焼肉 の たれ 自作。 「焼肉のたれ」は自家製がオススメ! 家にある材料で作れる、簡単&ヘルシーな「自家製焼肉だれ」レシピ

焼肉のたれを自作したいです。

焼肉 の たれ 自作

それでは、さっぱりとした味わいを楽しむことが出来る醤油ベースの焼き肉のたれのレシピをチェックしていきましょう。 まずは、材料を準備しましょう。 ベースの焼き肉のたれを作っていきます。 材料にアルコールを使用していますので、アルコールを飛ばすような感じで火にかけていきましょう。 アルコールを飛ばすように加熱したら、お鍋を火からろし冷ましていきます。 たれが冷めたら、保存容器に入れて保存しておきましょう。 純粋な調味料のみを使用しているたれとなっていますので、1か月ほどは保存できるという長期保存にもおすすめの焼き肉のたれとなっています。 先にすりおろし系の具材を混ぜてしまうと、あまり長持ちしなくなってしまうので使いたい時にプラスするのがおすすめです。 長期保存できる焼き肉のたれで美味しい焼肉を楽しんでみましょう。 まず最初に、ショウガ1かけ、長ネギ10cm、にんにく1かけはみじん切りにしておきましょう。 ごま油で炒めていきます。 ごま油で炒めていき、良い香りがしてきたら次の工程に移ります。 次に、今炒めたフライパンの中に、豆板醬小さじ1をいれてさっと炒めていきます。 炒めたら、味噌大さじ1、西京味噌大さじ1、テンメンジャン大さじ1、お酒大さじ3、みりん大さじ3、しょうゆ大さじ1、砂糖大さじ1、顆粒鶏ガラだし小さじ2をいれたら、中火から弱火にかけていき、一煮立ちさせていきます。 続いて、ごま大さじ3をすっておきましょう。 ごまをすりおろしたら、2のフライパンに胡麻とレモン汁を入れて完成となります。 普通の味噌と西京味噌とを使用した、しっかりとしたコクを楽しむことが出来る焼き肉のたれのレシピとなっています。 それでは、味噌の濃厚なおいしさを楽しむことが出来る焼き肉のたれレシピを見ていきましょう。 続いて、鍋に移したら味噌100g、本みりん大さじ1、はちみつ15g、しょうゆ120g、ごま油10g、砂糖70g、白ごま適量を入れて、火にかけていきます。 そのまま火にかけていき、ぐつぐつというまで沸かしていきましょう。 途中であくを取り除きながら、火にかけていきましょう。 そのまま火にかけていき、全ての材料が馴染んで粘度が出てきたら、味噌を使用した焼き肉のたれの完成となります。 さきほど紹介した材料の中では、七味、そして胡椒が使用されているかと思います。 こちら七味や胡椒は、お好みで入れるようにしてください。 辛い物が好きだという方や、スパイスの効いた味つけが好みだという方は適量をプラスすると美味しく楽しむことが出来るかと思います。 それでは、火を使わずに簡単に作ることが出来るねぎ塩だれの作り方を紹介していきましょう。 まず、ねぎ1本分を細かくみじん切りにしていきましょう。 続いて、少し小さめの容器に、お湯小さじ1、鶏がらスープの素小さじ2を入れて、よく溶かしておきましょう。 2とは別の小さなボウルに先ほど細かくみじん切りにしたねぎと、しょうゆ小さじ1、ごま油大さじ5、レモン汁小さじ1、にんにく小さじ1、オイスターソース小さじ1、塩コショウ少々を入れて、よくかき混ぜていきましょう。 これらの材料が良く混ざったら、さきほど鶏がらスープの素小さじ2を溶かしたボウルに入れて、更によくかき混ぜていきましょう。 良くかき混ぜながら味見をして、味が物足りないようであれば塩こしょうで味を整えながら混ぜていきましょう。 塩こしょうで味を整えていき、好みの味になったら火を使わずに簡単にできる、ねぎ塩だれの焼き肉のたれの完成となります。 それでは、塩ぽん酢だれと塩だれの作り方を見ていきましょう。 上の材料は、レモン汁から上の物は塩ぽん酢に、ニンニクから下の物は塩だれに使用します。 塩ぽん酢の作り方は、柚子胡椒スプーン1、塩大きなスプーン1杯、だしの素大きなスプーン2杯、レモン汁大きなスプーン3杯をよく混ぜ合わせていきます。 塩がありますので、少し温めてから混ぜるようにすると混ぜやすくて、作りやすくなります。 続いて、塩だれを作っていきましょう。 にんにく、しょうが、リンゴの順番にすりおろしていくと、おろしがねに匂いが残りにくいそうですのでおすすめです。 すりおろしたら、材料を全て混ぜ合わせて完成です。 それでは、焼肉のたれを活用した麻婆豆腐の作り方をチェックしていきましょう。 玉ねぎ1個も、薄切りにカットしておきます。 調理に使用するフライパンを温めておきましょう。 フライパンが温まったら、少量のごま油をひいてひき肉100gと、先程薄切りにした玉ねぎを炒めていきます。 ごま油がないという場合には、サラダを代用しても大丈夫です。 ひき肉を炒めていき、火が通ってきたら先程カットした豆腐もフライパンの中に加えていき、ひと混ぜしましょう。 大さじ2の焼肉のたれを、同じく大さじ2の水と混ぜ合わせます。 4で混ぜ合わせてものを3のフライパンに混ぜ、炒め合わせながら煮詰めていきましょう。 煮詰め終わったら、お皿に盛り付けて完成です。 焼肉のたれを使用して、簡単に麻婆豆腐の味付けをすることが出来るレシピとなっています。 まず、鶏胸肉300gの皮面から、フォークで数か所穴を開けておきましょう。 続いて、焼肉のたれ大さじ4、お酒大さじ1、ごま油小さじ1、塩少々、胡椒少々といっしょにフリーザーバッグなどの保存袋に入れておきましょう。 よく揉み込んだら、空気を抜いて口を閉じて、冷蔵庫で半日から一晩おいておきましょう。 続いて、お鍋にたっぷりの水を入れて、強火にかけていきましょう。 お湯が沸騰したら、よわびにして、さきほどの冷蔵庫で寝かせたフリーザーバッグをお湯で煮ます。 1分ほど煮たら、蓋をして火を止めて、30分ほどおいておきましょう。 一つ注意するポイントとして、この冷蔵庫で冷やしておいたフリーザーバッグは、お湯で煮ていく30分ほど前に室温に戻しておきましょう。 また、煮た後約30分ほどで鶏肉に日替とお手チャーシューとなりますが、心配だという方は完全に覚めるまでおいておいたほうが良いでしょう。 チャーシューができたら、食べやすい大きさにカットして、器に盛り付けたら関しです。 焼肉のたれを使用して、チャーシューの味付けをすることが出来るというレシピになっています。 まずは、厚揚げ2枚はクッキングペーパーなどで油を拭き取っておき、一口大にカットしましょう。 続いて、フライパンに少し油を入れて、火にかけます。 先程カットした厚揚げを並べて入れたら、厚揚げに焼きめがつくまで両面をしっかりと焼いていきましょう。 厚揚げが焼けたら、フライパンの橋の方に厚揚げを寄せておきます。 そこに豚ひき肉80gを入れたら、火が通るまで炒めていきます。 豚ひき肉に火が通ったら、続いて焼肉のたれを加えてしっかりと照りつけます。 お皿に盛り付けて、万能ねぎ、七味唐辛子、そして温玉を乗せたら完成となります。 しっかりとした味付けで、ごはんもすすむおかずレシピとなっています。 焼肉のたれの使いみちに困ったら、こちらのレシピでご飯に合う絶品おかずを作ってみましょう。

次の

焼肉のたれレシピ3秒で完成・ゴマ油効いた塩だれメチャ旨

焼肉 の たれ 自作

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。

次の

【焼肉のたれの代用品 8選】簡単おすすめ!代わりになるもの&手作りレシピを紹介

焼肉 の たれ 自作

生姜焼きのたれは、自分で作ることもできます。 必要なのは砂糖と料理酒、しょうゆ、みりん、そして生姜のすりおろし。 それぞれの調味料を少しずつ混ぜ合わせ、味見をしながら好みの味に調整します。 アレンジしやすいのが、自作のたれのいいところですよね。 ただし、複数の調味料を準備して混ぜ合わせるのには、結構な時間と手間がかかります。 疲れて帰ってきた夜などは、ハードルが高く感じることもあるでしょう。 また、自分でたれの味を調整するということは、味付けに失敗する可能性も。 調味料を計ったり混ぜたりしているうちに、洗いものも増えがちです。 また、自作のたれはそのままではサラッとしていて、生姜焼きのたれにするにはとろみが足りません。 おいしいたれにするには、たれを煮詰めてとろみを出す時間も必要です。 豚肉の筋切りをして下味をつけ、お肉を焼いてたれをからめ、最後にたれを煮詰めてかける。 これだけの工程をこなせば、ゆうに30分はかかってしまうはずです。 かといって「さすがに30分はかけられない」と下味やたれを煮詰める工程を省くと、おいしさは半減してしまいます。 こうしたジレンマは、忙しいなか毎日の食事を作っている方なら、誰もが一度は感じたことがあるのではないでしょうか。 自作のたれでおいしい生姜焼きを作るのは想像以上に大変なうえに、初心者には難しいものなんです。 時間も手間もあまりかけられないけど、おいしい生姜焼きを作りたい。 そんな方には、「生姜焼のたれ」を使った生姜焼き作りがオススメです。 お肉に火が取ったら、フライパンに直接たれを加えてからめ焼きにするだけでOK。 自作のたれで作る場合と比べて、とても簡単ですよね。 「生姜焼のたれ」がいいのは、1本あれば簡単においしい生姜焼きが作れるところ。 自分でイチからたれを作るときのように、いろいろな調味料を準備しなくてもいいんです。 特に生姜って、使いたいと思ったときに限って冷蔵庫にないことが多くありませんか? 「生姜焼のたれ」ならそんなときにも気にせず、食べたいと思ったときに生姜焼きを作れます。 独特のとろみも「生姜焼のたれ」の特長です。 このとろみがあるおかげでお肉にたれがよくからみ、プロ顔負けの仕上がりに。 見た目にもおいしそうなツヤが出て、食欲をそそります。 お肉に火が通ったあとたれを煮詰めなくてもいいのも、手軽でいいですよね。 汁気が多くなりすぎないので、お弁当のおかずに使っても安心です。

次の