急性 うっ血 性 心不全。 慢性腎臓病がもたらす「心不全」「肺水腫」のリスク

急性心不全とは?

急性 うっ血 性 心不全

心不全とは,心臓の異常のために全身の臓器の需要に見合うだけの血液を心臓が駆出できなくなった結果,惹起される循環系の病的状態(循環不全)である。 循環不全は循環血液量の減少,血管床の増加などでも生ずるが,これらは心不全ではない。 心不全症状はうっ血症状(呼吸困難,起座呼吸,浮腫)と低心拍出症状(疲労感,倦怠感など)からなる。 一般にうっ血性心不全とは慢性うっ血性心不全状態を示し,ナトリウムと水分が過剰に蓄積され,体循環系または肺循環系に浮腫が存在している。 一方,急性うっ血性心不全はナトリウムと水分が,体内に一定以上に貯留される前に体循環系から肺循環系にシフトすることにより生ずる肺うっ血が主体であり,体重増加を伴わなくてもよい。 潜在性心不全とは安静時には心不全症状がなく,労作などの負荷がかかったときに心不全症状がでるものをいう。 また代償された心不全(NYHA2-3度)や,安静時にも十分な拍出量を維持できない代償不全に陥った心不全(NYHA4度)といういい方もある。 左心不全と右心不全は,その心不全状態の原因が左心側にあるか右心側にあるかの視座に基づいた分類であるが,とくに慢性状態では両者の関係は密接である。 臨床上,左心不全は肺循環系の,右心不全は体循環系のうっ血を示す言葉として使用されている。 心不全は種々の症状が合わさって出現してくる症候群で,その臨床所見(sings and symptoms)からいくつかの所見を組み合わせて診断される。 また,左室収縮機能(駆出率)が正常である心不全状態では左室拡張機能低下の関与が明らかにされ拡張期心不全と呼ばれている。

次の

うっ血性心不全|症状・検査・治療・原因・再発防止について|ツカザキ病院

急性 うっ血 性 心不全

1、心不全(うっ血性心不全)とは 心不全というのは病気の名前ではなく、心臓病やその他の病気により、心臓のポンプ機能が低下したり、心臓の働きが不十分になり、全身の体組織の代謝に見合うだけの十分な血液を供給できない状態にある症状のことを指すため、厳密には症候の名前です。 心臓は 「左心」と 「右心」に分かれており、それぞれが房室弁で心房と心室に隔てられています。 心臓は体や肺に血液を送り込む役割を持っており、病気などの影響でこの機能が低下することで、身体に送り送る血液量が減る、または各所で血液が停滞(うっ血)し、息切れや倦怠感、など様々な症状が出現し、放置し続けると死に至ることが多々あります。 2、心不全の種類 上で述べたように、心不全は右心または左心の機能が低下した状態のことを言い、その種類は主に 「収縮機能不全」、 「拡張機能不全」があります。 収縮機能不全または拡張機能不全のどちらかをきたすことが多いものの、同時に発生することもあります。 その結果、心室に血液が貯留し、この過程で肺や全身の臓器にも血液が滞留します。 3、心不全の原因 心不全の原因は実にさまざまで、心機能を低下させる病気のほか、貧血や加齢などによっても起こります。 以下に心不全の原因となる主な疾患・症状を列挙します。 心筋症そのものが血液の排出に障害をきたすため、心不全と強い関わりを持つ病気です。 その結果、心臓が拡張困難に陥り、心臓が拡張する際に心臓に流れ込む血液量が減少し、心不全が起こります。 これらの病気により、心臓に無理な負荷がかかり心機能の低下につながります。 その結果、酸欠状態に陥り、心筋が正常に働かなくなり、進行すると心臓そのものの力が低下し、心不全へと発展します。 これにより、心臓のポンプの働きが弱くなり、全身へ送り込む血液量が低下します。 高血圧になると、その対処のために左心室の壁が厚くなり(硬くなり)、十分な血液を取りこめなくなります。 また、安静時・運動負荷時ともに心拍出量が低下することで、心機能が低下し、心不全をきたします。 4、心不全の治療 心不全の治療には、生活の改善に加え、重症度に合わせて薬物を用い、場合によっては運動療法を取り入れます。 生活改善は主に、心臓に負担をかけないように、体重を落としたり、アルコール・食塩・脂肪・水分の過剰摂取を避けたり、ストレスを排除していきます。 運動療法は、運動耐容能、心機能、血管機能などの改善を図り、心不全になりにくい体づくりを目指します。 4-1、生活改善 心不全を悪化させないための生活の改善は、主に 「水分制限」 「塩分制限」 「嗜好品の禁止・制限」 「休息と睡眠」 「温度調整」から成ります。 これらは患者本人が実践する内容であるものの、看護師は患者が適切に実践しているかをしっかりと確認し、在宅療養に移る際には入念に指導し、心不全の改善・予防に努めなければいけません。 軽度の心不全の場合は水分制限を行う必要はありませんが、中等度・重度の場合は、過剰に水分を摂らないようにしなければいけません。 その結果、血圧が上がり心臓に負担がかかるため、重症度に関わらず塩分制限は非常に大切です。 また、ニコチンが交感神経系を刺激し、血圧の上昇・脈拍の増加を招きます。 アルコールの過剰摂取も厳禁です。 アルコールを摂取することにより一時的に血圧は下がりますが、長期的な飲酒は血圧を上げます。 また、心拍数が増加するため心臓に負荷をかけます。 少量のアルコールなら問題ありませんが、多飲傾向にある場合は、制限しなければいけません。 また、これらは心不全だけでなくさまざまな病気を発症する原因であるため、毎日十分に休息・睡眠をとることが大切です。 また、寒いところから暖かいところに行くと急激な血圧変動が起こります。 それゆえ、日々の生活の中で寒くなれば防寒具やマフラーを着用するなど保温を心掛け、入浴時には急激な体温変化を防ぐために、脱衣所を暖かくしておくなど配慮が必要です。 薬物療法は心不全の原因そのものを治すのではなく、心筋や血管を保護するためのものであるため、生活改善も同時進行で行っていきます。 日常的な身体活動では著しい疲労、動悸、呼吸困難あるいは狭心痛を生じない。 安静時には無症状。 日常的な身体活動で疲労、動悸、呼吸困難あるいは狭心痛を生じる。 安静時には無症状。 日常的な身体活動以下の労作で疲労、動悸、呼吸困難あるいは狭心痛を生じる。 心不全症状や狭心痛が安静時にも存在する。 わずかな労作でこれらの症状は増悪する。 ステージB 左室肥大、心筋梗塞の既往、弁膜症など器質的心疾患はあるが、心不全の兆候・症状がない。 ステージC 器質的心疾患とともに心不全症状の既往歴または現歴がある。 ステージD 最大限の治療をしても心不全症状がある。 ただし、ACE阻害薬に対する忍容性が乏しい場合にはARBを使用します。 また、重症度が高い場合にはスピロノラクトンやピモベンダンを追加します。 さらにQOLの改善も考慮しておきます。 難治性 体液管理と薬物治療が適正であるか見直し、心臓移植の適応について検討します。 積極的な治療においても予後改善が期待できない場合には、本人や家族の同意のもと、苦痛の軽減・排除を主眼とした末期医療ケアに移行します。 4-3、運動療法 運動療法は、心機能・血管機能を改善・向上させる効果があり、筋肉量が増えたり、自律神経のバランスが改善されるなど、心不全の悪化を防ぐとともに、再発予防としても非常に有効です。 また、運動療法を行うことで気分転換やストレスの軽減につながるため、精神的にも良い影響を及ぼします。 なお、心不全患者に適応となる運動療法は、一般的に心疾患の同様であり、「心臓リハビリテーション」と呼ばれています。 また、骨格筋が増加することで、循環中の血液環流や一回拍出量が増加することで、心機能を強化し、心不全になりにくくなります。 運動療法を取り入れることで、これら心不全の原因疾患の発症を防ぐことができます。 運動療法には鬱を改善させる効果や、気持ちが安らぐなど効果もあるため、精神的にも多大な好影響を与えます。 早足歩き、自転車こぎ、体操• 軽い筋肉トレーニング 低強度レジスタンストレーニング 運動の強さ• 「ややきつい」と感じる、軽く息があがる、軽く汗ばむ程度 運動時間• 少なくとも週1回は外来リハビリに参加する 5、心不全の看護 心不全を患う患者は、上記のような「生活改善」「薬物療法」「運動療法」を取り入れて改善を図っていきます。 この治療の過程において、各症状の緩和、精神的な安楽、二次的合併症の防止など、患者の状態を的確にアセスメントした上で、適宜、状態に見合う看護を提供していきます。 呼吸や循環状態が安定し、生命の危機状態から回復する• 急性心不全により生じる身体的症状が改善する• 急性心不全により生じる不安やストレスが緩和する• 肺炎や尿路結石など、二次的合併症を発症しない• 心不全症状を予防する生活習慣を獲得し早期に社会復帰できる 慢性期• 心不全により生じる身体症状が改善する• 不安やストレスなど精神面の安定が図られる• 心不全に関する確かな知識を有し、自己管理が行える• 心臓の予備能力の範囲内で最大限の活動性を維持できる• 心不全の増悪因子を知り、適切な対処が行える• 患者・家族が緊急時に適切な対応をとることができる• 機械的要因により心拍出量が低下する可能性がある• 肺うっ血によりガス交換の障害が起こる可能性がある• 体液量が過剰になり、右心不全が増強する可能性がある• 粘膜のうっ血や浮腫により褥瘡や感染を起こす可能性がある• 各種ルートの留置により感染を起こす可能性がある• 環境の変化や病気に対する不安・ストレスにより不眠状態・精神的不安定となる可能性がある• 水分・塩分の摂取制限があり、食事に対する不満がある• 心不全を再発する可能性がある• 守るべき事柄に対する理解ができず、治癒を長期化させる可能性がある• 体重の増加・減少• 浮腫の状態• 呼吸困難、起座呼吸、発作性夜間呼吸困難• 前胸部絞扼感、息切れ、起座呼吸• 血圧、心拍数、脈拍(頻脈、徐脈など)• 精神的不穏状態• 薬物療法における薬物の副作用の有無• 心不全により生じる基礎疾患の有無 貧血・甲状腺疾患など• 血液の混じった痰は肺うっ血または肺水腫の疑い• 顔面蒼白や冷感は心原性ショックの疑い 診察および検査データ• バイタルサイン• 肺雑音(湿性ラ音・乾性ラ音)• 心電図(ST-T変化、QRS幅)• 胸部X線所見(心肥大、肺うっ血、胸水貯留) 心疾患の既往歴• 高血圧、不整脈、心筋症、心筋梗塞、弁膜症など 生活における増悪因子• 水分、ナトリウム、エネルギーの摂取量• 運動量、生活における活動量• 疲労やストレスなどの有無• 感染症の有無• 中断している治療薬の有無 復帰に向けた再調整• 病気・治療・生活に関する注意点への理解• 家族および職場での役割• 問題やストレスに対する対処• 食事など生活習慣に対する自己管理能力• 2014年における慢性心不全看護の認定看護師数は184人で、未だそれほど多くはありません。 慢性心不全患者が年々増加する現状において、当該領域の認定看護師の必要性はますます高まっているため、よりより看護を提供したいという強い気持ちをお持ちの方は、ぜひ資格取得へ向けて進んでいきましょう。 心不全患者の身体及び認知・精神機能のアセスメントを的確に行う。 慢性心不全患者の心不全増悪因子の評価とモニタリングができる。 症状緩和のためのマネジメントを行い、 QOL を高めるための療養生活行動を支援する。 慢性心不全患者の対象特性と心不全の病態に応じた生活調整ができる。 慢性 心不全患者 ・家族の権利を擁護し、自己決定を尊重した看護を実践できる。 より質の高い医療を推進するため、他職種と共働し、チームの一員として役割を果たすことができる。 保健師、助産師、及び看護師のいずれかの免許を保有していること• 実務経験5年以上(うち3年以上は慢性心不全看護の経験)• また、一度発症すると、容易には改善されないため、継続的な治療を必要とします。 心不全の看護は観察と指導を主体としますが、精神的なケアも必要不可欠であり、重症度問わずQOLの向上を支援していかなければいけません。 心不全の悪化や二次的合併症を防ぐために日々入念に観察し、患者が心身ともに安楽な状態で治療に専念できるよう、心不全に関する確かな知識を持った上で、適切なケアを提供して頂ければと思います。 jdepo.

次の

急性心不全とは?

急性 うっ血 性 心不全

概要 うっ血性心不全とは、心臓が機能障害を起こし、血液の流れが滞ってしまう状態です。 心臓は、全身各種臓器に向けて血液を送るポンプとしての機能を持っています。 に関連して急性発症することもあれば、などを原因として慢性的に発症することもあります。 うっ血性心不全を発症すると、動作に伴う呼吸困難や咳、動悸、痰、全身のむくみなどがみられるようになります。 症状の増悪を繰り返すことから生活の質が著しく低下することがあり、ときに命にかかわることもあります。 治療方法は原因によりさまざまであり、根本療法・対症療法を含めて、内服薬による治療、カテーテルによる治療、外科的治療などが選択されます。 原因を特定したうえでの適切な治療を行うことは、長期的な予後を改善させるために重要です。 原因 うっ血性心不全は、さまざまな原因で発症します。 たとえば、や、やなどが存在するとが進行し、心臓に栄養を与える冠動脈が障害を受けることがあります。 病状が進行すると冠動脈が完全に閉塞し、急性を発症します。 急性心筋梗塞を発症すると、急激に心臓のポンプ機能が低下してうっ血性心不全を発症します。 また、を代表とする、などの、ウイルスが心臓に炎症を起こすや、の一部もうっ血性心不全の原因となります。 そのほか、も原因となります。 たとえば頻脈発作を来すような不整脈が持続すると、心筋が常時活発にはたらかざるを得なくなり、どこかのタイミングで疲労してうっ血性心不全が起こります。 さらに、抗がん剤などの薬剤も種類によってはうっ血性心不全をきたすことがあります。 症状 うっ血性心不全は、発症様式によって急性に発症するタイプ、慢性に経過するタイプがあります。 急性発症の場合 急性発症するうっ血性心不全は、急性によるものが代表的です。 急性心筋梗塞発症に関連した突然の胸の痛みに加えて、ポンプ機能が低下したことに関連したさまざまな症状が現れます。 具体的には、以下のような症状です。 息切れや呼吸困難• 痰(血液が混じることもあります)• 全身のむくみ• 冷感 など 慢性に経過する場合 慢性的に経過するうっ血性心不全では、上記のような症状が突然増悪症状としてみられることがあります。 特に夜間就寝中、横になっているときに症状が顕在化しやすいです。 座ることで症状が改善しやすい傾向があることから、起座呼吸と呼ばれます。 呼吸困難が強くない場合でも、やだるさなどを自覚することがあります。 全身のむくみが慢性的に進行する結果、体重増加をみることもあります。 急激に体重増加をみるときには、うっ血性心不全の症状が増悪する可能性があるため注意が必要です。 検査・診断 うっ血性心不全の診断は、全身のうっ血状態を確認することや心臓のポンプ機能を評価することでなされます。 簡易に行うことができる検査としては胸部単純レントゲン写真・心エコー・心電図・血液検査があります。 胸部単純レントゲン 心臓が大きくなっているか、肺に血液が滞っているかなどを確認することができます。 心エコー 心臓の動きをタイムリーに観察することができ、また、原疾患としての急性やなどを評価することができます。 下大静脈とよばれる心臓に戻る血管の張りをみることで、うっ血具合をみることもできます。 心電図 急性心筋梗塞の所見やを確認することができます。 血液検査 BNPと呼ばれるうっ血の指標を測定することがあるほか、原因疾患検索のための検査項目を評価することもあります。 そのほか、経過に応じて冠動脈造影・負荷検査・心臓CT・心臓MRIなどといった検査を行うこともあります。

次の