ポケモン 剣 盾 グレイシア。 【ポケモン剣盾】グレイシアの育成論と対策【ポケモンソードシールド】

【ポケモン剣盾】グレイシア育成論・厳選・対策

ポケモン 剣 盾 グレイシア

【はじめに】 こんにちは、マサと申します。 初めての投稿で誤字や見づらい所もあると思いますがお許しください。 USUM時代からレート対戦にどハマりし、当時猛威を奮っていたカバマンダガルドを一掃できるグレイシアに惚れ込みそこからずっと使い続けています。 剣盾シーズン3にて初めて上位?に入る事が出来たので構築記事を書かせて頂きます。 結果は最終536位、17日、18日に最高1位でした。 TN:グレイシア 最終日に用事があり潜れなかったのが心残りです… グレイシアがサイクル向きとは言いづらい性能だったので対面構築にしました。 基本は有利対面になったらダイマックスして数的有利を取った後にスペック高いポケモンでそのまま押し切る戦法がほとんどでした。 凍える風を打つことによりASミミッキュ、ドリュウズにも対面で勝つことが可能です。 怯みも警戒して初手のドリュウズにはダイアイスから入ってステロをまかせないで突破し、相手の計算を狂わせる事も出来ました。 氷技の通りが良い場合は躊躇なく初手ダイマックスでパーティを崩壊させてくれて要所で活躍しましたが、増えていたあついしぼうチョッキカビゴンやヒトムには何も出来ないのでそこが辛い所でした。 選出率3位 ・シザリガー 技構成:はたき アクジェ クラブハンマー 剣舞 性格:いじっぱり 特性:適応力 持ち物:タスキ 努力値H164 A252 S92 努力値はS2にて1位だった くろのさんの調整を参考にしてます。 技構成はインファイトを剣舞にしてますがこれがハマってドヒドやナットレイはタスキ潰しでまもるトーチカする所やカビゴンのカウンターに対して刺さってイージーウィンできる事も多々ありました。 ダイマックスしたドリュウズを一撃で吹っ飛ばせたり、環境に増えたカビゴンを後投げでダイマックス無しなら対面で一方的に倒せるのも良かったです。 エッジはヒトム、ギャラ用で入れましたが、あまり警戒されないで使いやすかったです。 選出率4位 ・ミミッキュ 技構成:かげうち シャドクロ 剣舞 じゃれつく 性格:ようき 特性:化けの皮 持ち物:命の珠 努力値:ASぶっぱあまりH テンプレミミッキュ、他の育成も色々使ったが読まれてても強いこの構成で落ち着きました。 選出率2位 ・ヒートロトム 技構成:オバヒ ボルチェン あくは 鬼火 性格:ひかえめ 特性:浮遊 持ち物:イアの実 努力値H252 B12 C236 D4 S4 アーマーガア、ロンゲを見る枠。 ギャラドスの選出される確率が非常に高く初手からヒトムギャラ対面になったらダイマしてダイサンダーで切り返して倒してました。 陽気命の珠ギャラダイストリーム確定耐え イアの実を持つことによってその後ミミッキュの影で死なない点も助かりました。 後半AS襷ガルドが増えてきた気がしたのでCとDを削ってSに52振って上から鬼火打てるように努力値調整した方が良かったのだが、面倒臭く最後まで変えないで行きました。 選出率5位 ・ドラパルト 技構成:ドラゴンアロー 蜻蛉 鋼翼 ゴーストダイブ 性格:ようき 特性 クリアボディ 持ち物:鉢巻 努力値:ASぶっぱあまりH 耐久がない襷枠を貫通したり、ダイマした後のSが勝ってるアタッカーにダイブでのターン稼ぎやドラゴンアローで想定外の火力を押し付ける役目です。 エースバーンやシザリガーが初手に来た際には構わずアロー打って基本一撃で葬ってくれました。 技が縛られた後、ミミッキュが出てきたとしても基本受けれるポケモンがいない為ダイマックスしてダイスチルを打ちます。 何も出来ない相手にはとことん何も出来ないので、今回の構築には少しあってなかったかもしれません。 今回はグレイシア構築と言いつつ選出率はそこまで高くなかったので、来シーズンはもう少し使いやすい構築と育成論を考えたいと思います… 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

かわいいグレイシアで戦うぞ!【ポケモン剣盾】【ゆっくり実況】

ポケモン 剣 盾 グレイシア

グレイシア しんせつポケモン ガラルNo. 203 ぜんこくNo. 471 高さ 0. 8m 重さ• 9kg• けたぐり威力60 タイプ• 英語名• Glaceon タイプ相性による弱点• 5 進化の流れ• 8倍になる。 また、『あられ』によるダメージを受けない。 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 自分の技も対象となる。 最後の技がダイマックス技の場合、元となった技が使われる。 相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 この技は『みず』タイプにも効果抜群になる。 『ダブルバトル』の時は最後に受けた技のみ有効になる。 必ず後攻になる 優先度:-5。 『あく』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 天気が『あられ』の時は必ず命中する。 地中にいる間は『じしん』『マグニチュード』以外の技を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 ダイマックス技や第7世代のZワザもタイプが変わる。 必ず後攻になる 優先度:-4。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 天気が『あられ』の時は必ず命中する。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 連続で使うと失敗しやすくなる。 交代した場合は同じ位置にいるポケモンが回復する。 ただし、そのポケモンが交代されると効果は消える。 攻撃が当たる度に威力が20ずつ増える。 相手全体に対して、それぞれが自分とは異なる性別の場合、『メロメロ』状態にする。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 レイドでは相手の不思議なバリアのゲージを2つ減らす。 [イーブイ:Lv. この技の残りPPが少ない時ほど威力が高くなり、残りPPが5以上の時は40、4の時は50、3の時は60、2の時は80、1の時は200となる。 [Lv. 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 『いかり』状態の間、相手の技のダメージを受ける度に『こうげき』ランクが1段階上がる。 別の技を使うと『いかり』状態が解除される 変化したランクはそのまま。 PPはコピーした技のポイントアップ未使用時の最大値となる。 交代すると元に戻る。 相手の技が第7世代のZワザの場合は失敗する。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 今後2ターンの間に受けたダメージの2倍を相手に与える。 その間、全く行動できなくなる。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 最大102。 最大102。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 『きのみ』はなくなる。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダイマックスしている相手には無効。 野生のポケモンの場合、相手が自分のレベルより高い場合は失敗する。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 自分と同じ『タイプ』のポケモン全員にダメージを与える。 音系の技。 味方が『みがわり』状態でも効果が発生する。 [イーブイ:『イーブイZ』を持たせると『とっておき』がZワザになる。 自分の『こうげき』『ぼうぎょ』『とくこう』『とくぼう』『すばやさ』が2段階ずつ上がる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。

次の

【ポケモンUSUM】レート戦に詳しい奴、「グレイシア入り構築」を組んだから相談に乗って欲しい

ポケモン 剣 盾 グレイシア

【はじめに】 こんにちは、マサと申します。 初めての投稿で誤字や見づらい所もあると思いますがお許しください。 USUM時代からレート対戦にどハマりし、当時猛威を奮っていたカバマンダガルドを一掃できるグレイシアに惚れ込みそこからずっと使い続けています。 剣盾シーズン3にて初めて上位?に入る事が出来たので構築記事を書かせて頂きます。 結果は最終536位、17日、18日に最高1位でした。 TN:グレイシア 最終日に用事があり潜れなかったのが心残りです… グレイシアがサイクル向きとは言いづらい性能だったので対面構築にしました。 基本は有利対面になったらダイマックスして数的有利を取った後にスペック高いポケモンでそのまま押し切る戦法がほとんどでした。 凍える風を打つことによりASミミッキュ、ドリュウズにも対面で勝つことが可能です。 怯みも警戒して初手のドリュウズにはダイアイスから入ってステロをまかせないで突破し、相手の計算を狂わせる事も出来ました。 氷技の通りが良い場合は躊躇なく初手ダイマックスでパーティを崩壊させてくれて要所で活躍しましたが、増えていたあついしぼうチョッキカビゴンやヒトムには何も出来ないのでそこが辛い所でした。 選出率3位 ・シザリガー 技構成:はたき アクジェ クラブハンマー 剣舞 性格:いじっぱり 特性:適応力 持ち物:タスキ 努力値H164 A252 S92 努力値はS2にて1位だった くろのさんの調整を参考にしてます。 技構成はインファイトを剣舞にしてますがこれがハマってドヒドやナットレイはタスキ潰しでまもるトーチカする所やカビゴンのカウンターに対して刺さってイージーウィンできる事も多々ありました。 ダイマックスしたドリュウズを一撃で吹っ飛ばせたり、環境に増えたカビゴンを後投げでダイマックス無しなら対面で一方的に倒せるのも良かったです。 エッジはヒトム、ギャラ用で入れましたが、あまり警戒されないで使いやすかったです。 選出率4位 ・ミミッキュ 技構成:かげうち シャドクロ 剣舞 じゃれつく 性格:ようき 特性:化けの皮 持ち物:命の珠 努力値:ASぶっぱあまりH テンプレミミッキュ、他の育成も色々使ったが読まれてても強いこの構成で落ち着きました。 選出率2位 ・ヒートロトム 技構成:オバヒ ボルチェン あくは 鬼火 性格:ひかえめ 特性:浮遊 持ち物:イアの実 努力値H252 B12 C236 D4 S4 アーマーガア、ロンゲを見る枠。 ギャラドスの選出される確率が非常に高く初手からヒトムギャラ対面になったらダイマしてダイサンダーで切り返して倒してました。 陽気命の珠ギャラダイストリーム確定耐え イアの実を持つことによってその後ミミッキュの影で死なない点も助かりました。 後半AS襷ガルドが増えてきた気がしたのでCとDを削ってSに52振って上から鬼火打てるように努力値調整した方が良かったのだが、面倒臭く最後まで変えないで行きました。 選出率5位 ・ドラパルト 技構成:ドラゴンアロー 蜻蛉 鋼翼 ゴーストダイブ 性格:ようき 特性 クリアボディ 持ち物:鉢巻 努力値:ASぶっぱあまりH 耐久がない襷枠を貫通したり、ダイマした後のSが勝ってるアタッカーにダイブでのターン稼ぎやドラゴンアローで想定外の火力を押し付ける役目です。 エースバーンやシザリガーが初手に来た際には構わずアロー打って基本一撃で葬ってくれました。 技が縛られた後、ミミッキュが出てきたとしても基本受けれるポケモンがいない為ダイマックスしてダイスチルを打ちます。 何も出来ない相手にはとことん何も出来ないので、今回の構築には少しあってなかったかもしれません。 今回はグレイシア構築と言いつつ選出率はそこまで高くなかったので、来シーズンはもう少し使いやすい構築と育成論を考えたいと思います… 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の