グランメゾン東京 ネタバレ。 【ネタバレ】グランメゾン東京(第2話)開業資金集めに苦戦?!視聴率も13.2%と好調!感想&あらすじ

グランメゾン東京「最終回」ネタバレあらすじ・感想【次は世界中の星をかっさらう】|Lyfe8

グランメゾン東京 ネタバレ

【グランメゾン東京】最終回の視聴率 『グランメゾン東京』最終回の視聴率は、16. 関西地区でも17. (視聴率はビデオリサーチ調べ、リアルタイム・世帯) 【グランメゾン東京】最終回のネタバレ 『グランメゾン東京』最終回のあらすじネタバレを紹介します。 〈閲覧注意〉 あらすじ ミシュランの審査が近づき、「グランメゾン東京」の新メニュー開発は大詰めを迎えていた。 口論した末に、尾花は「スーシェフを辞める」と告げるのだった…。 突然の発言に動揺する中、倫子も魚料理を作り、美味しい方をメニューに加えようと提案する。 一方、丹後(尾上菊之助)がいなくなった「gaku」は、新しいシェフ・結月(馬場徹)の傍若無人な振る舞いで店はボロボロになっていた。 その矢先、ついにある事件が起きてしまう… そして、いよいよ運命のミシュランの審査が始まる。 tbs. html 「gaku」では料理人が大量に辞めていった。 そこで丹後が復帰。 「gaku」の再建に挑む。 そんな中、倫子が作った「ハタのロティ」をスタッフみんな絶賛した。 凄い料理人だとべた褒めだ。 しかし尾花は上を向かなかった…。 ) しかし「グランメゾン東京」にまったくミシュランの審査員が来なくて…。 リンダの試食会 尾花は、オーナーの指示で祥平をつぶそうとしていたリンダ(冨永愛)に対して「逃げんなよ。 今までで最高。 その感動を味わいたくてフーデイーたちは世界を旅する、しかし少しずつハードルが上がって心が動かなくなっていく。 自分のベストを超えられなくなってる。 もう一度経験したくないか、あの興奮を。 」 後日。 リンダがグランメゾン東京へやってきた。 ご機嫌ナナメなリンダに対し「優しい気持ちになって頂きましょう」とスタッフを鼓舞する倫子、「思いっきり楽しもう」と尾花。 出した料理は以下のとおり。 Poisson. 魚料理)ハタのロティ ノアゼットアンショア(リンダ、一口食べて眉を動かしたあと次々と口に入れる)• Viande:肉料理 キジバトのドゥミ・アンクルート• Dessert:デザート メレンゲのアイスクリーム• Dessert:デザート クレームダンジュ(リンダ、上を向いて涙をこぼす) チームがひとつになって作った最高の料理。 試食したリンダは感動し、「旅をしてでも食べる価値がある、今までのベストよ。 これだからやめられないのよね」と賞賛して立ち去った。 グランメゾン東京、ミシュランの審査へ 後日。 初見のお客様から予約があった。 おそらくミシュランの審査員だ。 リンダは自分の舌に嘘をつかなかったのだ…。 そしてミシュランの審査員がやってきて審査を通っていき、明日ついに三ツ星の審査員がやってくる。 その夜、尾花がついにマグロ料理「マグロの瞬間焼き」を完成させた。 倫子のハタのロティとみんなで食べ比べた。 マグロ料理をみんな絶賛。 尾花「どう 俺の料理完璧じゃない?」 倫子「うん、美味しい」 三ツ星の審査はマグロ料理で行くことになった…はずだったが、当日、倫子は尾花の反対を押し切って、ハタのロティを提供すると言い出す。 倫子「正直にいうと私のハタの方がいいと思ったの」 尾花「あんたの料理が俺の料理を超えるというのか」 倫子「私の料理で勝負する」 尾花「あの約束なしな。 三ツ星を取れなくても関係ない。 俺はもうこの店の人間じゃない、好きにしろ」 尾花はグランメゾン東京を去ることに…。 なお、当日もうひとつ大きなエピソードがあった。 「和ぜり」を提供していた伝説のジビエハンターの峰岸(石丸幹二)が渋滞に巻き込まれ、クスクスのサラダが出せなくなるピンチに。 そこへ、「和ぜり」を持った丹後が「グランメゾン東京」に現れて窮地を救った。 江藤オーナーの指示だという。 尾花が丹後がいる「gaku」を峰岸に繋いでくれた、その借りを返す行動だった。 ミシュランの星、発表! そしてミシュランの星の発表の日。 次々と店舗名が呼ばれる中、自信を失いかける倫子…。 マグロ料理の方が良かったのかな、と後悔する。 京野は、尾花がハタを食べたとき、自分の想像より美味しくて泣きたくなるほど嬉しかったはずだ、と明かした。 (回想:倫子に背中を向け涙ぐむ尾花) しかしナゼ、尾沢はマグロ料理を出そうとしたのか。 「倫子を試した」のだろうという相沢。 祥平は、尾花が店を去る時に言われたことを倫子たちに明かす。 回想:尾花「3年前二つ星のプレッシャーに俺負けたじゃん。 いつかこの店が星を持ったら早見倫子も俺と同じく悩まされるわけよ。 その時に必要になってくるのは、自分を信じる力、それと、自分の料理で星を獲ったっていう揺るぎない手ごたえ。 それで考えると、尾花夏樹って邪魔なわけよ。 …頼むな祥平。 厨房の中に相棒みたいの必要だろ。 うちのスーシェフ、(コックコートに)銀縁じぶんで入れとけ。 」 尾花が会場の入り口へやってくる。 外でアナウンスを聞きながら座り込み、祈る尾花・・・。 いよいよ三ツ星の発表、最後の一店舗。 「グランメゾン東京!早見倫子さま!」 グランメゾン東京は三ツ星を獲得した。 「届いた」と涙する尾花。 倫子は壇上のスピーチで「彼らは教えてくれました。 情熱を持って向き合う事、最後まで逃げない事、お客様を一番に考える事、そして自分を信じる事。 彼らが私をこの場所へ運んでくれました。 みんな、ありがとう。 」と仲間たちに感謝し、料理やこの仕事について話す… 倫子「私たちの仕事は料理を運んで、お客様に喜んでいただく地道な仕事です。 だけど政治家のように世の中を変える力を秘めています。 芸術家やアーテイストのように感動を生み出すことだってできるし、医者や弁護士のように人を救うことだってできる、素晴らしい仕事です。 私はこの仕事が大好きです。 誇りに思っています。 そして今、一つの料理がメッセージになって世界に広がっていく、その可能性を改めて感じています。 料理には人を動かす力がある。 それを教えてくれたのは私の尊敬するひとりの料理人です。 彼がいなければ何も生まれていませんでした。 三ツ星の名に恥じないよう、正しく料理に向き合っていきます。 料理人という存在が今まで以上に認められるように、東京から世界へ発信し続けます。 そして私の尊敬する料理人・尾花夏樹に負けないようにこれからも努力し続けます。 本当にありがとうございました。 」 式の後、尾花の姿を見つけた倫子はかけよった。 ハイタッチとみせて抱き着いた倫子は「獲ったよお!ありがとう」 尾花は「あのハタのロティ、あれ死ぬほど、死ぬほどうまかった」と素直に伝えた。 エピローグ 相沢はフランス・パリで妻子と再会。 「Gaku」もまだ星をあきらめていない。 祥平の婚約者・美優と彼女の父が「グランメゾン東京」にやってきた。 義父から「三ツ星って票がとれるのか」と言われる祥平だった。 倫子はおめかしして、尾花がいる「レストラン浪漫亭」へ。 尾花は師匠が世界旅行している間、店番をしながら研究しているという。 倫子「どうするの?これから」 尾花「最初に言わなかったっけ。 2人で世界一のグランメゾンつくろうって。 」 倫子「だからグランメゾン東京作ったんだよねえ」 尾花「それで終わりじゃないから。 料理には無限の可能性がある。 俺たちでさ、世界中の星かっさらうってのはどう?」 倫子「海外にグランメゾン東京の姉妹店を出すってこと?」 尾花「お金持ってる?」 倫子「貸さないよ」 尾花は倫子の写真を撮った。 — ピロ maq8WpjwvNVQQ3x 良かった 尾花くん。 尾花くんの涙 これからの 世界のグランメゾンに 続編お願い致します。 フレンチ以外への挑戦でしょうか。 まだまだ夢は終わらない・・・という余韻がのこる良いラストでした。 【グランメゾン東京】出演者コメントまとめ 木村拓哉さんクランクアップコメント これで撮影が終わってしまうということに少しがっかりしているし、まだ認めたくない。 寂しく感じています。 それだけ、この現場で過ごす日々が凄く楽しかったです。 本当に、ありがとうございました。 鈴木京香さんクランクアップコメント 無事にクランクアップするのは嬉しいもので「終わりたくない」なんて思う事はなかなか無いのですが、今は少しそんな寂しい気持ちもあります。 この作品で皆さんとご一緒させていただいて、例え現場の時間が押して夜中になってしまったときも(笑)、心から楽しく、本当に幸せでした。 良い経験を積ませていただきました。 宝物になりました! そして、キャプテン・木村さんは最高のシェフです!またご一緒できるように頑張りたいと思います、本当にありがとうございました。 玉森裕太さんクランクアップコメント 本当にお世話になりました!本当にありがとうございました! 平古祥平という役が自分のなかですごく挑戦で…、難しくて、苦しくて、そんな日々が続いていたのですが、とてもやりがいがあって充実した日々だったなと思います。 それに、木村さんと今回初めてこうやって長い時間お仕事をさせていただいて、キャプテンの偉大さ、そして座長としての佇まいなども学ぶことができた場でした。 忘れないように、今後の仕事にもちゃんと生かしていきたいと思います。 冨永愛さんクランクアップコメント 本当に演技の経験の少ない私を支えてくださって、引っ張ってくださってありがとうございました。 そしてスタジオで木村さんと一緒に演技の相談をさせていただいたりしたのは、良い経験になりましたし楽しかったです…ちょっとウルっときますね(笑)。 ありがとうございました! 寛一郎さんクランクアップコメント みなさんと三カ月一緒にいさせていただきましたが、早かったですね。 みなさんの結束力がどんどん高まって、本当に楽しい現場でした。 そしてなにより、僕が演じた芹田公一という役をみなさんがかわいがってくださって、愛してもらえたことにすごく感謝しています。 みなさんに感謝を伝えたいです。 ありがとうございました。 吉谷彩子さんクランクアップコメント すごく楽しい現場でした。 ですが、そのなかで、スタッフのみなさん、キャストのみなさんとヒントを出し合いながら、答え合わせをしながら演じることができて、最後まで自信を持って演じられたと思っています。 中村アンさんクランクアップコメント 最初はフードライターという役だったのですが、グランメゾンの仲間に入ることができて…。 素晴らしいキャストのみなさんとスタッフのみなさんと、そして久住栞奈という役がすごく大好きでした。 本当に得るものがたくさんありました。 ありがとうございました。 尾上菊之助さんクランクアップコメント 素晴らしいスタッフのみなさま、共演者のみなさまとかけがえのない時間を過ごさせていただきました。 お芝居のはずなのに、最後にはミシュランの星を獲れるか獲れないか、それで嬉しかったり悔しかったりと、感情が溢れている自分に気付きました。 また、皆様にご心配をおかけしたこともありましたが、最後まで丹後学という役を無事に全うできたことを嬉しく思っています。 素晴らしい方たちに囲まれて役を生きることができたなとすごく実感しました。 及川光博さんクランクアップコメント 大人の青春がテーマの作品でございました。 相沢瓶人さんはもちろんですが、僕自身も大人の青春を味わわせていただきました。 「熱くて何が悪い!」「熱くなって何が悪いんだ!」そういう気持ちでベストを尽くしました。 「Do my BEST!」。 (木村に対して)それ、狙いだった(笑)?Do my BEST!ありがとうございました! 沢村一樹さんクランクアップコメント 暑い時期から始まってパリにも行かせていただいて。 実際にこの(グランメゾン東京のセット)撮影が始まったら、ここはまだ全然完成されていないただの倉庫みたいなところから始まって、一人ずつ一人ずつ仲間が増えていって…。 この歳になってもこんなにいろんな刺激をもらえることがあるんだと驚きの毎日で、本当に素晴らしい現場だったと思います。 それはここにいるみんなのおかげだと思います。 京香さんとも何度も共演して夫婦もやらせてもらったりしてリラックスした空気のなかだったし、木村くんと連ドラをやるのは初めてでしたがこんなに刺激を受けるのは初めてでした。 一緒に仕事を出来て最高でした。 素晴らしかったです。 いつか、もしかしたらスペシャル放送があるかもしれない(笑)!それまで一生懸命この仕事を頑張って、またみなさんとお会いできることを楽しみにしています。 出典 スタッフ・キャストのみなさま、三か月ありがとうございました。 またいつか会えることを願っています。 最新はパラビのホームページで確認してください。

次の

グランメゾン東京第9話ネタバレ!白ワインはどこの?

グランメゾン東京 ネタバレ

もっと詳しく知りたいあなたはこちら。 益々面白くなってきましたね~! 今回はドラマ「グランメゾン東京」第6話ネタバレあらすじと感想についてまとめてみました。 ネタバレを知りたくない方はご注意ください。 スポンサーリンク グランメゾン東京 第6話 ネタバレあらすじ ナッツ混入事件について、尾花に話した祥平。 しかし、他の人に隠したままグランメゾンで働けないと思い、自分の実力がフルに活かせるGakuに行くことを決意します。 フレンチを辞めず、再びこの業界に祥平が戻ってくることにどこか嬉しそうな尾花。 そんな中、トップレストラン50の表彰式が東京で行われることになり、尾花は魚を使った料理を開発し直すべく動き始めます。 また、久住もメンバーに参加することとなり、なかなか料理を任せてもらえない芹田は焦り始めます。 そんな芹田をみかねた京野はご飯に誘いフォローします。 芹田は魚屋でアルバイトし、魚のさばき方をマスターします。 頭にきた芹田は、尾花のレシピをGakuのオーナー江藤に渡してしまいます。 鰆のローストを出された芹田。 実際に食べた芹田は生臭さを感じていました。 アクのついた包丁で鰆を捌いたため、生臭さが残ってしまっていたのです。 芹田は江藤にレシピを売ってしまったことを伝え土下座します。 レシピが横流しされても、再現することは難しいのです。 だからこそ自分自身の力をつけていくことに大切さを尾花は伝えます。 芹田は心を入れ替え、再度まかないを作らせて欲しいと頼みチャーハンを作ります。 ダメ出しはされつつも、みんな芹田のチャーハンをたいらげ、尾花は最後に鰆の仕込みをするように芹田に言ったのでした。 冷たいながらも、尾花さんちゃっかりやってくれましたね~。 そして、祥平くんが尾花さんのところに行きたいこともわかっている丹後さん。 いやー今後マジどうなっていくのでしょうか。 次週はいよいよトップレストラン50の発表! 楽しみにしたいと思います。 【PR】 ドラマ「グランメゾン東京」をもう一度見たいあなたは、で1話から最新話まで見ることができます。 登録から2週間無料体験がついているので、2週間であれば実質無料で見ることができます。 2週間お試しで試してみて、もし必要ないなと思えば解約も可能ですし、登録してみて損はないでしょう。 最新の配信状況はParavi サイトにてご確認ください。 スポンサーリンク.

次の

【ネタバレ】グランメゾン東京(第2話)開業資金集めに苦戦?!視聴率も13.2%と好調!感想&あらすじ

グランメゾン東京 ネタバレ

gakuに戻る ミシュランの審査が近づいていたが、マグロのメニュー作りに励む。 パリから電話があり、ランブロワジーの姉妹店を東京に出すため、そこのシェフをやらないかと打診される尾花。 だが、グランメゾン東京のために行かないと言う。 着々と新メニューが完成する中、後は尾花のマグロ料理と萌絵のデザートだった。 他の食材に変えた方がいいという倫子だったが、 にスー・シェフを任せて自分はマグロに集中すると言い出す。 今まで三つ星の壁を破れなかったが、マグロ料理を完成させれば必ず破れると言う尾花。 マグロができなかった時のために、倫子にも魚のメニューを考えるようにと挑発し、分かったと答える倫子だった。 ハタを仕入れ、魚メニューの考案に取り掛かる。 だが は、ミシュランの調査員にグランメゾン東京には食べに行かなくていいと手を回していたのだった。 gakuでは、 の後に入った結月がやりたい放題にしていたため、従業員たちはついていけなくなり、仕事をボイコットしてしまう。 それを見た結月は、さっさと辞めてしまい、うなだれる。 そこに丹後が現れ、今度は俺が救ってやると言う。 柿谷が他の従業員たちも呼び戻し、丹後の指揮の元、三つ星に向けて活気を取り戻すのだった。 デザートも完成する デザートの新メニュー作りに悩む萌絵。 手伝うと言う平古に との仲を聞く萌絵でしたが、フラれたと答える平古だった。 デザートの新メニューの試作品が出来上がり、みんなで試食する。 口を揃えて美味しいと言うが、尾花は納得しない。 もっと厳しいジャッジをして貰おうと言い、美優の元に連れて行く。 萌絵と平古が仲良く作ったデザートだとわざと煽り、試食をしてもらう。 一口食べた美優は美味しいと言い、萌絵に嫉妬していたことも打ち明ける。 でも今は、こんなにおいしいスイーツを作れる萌絵が羨ましいと話す美優。 それを聞いた萌絵は、優等生のような回答に怒り出し、美優に文句を言い出す。 平古の頑張っている姿を全部見ていたのだから、応援してあげて欲しいと言うのだった。 尾花も、美優や平古に対してのモヤモヤした気持ちが萌絵のスイーツにも出ていると言い、もっと優しい気持ちで作れば優しい甘さになると話す。 美優に対しても、平古の背中を美優が押せば、もっといい料理人になれるのかもしれないと言うのだった。 その後萌絵はデザートを完成させ、尾花も納得するのだった。 素材を届けにきた峰岸も試食をし、美味しいと言い帰って行く。 帰り際、峰岸を待ち構えていたのは江藤だった。 丹後に和ゼリを仕入れるよう頼まれた江藤は、峰岸に卸して欲しいと何度も頼んでいたのだった。 倫子のハタを使った魚料理も完成し、その力強い料理にみんな驚きながら美味しいと絶賛する。 尾花は涙ぐみながら食べるものの、何も言わずフォークを置き「マグロやるわ」と言うのだった。 その魚料理で三つ星が獲れるかと倫子に聞く尾花。 「わかんない」と答える倫子に、そのハタじゃ三つ星は無理だと言うのだった。 グランメゾン東京に来るリンダ 最初の調査員は1人で来るはずだが、予約が入っていないことを疑問に思う。 リンダの妨害が入っていることを察した尾花は、リンダの元に向かうのだった。 リンダに会いに行った尾花は、ミシュランの審査員が来ないようにさせていることを、恥ずかしくないのかと言う。 オーナーが怒っていることを伝えるリンダに、一度はグランメゾン東京の味を認めたことを指摘し、もう一度食べに来るようにとしつこく伝える尾花だった。 グランメゾン東京に訪れたリンダ。 全力で料理を作り、料理を出していく尾花たち。 一皿食べるごとに「美味しい」と満足気な顔を見せるリンダに、喜ぶ尾花たち。 倫子が作った魚の新メニューを出すと笑顔になり、平古の肉料理にも満足な顔を見せる。 最後に萌絵の作ったデザートを食べ、涙を流すリンダ。 リンダに挨拶に行った倫子は「グランメゾン東京の料理は、旅をしてでも食べる価値があるでしょうか」と尋ねる。 「ある」と答え「今までのベストよ」と言い帰っていくリンダだった。 その頃峰岸の元に、江藤が何度も訪れていた。 それでも断る峰岸だったが、何とか和ゼリを仕入れることができる江藤だった。 ミシュランの発表 1人で初めての客からの予約が入ったと、京野が喜んで知らせて来る。 その頃リンダは、職を追われていた。 フーディーとして自分の舌に嘘はつけないと言い、この舌で再び戻ってくると言い残し、去って行くのだった。 マグロ料理を完成させた尾花。 倫子のハタ料理と食べ比べしようと言い、みんなで試食する。 新しいマグロ料理の完成に、 や京野も感動する。 二つ星調査員の予約が入っていたことから、ミシュランの調査はマグロを出すと言う尾花だった。 審査員が来る当日、渋滞で峰岸が来るのが遅れ、間に合わないかもしれないと言う。 江藤にも連絡を入れ、gakuも間に合わないと伝える峰岸。 が仕入れに探し回るが、ロクな物が手に入らなかった。 そこに丹後が現れ、峰岸から仕入れた和ゼリを持ってくる。 峰岸にgakuに和ゼリを卸すことを説得したのが尾花だと聞き、借りを返しにきたのだと言い、帰っていくのだった。 何とか間に合い、新メニューを調査員に出していく。 魚料理の番になり、考えた倫子は自分のハタを出すと言い出す。 尾花は自分の料理よりも倫子の料理が超えるのかと言う尾花に「私の料理で勝負する」と答える。 「好きにしろ」と言い、店を出て行く尾花。 ミシュランの発表当日、会場に出向いた倫子たち。 緊張の中一つ星の発表から順番に行われて行く。 二つ星の発表もされるが、グランメゾン東京もgakuの名前も出なかった。 そして三つ星の発表になりマグロを出せばよかったと言い出す倫子。 だが京野たちは、尾花は倫子を試したんだと言う。 三つ星を獲るためには自分の料理で星を獲ったという自信が必要なのだと平古にも伝えていたのだった。 三つ星の発表になり、今年度は12件で、新しく掲載された店が1件だとのアナウンスがされる。 次々と発表されていき、最後にモニターに映し出されたのは「グランメゾン東京」の名前だった。 会場の外でコッソリ聞いていた尾花は泣きながら喜ぶ。 壇上で挨拶をする倫子は、尾花や京野たちへの感謝の気持ちを伝える。 尾花を見つけた倫子は走って尾花のところに行き、抱き着いて喜ぶのだった。 そんな倫子に、ハタの料理は死ぬほどうまかったと言う尾花だった。 その後、尾花と会った倫子は、始めに言った約束の「二人で世界一のグランメゾンを作る」と言う言葉を口に出す尾花。 これで終わりではなく、世界中の星をかっさらうと言い「お金持ってる?」と聞く尾花だった。 ・結月についていけなくなった従業員たちはボイコットしてしまうが、丹後が戻ってくる ・美優への気持ちをスッキリさせたことで、デザートを完成することができた ・グランメゾン東京に食べに来たリンダは、今までのベストだと評価する ・ミシュランの調査員に対して、尾花のマグロではなく自分の作ったハタのメニューを出すと言う倫子 「グランメゾン東京」最終回11話の感想 尾花の言いなりで、平古や相沢よりも劣ると思っていた倫子が、まさかの新メニューを完成させたのには驚きでした。 しかもその料理で尾花やリンダまでも納得させ、三つ星を獲るという展開は意外性がありました。 最後、店を去ったかと思い心配でしたが、一緒に世界を狙うと聞いて安心しました。 そして最後までその感覚は萎まなかった。 ボールペン&メニュー表風メモ帳• キービジュアルB6クリアファイル (白)• キービジュアルB6クリアファイル 赤 の3つがありますが、販売サイトによって異なるのでお気を付けください。 Paraviの良いところは以下の通りです。

次の