東南アジア 地図。 東南アジア地図

東南アジアの国々とその首都地図 Clickable Map of SE Asia www.cryptonode.co English 4 all

東南アジア 地図

日本にも格安航空会社が次々と参入し、国内はもちろんのこと、アジア圏内を低価格で旅行できる時代になりました。 そんな格安航空券を使って旅行しやすい東南アジアの絶景スポットをご紹介いたします。 世界最大級の仏教寺院であり、世界遺産に登録されています。 ミャンマーのバガン遺跡と並び世界三大仏教一つでもあり、欲界-色界-無色界の3界9層からなる階段ピラミッドとなっています。 環境保護区にも指定されており、エメラルドグリーンに輝くラグーンが特徴的です。 飛行機でしか行くことができず、1島1コテージという隠れ家的リゾート。 最高のリゾート気分を東南アジアで味わうならエル二ドがおススメです。 世界で12番目に長い川で、東南アジアの人々の営みを遥か昔から見守り続けてきた母なる川とも言えます。 そのミャンマーにある遺跡がパガン遺跡。 カンボジアのアンコールワット、インドネシアのボロブドゥール遺跡とともに、世界三大仏教遺跡として知られている。 平野に建つ仏塔の数は、3000を超えると言われており、にょきにょきした景観が見所です。 仏教徒の巡礼地として良く知られており、巡礼者の寄付によって貼り付けられた金箔に覆われた黄金色をしている。 この今にも落ちそうで落ちない「重力の否定」を一目見ることで、多くの人々に仏教へ帰依するためのインスピレーションを与えているとか。 不思議です…。 レオナルド・ディカプリオ主演の映画「ザ・ビーチ」のロケ地としても一躍有名になり、ダイビングやシュノーケリングを楽しむことができます。 海から突き出た無数の島影が幻想的で迫力のある風景を作り出します。 元々は、静かな港町だったハロンですが、ハロン湾が世界遺産に登録されてからは、年間200万人も訪れる観光地になったとか。 ちなみに新・世界七不思議のひとつでもあります。 8 不思議な海岸「老梅石槽」/台湾 B級グルメや東南アジアの熱気で賑わう夜店で人気の台湾ですが、実は大自然の絶景の宝庫。 緑の岩と海岸の不思議なコラボレーションが美しい「老梅石槽」は欠かせません。 奇形の岩に海藻がへばりついていることで、このような不思議な絶景が出来上がっています。 台北市内から電車で1時間程度というアクセスの良さも魅力。 9 ラオスの癒やしスポットナンバーワン「クアンシーの滝」/ラオス 市街地自体が文化遺産としてユネスコの世界遺産に登録されているルアンパバーン市街。 このルアンパバーン市街から南に約29km、トゥクトゥクで約一時間ほどの場所にある森林の中の遊歩道を行くとトルコ石の色をした清流があらわれ、さらに奥へ行くと高さ50mほどの美しい滝がしぶきを上げています。 このクアンシーの滝とその周辺の森は自然公園になっており、ラオスの中でも人気の憩いのスポットです。 10 霧に包まれた湖、日月潭/台湾 台湾のほぼ中央、南投県に位置する台湾最大の湖が、日月潭[リーユエタン]。 台湾の中で最も美しい湖と言われ、日本からも多くの観光客が訪れる人気の場所です。 ホテルも数多く、湖を眺めながら、ゆったりと過ごすことができます。 特に、霧が立ちこめる朝夕の湖は非常に幻想的で、どこか違う世界に迷い込んだのかと思ってしまいそうです。 11 マレーシア・キナバル山 世界遺産になっている「キナバル自然公園」の中心にあります。 アジア第二位のキナバル山はその標高もあわせて独特の絶景を作り出しています。 ジャングル生い茂る山に多様な生物が生息しており、熱帯雨林マレーシアの魅力が凝縮されています。 12 ベトナムの世界遺産「古都ホイアン」のランタン いま新しいリゾート地、そして東南アジアのIT特区としても注目されるベトナム中部「ダナン」からすぐ近くに、美しい夜景が楽しめるベトナムの世界遺産「古都ホイアン」があります。 ダナンは成田空港からの直行便が出ている、ハノイ・ホーチミンに続くベトナムの都市。 ホイアンには、ダナン空港からタクシーでも行けます。 また、ホイアンにはレストランも多く、ダナン付近にはリゾートホテルも充実。 秘境すぎて訪れるのが困難な絶景も数多くあるなかで、「古都ホイアン」はアクセスの容易さから「週末&絶景&東南アジア旅行」を企てるなら筆頭候補にあがりそうな絶景スポットです。 13 アンコール・ワット/カンボジア 12世紀前半、スーリヤヴァルマン2世の手によって、ヒンドゥー教寺院として30年を超える歳月をかけて建立されたこのアンコール・ワットは、国旗のデザインにもなっているカンボジアを象徴する遺跡です。 インドネシアのボロブドゥール遺跡、ミャンマーのバガン遺跡と並んで世界三大仏教遺跡の一つとされていて、1992年には、ユネスコの世界遺産にも登録されています。 14 古都アユタヤ/タイ 古都アユタヤは、東南アジアの国タイ王国中部、首都バンコクから北に約60kmに位置するアユタヤ王朝の首都だった古代都市の遺跡群です。 チャオプラヤ川、パーサック川、ロッブリー川が合流する中州アユタヤ島を中心として、王宮やワット・プラシーサンペットをはじめとする数々の仏教寺院が点在しています。 15 富士山より高い「玉山」/台湾 台湾に、富士山よりも高い標高を誇る山があることはご存知ですか?台湾の最高峰として君臨するのが「玉山」の標高は3,952メートルと富士山よりも高く、日本統治時代には新しい領土で見つかった日本の最高峰として「新高山」と呼ばれていました。 玉山周辺は国立公園となっており、登山するには事前に入山許可証を申請する必要があります。 希望者が多い場合は抽選となるので、日本からでしたらツアー会社等を利用して手配するのが良いでしょう。 登山道はよく整備されていて比較的安心してチャレンジできる山ですが、高山病にかかる登山者も少なからずいるので無理は禁物です。 豊かな自然を満喫できるよう、しっかり準備をして登山に挑みましょう。 16 エメラルドグリーンのダイナミックな清流・太魯閣渓谷/台湾 台湾は本当に秘境の宝庫!花蓮県、台中県、南投県にまたがる台湾を代表する景勝地の一つ「太魯閣国立公園」の中にある太魯閣 タロコ 渓谷も絶景スポットとして紹介しないわけにはいきません。 太魯閣渓谷は、そこを流れる立霧渓の激しい流れが岩肌を侵食し、神秘的でダイナミックな渓谷が生まれました。 大理石の地層とエメラルドグリーンの清流、激しい渓谷が魅力です。 水中には希少種のオオウナギやオオクチゴイ、タイワンドジョウなどが生息しており、周辺にはルリチョウやカワビタキ、カンムリチドリなどの美しい鳥に出会えます。 いますぐ東南アジアへ行こう 絶景から決める次の旅行先。 東南アジアへの旅をいますぐ企てませんか。 世界の絶景は、すぐそこにあります。

次の

東アジア

東南アジア 地図

(モンゴル、(、)、())• 地理的な区分として北はから、(黒竜江)まで、南はの地域であり、東はや、西はやまでを含む地域である。 東アジアの東端は、、、を経て西に繋がっている。 北にの、南にの、西にと、そして東に太平洋を経てと隣接する地域である。 中地帯に位置する広大な陸地で(季節風)の影響が大きい特徴がある。 西から東にかけて徐々に低い地形であり東西で環境が異なっている。 西部の内陸ではであるためにやがあり、またとに囲まれたや天山山脈に並ぶがある。 東部の沿岸では南は亜熱帯気候でが流れ、北は温帯気候でが流れており、それぞれの河川領域ではが開けている。 東アジア沿岸部を囲むように位置する日本列島や朝鮮半島は山岳地帯が多く沿岸部にわずかな平野が広がっている。 現在ではや、、などのが成立している。 温暖な気候と河川流域、モンスーンの影響によって農耕に適した豊かな米作地域であることと住める土地が大きい事、太平洋やから水産物が豊富に採れる事からの規模も大きい。 化が始まったのは19世紀からであるが、日本、台湾、中国、韓国に工業地帯が形成されており、他の地域との取引も活発である。 東アジアでは古来よりやの思想が各地に広まっており、それに伴ってや様式などの文化において類似性が認められる。 軍事情勢においては台湾海峡を挟んだと、朝鮮半島におけると韓国の緊張がある。 東アジアの衛星写真() 東アジアの地形は概ね西高東低の地勢であり、それは二つの造山帯によって形成される内陸部の高原や盆地と、西太平洋の沿岸部に位置する平地、半島、島々に分けて説明することができる。 まず内陸では新期造山帯と古期造山帯があり、新期造山帯によってを起点としながらに属するヒマラヤ山脈、、クンルン山脈、チベット高原、雲貴高原が形成され、これは南アジアや東南アジアとのともなっている。 さらに古期造山帯は西部から天山山脈、、、が古い山脈として形成されている。 これはロシア地域との境界線の一部ともなっている。 さらにクンルン山脈と天山山脈を南北に挟まれて、そしてがあり、クンルン山脈の東北のふもとには、モンゴル高原の南方にはがある。 歴史的に知られるはこの地域のオアシスや登山道を接続して開発された通商路である。 沿岸部の地体構造としては、と呼ばれるの上に卓状地が形成されている。 そのため広大な平原が広がっており、海に流れ込む黄河、長江、の流域または河口で平原が開けている。 北から流域の、黄河流域の、長江下流の平原が広がっている。 また陸地から離れて東シナ海、南シナ海は中国大陸のとなり、その大陸棚に沿って日本列島や台湾などが上に列島を構成している。 そこはの観点からはと・の境界であり、比較的やの危険性が大きい特徴がある。 気候 [ ] 東アジアのも地形的区分で示した内陸部と沿岸部で異なっている。 山脈や高原で囲まれた内陸部は一般に乾燥しやすく、砂漠やが広がっている。 一方で東の沿岸部では北緯20度から55度にわたってモンスーンの影響から夏の降雨量が増大する地域である。 特に中国大陸の・以南、朝鮮半島南端、台湾、日本列島はであり、夏は高温多湿で冬は逆の条件となるような変化に激しい地域である。 場所によっては、、などの気象状況も発生する。 ただし沿岸部であっても中国北部、朝鮮半島北端、北海道はのであり、年間の降雨量が少なく冬季の気温の低下が亜熱帯気候と比べて著しい。 歴史 [ ] 詳細は「」を参照 近代までの東アジア [ ] 古代のユーラシア各地では河川流域を中心にが発達し、東アジアでは黄河流域でが成立した。 鉄製農具の開発や農法の改善、それに伴う社会の複雑化により前17世紀には王朝が成立することで国家が形成される。 この頃に長江流域にも勢力が及ぶようになる。 前4世紀から3世紀にかけてのでは様々な思想家が活躍し、前3世紀での王朝により統合された。 紀元前1世紀までに王朝により再統一され、日本では弥生時代に入る。 3世紀から6世紀にかけて日本列島にが成立し、朝鮮半島に、、、またモンゴルでも、といった遊牧民族が盛んに活動した。 一方、中国大陸ではによる短期間の統一を除いて、400年近くに渡って国家の分裂が続いた()。 6世紀ごろからモンゴル系やトルコ系の遊牧民族がモンゴル高原から中国大陸へと南下を繰り返すようになるが、7世紀のの時代になると唐はその勢力範囲を朝鮮半島から中央アジアのパミールにまで伸ばした。 8世紀から9世紀になると日本では律令国家の制度を整えるに至り、さらに唐は北方のアルタイ山脈やモンゴル高原を拠点とする、西方のチベット高原やタリム盆地を支配するからの侵攻を受けるようになった。 そして10世紀に唐が滅んでから政治勢力は分裂し、東北平原ではモンゴル系の遊牧民がを建国して中国に対抗し、また朝鮮半島では新羅からへと王朝が代わった。 キタイ帝国は11世紀にモンゴル高原にも進出し、その地域では天山やの勢力もあった。 キタイ帝国の勢力圏はやがてツングース系によって王朝に取って代わられ、逃れたキタイ人は天山山脈を中心にを建てた。 またチベット高原とその周辺の内陸部ではチベットが勢力を拡大していた。 13世紀にチンギス・ハンがモンゴルを統一するとヨーロッパや中東にも及ぶ遠征を行い、東アジアでは金と南宋を滅ぼし、朝鮮半島を支配下に入れ、日本以外のほとんどの地域を支配するに至った。 統一された地域はの下で支配されたが、15世紀に元が崩壊してからはモンゴル高原に拠点を戻し(、)、中国大陸ではが成立した。 17世紀に明が滅んでが成立すると支配地域を東北地方、モンゴル高原、チベット高原にまで拡大していた。 近代の東アジア [ ] 18世紀に東アジアの情勢に変化をもたらした要因の一つは16世紀から17世紀にかけて行われたの勢力の拡大であり、18世紀には清と国境を接することになっていた。 また18世紀にはの貿易活動が東アジアにも及ぶようになっており、清は華南のに限定した上で通商を開始し、また日本でも従来の鎖国から開国へと転換するなど経済的、政治的な影響をもたらした。 19世紀において清がに敗北し、日本では欧米列強に対抗して清との連帯を説く(後にと呼ばれる)が起きるも朝鮮半島の権益をめぐってが勃発し、日本に負けた清は急速に欧米列強の化の対象とされる。 日本では政治改革や軍制改革、産業転換によって近代化に成功し、日露戦争に勝利してからは朝鮮半島と重要港湾の支配権を確保する。 中国では各地で軍閥に別れ、欧米列強を排斥する運動が進められた。 その運動からが新しく成立する。 20世紀に入り、第一次世界大戦後に中国での排斥運動との大陸政策は衝突し、によってを掌握した日本はを建国した。 中国では共産党と国民党が連合してこの日本の大陸進出を排除するように呼びかけられ、()で日本は敗北して中国大陸、台湾、朝鮮半島の支配権を失った。 その直後、中国大陸では国民党が共産党に敗れて台湾に渡り、共産党はを建てて東北地方からチベット地方までの地域を領有することとなり、国民党は台湾でを再始動させた。 また日本の敗戦後に朝鮮半島は南北で分断され、北部には、南部にはが建国された。 この南北分断はとの構造の下での勃発を招くことになり、東アジアはアメリカの自由主義陣営に属する日本、韓国、台湾とソ連の共産主義陣営に属する北朝鮮、中国に分断され、・北海道、朝鮮半島の北緯47度線、そしてでは軍事的緊張が高まることになった。 1960年代後半に中国とソ連の関係が悪化したことでが勃発しており、また1970年代後半には中国は「」という路線変更を行った。 20世紀後半に入ると、東アジア諸国では急激な経済成長が始まった。 日本はにより、1968年には世界第2位の経済大国となった。 韓国、台湾、香港は、1990年代にはと合わせてと呼ばれるようになり、やがてと見なされるようになった。 中国はによって1980年代から経済成長が進み、2010年にはで日本を上回って世界第2位の経済大国となった。 政治 [ ] 国家・地域一覧 [ ] 東アジアに含まれる国々、地域は以下の通り。 をに含む場合もある。 およびをに含む場合もある。 地方(・・)や・をに含む場合もある。 ()をに、をあるいはに含む場合もある。 (中国) - 東南アジアに含む場合もある。 (中国) - 東南アジアに含む場合もある。 (台湾)• - に含む場合もある。 以下の国々、地域を含む場合もある。 ・() - 通例はとに区分されている。 - 通例はに区分するが、東アジアをと同義とする解釈では東アジアに区分することもある。 - 通例はに区分されている。 - 通例はオセアニアに区分されている。 平均人口密度は1km 2当たり130人であり、これは全世界の平均の3倍に当たる。 広義的には、・・・などを指すこともある。 国際政治 [ ] 古代の頃から東アジアには漢族、満州族、モンゴル族、朝鮮族、大和民族など50以上の民族が存在していたが、最も広大で豊沃な地域であると同時に東アジア地域の中心地でもある黄河・長江流域を中心に東アジア世界の形成と動揺が見られた。 特に6世紀末に南北朝を統合したはそれまで黄河を中心とする華北と長江を中心とする華南を大運河によって接続することに成功した。 隋の次の王朝となった唐はその成果を受け継ぎながらの構築、度の整備、の施行など中央集権制の国家体制を確立した。 唐は東アジア世界において周辺諸国からのを得ながら一極集中のを構築し、漢字、儒教、律令などが日本や朝鮮など東アジア各地に伝播していった。 この唐の時代に形成された東アジア文化圏は唐と周辺諸国の間の使節の交換を盛んなものとし、政治的影響だけでなく文化的影響も与えた。 これは唐が滅んだ後にも明王朝や清王朝の時代に受け継がれ、東アジア地域における国際秩序の基礎をもたらしていた。 国内政治 [ ] 経済 [ ] 詳細は「」を参照 農業 [ ] 東アジアは東部の沿岸部に農業生産に適した米作・畑作地域を擁しており、西部の内陸部にに適した地域がある。 米作に適した華南の長江領域は年間降水量が1000ミリを超え、気候も温暖であるためにが生産されている。 米以外には、、、、などが季節に応じて生産されている。 長江下流の平原にはが開発されており、地帯として裏作として小麦、が生産される。 水田には適さない丘陵地域は茶や桑、の生産地域となっている。 年間降水量が1000ミリに達しない華北地方では乾燥と冬の気温から畑作と家畜の飼育が行われる地域である。 華北平原の特徴として黄土があり、これは微細な粒土から構成される黄褐色の土壌である。 この地域の耕作地では灌漑を行って、、、、綿花、、、が生産されている。 また家畜としては豚、にわとりも生産されている。 東北地方でも畑作が行われ、特に夏の高温を利用した米の栽培が盛んである。 内陸部ではステップ地域での遊牧が行われ、一部の灌漑が整備された地域では小麦やこうりゃんも栽培されている。 砂漠地帯ではオアシスが耕作地として開発されており、自給自足的な灌漑農業が行われている。 小麦、綿花、などが主な生産物である。 工業 [ ] 東アジアは資源も豊富であり、、、、、、、、の生産が盛んである。 さらにやの生産も行われており、東アジア地域の工業化を促している。 東アジア地域で本格的な工業化が進められたのは19世紀以後である。 海外の資本流入があった当初は繊維産業や雑貨工業が立ち上げられた。 日本でも繊維産業が国家の政策の下で立ち上げられる。 第二次世界大戦後に共産主義政権が中国で成立し、また日本や朝鮮など戦争からの復興が必要になってからは重工業化のために資源開発と工業都市の開発が進められた。 東北地方のコンビナート、華北のコンビナート、華中のコンビナートは中国における工業地帯の中心であり、台湾ではとが中心となっている。 韓国には工業地帯などがあり、日本にもを構成するのや、 製造品出荷額規模順 などがある。 国内総生産 [ ] のは以下の様になっている。 単位:百万ドル)注 この統計において中華人民共和国には香港、マカオは含まない。 東アジア全体は、統計のある国・地域の合計。 順位 国名 名目 1 27,306,979 2 5,711,929 3 2,320,498 4 1,339,812 5 482,226 6 43. 695 7 該当データなし 8 該当データなし 合計 東アジア全体 37,205,139 軍事 [ ] 世界IQマップ、東アジア人が最高。 ただし、その正確性については意見が分かれる。 典型的な東アジア人はに属す。 北方のは蒙古斑や蒙古ひだを持つ人間が多い。 その肌は薄い褐色をおび、からみると全体的に「黄色」く見えるのでに分類される。 言語 [ ] 東アジアの国々はそれぞれ独自のを持つが、いずれも古くは中国の影響を受けている。 台湾、日本、韓国、大陸ではを共通して使用するほか(近年までは、等も漢字を使用)、を用いた建築やを用いる食文化などに共通点が見られる。 これらの漢字を使用する(またはかつて使用していた)、中国の影響を受けた国を総称してという。 東アジアの言語区分• :など• :など• :など• :、など• :など• 宗教 [ ] 「」を参照 東アジアにおいては、やのようにとの結び付きが弱いの割合が高く、も盛んであるため、信者であるかどうか、どの宗教の信者であるかを定めがたい場合が多い(・も参照)。 加えて、人口の過半数を占める中華人民共和国では(特に期に)多くの宗教に対する弾圧が行われているため、信者数の正確な統計を得ることが難しい。 (分類や名称については議論があり、「神教」と呼ばれることもある)は一般に中国大陸での最多数派とされる信仰である。 の影響を受けており、習合も見られ、明確に区別できない場合もある。 統計での「道教」もおおむね同系統の信仰形態を指している。 はおもにが信仰されている。 大乗仏教のうち、中国系の仏教は日本では神道と並ぶ多数派であり、中国、韓国にも一定の信者がいる(なお、ベトナムでは最多数派である)。 また、同じく大乗仏教の一派であるはチベット地域やモンゴルでの最多数派である。 はとが中心だが、ロシアの影響が強かった地域を中心にも見られる。 には政府の公認を受けないカトリックの地下教会が多数存在するとされ、正確な信者数は定かではない。 は中国ではのほか、など系の一部のに見られ、ほとんどが()である。 日本や韓国でも在留外国人を中心にが一定数存在し、コミュニティを形成している。 を宗教に分類するかどうかは議論があるが、東アジア全域、特に中国大陸・台湾・韓国のに強い影響を及ぼしている。 教育 [ ] 東アジアの国々のは世界の中でも優れており、特にや、などの教育は 多くの国々から賞賛されている。 例を挙げると、では地方のを持つ者もなどの大都市の学校に進学できればなどので暮らすことができるため、地方の戸籍を持つ者の間では競争が激しく、教育に熱心な家庭が多い。 また、でも受験大国と呼ばれるほど受験競争が激しく、合格祈願する者が多く、教育熱心な家庭が多い。 また、東アジアの国の一つであるでも、敵国語 、、など 及び友好国語 、、など を、学ぶことができる場合がある。 東アジアの識字率は、世界の中でも総合的に上位の方であり、特に、、 、のが高い。 人間開発 [ ] 東アジアの人間開発の質はの中でも優れており、のデータ によると、東アジアの全ての国のが「最高」または「高」の分類にある。 2018年の東アジアの人間開発指数の順位 [ ]• 国名の右に書いてある数字はスコアを表し、1に近いほど上位の国である。 939 最高位)• 915 最高位)• 906 最高位)• 758 高位)• 735 高位) 最新データから欠けている国 [ ] 国際連合加盟国 [ ]• 、公表、0. 733 高位) 国際連合非加盟国 [ ]• 、公表、0. 905 最高位)• 、2017年公表、0. 885 最高位) 脚注 [ ] []• 面積はに記されている中国(香港・マカオを含む)、モンゴル、北朝鮮、韓国、台湾、日本の面積を合計したもの。 人口はに記されている中国(香港・マカオを含む)、モンゴル、北朝鮮、韓国、台湾、日本の人口を合計したもの(2011年2月22日現在)。 , , 2020年5月19日閲覧。 地政学と国際戦略: 新しい安全保障の枠組みに向けて p214. 三和書籍• 2020年4月1日. 2020年5月19日閲覧。 を参照。 22—25. 2019年12月9日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 - -•

次の

東南アジア植民地化の特色

東南アジア 地図

東南アジアについてのおさらい 東南アジアとは、 地理的に中国および日本の南、インドの東、パプアニューギニアの西、オーストラリアの北に位置する国々で構成された地域。 北は東アジア、西は南アジアとベンガル湾、東はオセアニアと太平洋、南はオーストラリアとインド洋に囲まれています。 また、地域的に南半球と北半球に位置するアジアの国々を含みますが、大部分は北半球に位置しています。 地図から見る東南アジア地域と東南アジア諸国 そして、東南アジアは現在、大きく分けて「本土地域」と「海上地域」の2つの地域から構成されており、そこには 合計11の国が含まれます。 それぞれの地域や国を理解するためにも、そして東南アジア諸国の位置関係を把握するためにも、地図を用いながらここでは確認していきましょう。 東南アジア本土地域• 歴史的にインドシナとして知られる• ベトナム• ラオス• カンボジア• ミャンマー• マレーシア(西部)• 東南アジア海上地域• 歴史的にヌサンタラ(島嶼群)、東インド諸島、マレー諸島として知られる• インドネシア• マレーシア(東部)• シンガポール• フィリピン• 東ティモール• ブルネイ 東南アジア地域をさらに詳しく見ていきたい場合は、以下の地図を拡大したり縮小したりして確認してみましょう。 東南アジア地域全体に関するいくつかのポイント(人口や面積など) 東南アジアは 地域全体として約450万㎢に広がり、これはアジアのおよそ10. 5%、地球上の全陸地面積のおよそ3%。 そこへ、2018年の時点で総人口 6憶5000万人とも言われる人々が暮らしており、これは世界人口の8. また東南アジアは文化的にも民族的にも多様性があり、様々な民族グループによって数百もの言語が話されている点も特徴的。 そして現在 (2019年3月現在)、東ティモールを除く東南アジアの10カ国が、経済的、政治的、軍事的、教育的、文化的な融合を目的として設立された地域国際機関の ASEANに加盟しています。 ちなみに、東南アジア地域は地質学的に幾つかのプレートが交差する場所付近に位置するため、地震活動および火山活動が活発で、度々大地震が発生することでも知られます。 東南アジアの国一覧表(人口・国土・首都含む) 東南アジアにある11ヵ国を人口規模や首都の名前を含めた一覧としてまとめると、以下の通りです。 8万 236,800 ヴィエンチャン マレーシア 3162万 330,803 クアラルンプール ミャンマー連邦共和国 5337万 676,578 ネピドー フィリピン共和国 1. 049億 299,404 マニラ シンガポール共和国 561万 719. 2 シンガポール タイ王国 6904万 513,120 バンコク ベトナム社会主義共和国 9554万 331,210 ハノイ 東南アジア諸国の簡単な解説 東南アジアと東南アジアの国一覧を確認してきたところで、ここからは東南アジア各国に関してそれぞれを簡単に解説していきます。 東南アジアの国1:ブルネイ ブルネイは、マレーシア東部があるボルネオ島に位置する小さな国。 南シナ海に面する北側以外は全てマレーシアに囲まれています。 正式名称はブルネイ・ダルサラーム国で、スルタンの称号を持つ国王が国家元首となり、またその権限が強いため、 絶対君主制に近い体制を敷くイスラム教国です。 またブルネイは、 石油や天然ガスなどの資源が豊富なことで知られ、それにより、東南アジアでシンガポールに次いで一人当たりの所得や、それ以外の人間開発指数が高く、通常は先進国に分類されます。 主な宗教 言語 通貨 イスラム教 ブルネイ・マレー語 ブルネイ・ドル(BND 東南アジアの国2:カンボジア 西をタイ、北をラオス、東をベトアム、そして南をタイランド湾に囲まれたカンボジアは、インドシナ半島に位置する国で、アンコールワット遺跡によって世界的にも有名。 下で起こった弾圧と、それに伴う内戦の影響で国が荒廃してしまい、依然その荒廃状態から完全には復興していません。 16世紀にポルトガルにより植民地化された後、1975年に独立を宣言しましたが、続いてインドネシアに侵攻され、国連の介入もあり、1999年に実施された住民投票を通して2002年にようやく独立することとなったのです。 しかし、インドネシアからの独立のために数十年にも渡って奮闘した結果、国内のインフラが崩壊して多くの住民が追放され、その後遺症に今なお苦しみ続けています。 主な宗教 言語 通貨 キリスト教(カトリック) テトゥン語、ポルトガル語 米ドル(USD 東南アジアの国4:インドネシア 東南アジア海上地域に位置するインドネシアは、共和制を敷く国家で、また、東南アジアおよび 世界で最大の群島国家。 3つの時間帯にまたがり、2億6千万超のインドネシア人が1万5近く含まれると言われる島々で暮らしています。 さらに、同国は世界でも稀に見る多民族国家で、300を超える民族が存在して300を超える言語が使われている点も覚えておきましょう (共通語であるインドネシア語はほとんどすべての国民によって話されている)。 また、地域によって違うものの、国全体としてはおよそ9割弱がイスラム教徒となっており、世界最大のイスラム教徒人口を抱える国としても知られています。 一方で、近年は目覚ましい経済発展を遂げており、その人口規模と合わせて、世界が大きな関心を寄せている東南アジアの国です。 主な宗教 言語 通貨 イスラム教 インドネシア語 インドネシアルピア(IDR) 東南アジアの国5:ラオス 海に面した国が多い東南アジア諸国の中で、周りを中国、ベトナム、カンボジア、タイ、ミャンマーに囲まれたラオスは、東南アジア唯一の。 農業に従事する人口割合が多いため国全体のGDPは低いものの、食料が豊富で飢餓に陥りにくい強みを持つのが特徴です。 主な宗教 言語 通貨 仏教 ラーオ語 キップ(LAK 東南アジアの国6:マレーシア マレーシアは、首都クアラルンプールの摩天楼に住む中華系住民から、ボルネオの密林の首狩り族まで含む多民族国家。 北でタイと接するマレー半島から、ブルネイやインドネシアと共有するボルネオ島にまでまたがり、それぞれに国土の西部と東部を置いています。 加えて、過去にはイギリスの支配下にあったこともあり、現地訛りが入っているものの、英語を使ったコミュニケーション能力が比較的高いのが特徴です。 ちなみに、近年の目覚ましい経済発展により、マレーシア人の平均所得も以前に比べて非常に高くなっています。 主な宗教 言語 通貨 イスラム教 マレーシア語、英語 リンギット(MYR 東南アジアの国7:ミャンマー(ビルマ) ミャンマーあるいはビルマと呼ばれるミャンマー連邦共和国は、東南アジアで2番目に大きい国。 長期の軍事政権により、東南アジアの中で最も開発が遅れている国の一つでしたが、2015年に実施された総選挙結果によって民政移管が為され、それによる経済発展を見越して、現在は数多くの企業や投資が同国に入り始めています。 また、天然資源も豊富である上に、優れた人的資源が活用されないまま眠っている状態にあったため、アジア最後のフロンティアとさえ言われる国です。 主な宗教 言語 通貨 仏教 ビルマ語 チャット(MMK 東南アジアの国8:フィリピン 7000を超える島々を有するフィリピンは、東南アジア北部の海上地域にある群島国家で、スペインに統治されていた歴史から、東南アジアの伝統とスペイン文化が独自に融合した国。 環太平洋の火山帯に位置し、さらに熱帯気候であるために、地震と台風が多い半面、天然資源に恵まれ、なおかつ世界で最も生き物の多様性に富んだ地域の一つです。 また、スペインの後にはアメリカによって支配された過去も持つため、フィリピノ語に加えて英語も公用語となっており、英語人材を比較的豊富に抱えています。 主な宗教 言語 通貨 キリスト教(カトリック) フィリピノ語、英語 フィリピン・ペソ(PHP 東南アジアの国9:シンガポール マレー半島南端に位置する小さなシンガポールは、60以上の非常に小さな島々から構成される群島国家。 東南アジア並びにアジア太平洋地域のハブとして機能し、著しい経済成長を遂げてきたため、多くの移民がこの国にやってきた結果、国内には様々な国の商品や料理が溢れるなど、まさに人種のるつぼとなっています。 しかし、同時に厳しい規則と規制があることでも有名です。 また、過去数十年に経験してきた飛躍的な経済発展は、後進国であった同国を先進国にまで押し上げており、現在は国全体が高度に都市化され、一人当たりの所得も世界トップレベルにまで上昇しています。 主な宗教 言語 通貨 仏教、イスラム教、キリスト教 道教、ヒンドゥー教 英語、マレー語 中国語、タミル語 シンガポールドル(SGD 東南アジアの国10:タイ 正式名称タイ王国、通称タイは、君主制を敷き、インドシナ半島中央部とマレー半島北部にまたがる東南アジアの国。 活気に満ちた首都バンコクや、落ち着いた古都チェンマイ、そして美しいビーチや海を有することで知られ、また、「 微笑みの国」という愛称を持つタイは、東南アジア諸国の中で恐らく最も人気のある観光地です。 そして、他の東南アジア諸国と同様に近年は著しい経済成長を見せており、シンガポールやブルネイレベルまで行かないものの、その所得レベルはマレーシアとほぼ同程度になっており、以前と比べて格段に生活が豊かになってきています。 主な宗教 言語 通貨 仏教 タイ語 タイバーツ(THB 東南アジアの国11:ベトナム インドシナ半島の東部に位置する社会主義国家のベトナムは、東南アジアにおいて非常に人気の高い観光地の一つ。 南北に細長い国土を持つのが特徴で、中国、ラオス、カンボジアに隣接し、また、南シナ海に面しています。 主な宗教 言語 通貨 仏教 ベトナム語 ベトナムドン(VND 合わせて読みたい世界雑学記事• 東南アジアの国一覧|地図・人口規模・各国の解説付きのまとめ 東南アジアの国を一覧にして紹介してきました。 東南アジア地域に関して必要な際に参考にしてください。

次の