インド イナゴ。 蝗害

インドの歴史上最悪のイナゴ襲来のカタストロフに見る世界的な食糧危機、化学物質にまみれる大地。そしてその基本的な原因は異常気象と異常気温だということ

インド イナゴ

肺炎で問題になっている中国だが 終息が見えない中 新たな危機が迫っている。 大量のイナゴ軍団だ。 中国政府も数日前、 公式発表している。 その後どうなったのか? 中国政府の発表では、 他国と国境を接する 、、から入る危険性を指摘していた。 ただ、僕個人的には、 侵入するとしたら だろうと思う。 、も標高が高いので、 この時期にイナゴが山を越えて中国に入るのは考えづらい。 は、 中国の最西部で やなどとの国境があるところだ。 だから、僕は「のイナゴ」に絞って 中国語で検索してみた。 しかし… ・2月中旬のニュース(での被害) ・6日前のニュース(中国政府の発表) 以外、出てこない。 例えばこんなの。 「 我が国3000年の歴史の中で、1200回のイナゴ被害にあっている。 防止策の蓄積もある。 専門家はこういう。 『 重要なのは、被害のひどいところを農薬を使って処理すること。 イナゴへの効果が高く人への毒性が低いものを使うべき』」 weiboから なるほど。 で、実際今イナゴはどこにいるんだ? 探してみる。 ??? ??? なぜだ?? 情報がない。 ウェイボーを覗いてみる。 僕と同じ考えを持った人が呟いている。 「新疆の方、イナゴきましたか? 教えてください。 本気です!!」 出典:weibo シーン。 反応はゼロ。 これはいくらなんでも不自然だ。 中国在住の義父に聞いてみる。 「新疆にちょっと入ってるらしいな」 う〜ん。 あの大量のイナゴの映像を見て 当の中国人が心配しないわけがない。 これはもう1つの結論に行き着く。 情報規制されている。 中国政府はイナゴ問題を 情報規制するほど 危機感を抱いている。 なんだか恐ろしいことになってきた。 イナゴはさすがにを飛び越えてくることはない。 何が怖いって、 イナゴが怖いのではなく この情報規制が怖い。 中国のこのオモムロな情報規制。 ひどいなぁと間があったけど、 今回のコロナの一件で 安倍政権もほぼと同じだとわかった。 「政治判断」という一言で すべて独断で決めてしまう。 「政治判断」?? 僕たちは 総理大臣という行政のトップでしかない人に そこまでの権限を委ねているのだろうか? ノー。 記録を残さない。 改竄する。 嘘をつく。 と一緒じゃないか。 中国で実施されている(であろう)イナゴの情報規制は 日本でも起き始めていることなのだ。 双子はどんな世の中でも生きれるように育てよう。 あしたはローカルテレビ局のカメラ業だ。 切り替えよう。 kokotoriri.

次の

中国「イナゴ襲来」大飢饉ピンチ 新型コロナとのWショック (2020年2月20日)

インド イナゴ

産卵するサバクトビバッタ : : : : : : : Schistocerca属 : サバクトビバッタ S. gregaria Schistocerca gregaria , サバクトビバッタ 英名 サバクトビバッタ(砂漠飛蝗、学名: Schistocerca gregaria )は、の。 サバクワタリバッタ、 サバクバッタ、 エジプトツチイナゴとも。 代表的な(locust)として知られ、時々大発生し、有史以来、、、に被害()を与え続けている。 サバクトビバッタは体が大きく、移動距離が長く速度も速いため、大きな蝗害を起こしやすい。 拡大写真 サバクトビバッタの寿命は3-6ヶ月、1年当たりの世代交代回数は2-5回である。 雨季になるまで、1匹1匹が別々に暮らしている。 雨季になって草が生長すると、雌が草地に卵を産む。 卵が孵った時に、草が餌と隠れ家になるためである。 ところが草地が元々少なかったり、降水量が減って草地が減ったりすると、幼虫は残された餌場を求めて集まってくる。 このような集団環境で育ったバッタが生む子の体色は、元来の緑ではなく、黄色や黒に変化する。 この現象はと呼ばれている。 幼虫が成長すると、茶色や赤、黄色になる。 また、羽根に比べて体長が短くなる。 さらに、互いを引き寄せるを放ち、群れを作るようになる。 群れは10-16世代にわたって増加を続け、1つの群れは最大で1,200平方キロメートルを移動し、1あたりに4,000万から8,000万匹が含まれている。 幼虫と成虫ではフェロモンの種類が異なる。 幼虫のフェロモンは互いを引き寄せる働きをするが、成虫が出すフェロモンは方向感覚を狂わせる働きがある。 そのため、成虫となった群れは2-3日で崩壊し、再び1匹1匹に分かれることがある(この性質を利用して、を防ぐ研究も進められている)。 分布 [ ] 大発生期を除いて、サバクトビバッタの分布はを西端として、、北部までの1,600万平方キロメートルに集中している。 北部のやで生まれた幼虫は、沿岸にゆっくりと移動してそこで成長する。 気象条件と生活環境によっては、群れが世代交代を繰り返しながら移動していくため、北はや、南はや、東はやにまで達する。 群れは、風に乗って移動するため、移動速度は概ね風速に近い。 1日あたりの飛行距離は100-200キロメートルである。 到達高度は最高で海抜2,000メートルであり、これ以上は気温が低すぎるため上ることができない。 そのため、、 、を超えて進むことはできない。 また、西アフリカ南部やのや中央ヨーロッパに進む事はない。 一方で、を超えてアフリカからアラビア半島を移動することが可能であり、1987年から1989年にかけての大発生の時には10日間をかけてアフリカからを越えてにまで到達している。 農被害 [ ] 餌を食べるサバクトビバッタ サバクトビバッタは、毎日自分の体重と同じ量の緑の植物を食べる。 種類は葉、花、皮、茎、果実、種と問わない。 農作物、非農作物のいずれも食し、農被害としては、、、、、、、果樹、、野菜、、、、などが多い。 さらにはバッタからの排泄物が食べ残した食物を腐らせる。 サバクトビバッタによる農被害は、早くも『』や『』に見られる。 に関する古文書にもの被害が報告されている。 20世紀以降では、1926年-1934年、1940年-1948年、1949年-1963年、1967年-1969年、1987年-1989年、2003年-2005年、2020年などの被害が大きい。 大規模な蝗害 [ ] 2003-2005年 [ ] 詳細は「 ()」を参照 での2003年10月から2005年5月のサバクトビバッタの大量発生は、農業に大打撃を与え、地域のに大きな影響を与えた。 始めは、、、でそれぞれ独立した小規模の群れが発生した。 この後、のからの付近で2日間の異常な大雨が降り、それが原因で6ヶ月にわたってサバクトビバッタは急速に増え続けた。 群れは移動で拡散し、20ヶ国以上、130,000平方キロメートルが被害を受けた。 FAO の見積もりによると、この対策費は4億ドル以上、農被害は25億ドルに上った。 この被害は2005年前半に降水量が減り、気温が下がることでようやく終結した。 被害国は、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、であった。 2020年 [ ] エチオピア、ケニア、ソマリアなどの東アフリカでサバクトビバッタが大量発生し食糧不足が懸念されている。 ソマリア政府は「国家の食糧安全保障にとって大きな脅威」として、国家非常事態を宣言した。 対策 [ ] 現在、サバクバッタ駆除の主な方法は、散布機搭載車両、および空中散布機による散布である。 殺虫剤は直接散布、または薬剤の付着した植物の摂食によってバッタに摂取される。 バッタ対策を担当する主要国際機関は、(FAO のサバクバッタ情報サービス部門 である。 DLISはイタリアのローマ本部から状況を毎日監視し、で情報を提供している。 DLISは、影響を受ける国が実施した調査結果を受け取り、この情報を衛星データと組み合わせ、降雨量の推定、季節ごとの気温と降雨量の予測により、現在の状況を評価し、6週間前までに繁殖と移動のタイミング、規模、場所を予測する。 状況評価と予測は、1970年代に遡る月刊バッタ速報で公開されているが、1990年代以降のものは、FAOのウェブサイトで入手できる。 FAOはまた、影響を受ける国に情報を提供し、駆除のトレーニングを行い、対策資金の配分を行う。 バッタ情報担当官 [ ] DLISはバッタ情報の専門家を養成するプログラムを2000年より開始し、各国から研修生を受け入れている。 プログラムに参加するすべての研修生は、国家の指定するバッタ情報担当官でなくてはならない。 参加者は多くの場合、自国のサバクトビバッタの調査、報告、管理において数年以上の経験を持つ。 注釈、出典 [ ]• この分類はの 2008 による。 Jahn 1993• 朝日新聞 2020年2月3日. 2020年2月5日閲覧。 参考文献 [ ]• afrol News. 2004年10月1日. 2020年2月2日閲覧。 [ ]• Lindsey, Rebecca 2002年9月18日. NASA Earth Observatory. 2006年10月3日時点のよりアーカイブ。 2020年2月2日閲覧。 Lomer C. , Bateman R. , Johnson D. , Langwald, J. and Thomas, M. 2001. Annual Review of Entomology 46: 667-702. OECD 2004年9月23日. 2020年2月3日閲覧。 [ ]• Peter Neuenschwander 2004-12-15. Nature 430: 801-802. 2020年2月3日閲覧。. 英語版 Jahn, G. 1993. Supplementary environmental assessment of the Eritrean Locust Control Program. USAID, Washington DC. 関連書籍 [ ]• 著 『バッタを倒しにアフリカへ』 2017年• 英語版 Abdin, A. van Huis, 2001. Spatial distribution of the desert locust, Schistocerca gregaria, in the plains of the Red Sea coast of Sudan during the winter of 1999. 英語版 Ceccato, P. , K. Cressman, A. Giannini, S. Trzaska. 2007. The desert locust upsurge in West Africa 2003-2005 : Information on the desert locust early warning system and the prospects for seasonal climate forecasting. Intl J Pest Management 53 1 : 7-13. 英語版 Cressman, K. 1996. Current methods of desert locust forecasting at FAO. 英語版 Huis, A. van, 1994. Desert locust control with existing techniques: an evaluation of strategies. Proceedings of the Seminar held in Wageningen, the Netherlands, 6-11 December 1993. 132 pp. 英語版 Huis, A. van, 1995. Desert locust plagues. Endeavour, 19 3 : 118-124. 英語版 Huis, A. van, 1997. Can we prevent desert locust plagues? In: New strategies in locust control Eds. : S. Krall, R. Preveling and D. Diallo , pp. 453-459. 522 pp. 英語版 Huis, A. van, K. Cressman, J. Magor. 2007. Preventing desert locust plagues: optimizing management interventions. Entomologia Experimentalis et Applicata 122: 191-214. 英語版 Symmons, P. van Huis, 1997. Desert Locust Control campaign studies: operations guidebook. Wageningen University. 167 pp. 英語版 Werf, W. van der, G. Woldewahid, T. Abate, M. Butrous, O. Abdalla, A. Khidir, B. Mustafa, I. Magzoub, O. 外部リンク [ ]• (英語)• (英語) [ ]• (英語) [ ]• (英語)• (英語)• (英語) [ ]• (英語) [ ].

次の

サバクトビバッタ

インド イナゴ

大量の植物を食べるイナゴ 現在、アフリカ東部では、巨大なイナゴの群れが広がっており、大きな被害を出しているという。 このためソマリアでは非常事態宣言を発令。 農業大臣も「バッタが大量の植物を食べてしまうため、ソマリアの脆弱な食料の安全保障の状況が、大きな脅威にさらされた」と述べた。 また収穫が始まる4月前にも、この状況がコントロールできないかもしれないと危惧されているそうだ。 国連は、イナゴがソマリアやエチオピアで、この25年間で最も大きな群れを作っていると述べている。 一方、隣国のケニアは70年前に経験したようなイナゴの脅威にはさらされていない。 The Desert Locust outbreak in the Horn of Africa could provoke a humanitarian crisis. The invasion is the worst in decades to strike Kenya, Ethiopia and Somalia. 🎙️ Keith Cressman provides an update on the locust situation 👉 — FAO FAO This is the desert locust situation in East Africa right now. Farmers can barely see the sky. We need to help them now! 's appeal for urgent support 👉 — FAO FAO 6月までに500倍に膨れ上がる可能性 ソマリアでの対策が不安定な状況では、現在飛行機を使って空から殺虫剤を撒くこともできないという。 このため1月には国連の「食糧農業機関」が、「アフリカの角」と呼ばれる東部における虫との戦いにおいて、国際社会に対し援助を求めたそうだ。 その際、同機関はこの地域におけるイナゴの数が、6月までに現在の500倍に膨れ上がる可能性があると警告している。 イナゴは一日に150kmも移動でき、成虫は毎日自分と同じ体重の食料を食べるそうだ。

次の