アーケア wiki。 Arcaea(アーケア・音ゲーアプリ)序盤攻略と評価レビュー。リセマラは無い?

アーケアメーバとは

アーケア wiki

個人的に、このゲームをやるうえで大切だと思ったことをメモしておく。 音ゲー初心者向けのメモではないです。 別の音ゲー経験者が、いきなりFTRを触りだすときのコツ。 ・空中ノーツの判定を理解する これが一番大事。 慣れるまでは全然押せないと思うんですけど、慣れればなんてことはないです。 一度、下のノーツをすべて無視して、空中ノーツだけを押す練習をしてみるのもいいかなと思います。 楽曲プレイ中の画面をタップしたとき、その高さに横線が表示されるので、何もないところで試しにタップしてみて、自分がどのあたりをタップしているか把握しておくといいです。 判定ラインからズレていれば矯正。 端末を自分に近づけるor遠ざけるのもアリ。 追記:それと、実は 空中ノーツの高さは一定じゃないです。 画面に表示されている判定ラインより低い位置で降ってきたりもします。 それもそのうち慣れます。 わざわざ高さを覚えなくてもなんとなくで取れるようになる。 下のノーツと同時押しなのか、そうじゃないのか。 それを判断する能力。 最初は何の目印もなかったんですけど、アプデによって、 同時に押すノーツ同士が線でつながるようになりました。 それをスッと判断できるようになると、めちゃくちゃ楽しくなります。 追記: 空中ノーツと地上ノーツが青い線で繋がっているのがお分かりいただけるでしょうか。 こういうことです。 慣れれば考える必要も無く取れるようになります。 ・片手拘束に慣れる このゲーム、結構な頻度で 片手拘束される場面 片方でレーザーを抑えながら、もう片方で通常ノーツを叩く場面 が出てくる。 左右の両手とも、端から端までの階段配置をしっかり押せるようにしておくと、かなり変わってきます。 とくに、最初は反対側の一番端まで出張させられるのが超キツいと思います。 思った以上に伸ばさないと届かない。 おまけに、反対側の手で隠れて見えづらいので、練習を重ねて慣れるしかない。 ・レーザーを軽視しない これはクリアを目指すときの話。 追記:スコアを伸ばすときも大事。 難しい譜面のクリアに挑むとき、レーザーは思った以上に重要。 適当にやっとけばそこまで影響はないだろ、っていう気持ちでやってると、ガッッッツリ削られてたりする。 まあ、レーザー的なものがあるゲームは、だいたいみんなそうですよね。 ・タブレット推奨 他のスマホ音ゲーも大体そうですけど、このゲームに関しては、タブレット iPadとか のアドバンテージがデカすぎる。 スマホでやって 「なんじゃこのクソゲーは」と思った人も、もしその後にタブレットを購入したら、試しにやってみてください。 追記:ぼくはよく知りませんけど、タブレットによっては音ゲーに向かないこともあると聞きます。 よく調べてから購入してくださいね。 こんなところですかね。 神ゲーなんでやりましょう。 追記: 上に書いた要素を練習できる譜面を紹介したいと思います。 無料で遊べる曲の中にも当然ながらそういう要素はあるんですけど、ここでは課金パックの曲を紹介。 いきなり購入するのは勇気がいるとは思いますけど……一応紹介しておきます。 片手拘束中の階段配置をお手軽に体験できるのは、パック 「Eternal Core」に収録されている cry of viyellaという楽曲。 空中ノーツ混じりの配置も少し練習できる。 「空中ノーツと地上ノーツの同時押し」 に慣れる目的であれば、一番オススメなのは、同じくパック 「Eternal Core」に収録されている Lumiaという楽曲。 どの音が空中ノーツに当てはまっているのかが分かりやすい。 ぼくはこれで慣れました。 ……一応言っておくと、パックの購入は自己責任でお願いしますね。 あるいは、曲名でようつべ検索をかければ手元の映ったプレイ動画 ぼくの動画ではない が出てくるので、それを見て 「あ~そ~いうことか~」と思ってもらえれば、それで十分かもしれない。 タイトルに 「PURE MEMORY」が含まれている動画がオススメ。

次の

アーケアメーバ

アーケア wiki

個人的に、このゲームをやるうえで大切だと思ったことをメモしておく。 音ゲー初心者向けのメモではないです。 別の音ゲー経験者が、いきなりFTRを触りだすときのコツ。 ・空中ノーツの判定を理解する これが一番大事。 慣れるまでは全然押せないと思うんですけど、慣れればなんてことはないです。 一度、下のノーツをすべて無視して、空中ノーツだけを押す練習をしてみるのもいいかなと思います。 楽曲プレイ中の画面をタップしたとき、その高さに横線が表示されるので、何もないところで試しにタップしてみて、自分がどのあたりをタップしているか把握しておくといいです。 判定ラインからズレていれば矯正。 端末を自分に近づけるor遠ざけるのもアリ。 追記:それと、実は 空中ノーツの高さは一定じゃないです。 画面に表示されている判定ラインより低い位置で降ってきたりもします。 それもそのうち慣れます。 わざわざ高さを覚えなくてもなんとなくで取れるようになる。 下のノーツと同時押しなのか、そうじゃないのか。 それを判断する能力。 最初は何の目印もなかったんですけど、アプデによって、 同時に押すノーツ同士が線でつながるようになりました。 それをスッと判断できるようになると、めちゃくちゃ楽しくなります。 追記: 空中ノーツと地上ノーツが青い線で繋がっているのがお分かりいただけるでしょうか。 こういうことです。 慣れれば考える必要も無く取れるようになります。 ・片手拘束に慣れる このゲーム、結構な頻度で 片手拘束される場面 片方でレーザーを抑えながら、もう片方で通常ノーツを叩く場面 が出てくる。 左右の両手とも、端から端までの階段配置をしっかり押せるようにしておくと、かなり変わってきます。 とくに、最初は反対側の一番端まで出張させられるのが超キツいと思います。 思った以上に伸ばさないと届かない。 おまけに、反対側の手で隠れて見えづらいので、練習を重ねて慣れるしかない。 ・レーザーを軽視しない これはクリアを目指すときの話。 追記:スコアを伸ばすときも大事。 難しい譜面のクリアに挑むとき、レーザーは思った以上に重要。 適当にやっとけばそこまで影響はないだろ、っていう気持ちでやってると、ガッッッツリ削られてたりする。 まあ、レーザー的なものがあるゲームは、だいたいみんなそうですよね。 ・タブレット推奨 他のスマホ音ゲーも大体そうですけど、このゲームに関しては、タブレット iPadとか のアドバンテージがデカすぎる。 スマホでやって 「なんじゃこのクソゲーは」と思った人も、もしその後にタブレットを購入したら、試しにやってみてください。 追記:ぼくはよく知りませんけど、タブレットによっては音ゲーに向かないこともあると聞きます。 よく調べてから購入してくださいね。 こんなところですかね。 神ゲーなんでやりましょう。 追記: 上に書いた要素を練習できる譜面を紹介したいと思います。 無料で遊べる曲の中にも当然ながらそういう要素はあるんですけど、ここでは課金パックの曲を紹介。 いきなり購入するのは勇気がいるとは思いますけど……一応紹介しておきます。 片手拘束中の階段配置をお手軽に体験できるのは、パック 「Eternal Core」に収録されている cry of viyellaという楽曲。 空中ノーツ混じりの配置も少し練習できる。 「空中ノーツと地上ノーツの同時押し」 に慣れる目的であれば、一番オススメなのは、同じくパック 「Eternal Core」に収録されている Lumiaという楽曲。 どの音が空中ノーツに当てはまっているのかが分かりやすい。 ぼくはこれで慣れました。 ……一応言っておくと、パックの購入は自己責任でお願いしますね。 あるいは、曲名でようつべ検索をかければ手元の映ったプレイ動画 ぼくの動画ではない が出てくるので、それを見て 「あ~そ~いうことか~」と思ってもらえれば、それで十分かもしれない。 タイトルに 「PURE MEMORY」が含まれている動画がオススメ。

次の

粘菌

アーケア wiki

名称と言語 [ ] 上では、アイオリス人という名は祖にあたるアイオリスに由来する。 彼はギリシア人すべての祖とされるヘレーンの息子である。 彼らはの一つを話していた。 歴史 [ ] 頃に流域から移住してきたと考えられている。 によれば、アイオリス人はもともとと呼ばれていた。 もともと「アイオリス」と呼ばれた地域の一部であるを故地とするアイオリス人は、早期の古代ギリシア部族の中でも最も人口の多い部族としてたびたび言及されている。 アイオリス人の一派ボイオーティア人は、テッサリアからテッサリア人に追われてボイオーティア(現在の)に移った。 アイオリス人は、、、、などギリシア中に分散した。 の際には、アイオリス人はテッサリアからを渡ってへ逃れ、さらにに渡った。 この地は彼らにちなみと呼ばれた。 紀元前6世紀末頃からはに支配され、さらにやの支配を受け、ローマ時代以降には衰退していった。 脚注 [ ] [].

次の