マクドナルド ウーバーイーツ 利用できない。 Uber Eats(ウーバーイーツ)で「ただいまご利用いただけません」と表示されたら│うばいつ

ウーバーイーツの初回クーポン利用で2回目までの注文が1000円引き?

マクドナルド ウーバーイーツ 利用できない

食べたい料理を自宅まで運んでくれるUber Eats。 いろいろな料理があり、マクドナルドや吉野家などの大手チェーン店も存在します。 マクドナルドにはお店によって「マックデリバリー」という宅配サービスをやっているので、わざわざUber Eatsで頼む必要が無いのでは?と思いますよね。 実はUber Eatsでマクドナルドを頼むと、いろいろなメリットが存在するんです! この記事では、 Uber Eatsでマクドナルドを頼むメリットや、お得なクーポンなどについて徹底解説します。 実際にクーポンを使って頼んだ体験談も載せているので、Uber Eatsでの注文が気になっている方はぜひチェックしてみてください。 Uber Eats(ウーバーイーツ)でマクドナルドを注文する4つのメリット こちらでは、Uber Eatsでマクドナルドを注文するメリットを紹介します。 1個から注文できる• 届くまでの時間が短い• 事前決済ができるので、引き渡し時に手間取らない• 到着時間や配達パートナーの位置がわかる それぞれ詳しく確認していきましょう。 【Uber Eatsでマクドナルドを頼むメリット1】 1個から注文できる Uber Eatsのマクドナルドでは、ハンバーガー1個から商品を注文できます。 Uber Eatsでは下限の金額が設けられていないので、100円の商品であっても1つだけ購入可能です。 マクドナルドが用意している マックデリバリーだと、最低金額は1,500円からなので、大きな違いがあります。 1人暮らしの人でも食べたい分だけ購入できるという点は、Uber Eatsのメリットです。 ただし、少額注文には別途手数料がかかる可能性があるので、お気をつけください。 Uber Eatsは近くにいる配達パートナーが商品を届けてくれる仕組みなので、効率よく料理の受渡しをしてくれます。 近い場所であれば10分~15分程度で配達してくれるので、少し小腹がすいたときにサクッと注文できる点は魅力です。 他の宅配サービスに比べても、スピード感があるのはメリットといえるでしょう。 【Uber Eatsでマクドナルドを頼むメリット3】 事前決済ができるので、引き渡し時に手間取らない Uber Eatsではクレジットカードやデビットカードによる事前決済ができるので、引き渡し時にお金を支払う必要がありません。 宅配は現金のみとしている出前サービスも多い中、キャッシュレスでスムーズに商品を受け取れるのは大きなメリットです。 さらに 1度登録しておけば毎回入力する必要がなくなるので、繰り返しの注文時にもスムーズに利用できます。 事前決済による利便性は、Uber Eatsのメリットです。 ちなみに設定すれば現金払いやLINEPay決済も可能です。 この予定時間は前後することはありますが、類似する数千件のデータから導き出されたものなので、正確性は高いです。 さらに GPSでパートナーの位置がわかるので、 大体の到着時間を予想しながら待機もできます。 他の出前サービスだといつ来るかわからないので、いろいろと行動が制約されますよね。 待ち時間の把握ができるのは、Uber Eatsならではのメリットです。 Uber Eats(ウーバーイーツ)でマクドナルドを注文するデメリットは「割高」 Uber Eatsでマクドナルドを注文すると便利な点が多いですが、1点だけデメリットも存在します。 それは「 正規料金より割高」という点です。 そのため通常の料金だと利益がほとんどなくなってしまうので、大半のお店が値上げを行っています。 以下が、マクドナルドの店頭価格とUber Eats価格の比較です。 商品名 店頭 Uber Eats ハンバーガー 110円 130円 チーズバーガー 140円 160円 エビフィレオ 390円 420円 フライドポテトM 270円 320円 チキンマックナゲット5個 200円 240円 コーラM 220円 260円 大体の商品が 店頭価格より10%~20%ほど値上がりしています。 ちなみに Uber Eatsもマックデリバリーも同じ料金なので、宅配の場合は少し値段が高いと考えてください。 ちなみに最も正規料金に近くて割安なのはですので、そちらも検討されるといいかもしれません! ただしUber Eatsは値引きクーポンが配布されることが多く、うまく使えば店頭よりも安い価格で料理を楽しめます。 この機会にぜひ試してみてください! Uber Eats(ウーバーイーツ)とマックデリバリーとの違いは? マクドナルドには、自社で配達を行うというサービスが存在します。 Uber Eatsもマックデリバリーも宅配という点では同じですが、細かい違いがあるので、両方の特徴を表にまとめました。 Uber Eatsは配送料金こそ高いですが、 クーポンを使えるうえに、最低注文金額もありません。 自分が食べたい分だけお得に注文できるのはありがたいですよね。 ただし対応している地域に差があるので、お近くで使えるかどうかはアプリをダウンロードして確かめてみてください。 Uber Eats(ウーバーイーツ)でマクドナルドが注文できない理由 Uber Eatsを利用していると、たまにマクドナルドが表示されず、注文できない現象がおきます。 なぜそのようなことが起きるのか、こちらでは考えられる理由を3つ紹介します。 配達可能エリアに存在しない• お店が閉まっている• 注文受付を停止している それぞれ詳しく確認していきましょう。 【Uber Eatsでマクドナルドを注文できない理由1】 配達可能エリアに存在しない マクドナルドが配達可能エリアに無いケースです。 Uber Eatsは、 届け場所からおおよそ5km付近までのお店がピックアップされます。 その中にマクドナルドがなければ、当然ですが配達はできません。 で、周辺に対応しているマクドナルドがあるか確認してみてください。 Uber Eats自体の営業時間は9時~24時までですが、それより先にお店自体の営業時間が来ると閉店します。 たとえばお店が20時までの場合は、いくらUber Eatsが24時まで営業しているとしても、20時で配達終了です。 反対に 24時間営業の店舗は、Uber Eatsが終わる24時までしか利用できません。 2種類の営業時間があるので、どちらかが終わっている場合は、注文ができないことを覚えておいてください。 【Uber Eatsでマクドナルドを注文できない理由3】 注文受付を停止している マクドナルドが注文受付を停止している場合です。 当然ですがマクドナルドは店舗での営業も行っており、お昼や夕方のピーク時にはかなり混み合ってしまいます。 そこで「Uber Eatsの注文が入ると確実にキャパオーバーしてしまう」というときは、Uber Eatsでの受付をストップさせるのです。 注文受付がストップしているときは、アプリでも表示されません。 少し時間を置いて、再度チャレンジしてみてください。 検索画面上部にお店の名前を入れる場所があるので「マクドナルド」と入力しましょう。 すると周辺にあるマクドナルドの店舗が一覧で出てきます。 ここから 配達時間が短かったり、配送手数料が安かったりするお店を好みで選んでください。 同じお店でも、配達パートナーの数などで手数料や時間が変わるようです。 >>> お店のページに飛んだら、後は食べたい商品を自由に選びましょう! お店よって変わりますが、朝マックや夜マックに対応しているところも存在します。 セット内容は細かく指定可能です。 頼み終えたら、小計を計算して確定ボタンを押します。 今回は初回限定のクーポンがあったので、なんと1,000円引きで料理を注文できました! 配達手数料込みでも320円なので、 普通に買うより断然お得ですね。 しばらく待つと商品が届きます。 ちゃんと表記通りに、15分程度待つだけでしっかりと配達してくれました。 ちゃんとキレイに梱包されていて、ポテトもナゲットも暖かいままです。 ドリンクもこぼれていないか心配でしたが、まったく問題なしでした! たまに「ぐちゃぐちゃで届く」という意見があって不安だったのですが、まったく問題なかったですね。 これだけしっかりとどけてくれて320円なら、満足度が高すぎます……!! 初回クーポンを使っていない方は、ぜひマクドナルドで使ってみてください! 【1,000円OFFクーポン】Uber Eats(ウーバーイーツ)をマクドナルドでお得に使う方法【初回限定】 初めてUber Eatsを利用するあなたには当サイト限定のクーポンコードを発行しております! ー1000円OFFクーポンコードー 「interjpq2206jdz1」.

次の

【悲報】マクドナルドでPayPay(ペイペイ)は使えない【クレカが一番お得】 | キャッシュレス決済(スマホ決済)ニュース「キャッシュレスPay」

マクドナルド ウーバーイーツ 利用できない

マクドナルドでは一部地域(主に都市圏)にて宅配注文ができます。 マクドナルドのハンバーガーなどが自宅にいながらにして注文できて食べることができるというのは嬉しすぎます。 ただし宅配には問題点があります。 それはマクドナルドの値段が高いということ。 宅配用の値段が設定されており更に配送料が必要となります。 よってマクドナルドの宅配は値段重視の人には向きません。 しかしながら、そんな問題点を克服する方法が出てきました。 それはUber Eats(ウーバーイーツ)というフードデリバリーサービスのクーポンになります。 数量限定でなくなり次第終了、気になる人は早めに使うことをおすすめします。 あと、使い方が少しややこしいので、今回はそのUber Eats(ウーバーイーツ)クーポンの情報や利用方法についてまとめます。 Uber Eats(ウーバーイーツ)について(特徴など)• Uber Eats(ウーバーイーツ)の初回限定1000円クーポンの利用方法• マクドナルドの宅配のメリット、デメリットなど(価格関連)• 更にお得にUber Eats(ウーバーイーツ)を利用する方法(?) およそ上記の順番でまとめていきます。 少しずつ下がって確認ください。 スポンサーリンク 目次• Uber Eats(ウーバーイーツ)について Uber Eats(ウーバーイーツ)は配達注文サービスを提供している会社と考えてください。 海外から入ってきたサービス。 日本だと出前館とかdデリバリー、楽天デリバリーなどが有名ですが基本的にはそれらの宅配サービスと同じようなものと考えてください。 大きく違うのは最低注文料金の設定が無いこと、そして配達時間が他のサービスと比べて早いことでしょう(近くで配達員登録している人が配達してくれる)。 今回はそんなUber Eats(ウーバーイーツ)をお得に利用する方法についてまとめます。 うまくUber Eats(ウーバーイーツ)のクーポンを利用すれば実質無料とか実質半額ぐらいで注文できるかも?しっかりとチェックしてくださいね。 Uber Eats(ウーバーイーツ)の初回限定1000円クーポンの利用方法 それではUber Eats(ウーバーイーツ)の初回限定1000円クーポンの利用方法についてまとめていきます。 クーポンコードは「 interjpq2206j2j5」になります。 このコードを以下の方法で入力すれば Uber Eats(ウーバーイーツ)で使える初回1000円割引クーポンがもらえます(数量限定なので欲しい人は急いで)。 それではUber Eats(ウーバーイーツ)の初回限定1000円クーポンの入手方法について詳細をまとめていきますね。 Uber Eats(ウーバーイーツ)アプリのインストールと登録 「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の招待コードを入手するために、まずはUber Eatsのアプリをダウンロードしてください。 ただし、この初回注文1000円引きクーポンは期間限定というだけでなく数量限定です。 クーポン適用したい人は早めに利用してください。 プロモーションコードの適用手順は以下の通りです。 まずは画面下にある人形アイコンをタップ すると以下のように自分の設定画面に移ります。 ここで以下の画像の赤枠で囲ってあるプロモーションをタップします。 (以下の画像の少し下にある1000円割引クーポンというのは、メールなどで友だちにUber Eats(ウーバーイーツ)を紹介し、その友達がUber Eats(ウーバーイーツ)を利用することでようやく入手できるクーポンなのでかなり大変です。 今回紹介したクーポンコードはそういった手間が必要ありません) 以下のUber Eats(ウーバーイーツ)のプロモーション画面に移動します。 ここで以下の画像の赤枠で囲ってある「プロモーションコードを追加」をタップします(機種によってタップする場所が少し違う)。 以下のようにプロモーションコードの入力画面に移動するので「 interjpq2206j2j5」を入力し、少し下の赤枠で囲ってある「プロモーションの追加」をタップしてください。 以下の通りプロモーションコードの初回注文1000円引きクーポンが出てきたらOKです。 初回注文時に利用可能です(出てこない場合は先の画面に戻ってもう1回プロモーションをタップしてみてください)。 これで初回1000円割引クーポンの準備ができました(ただし地域やお店によってはクーポン適用上限金額が設定される場合もあり1000円割引にならない可能性もあります。 あと、この初回限定1000円割引クーポンは数量限定なので早めに使ってください。 また、次にメリットやデメリットもまとめますが、Uber Eats(ウーバーイーツ)のメリットの1つとして最低注文料金の設定がありません。 よって上手に注文すれば実質無料、実質半額以下での注文もできるかも? でもデメリットをしっかりとチェックしないと損する可能性もあるのでUber Eats(ウーバーイーツ)のメリット、デメリットはしっかりと確認してください。 マクドナルドのUber Eats(ウーバーイーツ)注文のメリット 初回1000円割引でマクドナルドの配達注文が利用できるということでUber Eats(ウーバーイーツ)の利用はかなりおすすめ。 ただし以下にまとめたメリット、デメリットもあるのでしっかりとチェックしてください。 Uber Eats(ウーバーイーツ)のメリットその1:最低注文金額の設定がない 「Uber Eats(ウーバーイーツ)」は一定の配送手数料は必要になりますが、最低注文金額の設定がありません。 よって単品注文とか1人前の注文とかも可能。 他の宅配サービスでは「1500円以上から注文可能」といった設定がなされていることが多いので(お店にもよりますけどね)、最低注文金額を考えることなく注文できる「Uber Eats(ウーバーイーツ)」は非常に便利です。 特に今回のようなクーポンコードを使う場合はお得、実質無料とか実質半額以下などの注文ができる可能性があります。 Uber Eats(ウーバーイーツ)のメリット2:配達時間が短い 「Uber Eats(ウーバーイーツ)」は配達時間が短いというメリットがあります。 「Uber Eats(ウーバーイーツ)」にアクセスしてみると分かりますがほとんどのお店が1時間以内。 早いところでは10分とか20分とか配送時間を書いてあるところもあります。 その理由は配達スタッフに配達を任せているからです。 近くに配達スタッフがいればすぐにマクドナルドに急行、そのスタップが届けてくれます。 まずはアクセスしてその配達時間を確認してください。 他の宅配サービスとは比べ物にならないぐらい配達時間が早い場合が多いです。 他の宅配システムでは「決済現金のみ」のお店を登録している場合も多いです。 そして、いざ注文しようと思って決済が現金のみとなっていた時はがっかりします。 財布の中に細かいお金があるかどうか確認するのが面倒。 クレジットカードだと手持ち現金を確認する必要が無くて楽ちんだしポイント貯まるしいいこと尽くめなんですよね。 クレジットカード、デビットカードが使えるUber Eats(ウーバーイーツ)は本当にありがたい。 (Uber Eats(ウーバーイーツ)で現金決済ができない訳ではありません。 配達パートナーに現金を渡して商品を受け取る現金決済も可能です) 注)一部の銀行についてはデビットカード決済に対応しない場合もあります Uber Eats(ウーバーイーツ)のメリットその4:配達してくれる人の場所が分かる 「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の特徴の1つとして配達してくれる人のだいたいの場所が分かるというものがあります。 まだ届かないと思って家事をしている最中に届いたりとか、まだお茶の準備ができていないとか他の準備ができずに困ったこともあるのでは? いつ頃届くのか? Uber Eats(ウーバーイーツ)では配達してくれる人がおよそどのぐらいの位置にいるのか分かり配達時間もある程度予想できます。 これはおもしろいシステム。 Uber Eats(ウーバーイーツ)のメリットその5:友達招待制度 「Uber Eats(ウーバーイーツ)」は先に紹介した友達招待制度でクーポンもらってお得に注文することが可能。 友達のお得になるし、あなたもお得に注文できる「Uber Eats(ウーバーイーツ)」を上手に利用してください。 ただし紹介した友達がUber Eats(ウーバーイーツ)を利用しないとあなたはクーポンもらえません。 正直なところこれはなかなか難しい。 友達紹介制度でクーポンを入手することは面倒で難しいのでその点は注意してください。 まずは今回紹介した初回限定クーポンコード「 ins6j112u」を利用して注文してください。 マクドナルドのUber Eats(ウーバーイーツ)配達注文のデメリットなど 次にデメリットもまとめます。 クーポンを使えばかなりのお得ですがデメリットで相殺されては残念なのでしっかりとチェックしておきましょう。 Uber Eats(ウーバーイーツ)のデメリットその1:料金が割高になることも多い Uber Eats(ウーバーイーツ)では配送手数料が必要になるのでトータルの支払金額がどうしても高くなります。 他の宅配サービスでは注文金額によって宅配料金が無料になる場合もあるので、基本的に配送手数料が有料のUber Eats(ウーバーイーツ)とは上手に使い分けたいところです。 トップページに配送手数料があるので必ずチェックしてください。 また、この配送手数料は時期や時間帯によって変わります。 繁盛期の配送手数料は高く設定されているので、ゴールデンウィーク、お盆、年末年始などの時期は特に注意してください。 いつもの配送手数料のつもりで注文しようとするとその配送手数料にびっくりする可能性も。 あと、これは他の宅配サービスでも同じですが商品そのものが割高になっていることも多いです。 店内飲食よりも値段が高く設定されていることが多いので、お店に出向いての店内飲食と比較して「商品割高+配送手数料」と2重に値段が高くなります。 配達してもらう場合は便利な分、割高なのは仕方がないところです。 思い違いがないように、実際に注文前の画面で合計金額を必ずチェックしてください。 (クーポン使えばその割高の分を相殺したり逆にお得にすることも可能な場合が多いです。 上手に先に紹介したクーポンコード使ってください) Uber Eats(ウーバーイーツ)のデメリットその2:注文可能な地域が少ない 「Uber Eats(ウーバーイーツ)」は注文可能な地域が少ない。 個人的にはこの注文可能な地域が少ないのがUber Eats(ウーバーイーツ)の最大のデメリットです。 東京、神奈川、埼玉、千葉、名古屋、大阪、京都、神戸、福岡などの一部地域のみのサービス(2019年6月現在)。 実は私が住んでいるところも対象外なので友達のところに遊びに行ったり仕事で注文可能地域に行った時にしか利用できません。 便利だけど注文可能地域が少ないというのは寂しい。 早く全国に普及してもらいたいところです。 マクドナルドの宅配、Uber Eats(ウーバーイーツ)のクーポンで初回1000円割引まとめ• Uber Eats(ウーバーイーツ)配達注文の1000円割引クーポンあり(数量限定、期間限定なので注意)• 地域によるけどマクドナルドの配達注文も可能• Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達注文は早く届くので便利• 注文の最低料金の設定もないので少人数の注文にぴったり• ただし配送手数料が必要なので合計金額がどうしても高くなる• まずはクーポンコード使ってお得に注文しよう! 今回はマクドナルドの配達注文に便利なUber Eats(ウーバーイーツ)についての情報をまとめました。 今なら初回限定1000円割引クーポンコードがあってお得。 期間延長されましたが数量限定でいつ終了するか分かりません。 早めに使いましょう。 あなたも上手にUber Eats(ウーバーイーツ)の配達注文を利用してお得にマクドナルドを楽しんでくださいね! スポンサーリンク•

次の

【悲報】マクドナルドでPayPay(ペイペイ)は使えない【クレカが一番お得】 | キャッシュレス決済(スマホ決済)ニュース「キャッシュレスPay」

マクドナルド ウーバーイーツ 利用できない

マクドナルドのデリバリー注文には「マックデリバリー」と「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の2種類があります。 共に地域限定、店舗限定のデリバリー注文サービスなので利用できない地域が多いのがちょっと残念。 でも、自宅にいながらマクドナルドの商品を食べられるのはかなり嬉しい。 利用できる地域の人は積極的に利用したいところです。 今回はこの「マックデリバリー」と「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の違いについてまとめます。 「マックデリバリー」と「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の注文時間• 「マックデリバリー」と「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の注文可能地域• 「マックデリバリー」と「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の注文サイト、アプリ• 「マックデリバリー」と「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の最低注文料金• 「マックデリバリー」と「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の宅配料金(配達手数料)• 「マックデリバリー」と「Uber Eats(ウーバーイーツ)」のメニュー• 「マックデリバリー」と「Uber Eats(ウーバーイーツ)」のクーポン• 「マックデリバリー」と「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の支払い方法• 「マックデリバリー」と「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の予約宅配 およそ上記の順番でまとめていきます。 少しずつ下がって確認ください。 マクドナルドの宅配(デリバリー)は2種類のみ? マクドナルド公式サイトによるとのマクドナルドの配達注文は2種類あるとされています。 それは「マックデリバリー」と「Uber Eats(ウーバーイーツ)」になります。 宅配で有名なdデリバリーや楽天デリバリーなどでもマクドナルドのデリバリーがあることはあるのですがかなり店舗数が少ない。 基本的にマクドナルドのデリバリーは「マックデリバリー」と「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の2種類しかないと考えた方がいいでしょう(2019年6月現在)。 マクドナルドの公式サイトでもマックデリバリーとUber Eats(ウーバーイーツ)のみ紹介されています。 あと「マックデリバリー」はマクドナルド公式、マクドナルド専用のデリバリーシステムであるのに対して、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達注文は、他のお店の商品も注文できる配達注文システム(楽天デリバリーとかdデリバリーに近い)だと考えてください。 「マックデリバリー」と「Uber Eats(ウーバーイーツ)」のデリバリー注文時間 「マックデリバリー」と「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の注文可能な時間はそれぞれ異なります。 マックデリバリー:7時~23時• Uber Eats(ウーバーイーツ):9時~24時(店舗による) マックデリバリーの宅配注文時間は7時~23時ということでマックデリバリーの方が朝は早い。 一方で Uber Eats(ウーバーイーツ)のデリバリー注文時間は9時~24時ということで方が夜遅くまで配達注文対応可能となっています。 ただしどちらも店舗によって多少時間が異なる可能性があります。 注文の際にそれぞれのサイトやアプリで確認してください。 「マックデリバリー」と「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の注文可能地域 マックデリバリーとUber Eats(ウーバーイーツ)の注文可能地域は異なります。 マックデリバリーの注文可能地域 マックデリバリーの注文可能な地域は以下の15都道府県になります(2019年6月現在)。 宮城県• 埼玉県• 千葉県• 東京都• 神奈川県• 愛知県• 京都府• 大阪府• 兵庫県• 広島県• 愛媛県• 福岡県• 熊本県• 鹿児島県• 沖縄県 ただしこの15都道府県でも宅配対応の無い店舗は多数あります。 自分の近くのお店が宅配可能店舗かどうか確認したい場合はマクドナルドの宅配店舗検索にて確認ください。 東京都• 神奈川県• 埼玉県• 千葉県• 愛知県• 大阪府• 京都府• 兵庫県• 福岡県 この9都道府県でも配達注文対応の無い店舗は多数あります。 自分の近くのお店が配達可能な店舗かどうか確認したい場合はUber Eats(ウーバーイーツ)に登録して確認してください。 それぞれ以下にまとめているので確認ください。 マックデリバリーの注文サイト、アプリ• どちらでも自分が注文しやすい方で注文するといいでしょう。 パソコンでは基本的にサイトでの注文になりますがスマホはどちらでも注文可能です。 Uber Eats(ウーバーイーツ)のサイト、アプリ• やはりパソコンでは基本的にサイトでの注文になりますがスマホはどちらでも注文可能です。 また、Uber Eats(ウーバーイーツ)は一般的な配達注文サービスになるのでマクドナルド以外の注文も可能。 例えばケンタッキーやモスバーガー、ガストなど注文可能地域であれば利用可能です。 「マックデリバリー」と「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の配達手数料 「マックデリバリー」と「Uber Eats(ウーバーイーツ)」共に配達手数料が必要になります。 ちょっと残念ではありますが自宅にいながら配達注文できるわけで当然と言えば当然ですね。 マックデリバリーの配達手数料:300円一律• Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達手数料:290円~500円以上 マックデリバリーの配達手数料が300円一律なのに対して、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達手数料は290円~となってます。 Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達手数料は注文地域や時期によって異なります。 だいたいにおいてUber Eats(ウーバーイーツ)の配達手数料はマックデリバリーの配達手数料よりも高くなることが多いと考えたほうがいいでしょう。 「マックデリバリー」と「Uber Eats(ウーバーイーツ)」のメニュー価格 「マックデリバリー」と「Uber Eats(ウーバーイーツ)」のメニュー価格は基本的に同じです(一途除く)。 ただし「マックデリバリー」と「Uber Eats(ウーバーイーツ)」のどちらも商品価格が店頭価格よりも高くなっています。 例えばビッグマックの価格は店頭で390円ですが配達注文だと420円になります。 商品によっても異なりますがおよそ1割~2割ぐらいは店頭価格よりも配達注文価格の方が高いと考えてください。 それら、マクドナルドの配達注文(マックデリバリー、Uber Eats(ウーバーイーツ))のメニューについては別途まとめているのでそちらも確認ください。 朝マックもあります。 (参考:) (参考:) なお、マックデリバリーとUber Eats(ウーバーイーツ)の配達注文では共にそれぞれ専用のキャンペーンメニューが出てくることもあります。 キャンペーンメニューはお得なので常に注目するといいでしょう。 あと、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達注文ではマックシェイク、ソフトツイスト、ワッフルコーン、フロートなどアイスクリーム系の商品の注文ができないので注意してください。 「マックデリバリー」と「Uber Eats(ウーバーイーツ)」のクーポン マクドナルドの配達注文、「マックデリバリー」と「Uber Eats(ウーバーイーツ)」では共にマクドナルドの通常のクーポンは使えません。 マクドナルド店頭では公式アプリのクーポン、スマートニュースのクーポン、ツイッタークーポンなどが使えるのですがそれらが使えないということです。 ただし以下で紹介する一部のクーポンは使えます。 マックデリバリーで使えるクーポン マックデリバリーではKODOクーポンが利用可能です(2019年6月現在)。 KODOクーポンはアンケートクーポンでお店に関するアンケートを書くことでもらえるクーポン。 所要時間は慣れれば数分なのでかなりお得だと思われます。 ポテトS、ソフトツイスト、ドリンクSなどが無料でもらえるのでチェックしておくといいでしょう。 ただしいくつかの制約はあるのでチェックしておいてください。 KODOクーポンの最新情報、取得方法、利用方法などは別途まとめているのでそちらも確認ください。 (参考:) その他、マックデリバリーでは期間限定のクーポンコードが出てくる場合もあります。 マクドナルドからの案内を定期的にチェックするといいでしょう。 Uber Eats(ウーバーイーツ)で使えるクーポン Uber Eats(ウーバーイーツ)では初回限定1000円割引クーポン、500円クーポンなどが出ていることが多いです。 上手に利用すれば実質無料や半額以下で注文することも可能。 ただしクーポンの使う順番は間違いのないように。 初回限定クーポンは初回の注文のみなので必ず先に使うようにしてください。 その辺りUber Eats(ウーバーイーツ)のクーポン最新情報やクーポンの適用方法は別途まとめているのでそちらも確認ください。 とりあえずは2019年6月30日までのクーポンが出ているので興味がある人は早めにチェックしてください。 (参考:) 「マックデリバリー」と「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の支払い方法 マックデリバリー、Uber Eats(ウーバーイーツ)共にクレジットカード、現金での支払いが可能です。 ただしマックデリバリーの支払いではVISA、MASTERのみでJCBカード他は使えないので注意してください。 一方でUber Eats(ウーバーイーツ)ではVISA、MASTER、JCB、American、Dinersなどメインどころが利用可能。 あとUber Eats(ウーバーイーツ)ではPaypal、デビッドカードでの支払いも可能です。 マックデリバリー、Uber Eats(ウーバーイーツ)共に最近流行りのQRコード支払い、電子マネー支払いには対応していません。 (2019年6月現在情報です。 またデビットカードなど金融機関によっては対応不可な場合もあるので実際に確認ください) 「マックデリバリー」と「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の予約配達注文 「マックデリバリー」と「Uber Eats(ウーバーイーツ)」では共に予約配達注文が可能です。 ただし指定できる日程は決まっているのでそれぞれのサイトで予め確認ください。 いつでも予約可能とか余裕を持っていると注文できなくなるかも? 「マックデリバリー」と「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の配達時間 「マックデリバリー」と「Uber Eats(ウーバーイーツ)」では配達時間が異なります。 マックデリバリーではおよそ30分~ぐらいの時間がかかるのに対してUber Eats(ウーバーイーツ)ではおよそ10分~というスピード配達。 この違いはマックデリバリーではマクドナルドの店員が宅配するのに対してUber Eats(ウーバーイーツ)ではマクドナルド近辺にいるUber Eatsの配達員が配達するからです。 Uber Eats(ウーバーイーツ)のデリバリー注文だとマクドナルドの店員さんは作ることに専念できるから配達が早いのですね。 普通に考えて、いつも忙しそうなマクドナルドの店員さんが1人でも配達に回ったらとんでもない状況になるのは明らかだと思う。 その点から考えるとなるべくUber Eats(ウーバーイーツ)で注文した方がいいかも? 特に忙しい時間帯は配達時間が大きく異なる傾向にあるのでその辺りも加味して注文を考えたいところです。 あとUber Eats(ウーバーイーツ)では配達員がどの辺りにいるのかアプリから分かるので到着時間も読みやすいです。 「マックデリバリー」と「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の配達注文まとめ 項目 マックデリバリー Uber Eats(ウーバーイーツ) 注文可能時間 7時~23時 9時~24時 (店舗によって異なる) 朝マック あり (10時30分まで、店舗による) 同左 注文可能地域 15頭道府県の一部店舗 (記事本文参照) 9都道府県の一部店舗 (記事本文参照) 注文サイト、アプリ マックデリバリー専用あり (専用サイト、専用アプリで注文可能) Uber Eats(ウーバーイーツ)専用あり (専用サイト、専用アプリで注文可能) 最低注文料金 1500円以上 (朝マックは1000円以上) 設定なし (スマイル0円~注文可能?) 配達手数料 一律300円 290円~500円以上 (店舗、時期によって異なる) 配達注文メニュー 基本的に全てのメニュー (宅配専用メニューも) シェイク、ソフトツイストなどアイスクリーム系無し(専用メニューも) 配達注文メニューの価格 1割~2割ぐらい店頭価格より高い 同左 配達注文用クーポン ・通常クーポンは不可 ・基本はKODOクーポンのみ ・その他、キャンペーンクーポンなど ・通常クーポンは不可 ・初回限定1000円クーポンなどUber Eats(ウーバーイーツ)専用クーポンは利用可能 ・その他、キャンペーンクーポンなど 支払い方法 ・クレジットカード ・現金(カードはVISA、MASTERのみ) ・クレジットカード ・デビットカード ・Paypal ・現金(デビットカードは金融機関によって対応不可も) 予約配達注文 あり (設定可能な日程、時間に注意) あり (設定可能な日程、時間に注意) 配達員 マクドナルド店員 (もしくはアルバイト) Uber Eats配達パートナー 配達時間 30分~(目安) 10分~と早い(目安) 配達可能な場所 住所がある場所のみ 公園なども可能 (花見などにいいかもね) その他お店の注文 不可 (マクドナルド公式でマクドナルドのみ) 可能 (ケンタッキー、モスバーガーなど、その他多数の店舗で注文可) 今回はマックデリバリーとUber Eats(ウーバーイーツ)の配達注文情報についてまとめました。 共に進化しているサービスで今後変わる可能性もあるので注意してください。 今回まとめたのは2019年6月時点での情報になります。 個人的にはUber Eats(ウーバーイーツ)のクーポン情報をチェックして良いクーポンがあればUber Eats(ウーバーイーツ)で注文、特になければマックデリバリーで注文するような形がいいと思っています。 もちろん、その他の条件も加味して考えてください。 スポンサーリンク•

次の