせず、いつも通りに接する事が大切です。 何か、家庭での変化等ありませんか?うちは、二人目の妊娠が分かった時に、上の子が一歳でしたが、チック症になりましたよ。 気にせず、しっかり甘えさせ、いつもと変わらず関わるうちに、自然と治ってました。 体験談・ アドバイス その14 おそらく『チック症』だと思いますよ。 うちの息子も3~4歳の間頻繁にしていました。 まばたき以外にも、首を振る、咳払い、喉を鳴らす、などが癖になっていました。 原因は精神的なストレスらしいですが、眠たい時やテレビに集中しているときには頻発していました。 うちの息子の場合は叱られた後、発表会の前など緊張的なストレスがあると数週間続きました。 医師によると、癖を治すよう注意すると余計ひどくなるので、注意はせず本人の前でその事を話題にもしない方がよいそうです。 一過性のものなので自然に治まりますし、あまり気にしない方がいいですよ。 息子は5歳になってからはチックがなくなりました。 精神的に強くなってくれたのかも! 体験談・ アドバイス その15 うちの子もまばたきが多くて眼科に連れて行って診てもらったら、アレルギー性結膜炎と言われました。 目薬を処方してもらってしばらく点眼していたら治りました。 一度眼科で診てもらったらいかがですか? 体験談・ アドバイス その16 私の娘が同じく3才頃、瞬きをよくするようになって「目が痛い」というようになったので眼科受診すると『さかまつげ』と診断をうけました。 見た目では全くわからなかったのですが結構ポッチャリ体型だったので、手術の必要はなく、成長に伴い治るものとのことで、さかまつげにより傷付いた眼球の点眼薬の処方で治療を受け、いつの間にか瞬きはしなくなっていましたよ。 また 当時8才の息子が突然瞬きをするようになり眼科受診。 入部して間もないサッカークラブがスパルタだった為、精神的ストレスによるもので『チック症』と診断されました。 原因は様々だと思うので、まずは専門医の受診をお勧めします。 体験談・ アドバイス その17 腫れたり充血したり痛みがないなら、精神的なもののではないですか・・・ちょっとした緊張だったり不安だったりが原因じゃないでしょうか。 うちの子はもうすぐ4才ですが、そんな時、爪噛みをします。 本人はあまり意識してないようですが、怒られたり何か失敗をしたりすると両手を口に持って行って激しいです。 けど、あまり注意するとかえってひどくなるので、何も言わず安心できるような言葉をかけてやると落ち着くようです。 体験談・ アドバイス その18 家の子(小3)も瞬きをパチパチするから、眼科に連れて行きました。 目に異常はなく医師から『心の問題かも』と指摘されました。 チックと言う言葉が頭に浮かびましたが保育所の担任の先生が『親が気にしてはダメよ。 ほっといたらそのうち治るよ。 』と言われ、その様にしたところ、いつの間にかやらなくなりました。 気をつけた事は、娘とのスキンシップを今まで以上にとった事です。 体験談・ アドバイス その20 うちの子もします。 三歳ぐらいはとくにひどく。 回りからは病院へといわれましたが子供にもそのことにあまり触れずに知らん顔してたら、いつの間にかおさまりました。 最近はこの時期、少しでますが、乾燥してたり、幼稚園の行事があり神経質になってるのかなーと触れずに知らん顔してます。 体験談・ アドバイス その21 しきりに瞬きをするのはチックの可能性があるかも。 私の息子は顔を左右別にしかめる症状でした。 大切なのは本人に意識させない事。 脳波をとるのも良いみたいです。 私の息子は成長するにつれ目立たなくなりました 体験談・ アドバイス その22 いわゆる、ストレス性のチック症状ではないでしょうか。 もしかしたら、来春から幼稚園に行くとか、新しく習い事を始めるとか、お子さんと話したりしてませんか。 私の甥も、幼稚園に行く前の冬に、ストレス性のチック症状が出ましたよ。 同じように、目をパチパチさせてました。 きっと、未知の世界だから緊張もひとしおなんでしょうね。 けど、しばらくして、幼稚園生活にも慣れ、先の見通しが出来るようになったら、なくなりました。 眼科に行って検査をしてみてから異常がないなら、穏やかな心で見守ることも大切ですよ。 素敵ですね。 成長しようとする我が子が見れるなんて。 頑張ってください。 体験談・ アドバイス その23 暖房なので目が乾くのではないでしょうか? 体験談・ アドバイス その24 チックじゃないですよね。 ストレスなどでなるみたいですが、病院へ行って聞いてみたらいいと思いますよ。 体験談・ アドバイス その25 その、目のパチパチというのをどんなふうにされているのか見ていないので、可能性の一つとして申し上げます。 我が子も三才くらいの時そんなことがあって、チック症状を疑い、相談をしたことがあります。 その時には発達の遅れは見られませんでしたが、それからずっと様子を見ながら、小学校二年生の今も療育機関と連携しています。 もし本当にチック症状だった場合、少しでも早く手だてしてあげるのがお子さんのためになると思いますよ。 体験談・ アドバイス その26 ストレスがたまってくると瞬きが多くなるチック症候郡かも…うちの二男も2歳すぎた頃、喋り出しがどもったり、なかなか言い出せない時期がありました。 本人は頭で話したいコトバがある雰囲気なのに、口が付いてこない様な…そこで長男の通う保育所の先生に相談したんです。 「きつご」ではないかと言われました。 でも、だいたい自然に治ると説明され、話しを「早く言いなさい」と焦らせたりせず、気長に待ってやると良いとアドバイス受けたんです。 当時は二つ年上の兄(長男)が、二男の喋る声が大きくてうるさいと強く言っており、二男のストレスになっていたせいもあるのかなと思いますが、その後いつの間にか普通に喋れ、4歳の現在は何の問題もなく生活しています。

次の

子供が目をパチパチさせている!チック障害なのかな!?

子供 目 パチパチ

一見すると癖と間違えられやすいチック。 治療には周囲の暖かい配慮が必要で、むやみに叱ったり、注意したりすると悪化してしまいます 子どもに多く、だいたい5~10人に1人が経験するといわれているチック。 まばたき、首振り、肩すくめ、顔しかめなど、一見すると普通の癖のように見える神経疾患です。 症状は乳幼児期からの心と体の成長に伴って見られ、大人になるにつれ普通は自然と消失しますが、学童・思春期まで続いて生活に支障がでる場合もあります。 このように慢性化するものはチックではなく、「トゥーレット症候群」と呼ばれます。 チック症の症状 チック症は、動きが中心の「運動チック」と発声が中心な「音声チック」の2つに分類できます。 ときには手足の動きや、ジャンプ、スキップなどのに見える発作もあります。 実はこれらの症状は本人がコントロールできないものではなく、止めようと思ったときには一時的に止めることができます。 しかし、チックを出したい衝動や、その動作をしなくてはならないという強迫観念が強くなったとき、それらの動作を一気に行うことで解放感を感じてしまうのが特徴です。 また、気楽にテレビや本を見ているときや、不安感やイライラが強いときには多く出現しますが、何かに集中していたり、学校や医師の前、睡眠中には症状が少なくなります。 子供のチック症・大人のチック症 チックは小児期によく出現し、平均は6歳前後です。 大部分のチックは10歳までに出現し、男児に多いとされています。 10歳を過ぎれば徐々にチックは減少しますが、一部には成人を過ぎても症状が残る大人のチック症もあります。 チック症の原因 チックの原因は、正式には分かっていませんが、線状体という脳の一部の異常と心の問題とが絡み合って症状が出ていると考えられています。 ですから、親から「どうしてまばたきばかりするの」と叱ることで、どんどんと病状が悪くなってしまうこともあります。 チック症の治療 チック症の治療は生活指導と薬物治療が中心になります。 本人が症状にとらわれすぎないよう、不安感をとりのぞくことが大事で、むやみに怒ったり注意したりすることは避けましょう。 全身運動をして特定の動作を繰り返したいという衝動を発散させることや、何かに興味を抱けるよう、熱中できるものを持たせてあげることも有効です。 薬物治療の中心は、ハロペリドールなどの向精神薬を使用することが多いです。 しかし、眠気やふらつきなどの副作用があるので、とくに年少者に使用するときには注意が必要です。 チックはいずれ自然と改善することが多いので、周囲があまり神経質にならないことが大切。 症状に理解を示し、注意したりせずに受け入れるようにしましょう。

次の

子供が目薬を嫌がるときの対処法!上手に点眼する方法とコツ

子供 目 パチパチ

チック症って何なの? まずはチック症とは何なのか?について整理していきましょう! チック症とは? チック症とは、ピクピクっとした素早い動きなどが、本人の意思とは関係なく、繰り返しおきてしまうものをいいます。 一番多いのは瞬きで、そのほかにも、肩をぴくっと動かす、頭をふる、顔をしかめる、口を曲げる、鼻をフンフンならす、などいろいろとあります。 声を出す チックもあります。 ため息のように声や、咳払いがめだちます。 出典:塚田こども医院 簡単に言うと、 無意識の間に体が動いてしまう症状のことを言うんですね。 小さな子供に多く見られ、目をパチパチと 不自然に多く瞬きすることも チック症の症状とされるようですよ! 芸能人で言うと ビートたけしさんの独特な首の動きが チック症の症状なのでは?といわれています。 ものまねでよく取り入れられている動きだったため チック症であることに気づきませんでした…! チック症の原因は? トゥレット症候群など強く長引く症状が出る場合は、遺伝的要因が関連している場合もあります。 ただしこの場合もさまざまな環境要因が関係するため、必ずしも遺伝的要因だけで発症するわけではありません。 子供なら5人に1人は発症するとされている 身近な症状です。 愛情不足やストレスが原因だといわれたこともありましたが、 近年の研究では 脳の働きにより自然と表れてしまう体の反応だということがわかりましたので 大きなストレスを抱えているからチック症の症状が出ているんだ、 とも言い切れないんですね! 大野智とチック症の関係は? 先に説明をしたチック症ですが、 なぜ大野さんがチック症だといわれているのでしょうか? 調べてみると大野さんは、 瞬きをするときに右頬をピクッと上げる癖があるようです。 これを見た人たちが、 大野智はチック症なのでは?と 話したそうです。 ですが正直これだけではチック症だと断言はしづらいですし ただの癖な感じもしますよね…。 まとめ チック症とは、 脳の働きにより無意識のうちに体に現れる動きを指す症状でした! 病気としてとらえるよりも、その人の 個性としてとらえるのが正しいようです! 大野さんもチック症を発症しているのでは?と 言われていますが、その症状といわれている動きが 微弱なものなので、チック症を発症しているとは 言い難いように思いました!.

次の