国民 年金。 国民年金の受給額!計算式と簡単早見表で支給額チェック【動画で解説】 [年金] All About

国民年金の満額とは?満額もらえない人が満額に近づける方法【ガイドが動画で解説】 [年金] All About

国民 年金

厚生年金保険 厚生年金保険は、国民年金に上乗せされて給付される年金です。 基礎年金となっている国民年金の金額に、厚生年金保険の受給額が加算され、合計金額をもらうことになります。 厚生年金保険の対象者は、主に会社員やサラリーマンなどが挙げられます。 個人事業主でも従業員が常時5人以上いる場合には、強制加入となります。 (ただし、飲食店などのサービス業は対象外です。 )従業員数が4人以下の場合でも、従業員の2分の1以上が加入に同意する場合には申請をすることで任意加入を行えます。 厚生年金の保険料は、毎年4月~6月に支払われる給与をベースに計算した金額(標準報酬月額といいます)とボーナスに対して共通の保険料率を掛けて算出します。 その金額を、半分は雇用主が、もう半分は加入者が負担することで、保険料額が確定します。 厚生年金の支給額は加入していた期間の長さ、および払ってきた保険料の額によって決まってくるため、こちらも一概にいくらであるとは言うことができません。 ですが、2015年における平均支給額(月額)は、およそ145,000円程度となっており、この金額に国民年金の金額が加わるのです。 厚生年金保険と企業年金の違い 国民年金、厚生年金保険以外に、会社によっては、企業年金の制度を設けている場合があります。 企業年金 企業年金は、企業が通常の年金制度に上乗せして年金を支給するものであり、公的なものではなく民間の私的な年金制度です。 企業年金制度を運用している企業では、国民年金、厚生年金に加えて企業年金を支給することになるため、老後の保障がさらに手厚くなると言えるでしょう。 中小企業向けには、中小企業退職金共済制度(中退共)もあります。 独自に退職金制度を運用できない中小企業向けの退職金制度であり、退職時に分割して退職年金として受け取ることもできます。 一階建て・二階建てとは? 厚生年金保険は国民年金に追加で支給を受けられる年金です。 このような構造をしている年金制度を建物に見立てて、「一階建て・二階建て」というように表現されることがあります。 さらに、企業年金などの私的な年金を受給できる場合、年金の構造は三階建てになることもあります。 公的年金・私的年金には国民年金や厚生年金保険以外にも、以下のような年金もあります。 国民年金基金• 確定拠出年金 ここまで挙げてきた様々な年金は、それぞれ以下のように区別することができます。 一階建て 国民年金 二階建て 厚生年金保険、国民年金基金 三階建て 退職年金 つまり、階数が上の年金を支払っている方のほうが、より老後に手厚い保障を受けられるのです。 まとめ 厚生年金保険に関しては、以下の3点を押さえましょう。 国民年金がすべての年金の基礎であり、厚生年金保険は国民年金に加算されて支給されるものだということを押さえる• 保険料の計算方法は、毎月の給与とボーナスに対して共通の保険料率を掛けて算出し、雇用主が半分を負担した額である• 様々な年金はすべて一階建てから三階建てに振り分けられ、階数が上の年金を支払っている方が老後の保障は手厚い 実際に厚生年金保険に加入する段階において、厚生年金保険のシステムを今一度理解しておくことで、保険料の算出などもより円滑に行うことができるでしょう。

次の

国民年金は満額でいくらもらえる?保険料は払わない方がお得?

国民 年金

国民年金の保険料を 20歳〜60歳の間の40年間払い続けると、65歳以降の年齢になったときに一定額のお金を年金として受け取ることができます。 ただ、40年間という期間はとても長いですよね。 国民年金の保険料は現在 毎月1万6000円ほどですが、人生にはいろんなことがありますから、その間に保険料が払えない月もあるかもしれません。 そのような場合には、毎月全額を払い続けてきた人と不公平がないように「 老後に満額もらえる人」と「 満額もらえない人」の区別が生まれることになります。 長い間にわたって保険料を払い続ける以上、できれば満額を受け取りたいものですよね。 ここでは老後に国民年金を満額受け取るにはどうしたら良いのかについて解説させていただきます。 保険料を払えなかった期間があったという場合に、追納によって満額もらえるようにする方法についても解説していますので「払っていなかった期間があったかも?」と気になっている方は参考にしてみてくださいね。 国民年金を満額でいくらもらえる? 毎月支払う必要のある国民年金保険料の負担は決して安くはありませんよね。 加えて「自分の老後には年金財政は破綻してしまって、年金は受け取れないかも」という不安を感じている人も多いでしょうから、いま保険料を無理に払う意味ってあるの?と感じてしまうのは無理のないことです。 ただ、結論から言うと国民年金や厚生年金などの公的年金は老後の生活費をまかなう基本となりますから、 現役時代に保険料をしっかりと積み立てておくことは大切といえます。 ここでは老後に受け取ることができる年金がどのぐらいなのか?を具体的に確認しておきましょう。 満額というのは要するに「現役時代に負担するべき保険料をきちんとすべて支払っていた場合」のことで、簡単にいうと もらえる上限額のことですね。 少し古いデータになりますが、生命保険文化センターが平成22年に発表したデータによると、 老後の生活費として最低限必要な金額は 月額22万3000円です。 老後には持ち家のローンが終了している場合などには生活のために必要なお金も少なくなりますが、若い時期と比べて医療費や介護費用が多くなるため、上の最低限の金額に加えてプラス10万円ぐらいは見ておく必要があります。 そう考えると老後に普通に生活していくために必要なお金は 30万円程度ということになります。 これをみると国民年金を満額受け取るだけではまったく準備が足りないことがわかります。 足りない分については国民年金以外の方法(生命保険会社の個人年金など)で準備をしておく必要があります。 しかし、 ただでさえ足りない状態なのに国民年金さえ払っていない状態というのはかなりリスクが高くなることはご理解いただけると思います。 一方で、サラリーマンや公務員の人は 厚生年金という「雇われている人専用」の年金制度に加入しています。 厚生年金はよく「2階建ての年金」といわれるように、フリーターや個人事業主の人が加入する国民年金に上乗せで加入するものです。 上乗せということは、簡単にいうと「現役世代の時に支払う保険料の負担は大きいけれど、老後にもらえる金額も大きい」ということですね。 国民年金と厚生年金の支給額 スポンサーリンク 厚生年金には「満額」という概念がないため、単純に国民年金と厚生年金でどっちがお得か?ということを判断することはできませんが、 現在年金を受け取っている人の平均額としてはデータがあります。 厚生労働省が発表しているデータによると、国民年金の満額支給が 月額6万5008円なのに対して、厚生年金の平均月額支給額は 22万1504円です。 国民年金と厚生年金の保険料 受け取れる金額にかなりの差があるように感じますが、 厚生年金は現役世代の時に支払う保険料も大きいです。 標準報酬月額というのは、例えば「毎月お給料を28万5000円受け取っている人であれば端数をはぶいて28万円」というように計算をしやすいようにするためのルールのことですね。 厚生年金保険料の料率は平成28年10月〜平成29年8月までは15. 厚生年金保険料は給料が多くなるほど高くなる 上のお給料額28万円の人であれば国民年金だけに加入している人(自営業の人など)と保険料負担もそれほど変わらないように思われた方も多いかもしれません。 しかし、厚生年金保険料は 給料の金額が大きくなるほど高くなるという仕組みになっています。 例えば、給料の金額が62万円の人であれば毎月の厚生年金保険料は 4万8924円となります。 国民年金に加入している人と比べると3倍以上の金額になりますから、老後に多く受け取れる分、現役の時の負担もやや大きくなるということができます。 ただ、個人事業主の人は 自分の事業を法人化して、自分はその法人の役員として雇われる形にすれば厚生年金に加入することができるようになります。 国民年金の満額支給額は 月額6万5008円(年額78万100円)で、今後も年金財政の状況などを見ながら減額されてしまう可能性もあります。 老後は生活費が現役のときより少なくなるとは言ってもこの金額ではさすがに足りませんよね。 現在、個人事業主として活動されている方は、上で解説させていただいた法人化によって厚生年金に加入し直すことのほか、生命保険会社の個人年金などで準備をしておくことが必要です。 スポンサーリンク 生命保険会社の窓口などで企業経営者向けの個人年金を紹介してもらうことができますので、検討して見ると良いでしょう。 国民年金を満額もらうにはどうしたらいい? 国民年金を満額もらうためには、保険料を40年間分支払う必要があります。 実際に受け取れる年金の計算式としては以下の通りです。 きちんと40年間支払い続けた人の場合、上の計算式は以下のようになるので、満額が受け取れるというわけですね。 貯蓄と年金受け取りのどっちがお得か?は何歳まで生きるかによって違うので一概には言えませんが、以下のような条件を仮定して比較してみましょう。 保険料は月額1万6490円で一定とする• 保険料を20歳〜60歳まで払ったものとする• 年金支給額は月額6万5008円で一定とする• 年金は65歳から受け取ったとする• 単純に考えると791万5200円を払って1170万1440円を受け取ることになりますから、 378万6240円だけ多く受け取ることができるということです。 国民年金の加入期間は 20歳〜60歳で、大学まで通った人の場合は学生であった期間とかぶるのが普通です。 学生の間は多くの人は収入が少ないでしょうから、その期間中は国民年金は保険料を支払っていなかったという人も少なくありません。 そうなると未納となっている期間に応じてもらえる国民年金の金額は満額よりもすくなくなります。 その場合、未納のまま放置していると保険料の督促などをされてしまいますし、最悪の場合は強制執行などの措置を受ける可能性もゼロではありません。 学生の方で保険料を支払えないという場合には、 学生納付特例を利用しましょう。 学生納付特例というのは 学生である期間中は国民年金の保険料支払いを待ってもらえるルールのことです。 もちろん、保険料支払いを待ってもらえるだけですので、学校を卒業した後に待ってもらっていた期間中の保険料を追納しないと、老後にもらえる年金額はその分だけ少なくなってしまいますので注意が必要です(満額の年金をもらうためには、下で述べる追納の手続きを通して保険料を卒業後に納める必要があります) 学生納付特例を利用するためには本人の所得金額が一定額である必要があるほか、あなたの住所地の市役所で手続きを行う必要があります。 詳しくは市役所の国民年金窓口に問い合わせてみてくださいね。 上の学生の人の例のように、もし支払っていなかった期間がある場合には 後から納めなおす(追納といいます)ことも可能です。 国民年保険料jの追納は本来支払うべき期日から 10年間までさかのぼって支払うことができますから、老後に受け取る年金を満額にしたいという方は追納も検討してみると良いでしょう。 なお、保険料の追納をするためには、あなたの住所地を管轄している年金事務所で納付書をもらってくる必要があります。 まとめ 以上、老後に 国民年金を満額もらうための要件について解説させていただきました。 「将来的に国民年金の制度は破綻するだろうから、国民年金保険料を毎月払うなんてムダ」ということがいわれることもありますが、あまり根拠のある話ではありません。 老後に生活していくための収入というとても大切な問題について、根拠のない意見を参考にするのはあまり賢いやり方ではありませんよね。 現在支払っている国民年金保険料は老後の生活費としてかえってくるものです。 国民年金保険料については目先の問題だけを考えるのではなく、長期的な目線で支払うべき金額を考えておくことがたいせつですので、「今までに支払っていなかった期間がある…」という方も本文で解説させていただいた追納の方法を参考にしてみてくださいね。

次の

国民年金と厚生年金の切り替え方法は?手続きを忘れるとどうなるの?

国民 年金

<国民年金の免除制度 目次>• 老後の年金がなくなるかも! 受給条件は加入期間10年以上 老後に老齢年金を受給するためには、 国民年金や厚生年金などの加入期間が10年以上ないといけません。 つまり9年11カ月の間、年金保険料を納めたとしても、老後の年金額は0円ということになるのです。 平成29年7月までは、加入期間が25年以上という条件でした。 25年以上の加入期間から10年になり、年金が受け取れないという人は減りました。 とはいっても、老齢年金は加入期間によって支給額が変わります。 加入期間が長い方が年金額は多くなります。 このように加入期間は大切。 60歳を過ぎてから「しまった!」と思っても遅いのです。 加入期間は途切れなくしておくのがポイントです。 障害・遺族年金も、もらえなくなる? 年金は老後のためだけではありません。 病気やケガによって法令で定められた障害状態になれば、「障害年金」が支給されます。 また、死亡した場合、18歳以下の子ども(障害がある子は20歳未満)がいる場合は「遺族年金」も支給されます。 国民年金での障害基礎年金は、障害1級で年間99万7125円。 遺族基礎年金は、子が1人と妻の場合は年間100万6600円(令和2年度)。 いずれも、年金がない生活は考えられませんよね。 これらの受給は、きちんと国民年金に加入していないともらえませんよ。 年金は老後のことだけではありません。 条件によっては保険料の免除制度も利用可能 とはいっても、退職後で定職もなく生活をするのがやっと……という状況では、保険料の納付も大変。 国民年金の保険料は月払いで1万6540円(令和2年度)。 家計にかなりの負担になります。 国民年金保険料が免除される所得基準。 前年(もしくは前々年)の所得で判断される。 夫か妻のいずれかのみに所得(収入)がある世帯の場合。 一部免除の目安の所得(収入)は、一定の社会保険料を支払っていることを前提とした場合の目安 上の表は、国民年金保険料の免除制度が利用できる所得基準です。 この免除制度は、 家族構成とその所得によって、免除が受けられるか、受けられるとしたらその範囲が決まります。 例えば、夫婦2人の世帯であれば、92万円の所得で全額が免除、195万円の所得で半額免除が受けられます。 判断基準となる所得ですが、前年(または前々年)のものが対象となりますのでご注意ください。 所得は、収入から扶養親族等控除額や社会保険料控除額などを引いたものです。 およその収入が上の表のカッコ内に記載してありますので、参考にしてください。 夫か妻のみの所得があり、一定の社会保険料を払っていることを仮定しています。 この所得ですが、本人だけでなく、配偶者や世帯主の所得も所得基準の範囲内である必要があります。 自分自身の収入がなくても、他の家族に収入があれば免除が許可されないということです。 全額免除でも、年金額は2分の1もらえる 免除されている間は年金加入期間としてカウントされます。 なので、加入期間が足りなくて老齢年金が受け取れないという事態は少なくなりそうです。 また、将来の老齢年金の受け取れる年金額も少しは増えます。 例えば、全額免除でも、保険料を全額払った場合の2分の1は支給されます(平成21年3月分までは3分の1となります)。 全額免除 年金額1/2(平成21年3月分までは1/3)• 4分の1納付 年金額5/8(平成21年3月分までは1/2)• 2分の1納付 年金額6/8(平成21年3月分までは2/3)• 4分の3納付 年金額7/8(平成21年3月分までは5/6) 基礎年金の国庫負担が平成21年4月より、3分の1から2分の1に引き上げられました。 それにともない、全額免除での年金支給は、3分の1から2分の1に引き上げられました。 さらに、免除の効果が高くなったわけです。 国民年金の免除制度、失業者向け「特例免除」も これらの免除の所得基準は、前年の所得で判断されるものです。 なので、今年になって退職し収入もなくなったのだけど、去年は収入があったという人は、上の免除制度が利用できません。 そんな時は「 失業等による保険料免除」を利用しましょう! 「失業等による保険料免除」は、前年の所得があっても国民年金免除制度が利用できる特例 本来であれば、本人と配偶者、世帯主の所得で免除の審査をされていたのですが、この特例では、 本人の所得を除外して審査がされます。 前年の所得があっても免除制度が利用できるのは、失業者にとってありがたいですよね。 この特例が利用できるのは、その年度または前年度に退職(失業)の事実がある場合です。 この特例も、通常の免除と同様に加入期間にカウントされますし、年金額もアップします。 該当する人はすぐにでも申請をしましょう。 国民年金免除の申請手続きは、自治体窓口か郵送で 免除申請の手続きは、住民登録をしている市区町村役場の国民年金担当窓口へ申請します。 郵送でも申請ができます。 申請用紙は、市区町村の窓口や年金事務所で、もしくはよりダウンロードして入手します。 また、この 申請は毎年行わないといけません。 免除の申請サイクルは7月から6月までです。 7月になったら新たに申請をするようにしましょう。 いかがですか? 年金といえば遠い先のことと思わずに、今できることを対策しておきましょう。 年金不安などといわれていますが、年金が受給できないとなると、安定した生活は難しいかもしれません。 まずは、年金を受けられるように手続きをしておきましょう。 【関連記事】•

次の