稲村ジェーン。 moraのご利用について

『稲村ジェーン』(1990)

稲村ジェーン

「ここは、湘南なんかじゃねえよ。 元号が平成になった翌年、1990年9月8日に公開されたこの作品は夏の終わりを意識した淡く切ない青春物語。 それは初心(うぶ)で純情でありながら、無鉄砲でギラギラとした若者独特のエッセンスが随所に散りばめられたサザンオールスターズ・桑田佳祐の初監督作品だ。 この映画、主演の加勢大周が、劇場公開の翌年に事務所からの独立で揉め、前事務所から芸名差し止めを食らって裁判沙汰になったり、なにより監督であった桑田自身が、識者の映画評に気を病んだりと残念なことが多く、それだけが原因ではないにせよ未だに DVD 化されていないというレアな代物である。 後に桑田本人も「映画としての出来はイマイチだったと思う部分はある」と語っていて、批評家からの評価があまり良くなかったのは事実だが、映画自体は1990年度の日本映画配給収入年間ランキング4位、観客動員数350万人を記録していて、興行的には成功した作品と言える。 当時、先に映画監督として華々しくデビューを飾っていた北野武は、自身の映画批評本『仁義なき映画論』にて、この『稲村ジェーン』を酷評している。 』という、聴覚障害を持った男女の淡い心の機微を題材にしたサーファー映画を撮る。 これは『稲村ジェーン』とは対照的で、主人公にセリフがなく、淡々と映像と音楽をメインに作られた異色作品だ。 ちょっと嫌味っぽくも取れるけれど、僕にはこれが北野流の桑田佳祐へのリスペクトなんじゃないかな? と思えるのだ。 さて、僕は久しぶりに VHS ビデオで『稲村ジェーン』を観させてもらったのだが、今でこそ珍しくない手法かもしれないが、映画を取り巻く小道具大道具がめちゃくちゃ細かく作り込まれていて面白かった。 これはもう、時代を振り返って懐かしむために何度も繰り返し観たくなってしまう。 例えば一瞬しか映らなかったり、背景に溶け込んでいてわかりづらかったりする当時のポスターや流行りの服装などなど、枚挙にいとまがない。 5分に1回程度の間隔で突っ込んでくるくだらないギャグもまた然りである。 このカオスな世界観は間違いなく Twitter など SNS でマニアたちが拡散したくなっちゃうはず。 タイムマシンはドラム式』と同じになってしまうか…。 閑話休題。 いざ、映画と音楽を語っていくことにする。 「ビートルズが来日するわけないじゃん…」 というセリフから、時代は昭和40年頃(ビートルズ来日公演は昭和41年6月)と推察できる。 主人公は「ミゼット」にサーフィンのロングボードを括り付けて海へと向かう。 バックに流れるのはもちろん「希望の轍」だ。 主な登場人物は、病気療養中の骨董屋の主人(草刈正雄)の代わりに店を任されているサーファーのヒロシ(加勢大周)。 ヒロシから預かった壺を転売してしまったバンドマンのマサシ(金山一彦)と、その壺を巡って知り合ったチンピラのカッちゃん(的場浩司)だ。 そして、横須賀に行ったヒロシとマサシが、歓楽街で偶然出会った波子(清水美沙)をミゼットで拾ってくる。 ストーリーは、まさに王道の青春グラフティ。 監督である桑田は、そこに纏わる友情を丁寧に、ときにコミカルに描いていく。 映画は中盤。 自分勝手で、でもそれぞれが互いを思いやりながら、ぶつかったり悩んだり。 実際、映画の内容そのものがこの曲に全て反映されている。 マイナス100度の太陽みたいに 身体を湿らす恋をして めまいがしそうな真夏の果実は 今でも心に咲いている 桑田佳祐の真骨頂。 「マイナス100度の太陽」という比喩のなんたる美しさ。 「四六時中も好きと言って」も素晴らしい歌詞だけれども、僕はこの太陽の一節に惚れ惚れする。 嫉妬すら覚えるくらいに。 僕は、サザンオールスターズというグループの肝は、間違いなく原由子の個性溢れる声だと思っている(ちなみに映画では看護師役)。 桑田佳祐独特の歌唱法、声質など、それはもう個性の塊であることは勿論だけれど、原由子のコーラスやハモリと桑田の声が混ざった時、サザンオールスターズの楽曲はノスタルジックな愁いを帯びて、特別なものに変わるのだ。 この「真夏の果実」では、サビの部分に原由子のコーラスが入ってくる。 大げさだけれど、古くは「いなせなロコモーション」「栞のテーマ」「シャ・ラ・ラ」など、最近の楽曲なら「壮年JUMP」でもそう。 原由子のハモリ、ましてやソロパートがあるだけで曲の印象が全然違う。 その他のコーラスが目立たない曲とは受ける印象がだいぶ違うのだ。 桑田に負けない個性的な原由子の声が、サザンオールスターズをみんなに愛されるグループに押し上げたことに間違いはない。 さて、最後に映画のエンディングについて話して終わりたいと思う。

次の

『稲村ジェーン』(1990)

稲村ジェーン

背景 [ ] に公開された映画『』のアルバム(『』を参照)の2曲目に収録された。 シングルカットは行われていないものの、「サザンオールスターズの楽曲の1つ」として数えられており、現在は桑田自身も自身のラジオ番組『』内でサザンオールスターズの楽曲として紹介している。 レコーディングこそ参加していないものの、ライブなどで披露する際にはがオープニングのを担当しているが、2006年に行われたに桑田がゲスト出演した際には、レコーディングに参加した小林武史やギタリストのらの演奏でこの曲が歌われた。 桑田の声かけで開催された『』では、ライブの最後の曲として出演ボーカリスト全員による「希望の轍」が歌われた。 - の桑田のソロコンサートツアー『呼び捨てでも構いません!! 「よっ、桑田佳祐」SHOW』の最終公演では、アンコールで「」が演奏され、サポートメンバーが退場した後に桑田1人が残り1本でこの曲が演奏された。 『』に収録されている「それ行けベイビー!! 」は、この時の演奏法を参考している。 の桑田のソロライブ『』のアンコール最終曲としても演奏されており、桑田の呼びかけで会場全員が合唱した。 みんなで元気になろうぜ!! の会〜』では、最終日の横浜アリーナ公演で、2007年同様に桑田1人でこの曲が演奏された。 2018年の大晦日に放送された『』では特別枠で出場し、大トリとして「」と共に披露された。 メディアでの使用 [ ] タイアップとしての使用 [ ]• 映画『』挿入歌。 系列『・』テーマソング。 フジテレビ系『』挿入歌。 JR茅ケ崎駅の発車メロディ [ ] に、茅ヶ崎市当局や茅ヶ崎市民の尽力もあって、サザンオールスターズの『茅ヶ崎ライブ』が実現したこともあり、JRの発車メロディにサザンオールスターズの曲を導入しようという動きが、茅ヶ崎市民の中で浮上した。 その際、地元商工会議所が実施したアンケートでは、導入希望曲として、歌詞に関連し、なおかつ映画『稲村ジェーン』の舞台として茅ヶ崎が関連する「希望の轍」に最も票が集まる結果となり、この結果を以て、商工会議所は正式にに要望を出したが、当時のJR東日本はこの要望を却下した。 その後、再びサザンオールスターズの曲を茅ヶ崎駅の発車メロディに導入する動きがに再燃。 茅ヶ崎商工会議所青年部の署名活動で集められた、1万件を超える署名とアンケートが2014年9月にJR東日本に提出され、これを請けて2014年10月1日よりホームのに採用された。 5番線(・・方面)がイントロ、6番線(・方面)がサビでそれぞれ15秒程度流れる。 エピソード [ ]• の歌詞中に登場する"エボシライン"とは桑田の造語だが、のを望むを指している。 のがこの曲のファンであり、自身の『』内で一部ながら楽曲のを載せている回が一度ある(単行本24巻収録)。 参加ミュージシャン [ ] オリジナルの記載に従う• カバー [ ]• Big Shot All Stars 「希望の轍」• 『』(2005年9月7日)• 『VOICE II』(2009年6月24日)• 『若大将・湘南FOREVER』(2012年1月11日)• 脚注 [ ].

次の

『稲村ジェーン』(1990)寒かったし、長かったよね、これ!音楽は最高だが…

稲村ジェーン

背景 [ ] サザンオールスターズのがした作品『』のサウンドトラック作品で、同年発売の『』からも楽曲が収録されているほか、・などサザンオールスターズのメンバーも参加していることから、「 SOUTHERN ALL STARS and ALL STARS」(サザンオールスターズ アンド オールスターズ)の名義を用いている。 サウンドトラックであることや、収録曲の参加ミュージシャンなどの関係上、本来サザン名義のオリジナルアルバムではない。 、に本作が再発された際には、そのCDに付いてくる帯で「 10th Album」と表現されていることから、現在公式にはサザン名義のオリジナルアルバムとして扱われている。 また、サザン名義の楽曲も含まれていることから実質はサザンのメンバー全員が参加していることとなる。 サザン以外の参加メンバーに関しては、を参照。 制作 [ ] が『稲村ジェーン』を観に来たという設定での会話が収録されており(カップルの役はサザンと同じ所属の)、作品上のもわずかながら収録されている。 既発曲には全て台詞が入り、曲自体は同じであるものの収録時間が異なっている。 スペイン語曲もいくつか収録され、ルイス・サルトールの作詞と桑田の作曲での共作になっている。 また、それまで桑田ソロやサザン名義では存在していなかったカバー曲も収録された。 更に作品化されたものとしては初めて、桑田作曲のインスト曲も収録されている。 なお、この作品では、後にサザンの作品に深くかかわることになり、映画にも出演していた小倉博和が初めて本格的にレコーディング参加している。 リリース [ ] 1998年の再発盤の初回限定盤は、オリジナルLP復刻ジャケット(いわゆる紙ジャケット)仕様で、によるライナーノーツが封入されている。 再発売 [ ]• (CD)VICL-60221• (CD)VICL-63311 リマスタリング 受賞歴 [ ]• 第5回• アルバム賞 ・部門(男性) チャート成績 [ ] 本作は累計133. 7万枚(オリコン調べ)を売り上げて、を記録している。 また、前作から続きオリジナルアルバムでは2作連続ミリオンになった。 出荷枚数では累計200万枚を記録している。 収録曲 [ ]• シングル収録曲及び一部収録曲は、各ページで説明しているため、ここでは説明を省略する。 タイトル表記は基本的にオリジナル収録時のものに従った。 台詞からスタート。 桑田およびサザンのメンバーは、レコーディングに参加していない。 アメリカのグループ、のヒット曲(日本ではイギリスのバンド、によるリメイク版で知られる)をカバー。 シングルカットされた「愛して愛して愛しちゃったのよ」のとして収録。 終わり際に台詞が入っているため、シングル・バージョンとは異なる。 のカバー。 参加ミュージシャン [ ] 稲村ジェーン• - 希望の轍• 桑田佳祐 - ボーカル• 小倉博和 - ギター• 小林武史 - キーボード• - ギター 忘れられた Big Wave• - ボーカル• 桑田佳祐• 松田弘• 美しい砂のテーマ• 小倉博和 - ギター、• 小林武史 - キーボード• 北村健太 - LOVE POTION No. 桑田佳祐 - ボーカル• 小倉博和 -• 原田末秋 - ウクレレ• 小林武史 - キーボード• 樋沢達彦 - ベース• 今野多久郎 - パーカッション 真夏の果実• SOUTHERN ALL STARS• 桑田佳祐 - ボーカル• 大森隆志 - ギター、ウクレレ• 原由子 - キーボード、コーラス• 関口和之 - ベース、コーラス• 松田弘 - ドラムス、コーラス• 野沢秀行 - パーカッション、コーラス• 小林武史 - キーボード マンボ• SOUTHERN ALL STARS• 桑田佳祐 - ボーカル• 大森隆志 - ギター、バック・ボーカル• 原由子 - キーボード、バック・ボーカル• 関口和之 - ベース、バック・ボーカル• 松田弘 - ドラムス、バック・ボーカル• 野沢秀行 - パーカッション、バック・ボーカル• - キーボード• 小林武史 - キーボード• - パーカッション• 松本治 -• 小林正弘 -• 菅坡雅彦 - トランペット• 淵野繁男 -• 包国充 - サクソフォーン 東京サリーちゃん• 桑田佳祐 - ボーカル、• 原田末秋 - ギター• 小林武史 - キーボード• - ベース• - ドラムス• ダディ柴田 - サクソフォーン マリエル• 桑田佳祐 - ボーカル• 小倉博和 - ギター• 小林武史 - キーボード• 松田弘 - ドラムス• Luis Sartor - バック・ボーカル• SOUTHERN ALL STARS• 桑田佳祐 - ボーカル• 大森隆志 - ギター、バック・ボーカル• 原由子 - キーボード、バック・ボーカル• 関口和之 - ベース、バック・ボーカル• 松田弘 - ドラムス、バック・ボーカル• 野沢秀行 - パーカッション、バック・ボーカル• 小倉博和 -• 小林武史 - キーボード• Luis Sartor - バック・ボーカル• 北村健太 - パーカッション 愛して愛して愛しちゃったのよ• 原由子 - ボーカル• 桑田佳祐 - バック・ボーカル• 小倉博和 - ギター• 小林武史 - キーボード• 今野多久郎 - パーカッション• 松田弘 -• 角谷仁宣 -• 梅崎俊春 - コンピュータ・オペレーション• - コンピュータ・オペレーション 脚注 [ ] [] 注釈 [ ].

次の