鳴かぬなら鳴かせてみせようホトトギス。 「鳴かないホトトギス」に鳴きかけること(塾生レポート)

乗らぬなら乗せに行こうぜホトトギス

鳴かぬなら鳴かせてみせようホトトギス

「鳴かぬなら 殺してしまえ ホトトギス」(織田信長) 「鳴かぬなら 鳴かせてみせよう ホトトギス」(豊臣秀吉) 「鳴かぬなら 鳴くまで待とう ホトトギス」(徳川家康) 自分の思い通りにならないことに対して、それぞれの人間はそれぞれの対処法を試みる。 思い通りにならないものに真正面から徹底的に抵抗したり、柔らかく外堀から懐柔したり、のんびりと相手の気持ちが変わるまで待ったり、各人の個性、周りの状況によって対応の仕方は実に様々である。 上記に示した各戦国武将の性格を表現した歌も、鳴かないホトトギスをいかに鳴かせるかという視点から実に的確に表されているように思われる。 ただ、ここでは「ホトトギスは鳴くものである」という前提の下で価値観が形成されている。 松下幸之助塾主がある人から、あなたはどれにあたるかと聞かれたときに 「鳴かぬなら それもまたよし ホトトギス」 と答えたという。 第一弾人間観レポートにおいて述べたように、この幸之助塾主の言葉は私が松下政経塾入塾を決断させる意味でも非常に大きなインパクトを与えている。 ここには、物事をまずはあるがままに受け止めて、自分自身の価値観のみで「良い」「悪い」の判断評価を下さない姿勢、「それはそれでひとつの意味があるのではないか」という寛容な姿勢を見ることができる。 幸之助塾主は、自分とは違った価値観で生きているホトトギスを殺したり、無理やり鳴かせたり、勝手に鳴くまで待ったりしているのは人間側からの一方的で傲慢な価値観でしかないと、感じたのではないだろうか。 本来、鳴くも鳴かぬも自由であるはずのホトトギスに対して、「それもまたよし」と素直にあるがままを受け入れた幸之助塾主は松下政経塾に対してどのように考えていたのであろうか。 私は、幸之助塾主は政経塾生には鳴いてほしかったのではないかと考える。 そして、鳴かないホトトギスの存在とその価値をしっかりと認識し、理解しながら鳴くことのできるホトトギスになることを望んでいたのではないかと思われる。 幸之助塾主は「人類の繁栄幸福と世界の平和に貢献」するという目的地を明確にし、それに対して私心を捨ててでも取り組んでいくことのできる人材を政経塾生として育てようとし、松下政経塾を設立した。 それは、社会に対して「鳴くことのできるホトトギス」を育てようといえるだろう。 その一方で、鳴くことが果たして正しいのか、鳴かないことを選択するという生き方もあるのではないかという常に葛藤と他の価値観への寛容性をもつことをも政経塾生に求めていたのではないかと思われる。 決して鳴くことを志向する政経塾生や私達の同志だけがこの社会に住んでいるわけではないし、ある目的地に向かって鳴くことを志向する私たち政経塾生が決して「正しい」わけではないし、高みに置かれる存在であるわけではない。 あるホトトギスは小さな鳴き声かもしれない、またあるホトトギスは多くの人に届くような大きな声で鳴いているかもしれない、だみ声のホトトギスもいれば、美しい透き通った声を出すホトトギスもいるだろう。 聞く側もだみ声が好きなものもいれば、ホトトギスなんて鳴かないほうがいいと思うものもいるであろう。 それらの多様性に囲まれた当たり前の人間社会というものを理解したうえで、狭い「価値観」に溺れてしまわない「価値観」を滋養していくなかで、小さな声かもしれない、だみ声かもしれない、ある人には不快感を与えるかもしれない、それでも「鳴き声をだす」ことが幸之助塾主の考える政経塾生の使命ではないかと思われるのである。 私は今、ケニアのスバ地域という住民のHIV罹患率42%というかなり特殊な地域で研修を行うなかこの文章を書いている。 ケニアに来て約1ヶ月になるが、ここでは理屈では変えることのできない人の「価値観」というものを強く感じる。 HIVを防ぐための最大の方法は「Change Behavior(行動規範を変える)」させることである、などと簡単にいう人もいるが、地域の歴史的背景、土地的条件に基づいた伝統、文化、慣習が染み付いた行動規範を簡単に変えられるものではないし、変えることが必ずしも望ましいとも思わない。 この地域では、伝統的に「Wife Inheritance(妻の相続)」という慣習があり、夫を亡くした妻はその夫の兄弟に新妻として引き取られる。 もちろん、その夫の兄弟に妻がいても、関係なく引き取られていく。 夫に兄弟がいない場合には、そのコミュニティーで養う余裕がある人のところに引き取られていく。 そして、引き取られた新妻が新しい夫に感染を広げ、新しい夫は元妻に、というように、地域の慣習がHIVを広げる大きな要因となっている。 この慣習は、外側の人間からしてみると女性が物のように取引されており、HIV拡大の温床にもなっているので変えなければならない「悪しき慣習」であるといわれているのだが、現地の人にしてみれば、一人では生きていけない女性を家族やコミュニティーで相互扶助する伝統的な「美しき慣習」なのである。 実際に、新しい夫に引き取られなかった女性は、体を売って生計を立てざるを得なくなり、また、その子供は捨てられて孤児になってしまうことが多いのである。 もちろん、私たちの価値で判断すれば、どちらにしても悪循環の悲惨な状況であることには変わりはない。 しかし、現地の人々にとってはそれが当たり前の「価値観」のなかでの生活であり、私たちにはなかなか聞くことのできない「はかなくも美しい鳴き声」を出しているといえるのではないだろうか。 「鳴かないホトトギス」を見たときには、幸之助塾主のように「それもまたよし」と素直にそのまま受け入れるとともに、自分たちには聞くことの出来ない鳴き声で鳴いているのかもしれないと思いを寄せられるようにしたいものである。 このような「鳴かないホトトギス」に対しての思いを持ちながら、上述したように私は松下政経塾生として「鳴くことのできるホトトギス」であらねばならないと考えている。 このアフリカに来て感じるのは、私たちの視点からの「鳴かないホトトギス」「鳴けないホトトギス」に出会い、「それもまたよし」と強く感じる一方で、自分自身がその場所で日本人として「鳴かねばならない」「鳴くことが出来る」と改めて感じることも多いのである。 「グローバリゼーション」とか「人権の普遍性」とか響きのいい言葉であらゆる分野におけるすべての価値観を総まとめにしてしまうのではなく、それぞれの問題となっている部分で個別具体的に考え、それぞれの国や地域、民族に応じた日本外交のあり方を模索していくことが自分自身の鳴き方であると考えている。 HIV1つをとって考えても、これは日本を含めた地球規模での課題であり、主権国家間の相互協力なかで解決していかねばならない問題であることには間違いない。 ただ、その解決のなかで「普遍性」という一律の価値観で解決策を考えるよりも、各地域に根付いた文化、慣習に寄り添えるような地域行政・地域住民の価値観を活かしたマクロ的支援政策のあり方を考えていくほうが効果的である。 具体的には、住民が中心となって運営する「ライフサポートセンター」を各地域レベルで日本を含めた世界各地に設立していくということを考えている。 これまで日本の途上地域への支援活動は、有償・無償資金援助を通じた日本ベースの価値観に基づいたプロジェクト支援であり、特定分野への支援に関してもJIKAを通じた短期の専門家派遣や実績をあげているNGOへの資金援助などが中心となっている。 今後はそうではなく、現地のニーズを最も把握し、現地の価値観を活かして運用できるCBO(Community Based Organization)を住民ベースで育て、それをいかにNGOや行政とリンクさせていくかを考えている。 具体的な活動の中身に関しては趣旨がずれるので次回の個別レポートで述べるが、ここで言いたいのは「鳴かないホトトギス」に対して「それもまたよし」と捉えるのは、決して互いに理解し得ないことからの逃避であってはいけないのであって、「鳴かないホトトギス」の心に迫り、互いに共存できる環境を創るために自分たちから「鳴きかけてみる」ことが必要ではないかということであり、私自身そのような生き方をするつもりである。 「鳴かないホトトギス」に鳴きかけることは、相手にとって実は迷惑なことなのかもしれない。 ただ、小さな島国に育ったホトトギスは、「鳴いてばかりいるホトトギス」とも「鳴かないホトトギス」とも互いに受け入れあうなかで、共存できる環境を創っていかなければ自分たちも生きることができなくなってしまう。 この狭くなった地球の中で、自分たちとは関係ないことはなくなりつつある。 自分たちがいつか「鳴き声」を忘れたときに、「鳴かないホトトギス」になったときに、それでも自分たちを理解してくれ、素敵な歌声を聞かせてくれるホトトギスは現れるのだろうか。 いま、どのように鳴くべきなのか、鳴かないホトトギスとどのように接していくべきなのか、「それもまたよし」の先をしっかりと考える時期ではないのだろうか。

次の

鳴かぬなら 鳴かぬがいいさ ホトトギス

鳴かぬなら鳴かせてみせようホトトギス

子供の頃はずっと人質生活なんです。 1542年、 三河国 みかわのくに ) 愛知県 で生まれました。 名前は 竹千代くんです。 まだ徳川ではなく松平を名乗っていたので、 「松平竹千代」くんです。 名前が少しずつ変わります。 最終的には「徳川家康」ですからね。 原型なしです。 3歳頃、竹千代くんの父は今川氏の傘下でしたが、母の実家が今川氏と敵対する織田氏と同盟してしまったために、 母とは生き別れとなってしまいます。 6歳頃、今川氏との同盟を固めるため、幼い竹千代くんは 駿府 すんぷ 静岡県 に人質として出されるのです。 しかしここで事件です! 駿府へ向かう途中、味方の裏切りに合い、なんと敵対していた織田氏の 尾張国 おわりのくに ) 愛知県の北 に連れていかれてしまったのです。 織田信長さんの父・ 織田信秀 おだのぶひで )さんは、竹千代くんの父に降伏を促します。 しかしお父さんは、 「もし子が殺されるようなことがあれば、皆がするように仕返しをするだろう」と言い、従いませんでした。 織田信秀さんは感服し、竹千代くんを生かしておきました。 この頃、7歳年上の織田信長くんと出会っていただろうと言われております。 もしここで竹千代くんが殺されていたならば、もちろんのこと264年続いた江戸幕府は誕生していません。 日本の歴史はとてもとても変わっていたでしょうね。 8歳頃、竹千代くんの父は今川氏との連合軍で織田信秀を倒し 竹千代くんを救い出しました。 しかし竹千代くんは 元々の約束の駿府への人質のためそのまま向かいます。 しかしその 10日後、 竹千代くんの父は家臣に殺されてしまうのです。 織田信秀のスパイ説もあります。 どちらにせよ、竹千代くんはまた命が助かった形になるのです。 もしここでも竹千代くんが亡くなっていたら、江戸幕府は誕生していませんでしたからね。 織田信長とともに戦国の動乱へ! 14歳、竹千代から 「 松平元信 まつだいらもとのぶ )」と名前を変更。 今川義元 いまがわよしもと )さんから1字もらってます。 16歳、さらに祖父の松平 清康 きよやす )さんから1字もらって、 「松平 元康 もとやす )」にさらに変更しました。 だんだんあの名前に近づいてきましたね。 同じ年に結婚しまして、2年後に長男が誕生しました。 20歳頃、織田信長さんと今川義元さんが戦った 「 桶狭間 おけはざま )の戦い」に今川方で参戦しましたが、 負けてしまい切腹しようとするのです。 しかし、切腹しようとしていた寺の住職に 「平和な世の中をつくるのです」と言われ踏みとどまりました。 ここで亡くなっていたら江戸幕府は来なかったですから。 この住職の言葉から平和な江戸幕府の姿を夢見ていたかもしれませんね。 この戦い以降、今川氏と独立しようと考え、織田信長さんとの同盟を考えます。 これが戦国時代の面白いところですよね。 「昨日の敵は今日の友」ってやつです。 今川義元さんからもらっていた名前も捨て、 「松平家康」と改めます。 家康さんの長男と信長さんの娘の婚約も決まります。 信長さんとの同盟も盤石のものとなっていったのです。 25歳頃、領土をどんどん広げていき、姓も「徳川」に変えました。 ついに 「徳川家康」の誕生でございます。 信長さんと共に、 武田信玄 たけだしんげん )さんや浅井三姉妹の父・ 浅井長政 あざいながまさ )さんなど、武将たちをばったばったと倒して行きます。 信玄さんには1度、ボロクソに負けてしまった事はありましたが…。 情けない自分の戒めのために、その時の自画像を残しちゃってるんです。 凄いのか凄くないのか全くわかりませんが。 家康さん40歳頃の出来事です。 豊臣秀吉登場で、鳴きそで鳴かないホトトギス! 京都の 本能寺で織田信長さん死去。 家臣・ 明智光秀 あけちみつひで )さんの裏切りでした。 家康さんは信長さんに招かれ、大阪で遊んでおりましたら、その悲報を聞き大慌てです。 自分の周りには34人の家臣しかいません、この時、自分も攻められたらひとたまりもないからです。 信長さんの後を追うことも考えます。 さすがにそれは家臣に止められています。 家康さんって結構なネガティヴ気質だったんですね。 「鳴くまで待とう」もなんかしっくりきますよね。 お供の中には忍者・ 服部半蔵 はっとりはんぞう )さんがおり、山道を超えて逃げる 「 神君伊賀越 しんくんいがご )え」を成し遂げ、家康さんは無事自分の国へと帰ることが出来ました。 実はこの半蔵さんは忍者ではなくまぎれもない武将なんです。 訪問ありがとうございます。 新しい記事をどうぞ• よく読まれている記事です• 35,452件のビュー• 33,474件のビュー• 32,194件のビュー• 32,191件のビュー• 30,341件のビュー• 21,987件のビュー• 18,985件のビュー• 18,684件のビュー• 16,518件のビュー• 14,262件のビュー カテゴリーから探せます• アーカイブ• メタ情報•

次の

豊臣秀吉 鳴かぬなら鳴かせてみしょうホトトギス 読みは?

鳴かぬなら鳴かせてみせようホトトギス

春はウグイス、夏はホトトギス。 その季節の到来を告げる代表的な鳥として名高いですね。 特にその年に初めて聞くホトトギスの鳴き声は「忍音」といわれ珍重されました。 「枕草子」では、「忍音」を人より早く聞こうと夜を徹して待つ場面があります。 他にもホトトギスは文学において数多く登場します。 名前だけだと何となくイメージのいい鳥のようですが、ホトトギスは他の鳥が作り終えた巣に卵を産みつけ、子育ても全て任せてしまうという「托卵」の習性があるのです。 托卵の相手はウグイスが多く、ウグイスが巣から離れている隙に卵を産みつけ、卵の数が不自然にならないようウグイスの卵を巣から落として数を合わせます。 ウグイスはそれに気づかず、ホトトギスの卵も一緒に暖めていきます。 数日後、ウグイスよりも先に、ホトトギスのヒナが産まれると、ホトトギスのヒナは、まだ生まれていないウグイスの卵を全て落としてしまうのです。 それでもウグイスは、ホトトギスのヒナにエサを与えるのです。 なんと悪い鳥なのでしょうか。 岡山県では当初、ホトトギスが県の鳥でありましたが、ホトトギスの托卵性の習性からくるイメージや、親近感が薄いことなどから、県民の鳥にはふさわしくないと多くの意見が出て、キジに変更されたという経緯があります。 ホトトギスは文学によく出てきます。 明治の文豪、徳冨蘆花の小説に「不如帰 ホトトギス 」という有名な小説があります。 この小説「ホトトギス」で悲劇のヒロインのモデルになった大山信子という女性は、大山巌の長女。 大山巌といえば幕末明治、戊辰戦争を語る上では欠かせない薩摩の人物。 そしてその大山巌と後妻として結婚したのが会津の大山捨松。 その大山捨松がこの小説が原因で、ありもしない風評被害にあい、世間から大バッシングを浴びる事になる騒動があったのです。 いずれにしても、ホトトギスというのはあまり良いイメージがないようです。 ホトトギスの雄は「キヨキョキョキョ」と鳴くそうです。 やはりこの鳴き声もイメージが良くありませんね。 織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の三人の性格を端的に現した句として広く知れ渡っています。 実際は三人がそれぞれ自分で詠んだ句ではなく、後世の人が「この人ならこんな性格だろう」と表現して見せた句であるのです。 代表的な句と私が作った句を取り混ぜ、ここに紹介します。 「鳴かぬなら 鳴くまで待とう ホトトギス」 ゆっくりのんびりチャンスをうかがう姿勢、現代社会で欠ける部分ですね。 のんびり生きてみたいものです。 「鳴かぬなら 鳴かせてみせよう ホトトギス」 進歩的考えですね。 創意工夫はノーベル賞ものです。 「鳴かぬなら 殺してしまえ ホトトギス」 本来の役目を果たさないのなら抹消してしまえといった考えですね。 「鳴かぬなら それもまた良し ホトトギス」 どんな人材でも活かし育てる。 経営の神様、松下幸之助タイプですね。 「鳴かぬなら 放してやろう ホトトギス」 鳴かない鳥は可哀そうですが、放してしまえばそこに何も残りません。 「鳴かぬなら 自分が鳴こう ホトトギス」 自分が鳴くのは簡単ですが、鳴かせて見せようという努力が無い限り、人の上に立つ指導者にはなれません。 私も人に教えるより面倒臭いので自分でやってしまえ!というタイプなので、これでは進歩がありませんね。 「鳴かぬなら 家にこもろう ホトトギス」 マイナス思考で最悪なパターン。 家にこもって何をしようというのか。 「鳴かぬなら 餌を増やそう ホトトギス」 餌を増やすとお腹がいっぱいになって眠ってしまうかも知れません。 「鳴かぬなら 何とかしろよ ホトトギス」 他力本願もはなはだし。 自分で対処する事が大事です。 「鳴かぬなら お前鳴けよと ホトトギス」 無理やり物事を押し付けるのはかえって逆効果。 ホトトギスは口をつむんで身動きしなくなります。 「鳴かぬなら お願い鳴いてと ホトトギス」 男は女に弱いもので、泣きつかれると許してしまいます。 そして罠にはまるのです。 「鳴かぬなら 今すぐ切腹 ホトトギス」 なんと恐ろしや。 ホトトギスは刀が持てません。 (記者:関根).

次の